単語記事: 竹中半兵衛

編集

竹中半兵衛(たけなか・はんべえ 1544 ~ 1579)とは、日本戦国時代の武将で、「今孔明」と呼ばれる戦国時代を代表する天才軍師(参謀)。同じく軍師として名高い黒田官兵衛とは、同じ豊臣秀吉旗下とあって二人あわせて「両兵衛」と称される。  

名(諱)は「竹中重治」または「竹中重虎」だが、通称の「竹中半兵衛」にべて知名度が著しく低い。

また外見は、明確には美男子と言う記述の森蘭丸と異なり、痩身且つ「その容貌、婦人の如し」と史料に残る程女性的であったらしい。その為か智謀のみに秀でた大人しいイメージがあるが、武術にも非な才を持っており、剣術皆伝の腕前だったらしい。

概要

美濃国斉藤竹中重元の子に生まれ、督を継いで美濃斉藤に仕え、死後督を継いだ斉藤に引き続き仕えたものの、庸なの為に中に動揺が走る斉藤を支えて憂を囲う事になる。

美濃に侵攻してきた織田信長を「十面埋伏」という彼独特の戦法で撃退した。やり方は全軍を伏兵として
一旦通り過ぎさせた後、まず背面の兵を後ろから奇襲させ、残りの九面、つまり全方位から襲い掛かるというもので
度々大被を被った。絵にすると↓のような感じである。

君にもできる十面埋伏陣のやり方  〇竹中兵 ▲織田兵

1. 敵をそのまま通過させる        2. 背面から奇襲              3全方位包囲攻撃
                           
      〇 〇                     〇 〇                        ↓〇↓〇↓ 
   〇       〇                〇   〇            オリャー!→〇▼▼〇←オリャー!!
  〇   ↑ ↑   〇              〇      〇           オリャー!→〇▼▼▼〇←ウリャー!! 
  〇    〇       ⇒      〇 !? 〇     ⇒     オリャー!→〇▼!?▼〇←オリャー!!
   〇                     〇                オリャー!→〇▼▼〇←ウラー!! 
         ←〇(密かに背後へ)       ↑〇↑オリャー!                     
                                         

しかし、自分が忙しく働いてる時でも色にふけ、女性的な外見だったからと小便をかけるに、「を諌める」事を口実に、で共々冷遇されていた美濃三人衆の安藤守就(竹中半兵衛)ら16人(17人とも)により、斉藤の居稲葉山城を1日で奪取するという信じられない事をやってのける。8ヶ占領した後、斉藤に返却、自身は斉藤を去った。また掲示板レスの通り、奪還せんとす斎藤家が兵を集められたのに対し、竹中はそれができなかったために去ったと言う説もある。

その後、才を見込んだ織田信長の使いでやってきた木下藤吉郎に従い(七度竹中半兵衛宅に通った話は後世の捏造らしい。が竹中ほどの男を説得する事を考えればそのくらいはあったかもしれない。)軍師として彼の出世に手を貸したものの、中国地方攻略中に病に倒れ、武士の本懐を遂げる為に療養の為退かずに戦地で没した。享年36歳。

なお、同じくの軍師を務めた黒田官兵衛黒田孝高)とは、同じ「兵衛」である事等から仲が良く、黒田官兵衛が敵方に交渉に行って捕らえられて閉された際は、裏切ったと勘違いした織田信長の手から黒田官兵衛息子を守った(偽の首を差し出したらしい)。閉から解放されてそのことを知った黒田官兵衛だったが、すでにその時には竹中半兵衛が亡くなっており、感謝の気持ちをこめて黒田家紋竹中家紋に変更した。

なお彼が亡くなった時に息子竹中重門はまだ7歳であったが、成長してからは秀吉に従い不破5000石が与えられ、その後関ヶ原の戦いの際に西軍から東軍への寝返りを成功させ本領安堵された。しかし5000石のままであり、交代寄合という高い格ではあったものの、半兵衛従弟竹中重利の子孫とは違い彼の子孫が大名になることは最後までなかった。

※その他「竹中半兵衛」の詳細についてはWikipediaの該当記事参照。 

ニコニコ動画でも「信長の野望」「太閤立志伝」を使用したゲームプレイ動画架空戦記で良くみかけるが・・・
竹中半兵衛」のキーワード検索結果では「戦国BASARA」の竹中半兵衛がほぼ専有している状態だったりする。
BASARA以外の竹中半兵衛ニコニコで見たければ竹中半兵衛タグ検索を推奨。

戦国BASARAの竹中半兵衛

竹中半兵衛(戦国BASARA)の記事を参照。

戦国大戦の竹中半兵衛

絶望した、戦の世に絶望した!

戦国大戦での彼はと言うと、戦傾奇(漫画とのコラボ)でさよなら絶望先生作者である久米田康治氏が担当した結果、まんま絶望先生となっている。まだ秀吉に仕える前なので他軍扱い。
足軽の2コスト6/10と決して低くないスペックと騎隊の突撃から身を守る防柵を備。
計略は「絶望」、広範囲・長時間範囲内で計略を使えなくするものだが、味方・敵関係なく封印するため、使い方を間違えると自分が絶望することになりかねない。しかし使い方によっては相手を絶望叩き落とす事も可、特に長時間持続する今川の精鋭計略とは自分は計略の恩恵を受けつつ相手だけ封殺することが可で相性がいい。

が智謀、全てをあなたのために…」
1.10で秀吉に仕えた後の彼が見られる。計略は「今孔明の軍法」。
智将と呼ばれただけあり統率はコスト2で単独一位の11、武は5と寂しいが、制圧・魅・攻と有用な特技を3つ持っている。残念ながら伏兵は持っていない。足軽であることを考慮すれば攻が伏兵になれば強さと彼らしさが増したであろう。
孔明の軍法は元ネタである三国志大戦諸葛亮の「八卦の法」と同じく、かける部隊数に応じて効果が変化する。
特に二部隊掛けは武増加・移動速度上昇と八卦と同じ効果である。
あちらより軽い士気5だが代償として半兵衛の兵は発動時に大幅に減ってしまう。二回連続でかければ宝のテコ入れしでは全快からでも自分が撤退してしまう程である。病弱という設定を反映したものと思われる。命は投げ捨てるもの

の采配の前では、お前など赤子同然!」
なお戦数奇隊の彼もいる(pixivでのイラコン入賞者のイラストを使用)。
しかし計略で兵が減り、更にメインの2掛けは前線の殲滅を上げるため半兵衛メイン火力となる隊よりは後方支援に適した足軽のほうがいいという理由などからVer1.20までの使用率は思わしくなかった。
しかし、Ver2.0になると全兵種の兵が同じになったため兵面での不利は消え、更に足軽の大幅な射撃ダメージ弱体により、こちらを採用する選択肢も生きてきた。

 

芸術をご覧あれ!」
 さらにVer1.10ではプレゼント企画によりEXカードが登場した。統率が1下がり制圧も失ったが、機動の高い騎隊となったので独自性はある。

「一計の元に、返り討ちにすべし」

Ver2.0ではセンゴクの姿で戦数奇で参戦。相変わらず伏兵はい。だが特技は制圧・豊・魅と3つ。
計略の「神の領域」は、逆計(相手が計略を使用した時だけ使える)で、範囲内で計略を使った敵に大ダメージを与える。その威は並のダメージ計略の倍近く、と強なのだが範囲は異様に狭い。更に逆計なので動的には打てない。
決まればリターンは大きいが範囲が問題というあたりは三国志大戦3司馬炎(金田一)と同じ。向こうはもっと自重してなかったけど。

信長の野望における竹中半兵衛

突出した知略を誇るが、寿命という最大の敵におびえなくてはならない。寿命なしシナリオではその問題もされる。

統率も高いので部隊長と軍師を兼ねることもできる。知略にべると政治は低め。歴史イベントとして稲葉山城乗っ取りが採用されている作品もある。

革新』では全武将中でもわずか二人しかもっていない固有戦法「治療」が与えられるという更なる公式チート武将と化している。

「信長の野望」(PC)シリーズにおける竹中半兵衛/竹中重治の能力一覧

軍事 内政
群雄伝(S1) 戦闘 92 政治 85 70 野望 63
武将風雲録(S1) 戦闘 93 政治 77 76 野望 29 教養 79
覇王 采配 88 戦闘 77 智謀 96 政治 84 野望 9
天翔記 戦才 164(A) 智才 192(A) 政才 168(B) 85 野望 44
将星 戦闘 80 智謀 97 政治 85
烈風 采配 82 戦闘 70 智謀 95 政治 65
世紀 采配 85 智謀 89 政治 58 野望 32
統率 85 知略 90 政治 51
下創世 統率 85 知略 90 政治 50 教養 72
革新 統率 96 武勇 61 知略 102 政治 57
統率 78 武勇 36 知略 102 政治 57
創造 統率 90 武勇 74 知略 99 政治 57

ニコニコ動画上の信長の野望版竹中半兵衛の扱い

▼通称「変態チュートリアル」な架空戦記竹中半兵衛の憂鬱


iM@S架空戦記くされ戦記」ではとあるアイドル竹中半兵衛を務めている。まこまこり~ん

東方Projectと組み合わせた動画でもその高い知は特別扱いを受けている。天才つながりで八意永琳と絡むことも多い。ただし、変態になることもある。

戦国無双の竹中半兵衛

戦国無双3においてプレイヤーキャラクターとして参入。ショタとなっている。武器は羅針盤CV:庄司宇芽香

詳細は竹中半兵衛(戦国無双)の記事を参照。

太閤立志伝の竹中半兵衛

織田信奈の野望の竹中半兵衛

竹中半兵衛(織田信奈の野望)の記事参照。

蛇足

彼は病弱と言う事もあってか上の通り、あまりにアレアレンジをされているのでここに少々実際の事を・・。

そもそも軍師と聞くと「〇〇の」の使用や「今です!」と奇襲や策を使い、戦の大局を見たり敵の策を見抜いたり
と言うイメージが強い。ところが戦国時代の軍師と言うのは調略や工作、つまり敵の将を密かにこっちの味方に
したり有利な条件にするという政治家の様な事が仕事の一つであった。

如何に兵がいようと強かろうと、裏切られて混乱して滅ぶという事は関ヶ原の合戦でも明されている。逆を言えばこの工作が優れている所ほど強くなるという事である。もちろんこの半兵衛や官兵衛も記録にも残らない多くの調略を行い、度々勝利をもたらしたのであろう。もちろん、軍師として作戦示や策の考案、と言う点でも一流だったのはいうまでもない。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%AB%B9%E4%B8%AD%E5%8D%8A%E5%85%B5%E8%A1%9B
ページ番号: 1947957 リビジョン番号: 2414677
読み:タケナカハンベエ
初版作成日: 09/03/14 04:24 ◆ 最終更新日: 16/10/09 04:41
編集内容についての説明/コメント: 信長の野望天道・創造の能力追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

竹中半兵衛について語るスレ

80 : ななしのよっしん :2015/10/19(月) 03:15:32 ID: 35ugW8Mpb5
しかし戦においては懸かりの采配で智謀は当然群を抜き下随一、
本業は政治工作ガンガン敵のを調略して実は剣術の達人で小勢で敵を追い払うこともある猛将となると
ゲームで表現した値が恐ろしいことになるからなぁ、まあ今も十分なってるけどw
謙信政治が下げられて戦闘マシーンにされるのと同じでそういうひ弱のイメージは変えられないかもね、結局女性みたいな容姿と死にの事実はあるし
81 : ななしのよっしん :2016/06/26(日) 22:45:05 ID: Bt9ljWyfZ4
べつに大した武勇伝もないんだし肩書きだけなら武コーエー定くらい(低くはない、むしろ結構高め)で妥当じゃないかね
むしろ政治と魅が分かれたコーエー定なら、半兵衛のやってた政治工作ってやつは魅で表現できるので政治は下げていいと思うけどね
漑や商業振に活躍する半兵衛はなんか違う
82 : ななしのよっしん :2016/10/09(日) 05:09:06 ID: 4v150F37ss
戦国無双真田丸以降に〇年期モデルが今後採用されても青年期のままだろうな
83 : ななしのよっしん :2016/10/25(火) 14:09:01 ID: kwFcFsvk4i
なんでこやつはいつまでも天才軍師のイメージなんだろか?
「参謀」としての在地勢の調略なんかでも
蜂須賀さんの方が余程働いてるし資料も残ってるのに
高的にみても活躍の実働にしても「軍師」と呼べるように
実績はほぼいのになあ
84 : ななっしー :2016/11/09(水) 08:09:34 ID: GD2IqR+HyW
やっぱ軍師の在り方を根底から変えたのがでかいんじゃね?
竹中半兵衛が世にでるまでの軍師というのは
術師、陰陽師す。
俺らイメージする戦略を提供する軍師というのは半兵衛が原点ぽい
85 : ななしのよっしん :2016/11/11(金) 17:15:01 ID: /woFVrwei+
孔明って称号を戴いてるからそれに引きずられて・・と思ったけど、別に竹中半兵衛に限ったものではないみたいだな。
孔明の方も北伐のこと除けば、どっちかっつーと軍政・宰相って感じだし。
結局のところ、軍記物や講談なんかでキャラクターとして扱いやすく人気になるような要素を持っていた(+実際の人物像がよく分からない)という以上のことはいのかな。
86 : ななしのよっしん :2016/11/11(金) 17:19:36 ID: Aia+oeHy0P
美濃時代に名をかす実績を挙げた上で
隠居しその後で三顧の礼を受け
天下統一の手助けをした

十分やろ
87 : ななしのよっしん :2016/12/07(水) 18:07:42 ID: hbQj45Eq7l
キングメーカーや王佐の才って言葉がある。
本多正信を見ればわかりやすいかな、王の側近として王の意思決定を支える参謀と言うことで、献策しても命令するのは秀吉だから秀吉の策となる。出世するのも秀吉

こういう人物を官兵衛みたいに軍監にして前線に出したり、蜂須賀みたいに実行部隊に当てるのは勿体無い、と言うことで側近として使うのだが、半兵衛はこのタイプの参謀かもしれない。

ついでに言うと実重視の信長の下で秀吉を、1、2を争うぐらいの有な配下にまで押し上げる事は、既に強大な本寺後の秀吉下を取らせることより難しいかもしれないよ。
88 : ななしのよっしん :2017/02/13(月) 20:55:48 ID: vjJLM2GbKR
秀吉の与になるのは浅井が叛いてからだよね
おそらく10年も一緒に行動してないのに秀吉未来を決めてしまったわけか
89 : ななしのよっしん :2017/02/18(土) 16:01:34 ID: hbQj45Eq7l
その時期が下取れるかの分岐点にもなるから十分に可性があるだろうね。

王佐の才の続き、
の臣に蕭何という人物がいる、この人物、同時期の三傑と言われた韓信張良の活躍にべると武功と呼べるものはほぼいに等しい。

しかし蕭何がいなければもしかしたらはなかったかもしれない
劉邦起の手助けをし、咸陽ではの内政記録を確保し、造りの基本とした。また韓信は蕭何がいなければ世に出なかったかもしれない、劉邦後方支援と内政手腕を認め戦功第一とした。

武功というよりもほとんどが「お立て」というべきものだがこれがとても重要だったりする。

どこまでが半兵衛が関わっていたかは不明だが本能寺の変時における秀吉の立ち位置については、黒田息子の件も含めてとてもお立てが行き届いている。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015