単語記事: 竹取物語

編集

竹取物語とは、日本最古と言われる物語である。かぐや姫の物語などとも。

あらすじ

むかしむかし、竹取の翁といって竹を取っては道具を作ることを生業とする男がいた。あるとき翁が竹林に入ると、光る竹があった。切ってみると中には三寸ほどのかわいらしい娘がいた。翁は妻と共にその娘を育てることにした。それ以来翁はの入った竹をよく見つけるようになり、俄に持ちとなった。娘は三ヶ月ほどで美しく育ったため、成人の義をして名前をつけた。「なよ竹のかぐや姫」という。

かぐや姫の美しさは世間でも噂となり、男たちは貴賤を問わずかぐや姫をものにしようと必死になった。その中でも特に思いの強い五人の貴公子がいた。翁はかぐやに結婚するよう求めるが、かぐやはこの五人に結婚の条件として無理難題を与えた。ある者は偽物を用意して見破られ、ある者は要求の物を探して難に遭い、誰一人として難題をかなえることはできなかった。

かぐや姫の噂は帝にまで届いた。帝はかぐや姫の美しさの程を知ろうと女官を遣わしてかぐや姫に対面させようとしたが、かぐや姫はそれすら拒む。そこで帝は狩りと称して出かけてはかぐや姫の家に忍び込む。かぐや姫は帝に見られるとふと姿を消してしまう。帝が連れて行くことは諦める旨を伝えると、かぐや姫は再び姿を現す。それ以来二人は文通をする仲となる。

帝と心通じて三年ほどたった春より、かぐや姫は月を見ては涙をながすようになる。八月のある日に月を見てはひどく泣く。それをみて翁と妻が聞くに、かぐや姫は自分が月の人であり次の満月に迎えが来て帰らなければならないと告げる。帝もこの事を知り、かぐや姫を帰すまいと兵士を遣わす。

いざ月からの迎えが訪れると、兵士は戦意を喪失し、月の使いが一言唱えると固く閉ざした扉はすべて開いた。かぐや姫は別れ際に帝に天の羽衣と不死の薬を送る。月の使いが用意した穢れを祓う薬を食べ、地上の衣を脱ぎ月の衣を着ると、地上への未練も忘れてしまい月に帰って行った。

かぐや姫の亡き後、翁と妻は生きる気力を失い病んでしまう。帝はかぐや姫がいないのに不死となっても仕方なしとし、駿河にある天に近い山に兵を遣わし、手紙とともに不死の薬を燃やした。それよりその山は富士と言うようになった。そのときの煙は今でも雲の中に立ち上っていると言う。

主な登場人物

かぐや姫

月の都の人。罪を犯したため穢き地上に落とされ、償いが終わったとして迎えと共に月の都へと帰っていく。

自分は不細工だから結婚なんかしても仕方ないだの、貴公子達に難題を押しつけて誠意を見せろとだの、この国の人じゃないから宮仕えしたくないだの、相当なわがまま娘。おまけに関わった人がことごとく不幸せになっているとんでもない魔性の女。

翁曰く20年は育てたとのことであるが、物語冒頭では三ヶ月で美しく育ったともある。つまり成年してから20年は…つまり行き遅r

名前の疑問

かぐやと言う名は、物語には「この子いと大きに成ぬれば、名を、三室戸齋部のあきたをよびて、つけさす。あきた、なよ竹のかぐや姫と、つけつ。」とあるように、地上の人によって付けられている。一方で、月の遣いのうち王とおぼしき人が曰く「かぐや姫は、罪をつくり給へりければ、かく賤しきをのれのもとに、しばしおはつる也」とあり、さらに「いざ、かぐや姫。穢き所にいかで久しくおはせん」と呼びかけて扉を開いた。このことから、地上でつけられたはずの「かぐや」の名は月の人も使っているようであるが、これが偶然の一致なのか、月の人が便宜上かぐや姫と呼んでいるのか、はたまた娘は「かぐや」と名付けられるような本質を持っていたのかは不明である。

竹取の翁

かぐや姫を拾って育てたおじいさん。文献によって「さかきのみやつこ」「さるきのみやつこ」「さぬきのみやつこ」と名前が安定しないが、一般には「さぬきのみやつこ」で通用していることが多い。

事あるごとにかぐや姫に結婚しろとうるさく、「我子よ、あなたは妖怪変化の類の人ではあるが、ここまで大きく育てたんだから翁の言うことは聞いて欲しい。(求婚を受け入れろ)」と、結構ひどいことをかぐや姫に告げたり、「(月から)迎えに来る者は長い爪で目を潰してやろう。その髪をつかんで引っ張り落としてやろう。その尻をひんむいて晒して恥をかかせてやろう」などととんでもない事を言ったりしている。

年齢不詳、もしくは詐称。かぐや姫が五人の貴公子に求婚されている時は「もう七十でいつ死ぬともわからないから結婚して安心させてくれ」と言っているが、月から迎えが来ると告げられた時には、今年で五十歳になるがとてもそうは見えないほどの老け方をしている、と書かれている。さらに月からの迎えには「私は20年もかぐや姫を育ててきた。あなたは片時と言うから疑わしい。人違いではないか」と言っている。で、結局お前は何歳なんだ。

石つくりの皇子

途中 編集者は天竺に仏の御石の鉢を求めに行きました。

くらもちの皇子

途中 編集者は蓬莱の山に玉の枝を求めに行きました。

あべの右大臣

途中 編集者は火鼠の皮衣の入荷を待っています。

大伴の大納言

途中 編集者は龍を仕留めに行きました。

いそのかみの中納言

途中 編集者は燕が子を産むのを待っています。

御門。帝。現代風に言うなら天皇。かぐや姫にご執心だが、国のまつりごとは大丈夫なのか不安なところである。

「この国の人ではないから宮仕えはできない」と言われて文通を三年も続けたり、かぐや姫のいない世に不死でも仕方ないと言ったり、結構純情な人のようである。

時代考証

5人の貴公子のうち、3人(あべの右大臣、大伴の大納言、いそのかみの中納言)は史実上の人物であり、これにより竹取物語の舞台となる時代は奈良時代初期と類推されている。また、この時代の都は平城京である。

かぐや姫は十二単を着ている平安京の姫というイメージで描写されることが良くあるが、時代考証としてはこれは誤りとなる。十二単は平安時代中期(10世紀ごろ)より始まった装束であり、奈良時代初期(8世紀前半)には存在しない。

歴史

源氏物語(1000年ごろ)では「物語の出で来始めの祖」とされており、当時から既に古い物語とされていたようではあるが、精確な成立年代も作者も不明である。

また、原本は存在せず、現在まで伝わっているのは後の世に書かれた物とされている。それも複数伝わっており、物によって細部の表現が異なるなどする。一般に竹取物語として現在読まれている物は、後の世に書かれた物もしくはそれらを合わせて編集した物となっている。

現代における竹取物語

童話として小さいころから知っている人が多い。中学校の古文の授業で「いまはむかし、たけとりのおきなといふものありけり…」と暗唱した思い出のある人も少なからずいることであろう。

その知名度から、かぐやの名を戴いたものは少なくない。ニコニコ動画での使われ方については「かぐや」の項を参照のこと。

竹取物語をもととした創作や、月の国を描いた創作も絶えない。

関連動画

関連商品

関連項目

かぐや姫
この物語の主役に関する記事。
かぐや
かぐや姫にちなむ項目の曖昧さ回避。
東方永夜抄
登場人物の「蓬莱山輝夜」が竹取物語のかぐや姫をモデルにしている。設定の上では「竹取物語のかぐや姫本人」であるとされており、竹取物語の出来事もほぼ事実とされている。ただし物語の顛末はいくらか異なっており、かぐや姫(輝夜)は実は月には帰っておらず、従者の一人と結託して逃げ出し隠れ住んでいた。
また、実際の竹取物語の中ではいずれも見つけられなかったか偽者でごまかしに来たとされている五つの難題だが、経緯は不明ながら、本物の蓬莱の玉の枝を所持している。
かぐや姫の物語
竹取物語を原作に作成されたジブリ映画。詳しくは記事参照。
ヤマトなでなで♡かぐや姫
竹取物語を元にした楽曲。詳しくは記事参照。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%AB%B9%E5%8F%96%E7%89%A9%E8%AA%9E
ページ番号: 1805388 リビジョン番号: 2343570
読み:タケトリモノガタリ
初版作成日: 09/03/07 02:49 ◆ 最終更新日: 16/03/30 00:19
編集内容についての説明/コメント: 時代考証の項を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

竹取物語について語るスレ

71 : ななしのよっしん :2014/09/03(水) 00:58:40 ID: Z4CbBsPEqu
>>70
帝王切開かな?
72 : ななしのよっしん :2015/01/13(火) 20:25:45 ID: Kf2h0zy8Wd
この物語をモチーフにした小説
結構面白い
73 : ななしのよっしん :2015/11/07(土) 09:11:22 ID: merlJs002d
新作のアニメ牙狼もこれを題材にしてるっぽいね。
74 : ななしのよっしん :2015/11/19(木) 21:52:11 ID: ZcHLuEjbp3
似た話がチベットにある
75 : ななしのよっしん :2015/12/25(金) 23:44:45 ID: UyFcN+TrOB
本についてとオチ集はこんなもんかね

本:室町初期の断片9ページと室町末期の完本が現存
本文は微妙に違う2系統(流布本・古本)がある

オチ集:
『仏の御石の鉢』石作御子:どうみても贋作バレEND【無傷】
『蓬莱の玉の枝』車持御子:公開処刑→失踪END  【失踪】
『火鼠の皮衣』阿部御主人:燃えちゃったEND   【無傷】
『龍の頸の玉』大伴御行:難破破産END      【重傷】
『燕の子安貝』石神麿任:事故→衰弱死END    【死亡】
76 : ななしのよっしん :2016/02/24(水) 13:44:38 ID: RmqHFbcaMu
>>74
チベットの話だと姫は竹取の翁にあたる人と結婚するんだっけ
まあそっちの方が昔話としてスタンダードな気がするし、むしろなんでこの話は結婚せずに月に帰るんだよという
77 : ななしのよっしん :2016/03/06(日) 10:08:45 ID: FoQNIovBpo
不倫あるいは不貞した為、高貴な身分である姫でも地上に流刑(当時、死刑に告ぐ重い刑)に処されたとする説があるらしい

結婚しない、というか求婚を断る事も一つの罰だったのかも
78 : ななしのよっしん :2016/09/18(日) 09:04:58 ID: 7RHdpk6ghx
月を、遠くの世界=朝廷の権力の範囲外=当時の奥州

と考えると、勘当された藤原氏の姫が京までやってきて、おじいさんに拾われて、やがて許されて帰っていった。

という実話が元ネタになっているのかも
79 : ななしのよっしん :2016/11/09(水) 21:33:50 ID: 7mc2Y8L+hK
今の今まで皮衣は火鼠ではなく火狐から採取するものだと勘違いしていた

Mozilla絶許
80 : ななしのよっしん :2016/12/27(火) 13:16:35 ID: Kz976vlNkH
空に浮かんでいる、日毎満ち欠けする月を見て、あそこが自分たちと同じ人の住むところだと考えたってことだよな。
その時代の人たちの宇宙観を聞いてみたいわね。
かぐや姫の宇宙観が特殊なのか、その時代の和歌でも宇宙はそう読まれているのか。
詳しい方一席求。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015