単語記事: 笑点

編集

笑点』(しょうてん)とは、1966年から日本テレビ系列で放送が続いているテレビ番組である。

NHKのど自慢』『新婚さんいらっしゃい!』『パネルクイズ アタック25』『サザエさん』などと並ぶ、日曜日放送長寿テレビ番組の顔の一つである。また、日本テレビ史における最長寿の演芸番組として現在もその記録を更新し続けている。

現在は毎週日曜日午後5:30~6:00まで放送されている。(1996年4月から。それ以前は長きに渡って日曜午後5:20~6:00の40分番組として放送されていた)

概要

前半は落語漫才マジックなどの演芸コーナーがあり、後半にお題に対して噺が面おかしく答える大喜利が行われる。中村八大作曲によるオープニング曲「笑点テーマ」は非常に有名で、ニコニコ動画でも良く使われる。

尚、前半の演芸コーナーでは、落語協会・落語芸術協会・円楽一門会・落語立川流などの在落語団体が打披露口上を行う場合がある。テレビというメディアを通じて顔と名前とを覚えて貰う絶好の機会として積極的に利用されている。
落語協会、落語芸術協会、そして円楽一門会と、三者において団体間の確執が少なくないが、当番組においては「呉越同舟」となってその伝統を守り続けている、重な舞台の一つともなっている。

歴代大喜利メンバー

6人制が確立された1970年6月以降の大喜利メンバーの変遷は以下の通り。

1 2 3 4 5 6 座布団運び
1970年6月

1971年12月
前田武彦 桂歌丸 林家木久蔵 三遊亭 五代目
三遊亭圓楽
小きん
[1]
三遊亭
小野
[2]
1970年12月

1971年7月
三波伸介 桂歌丸 林家木久蔵 三遊亭 五代目
三遊亭圓楽
小きん 三遊亭
小野
1971年7月

1972年7月
三波伸介 桂歌丸 林家木久蔵
[3]
三遊亭 五代目
三遊亭圓楽
小きん 三遊亭
松崎
1972年7月

1977年3月
三波伸介[4] 桂歌丸 林家木久蔵 三遊亭 五代目
三遊亭圓楽
林家こん平 三遊亭
松崎
1977年4月

1977年8月
三波伸介 桂歌丸 林家木久蔵 三遊亭 林家こん平 三遊亭
松崎
1977年8月

1979年9月
三波伸介 桂歌丸 林家木久蔵 三遊亭
楽太郎
三笑亭
夢之助
林家こん平 三遊亭
松崎
1979年9月

1980年10月
三波伸介 三遊亭
楽太郎
林家こん平 桂歌丸 林家九蔵 林家木久蔵 三遊亭
松崎
1980年11月

1981年12月
三波伸介 三遊亭
楽太郎
林家木久蔵 桂歌丸 古今亭 林家九蔵 林家こん平 松崎
1982年1月

1982年9月
三波伸介 古今亭 三遊亭
楽太郎
林家木久蔵 桂歌丸 林家九蔵 林家こん平 松崎
1982年10月

1982年12月
三波伸介 林家九蔵 林家こん平 桂歌丸 古今亭 三遊亭
楽太郎
林家木久蔵 松崎
1983年1月

1983年10月
五代目
三遊亭圓楽

[5]
三遊亭好楽
[6]
林家こん平 桂歌丸 古今亭 三遊亭
楽太郎
林家木久蔵 松崎
1983年10月

1984年9月
五代目
三遊亭圓楽
三遊亭
楽太郎
林家木久蔵 三遊亭
小遊三
桂歌丸 古今亭 林家こん平 松崎
1984年10月

1985年3月
五代目
三遊亭圓楽
三遊亭
楽太郎
林家木久蔵 三遊亭
小遊三
桂歌丸 古今亭 林家こん平 山田隆夫
1985年4月

1985年6月
五代目
三遊亭圓楽
三遊亭
小遊三
林家木久蔵 三遊亭
楽太郎
林家こん平 古今亭 桂歌丸 山田隆夫
1985年7月

1985年12月
五代目
三遊亭圓楽
三遊亭
小遊三
林家木久蔵 桂歌丸 三遊亭
楽太郎
林家こん平 才賀[7] 山田隆夫[8]
1986年1月

1988年3月
五代目
三遊亭圓楽
才賀 三遊亭
小遊三
林家木久蔵 桂歌丸 三遊亭
楽太郎
林家こん平 山田隆夫
1988年4月

1992年4月
五代目
三遊亭圓楽
三遊亭好楽 三遊亭
小遊三
林家木久蔵 桂歌丸 三遊亭
楽太郎
林家こん平 山田隆夫
1992年4月

2004年12月
五代目
三遊亭圓楽
三遊亭
小遊三
三遊亭好楽 林家木久蔵 桂歌丸 三遊亭
楽太郎
林家こん平
[9]
山田隆夫
2004年12月

2006年5月
五代目
三遊亭圓楽
三遊亭
小遊三
三遊亭好楽 林家木久蔵 桂歌丸 三遊亭
楽太郎
林家たい平
[10]
山田隆夫
2006年5月

2007年8月
桂歌丸 三遊亭
小遊三
三遊亭好楽 林家木久蔵 春風亭昇太 三遊亭
楽太郎
林家たい平
[11]
山田隆夫
2007年9月

2016年5月
桂歌丸 三遊亭
小遊三
三遊亭好楽 林家木久扇
[12]
春風亭昇太 六代目
三遊亭圓楽

[13]
林家たい平 山田隆夫
備考
  1. 後の六代 つば女(2004年死去)。
  2. 「突撃!隣の晩ごはん」でおなじみのあのヨネスケ(助は高座名)。
  3. 1971年より紋付の色がに変更されたが、正確な時期は不明。
  4. 1972年より紋付の色が→□に変更されたが、正確な時期は不明。
  5. 自前の紋付を着用していたため、色し。
  6. 1983年4月五代目 三遊亭圓楽門下に移籍、九蔵から名。
  7. 1985年9月に古今亭次より襲名。
  8. 1985年より紋付の色がに変更されたが、正確な時期は不明。
  9. 2004年9月以降は病気療養のため、一時降
  10. 病気療養中の林家こん平の代理として参加(正式メンバーではない)。
  11. これ以降、正式メンバーとして参加。
  12. 2007年9月に初代 林家木久蔵から襲名。
  13. 2010年2月三遊亭楽太郎から襲名。

歴史

笑点 by ないちゃん 笑点スレ

笑点歴史は、1965年から半年間、金曜10時台に放送された金曜(きんようよせ)という番組がルーツである。尚、大喜利という形式はこの番組のために生み出された物で、この時から続いている。
この番組は、「日本プロレス中継」の放送されない週の埋め番組として隔週で放送されたのだが、この番組が人気を博したため、翌1966年に毎週日曜夕方の放送へと移動し、「笑点」となった。

笑点というタイトルは、考案者である立川談志が、当時流行していた三浦子氏の小説『氷点』を捩ってつけたという説が有

笑点テーマ」が登場したのは1969年
当初は歌詞も存在したのだが、大喜利メンバーによる歌の下手さからい時期に現在のインストゥルメンタルに変更になっている。
また、曲の最後に入る「パフ♪」というSEは、そもそもはレコーディング時に誤って鳴らしてしまった音である。かしこれが曲のアクセントとなり定着してしまったため、そのまま正式に採用されたという経緯がある。

現存している最古の番組本編映像1973年昭和48年8月26日(第369回)放送分である。
それ以前の放送分は残念ながら現存しない。

この番組の創立者、故立川談志は、「笑点の出演者の言葉は全てが台本で、元々アドリブ的ではない。“コール&レスポンス”が的である」と説明している。

なお、談志は生前、現在の『笑点』に対し、要約すると「どうでもいい」と評価を下していた。

関連動画

OPテーマ曲


あまりに有名な例のテーマ曲(1969年~現在)

紹介動画

MAD動画

笑点のテーマと混ぜてみた系

笑点のテーマを演奏してみた/させてみた系

 

笑点そのもののパロディ

笑点の映像を使ったMAD



関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%AC%91%E7%82%B9
ページ番号: 384466 リビジョン番号: 2359653
読み:ショウテン
初版作成日: 08/07/22 22:52 ◆ 最終更新日: 16/05/08 16:15
編集内容についての説明/コメント: 歌丸引退によるメンバー変遷を加筆,関連動画と関連商品を並べ替え,関連項目追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ちゃらちゃん♪

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

笑点について語るスレ

244 : ななしのよっしん :2016/05/23(月) 23:17:58 ID: uL8m6WBkPn
上がってる動画見たけど、今でも滅いなあ
今やってるのもバラエティより余程面いし、色あせない
245 : ななしのよっしん :2016/05/23(月) 23:23:37 ID: gPxignQWkR
そりゃ馬鹿騒ぎするだけの内輪受け前提の番組(笑)
歴史と伝統ある技術を受け継いできた方々の寄席じゃ泥の差よ

一応ネタの答えとかは台本通りらしいけど
246 : ななしのよっしん :2016/05/23(月) 23:29:21 ID: JAYY92cUr9
少し前におはスタ山ちゃん会を引退したと思ったら、今度は笑点で歌丸さんが引退か、こうして見ると時代の移り変わりをの当たりにしてるようだな
247 : ななしのよっしん :2016/05/24(火) 12:33:40 ID: iKbG4mIMKk
談志時代ならともかく、今は流石に台本じゃないんじゃない?
もちろんメンバー事前に問題を知ってるとは思うし、全てが即とは言わんが
さんの歌の回なんて台本あったらあんなに間を取らんよ(小遊三さんとか)
248 : ななしのよっしん :2016/05/24(火) 19:48:44 ID: fjWnlGs+BW
それにしても、最もメンバー入りしたのが遅い春風亭昇太がいきなり会に大抜か・・・こっちは楽を予想してたのだが・・・意外だ。
249 : ななしのよっしん :2016/05/24(火) 20:26:24 ID: DlMiqPfWJP
>>243
>>245
円楽師匠は絶対自分で考えた答えしか言わない
小遊三師匠は放送直前までお題を知りたがらない
木久扇師匠は台本を覚えられない
よってこの3名はアドリブ確定

ここから、事前に考えた答えを言う噺を逆に推定することが出来そう。
250 : ななしのよっしん :2016/05/24(火) 23:15:49 ID: Heeh3l4fsf
>>249
でも、今ではメンバーの中でも古師匠方がアドリブになってきてるし、それよりも下の者達がアドリブで挑まないってことはない気がする。そういう部分で変移があったから、後年の談志は当初のコンセプトと変わった現在の笑点に大した評価を下さなかったんじゃないのかなと思ったり
昨今は他者の回答から連なった回答で盛り上がることもあるからよりアドリブ性が強くなってるし、だから記事の記述は少しニュアンスを変えた方がいいと思うんだよね。は変えられないから意見言うしかないんだけれど
251 : ななしのよっしん :2016/05/24(火) 23:30:44 ID: kNlSDWvEUp
昇太に代わる新メンバーになるかでこれからの動向は大きく変わってくると思う。
今下手に若返り的に一気に変えていくとファン離れにつながりかねないけど、将来何十年も続けていくためには避けられない課題だし

>>245,247
問題と回答例は事前に教えられてるとどっかで聞いたことはあるな
252 : ななしのよっしん :2016/05/25(水) 00:52:04 ID: pexrOkmRC4
昇太が見たより年いっているのけど、実はたいの方が年下だったのか。
こんの代役からの昇格でそれなりに長くやっているからてっきり一番年下は昇太だと思ってた。
今回の件で調べてみると存外知らないことも多いなぁ。
253 : ななしのよっしん :2016/05/25(水) 14:55:49 ID: okgJxwPCup
歴代の会就任で最高齢は当然歌丸、次点は意外にも昇太なんだよなあ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015