編集  

笑点単語

ショウテン

笑点』(しょうてん)とは、1966年から日本テレビ系列で放送が続いているテレビ番組である。

NHKのど自慢』『新婚さんいらっしゃい!』『パネルクイズ アタック25』『サザエさん』などと並ぶ、日曜日放送長寿テレビ番組の顔の一つである。また、日本テレビ史における最長寿の演芸番組[1]として現在もその記録を更新し続けている。

現在は毎週日曜日午後5:30~6:00まで放送されている。[2]

概要

前半は落語漫才マジックなどの演芸コーナーがあり、後半にお題に対して噺が面おかしく答える大喜利が行われる。中村八大作曲によるオープニング曲「笑点テーマ」は非常に有名で、ニコニコ動画でも良く使われる。

尚、前半の演芸コーナーでは、落語協会・落語芸術協会・円楽一門会・落語立川流などの在落語団体が真打披露口上を行う場合がある。テレビというメディアを通じて顔と名前とを覚えて貰う絶好の機会として積極的に利用されている。
落語協会、落語芸術協会、そして円楽一門会と、三者において団体間の確執が少なくないが、当番組においては「呉越同舟」となってその伝統を守り続けている、重な舞台の一つともなっている。

日曜夕方の放送ながら通常時でも15~18%台という高視聴率を記録し、歌丸勇退及び新会者発表などが絡んだ2016年5月期は20%えを連発。5月22日放送回では22.7%17:3018:00)・27.1%18:0018:55)、翌29日は28.1%を記録した。直前の5時~5時半で放送されているTBS系毎日放送制作)のアニメの視聴率が5%取れれば合格と言われているだけに、見たの数字以上にとてつもない視聴率を記録し続けていることがわかるだろう。ただし世代別視聴率は圧倒的に高齢者が多く、消費志向の高い世代である若年~中年層からの支持はあまり得られていない。この対策のためか、前半の演芸コーナーは後半の大喜利出演者と親子ほど年の離れた若手・中堅コンビが出て来ることも多い。

歴代大喜利メンバー

6人制が確立された1970年6月以降の大喜利メンバーの変遷は以下の通り。

1 2 3 4 5 6 座布団運び
1970年6月

1971年12月
前田武彦 桂歌丸 林家木久蔵 三遊亭 五代目
三遊亭圓楽
小きん
[1]
三遊亭
小野
[2]
1970年12月

1971年7月
三波伸介 桂歌丸 林家木久蔵 三遊亭 五代目
三遊亭圓楽
小きん 三遊亭
小野
1971年7月

1972年7月
三波伸介 桂歌丸 林家木久蔵
[3]
三遊亭 五代目
三遊亭圓楽
小きん 三遊亭
松崎真
1972年7月

1977年3月
三波伸介[4] 桂歌丸 林家木久蔵 三遊亭 五代目
三遊亭圓楽
林家こん平 三遊亭
松崎真
1977年4月

1977年8月
三波伸介 桂歌丸 林家木久蔵 三遊亭 林家こん平 三遊亭
松崎真
1977年8月

1979年9月
三波伸介 桂歌丸 林家木久蔵 三遊亭
楽太郎
三笑亭
夢之助
林家こん平 三遊亭
松崎真
1979年9月

1980年10月
三波伸介 三遊亭
楽太郎
林家こん平 桂歌丸 林家九蔵 林家木久蔵 三遊亭
松崎真
1980年11月

1981年12月
三波伸介 三遊亭
楽太郎
林家木久蔵 桂歌丸 古今亭 林家九蔵 林家こん平 松崎真
1982年1月

1982年9月
三波伸介 古今亭 三遊亭
楽太郎
林家木久蔵 桂歌丸 林家九蔵 林家こん平 松崎真
1982年10月

1982年12月
三波伸介 林家九蔵 林家こん平 桂歌丸 古今亭 三遊亭
楽太郎
林家木久蔵 松崎真
1983年1月

1983年10月
五代目
三遊亭圓楽

[5]
三遊亭好楽
[6]
林家こん平 桂歌丸 古今亭 三遊亭
楽太郎
林家木久蔵 松崎真
1983年10月

1984年9月
五代目
三遊亭圓楽
三遊亭
楽太郎
林家木久蔵 三遊亭
小遊三
桂歌丸 古今亭 林家こん平 松崎真
1984年10月

1985年3月
五代目
三遊亭圓楽
三遊亭
楽太郎
林家木久蔵 三遊亭
小遊三
桂歌丸 古今亭 林家こん平 山田隆夫
1985年4月

1985年6月
五代目
三遊亭圓楽
三遊亭
小遊三
林家木久蔵 三遊亭
楽太郎
林家こん平 古今亭 桂歌丸 山田隆夫
1985年7月

1985年12月
五代目
三遊亭圓楽
三遊亭
小遊三
林家木久蔵 桂歌丸 三遊亭
楽太郎
林家こん平 才賀[7] 山田隆夫[8]
1986年1月

1988年3月
五代目
三遊亭圓楽
才賀 三遊亭
小遊三
林家木久蔵 桂歌丸 三遊亭
楽太郎
林家こん平 山田隆夫
1988年4月

1992年4月
五代目
三遊亭圓楽
三遊亭好楽 三遊亭
小遊三
林家木久蔵 桂歌丸 三遊亭
楽太郎
林家こん平 山田隆夫
1992年4月

2004年12月
五代目
三遊亭圓楽
三遊亭
小遊三
三遊亭好楽 林家木久蔵 桂歌丸 三遊亭
楽太郎
林家こん平
[9]
山田隆夫
2004年12月

2006年5月
五代目
三遊亭圓楽
三遊亭
小遊三
三遊亭好楽 林家木久蔵 桂歌丸 三遊亭
楽太郎
林家たい平
[10]
山田隆夫
2006年5月

2007年8月
桂歌丸 三遊亭
小遊三
三遊亭好楽 林家木久蔵 春風亭昇太 三遊亭
楽太郎
林家たい平
[11]
山田隆夫
2007年9月

2016年5月
桂歌丸 三遊亭
小遊三
三遊亭好楽 林家木久扇
[12]
春風亭昇太 六代目
三遊亭圓楽

[13]
林家たい平 山田隆夫
2016年5月
春風亭昇太 三遊亭
小遊三
三遊亭好楽 林家木久扇 林家三平 六代目
三遊亭圓楽
林家たい平 山田隆夫
備考
  1. 後の六代 つば女(2004年死去)。
  2. 「突撃!隣の晩ごはん」でおなじみのあのヨネスケ(助は高座名)。
  3. 1971年より紋付の色がに変更されたが、正確な時期は不明。
  4. 1972年より紋付の色が→□に変更されたが、正確な時期は不明。
  5. 自前の紋付を着用していたため、色し。
  6. 1983年4月五代目 三遊亭圓楽門下に移籍、九蔵から名。
  7. 1985年9月に古今亭次より襲名。
  8. 1985年より紋付の色がに変更されたが、正確な時期は不明。
  9. 2004年9月以降は病気療養のため、一時降
  10. 病気療養中の林家こん平の代理として参加(正式メンバーではない)。
  11. これ以降、正式メンバーとして参加。
  12. 2007年9月に初代 林家木久蔵から襲名。
  13. 2010年2月三遊亭楽太郎から襲名。

歴史

笑点 by ないちゃん 笑点スレ

笑点歴史は、1965年から半年間、金曜10時台に放送された金曜(きんようよせ)という番組がルーツである。尚、大喜利という形式はこの番組のために生み出された物で、この時から続いている。
この番組は、「日本プロレス中継」の放送されない週の埋め番組として隔週で放送されたのだが、この番組が人気を博したため、翌1966年に毎週日曜夕方の放送へと移動し、「笑点」となった。

笑点というタイトルは、考案者である立川談志が、当時流行していた三浦子氏の小説『氷点』を捩ってつけたという説が有

笑点テーマ」が登場したのは1969年
当初は歌詞も存在したのだが、大喜利メンバーによる歌の下手さからい時期に現在インストゥルメンタルに変更になっている。
また、曲の最後に入る「パフ♪」というSEは、そもそもはレコーディング時に誤って鳴らしてしまった音である。かしこれが曲のアクセントとなり定着してしまったため、そのまま正式に採用されたという経緯がある。

現存している(日本テレビが所有している)最古の番組本編映像1973年昭和48年8月26日(第369回)放送分である。
それ以前の放送分は残念ながら現存しない。

この番組の創立者、故立川談志は、「笑点の出演者の言葉は全てが台本で、元々アドリブ的ではない。“コール&レスポンス”が的である」と説明している。とはいえ大喜利全な台本があるわけではなく(せいぜい会が問題を読み上げる時に使われる進行台本や、いくつかの解答例の存在が確認されているぐらい)。メンバーの多くは事前に問題の内容を知ってから収録に臨む程度のものと思われる。三遊亭小遊三は頑なに問題の内容を事前に聞かないぶっつけ本番であると言われている(他に三遊亭円楽アドリブ林家木久扇は台本を覚えられないという裏事情?もあるとのこと)。

談志時代の大喜利は今のような身内同士の罵倒合戦ではなく、不謹慎ブラックユーモアエロテーマにした謎かけを回答者にめていたため、出演者からの反発を買い、出演者の降→視聴率の低下→番組が談志を降させ元のメンバーを呼び戻す、というお家騒動的な迷走を繰り広げた末、現在の形になったという経緯がある。なお、談志は生前、現在の『笑点』に対し、要約すると「どうでもいい」と評価を下していた。

ニコニコと笑点

2017年4月に開催された「ニコニコ超会議2017」において、「笑点座布団積み上げギネス世界記録挑戦」という企画で参加した。笑点の出演者からは林家木久扇林家三平山田隆夫らが出演した。この企画笑点の放送で林家三平挨拶の中で企画の宣伝を行った。

翌年2018年4月開催された「ニコニコ超会議2018」においては「超笑点」というブースで参加。番組のセットがそのまま超会議に組まれ、番組のレギュラー出演者全員が登場した。28日(土)には番組の開収録が行われたほか、超会議出演者とのコラボ大喜利も行われた。

関連動画

OPテーマ曲


あまりに有名な例のテーマ曲(1969年現在
オープニングでは出演者がアニメーションで登場する。登場順は以前は最初に会者、以下序列順…となっていたが、春風亭昇太会就任後は会の役職に関係なく年功序列順に従って登場し、最後に勇退した桂歌丸が「終身名誉会」の肩書で登場する。

紹介動画

MAD動画

笑点のテーマと混ぜてみた系

笑点のテーマを演奏してみた/させてみた系

 

笑点そのもののパロディ

笑点の映像を使ったMAD



生放送

関連商品

関連項目

脚注

  1. *喜劇舞台の中継を含めると、1962年に放送を開始した『よしもと新喜劇』-放送開始当初のタイトルは『サモ日曜お笑い劇場』に次ぐ2位となる。
  2. *1996年4月から。それ以前は長きに渡って日曜午後5:20~6:00の40分番組として放送されていた。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%AC%91%E7%82%B9
ページ番号: 384466 リビジョン番号: 2609423
読み:ショウテン
初版作成日: 08/07/22 22:52 ◆ 最終更新日: 18/07/22 00:50
編集内容についての説明/コメント: 歴史を加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ちゃらちゃん♪

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

笑点について語るスレ

499 : ななしのよっしん :2018/07/09(月) 23:11:12 ID: qLKlsFLpQI
昔の放送映像見たら「不祥事なぞかけ」というのがあった。これは今まだ続いているのか?
500 : ななしのよっしん :2018/07/11(水) 05:24:51 ID: 30Q8R29Jjx
>>lv314347937
 
501 : ななしのよっしん :2018/07/16(月) 21:00:40 ID: 0g0GXXnU9o
単にアニメの差し替えが間に合わなかっただけかもしれないけど
OPにまだ歌丸さんがいて嬉しかった。できれば今後もOPに歌丸さんがいてほしい。
502 : ななしのよっしん :2018/07/22(日) 18:06:06 ID: 53dsctpbZ7
座布団運び山田、遂に会を突き飛ばし座布団を没収する
503 : ななしのよっしん :2018/07/23(月) 16:50:32 ID: YDU8F6qh15
ゆりやんがはぁはぁと息を荒げながら座布団運びしてたのを見ると、全く疲れを見せない山田くんってすごいんだなと思ったわ。でも前任の松崎さんのほうがもっとすごい
504 : ななしのよっしん :2018/07/25(水) 23:26:37 ID: TTSLQ9Ugy/
もふっ切れてトラブルネタに女将さん、泰葉etc)をもっとやればいいのに。
丁度歌さんいなくなって家族ネタが一人減ったんだからさ
505 : ななしのよっしん :2018/07/25(水) 23:32:36 ID: 0g0GXXnU9o
>>503
あの座布団って一枚3キロ以上あって、普通座布団よりめちゃくちゃ重いらしいよ。山田君はプロボクサーのライセンス持っているらしいし座布団運ぶために日体を鍛えているとかなんとか
506 : ななしのよっしん :2018/07/28(土) 13:56:36 ID: MPRYIdvlKV
今サッと思いついたネタ大喜利戦隊ショウテンジャーショウテンシルバー
ショウテンシアンショウテンピンクショウテンイエローショウテンベージュ・
ショウテンバイオレットショウテンオレンジ2代目サポートメンバーショウテンレッド

レジェンドメンバーショウテングリーンショウテンネイビー・ショウテンオレンジ(初代)・
ショウテンブルーショウテンホワイト

念のために補足しときますと、ショウテンブルーは小遊、ショウテンホワイト
三波です、ご年配の方ならわかると思いますが
あと故人のメンバーは「キョウリュウジャー」のスピリットレンジャー的な存在で、
キョウリュウバイオレットも2代いるからオレンジはこれに近い感じ?
507 : ななしのよっしん :2018/08/13(月) 01:09:38 ID: JAYY92cUr9
今週の笑点で、円楽さんく昇太さんの隣には着た老人がいるらしい。にしても昇太さん会になってからツッコミのキレが出てきたね。メガネツッコミ白服と見事にマッチしてる
508 : ななしのよっしん :2018/08/14(火) 21:43:17 ID: 1M5GF4kXWC
歌丸さんの死亡ネタに代わる物が昇太さんの結婚ネタかなあ
この前の笑点緑色の亡霊ネタは笑ったわwww
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829