単語記事: 簡体字

編集
编集上の注意:この记事にはGoogle ChromeSafariでは正しく投稿できないUnicodeコードポイントが含まれています。Google ChromeSafari以外のブラウザで编集してください。

简体字とは、中国およびシンガポールにおいて现在正字として采用している、来よりも简略化した汉字。简化字とも呼ばれる。

概要

1956年中国文字革委员会が「汉字简化法案」として布した。その后1964年に「简化字总表」を布し、この中では以下の3种类の表を提示している。

  1. として使用できない简体字 (350文字) - 例えば「習」は「习」と略すが、「習」を部分とする汉字には适用しない。
  2. として使用できる简体字 (132文字) および简化偏 (14种) - 例えば「賓」は「宾」と略し、これを部分とする「」も同样に「滨」と略す。后者の「簡化偏」は糸偏の汉字を「纟」と略す等、偏となる时のみ适用する形を示した物。
  3. 上揭二表を实际に适用した简体字 (1753文字)。

现在の中国では、看や印刷物等において全てこの简体字を使用しており、简略化する前の汉字は「繁体字」と呼ばれる。日本では战后に当用汉字や常用汉字において一部の字体の简略化が中国に先驱けて行われており、この字体は「新字体」と呼ばれており、それ以前の简略化する前の汉字は「旧字体」と呼ばれている。

新字体と简体字では、「学()」「()」「会()」「点 (點)」等、简体字と字形が一致する物も一部存在する、しかし一般的に言えば简略の具合は「繁体字>新字体>简体字」の顺で「>楽>乐」の顺番である。

ただし例外もあり「」の新字体は「」だが、简体字では「樱」と繁体字に近い简体字や、「澤」の新字体が「沢」だが、简体字では「泽」と简体字より新字体の方が字数が少ない例もある。

又、新字体の「仮()」「乗()」「)」「恵()」のように、新字体では略されているが简体字では略されていない汉字もあるので注意が必要である。

1977年にさらなる汉字の简略化を进めるため「第二次汉字简化法案案」が发表されたが、读みにくい等の批判が多く、间もなく废止となった。

香港および台湾では简体字を采用しておらず、现在でも繁体字を正字として使用している。なお台湾では繁体字とは呼ばず正式名称としては「正体字」と呼んでいる。

南アジアでは、中国系が压倒的多いシンガポ—ルでは1969年に『简体字表』を发表し、この表により、シンガポ—ルは中国大陆とは异なる独自の简略化(参考として、「」の简体字として中国大陆では「亚」を采用したが、当时のシンガポ—ルは日本と同じ「亜」に近い字を采用した)を进めたが、1976年に发表された『简化字总表』でシンガポ—ルの简体字中国大陆のものと基本的に一致するになった。

また、同じく中国系が多いマレ—シアでは1981年に『简化汉字总表』を发表し、中国大陆と同じ简体字が实施され、现在のマレ—シア中国系の学校など教育の场では简体字を多く采用しているが、あくまでも正式采用ではないので、中の看や案内等では简体字か繁体字がごっちゃになっている事も多い。又、マレ—シア中国语の新闻では见出しが繁体字で记事の内容が简体字と使い分けているユニ—クな新闻もあるそうだ。

简体字の例

以下、括弧内は繁体字の字形を表す。

  • 书体の字形を楷书化する。
    讠 (訁) 钅 (釒) 饣 (飠) 纟 (糹) 𠃓 (昜) 𠬤 (睪) 门 (門) 为 (為) 专 () 韦 () 贝 ()
    长 (長) 马 () 东 (東) 发 () 亚 () 买 (買) 齿 () 鸟 () 佥 (僉) 师 (師) 爱 ()
  • 古字や俗字で画数の少ない物を采用する。
    万 () 个 (個) () 尔 (爾) () () (網) 岁 () (陽) (陰)
  • 元の字形の轮や部分等、特征的な部分を残す。
    乡 () 亲 (親) (離) 务 (務) 复 (復・複) 业 (業) 电 (電) () 广 () 产 () 卢 ()
    (氣) 飞 (飛) 妇 (婦) 击 (擊) () 术 (術) 灭 (滅) 夺 (奪) 齐 () 乔 (喬) 涩 ()
  • 同音のより画数の少ない汉字で、一部または全部を置き换える。
    补 (補) 怀 () (溝) 块 (塊) 优 (優) 拥 (擁) 华 () (醜) 干 (・幹) (穀) 郁 ()
  • 一部を「メ」「又」等の单纯な笔画に置き换える。
    区 () 冈 () 风 () 凤 () 邓 () 汉 () 观 (觀) 鸡 () 轰 () 报 (報) 执 (執)
  • 会意文字や形文字の原理を应用し、新たな字形を作る。
    () 丛 () (衆) 队 (隊) 护 (護) 忧 (憂) 惊 (驚)

新字体との字体冲突

新字体も简体字も同じ繁体字(旧字体)からの略字だが、同じ汉字でも元の繁体字(旧字体)が异なる场合がある、 以下はそれの例を举げる

  • 『机』:新字体では「つくえ」と意味するが、简体字では「機」の略字である。よって「機械」は简体字では「机械」と书く。ちなみに中国语で「つくえ」をす汉字は现在は「」である。
  • :新字体では「かなえ」と言う意味の汉字だが、简体字では「葉」の略字である。よって「秋葉原」は简体字では「原」书く。この汉字は古来では「協(协)」の异体字としていたが现在日本でも中国でもあまり使われていないだろう。また、日本名字と中华苗字に「」と言う苗字があるが、日本の场合は「かなえ」または「かのう」であり、中华(特に简体字)では「葉」の略字であるので、新字体(繁体字)に直すと「葉(よう)」と言う名字になるので注意が必要。
  • 『芸』:新字体では「」の略字だが、简体字では「蕓」の略字である。「蕓」とはアブラナ科の植物の一种である汉字の一つである、ちなみに「」の简体字は「艺」なので注意。
  • 『俣』日本字と简体字が冲突した事例、日本のは「俟(まつ)」の读みをとって、形を似せた字だが、简体字では「俁」の略字である、「俁」は日本语では「大きい」などを意味をする汉字だが、日本ではあまり使う事例はいだろう。
  • 『郁』:「」の简体字。新字体の冲突ではないが同じ发音で置き换えた字が元々あった字と冲突した事例、置き换えた字である「郁」は元々は日本语でも中国语でも「良い香り」と言う意味でつかわれている字であるが・・・・・・ここまでくると、わけがわからないよ

おまけ

  • (衛)」の简体字である「卫(wei4)」は、历史的名名遣の「ゑ」の片仮名である「ヱ(we)」を中国に逆输入して出来た简体字だと言う说がある。(实际に日本でも「衛」の略字で、ぎょうにんべん+「ヱ」で书く事例もあるそうだ。)
  • 「澤」の简体字は「泽」新字体は「沢」と、「睪」がに来た场合、简体字では原形をとどめた「𠬤」を使われているが、新字体では代替の字として「尺」が使われている。これは「(釈)」が同音「尺」をの代替字にしたところ、「睪」がに来た时は「尺」に当てはめるようになったのだとか。

以下新字体変換

簡体字とは、中国およびシンガポールにおいて現在正字として採用している、従来よりも簡略化した漢字簡化字とも呼ばれる。

概要

1956年中国文字革委員会が「漢字簡化法案」として布した。その後1964年に「簡化字総表」を布し、この中では以下の3種類の表を提示している。

  1. として使用できない簡体字 (350文字) - 例えば「習」は「习」と略すが、「習」を部分とする漢字には適用しない。
  2. として使用できる簡体字 (132文字) および簡化偏 (14種) - 例えば「賓」は「宾」と略し、これを部分とする「」も同様に「滨」と略す。後者の「簡化偏」は糸偏の漢字を「纟」と略す等、偏となる時のみ適用する形を示した物。
  3. 上掲二表を実際に適用した簡体字 (1753文字)。

現在中国では、看や印刷物等において全てこの簡体字を使用しており、簡略化する前の漢字は「繁体字」と呼ばれる。日本では戦後に当用漢字常用漢字において一部の字体の簡略化が中国に先駆けて行われており、この字体は「新字体」と呼ばれており、それ以前の簡略化する前の漢字は「旧字体」と呼ばれている。

新字体と簡体字では、「学()」「()」「会()」「点 (點)」等、簡体字と字形が一致する物も一部存在する、しかし一般的に言えば簡略の具合は「繁体字>新字体>簡体字」の順で「>楽>乐」の順番である。

ただし例外もあり「」の新字体は「」だが、簡体字では「樱」と繁体字に近い簡体字や、「澤」の新字体が「沢」だが、簡体字では「泽」と簡体字より新字体の方が字数が少ない例もある。

又、新字体の「仮()」「乗()」「)」「恵()」のように、新字体では略されているが簡体字では略されていない漢字もあるので注意が必要である。

1977年にさらなる漢字の簡略化を進めるため「第二次漢字簡化法案案」が発表されたが、読みにくい等の批判が多く、間もなく止となった。

香港および台湾では簡体字を採用しておらず、現在でも繁体字を正字として使用している。なお台湾では繁体字とは呼ばず正式名称としては「正体字」と呼んでいる。

東南アジアでは、中国系が圧倒的多いシンガポールでは1969年に『簡体字表』を発表し、この表により、シンガポール中国大陸とは異なる独自の簡略化(参考として、「」の簡体字として中国大陸では「亚」を採用したが、当時のシンガポール日本と同じ「亜」に近い字を採用した)を進めたが、1976年に発表された『簡化字総表』でシンガポール簡体字中国大陸のものと基本的に一致するになった。

また、同じく中国系が多いマレーシアでは1981年に『簡化漢字総表』を発表し、中国大陸と同じ簡体字が実施され、現在マレーシア中国系の学校など教育の場では簡体字を多く採用しているが、あくまでも正式採用ではないので、中の看や案内等では簡体字か繁体字がごっちゃになっている事も多い。又、マレーシア中国語の新聞では見出しが繁体字で記事の内容が簡体字と使い分けているユニークな新聞もあるそうだ。

簡体字の例

以下、括弧内は繁体字の字形を表す。

  • 書体の字形を楷書化する。
    讠 (訁) 钅 (釒) 饣 (飠) 纟 (糹) 𠃓 (昜) 𠬤 (睪) 门 (門) 为 (為) 专 () 韦 () 贝 ()
    长 (長) 马 () 东 (東) 发 () 亚 () 买 (買) 齿 () 鸟 () 佥 (僉) 师 (師) 爱 ()
  • 古字や俗字で画数の少ない物を採用する。
    万 () 个 (個) () 尔 (爾) () () (網) 岁 () (陽) (陰)
  • 元の字形の輪や部分等、特徴的な部分を残す。
    乡 () 亲 (親) (離) 务 (務) 复 (復・複) 业 (業) 电 (電) () 广 () 产 () 卢 ()
    (氣) 飞 (飛) 妇 (婦) 击 (擊) () 术 (術) 灭 (滅) 夺 (奪) 齐 () 乔 (喬) 涩 ()
  • 同音のより画数の少ない漢字で、一部または全部を置き換える。
    补 (補) 怀 () (溝) 块 (塊) 优 (優) 拥 (擁) 华 () (醜) 干 (・幹) (穀) 郁 ()
  • 一部を「メ」「又」等の単純な筆画に置き換える。
    区 () 冈 () 风 () 凤 () 邓 () 汉 () 观 (觀) 鸡 () 轰 () 报 (報) 执 (執)
  • 会意文字や形文字の原理を応用し、新たな字形を作る。
    () 丛 () (衆) 队 (隊) 护 (護) 忧 (憂) 惊 (驚)

新字体との字体衝突

新字体も簡体字も同じ繁体字(旧字体)からの略字だが、同じ漢字でも元の繁体字(旧字体)が異なる場合がある、 以下はそれの例を挙げる

おまけ

  • (衛)」の簡体字である「卫(wei4)」は、歴史的仮名名遣の「ゑ」の片仮名である「ヱ(we)」を中国逆輸入して出来た簡体字だと言う説がある。(実際に日本でも「衛」の略字で、ぎょうにんべん+「ヱ」で書く事例もあるそうだ。)
  • 「澤」の簡体字は「泽」新字体は「沢」と、「睪」がに来た場合、簡体字では原形をとどめた「𠬤」を使われているが、新字体では代替の字として「尺」が使われている。これは「(釈)」が同音「尺」をの代替字にしたところ、「睪」がに来た時は「尺」に当てはめるようになったのだとか。

关联商品(関連商品)

关联项目(関連項目)

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%B0%A1%E4%BD%93%E5%AD%97
ページ番号: 4817946 リビジョン番号: 1819362
読み:カンタイジ
初版作成日: 12/02/05 20:04 ◆ 最終更新日: 13/05/25 08:56
編集内容についての説明/コメント: 冒頭のお知らせを見出し下線に被らないようにする。リスト内の無駄なpタグ除去。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


微・数・断


個人的に使っていた略字(その2)

自己流略字2

個人的に使っていた略字

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

簡体字について語るスレ

36 : ななしのよっしん :2015/08/10(月) 19:04:39 ID: DZKDUKwCjS
個人的な速記手書きメモには最適! 略号のアルファベットも作るけど、作る前はかなり重宝します。
パソコンではそのまま新字体に変換してくれるし、わざわざ簡体字を入するにはピンインをする必要がある。的な文章には使えない。当たり前だがw
37 : ななしのよっしん :2015/10/10(土) 23:20:47 ID: sGtGfawfEn
中途半端に簡体字化している新字体が一番ダサいと思うわ。
38 : ななしのよっしん :2016/01/24(日) 15:46:09 ID: bYNlq1/L5T
>>29 略しすぎると逆に意味不明
39 : ななしのよっしん :2016/02/13(土) 20:37:49 ID: Y3C852qC6r
そういえば、以下の漢字はなぜ簡体字にしなかったんだろう…
( )内は日本での字形

(缶)」「餐」「藏(蔵)」「舞」
40 : ななしのよっしん :2016/09/21(水) 06:17:20 ID: VvP0tTP/fT
>>34
そのとおり
更に言えば文字の成立としては行書・書→楷書だからね
ものによっては行書・書を元にした簡体字や新字の方が「伝統的」である場合もあるとも言える
41 : ななしのよっしん :2016/11/28(月) 20:07:19 ID: g8YXYwjjfG
習→习 随分簡略化するね。じゃあ羽は?
羽→羽 そのままか。
異→异 なんすかこれ。
 异使わねえのかよ。
摺→折 习は?
鰼→鳛 え?

何で20世紀に作られた文字がこんなに統一性ないんだよ。
不規則性は古典だけでおいっぱいだよ。
42 : ななしのよっしん :2016/12/23(金) 19:25:04 ID: pfXJz2lNdx
>>39
あと「赢」もどうにかならなかったのかってつくづく思うわ
43 : ななしのよっしん :2016/12/28(水) 16:10:54 ID: WLwAe6SBB7
>>42
始皇帝の姓に通ずる字だから簡略出来なかったとか
44 : ななしのよっしん :2017/02/22(水) 20:46:49 ID: f5yfjBTsrH
、導(导) dào
(锅)、過(过)guō
重zhòng 懂 dǒng 動(动) dòng yún
みたいに音の関連性がなくなって却って音を覚える手間が増えてるのとか
夢(梦) (岁) 羅(罗) 業(业) (亚) (もっとあった気もするけど
みたいに元は全然違うのに似てしまって逆に混同しやすくなってるのは
簡体字なのに繁体字より難しい
45 : ななしのよっしん :2017/08/28(月) 03:44:43 ID: yPa8+h1aF5
地名とかの看で、長々と新字体、簡体字、繁体字で書かれているのを見ると、なんとも言えない気分になる...

つい数十年前までは、一つの字体で書けたのだが...
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829