単語記事: 米国面

編集

米国面American Side 英:American style,American way)とは、"デカさ、多さ、雑さ"がる、アメリカンなものたちの総称である。

★概要★

米国面とは、英国面のような美しい変態アプローチではなく、力技で強引に解決してしまったもの達である。

ではがかかりすぎてできないような技術的困難でも、力技で解決し、作ってしまう。

わかりやすい変態アプローチをする英国面とは異なり、米国面当な方法でアプローチする。が、財2世代以上進んだ技術に仕上がったり、力技でとにかくデカくなったりする。そして、お得意の経済で作り上げた変態を大量生産する。それもすさまじい数を作る。しかし、雑な性格故に仕上がりはお粗末になったりもする。そしてそれを末永く量産したり、使い続けたりする。

★具体的な米国面の例★

力技

技術的困難はデカくてもハイパワーにして強引に解決する。それでも理ならで解決。これこそアメリカ流。

物量作戦

経済でとにかく大量に作る。アメリカのお芸。

物持ちの良さ

大量に作るがなまじ質もいいため物持ちがよく、同じものを何十年と使い続けることもある。

多民族国家

アメリカは多民族国家だ。発想のだって「多民族国家」だ。

雑さ

工業製品にもその雑さが現れてしまっている。雑でも動けばいいんだよ動けば。

英国面(米国版)

英国・・・つまりそういうことだよ

★関連商品★

米国面に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

★関連動画★

米国面に関する動画を紹介してください。

★関連項目★

脚注

  1. *当時併売していたPentiumIIIとは実はクロック当たりの性は負けていた。ただしクロック数はPentiumIIIの倍以上であり結果として高性となっていたのである。
  2. *似たような仕組みはPentium4にも採用されている。ただこちらはソフトの書き換えなど全く考慮されてなく、速度にパラメータ全振りしているようなものである。Crusoeは逆に低電駆動に全パラメータを振ったと考えることができる。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%B1%B3%E5%9B%BD%E9%9D%A2
ページ番号: 5374017 リビジョン番号: 2516162
読み:ベイコクメン
初版作成日: 15/10/17 00:35 ◆ 最終更新日: 17/08/18 22:23
編集内容についての説明/コメント: XM29、Tegra追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

米国面について語るスレ

71 : ななしのよっしん :2017/02/18(土) 13:09:47 ID: HMKrMA7JT2
冷戦期は資本主義営のドンとして、現在よりも見栄をもらなきゃいけなかったから、宇宙開発も訳のわからんレベルのかけ方ができたんだろうな。
サターンVロケットとかスペースシャトルとかは本当に夢のマシンだ。
次は何が出てくるのだろう
72 : ななしのよっしん :2017/03/02(木) 12:17:52 ID: 5J1sgGswaL
スタンダードミサイルとスパローの記事が出来てました。
73 : ななしのよっしん :2017/03/19(日) 14:40:58 ID: Plp4vQk+EA
>>71
今後は小分けにするスタイル流になっていくと思うから、NASAガチ火星有人探やるなら宇宙船にも歴史的転換点が来そうだね。
デカくなりすぎると自重のせいで雪だるま式に大きくしないと打ち上げできなくなって不経済、ということで小分けに打ち上げて軌上で組み立てる。
アポロ計画当時も小分けスタイルは検討されていたんだけど、当時の技術ではリスクが大きすぎて理だった。でも国際宇宙ステーションの運用ノウハウがある今なら出来るだろう。
74 : ななしのよっしん :2017/04/03(月) 01:15:40 ID: O3L6JbvgN9
最近の軍事方面ではF-35といいズムウォルトといい、
下手に万最強兵器を作ろうとして開発が難航したり失敗している気がする
前者は難航しつつも何とかなったが、後者に関してはも当てられん
75 : ななしのよっしん :2017/04/03(月) 17:46:49 ID: Z1qTyEuabx
最強を謳わないと予算がつかない

開発費(と建造費)が高騰する→プロジェクト中止でつぎ込んだの泡

高くなったことが問題視されて予算が削減される

随所に理が出る→プロジェクト中止でつぎ込んだの泡

理を通すために余計に予算を食う

どうしてこうなった
76 : ななしのよっしん :2017/05/21(日) 20:26:46 ID: RPDjBJplIZ
>>75
下手に技術と資を得てしまったが故の悲劇だろうな。
英国面の大半は、資不足に対する考察の結果の迷走だが、
米国は「ボクノ考えた、サイキョーセントーキー」ってノリだからなあ。

まあ、旧式を応用して結局新しい発想ができないのが、日本がまともに見えるのは仕方ないか。
既存で成功した理論を、応用してるだけだし。
77 : ななしのよっしん :2017/05/29(月) 11:57:25 ID: adhO6GFNpQ
物持ちの良さコーナーコルトM1911をば
78 : ななしのよっしん :2017/06/02(金) 09:13:02 ID: Z1qTyEuabx
>>75
とにかく何かをsageないと話が出来ないお方?
79 : ななしのよっしん :2017/06/03(土) 01:29:44 ID: lIaaVMnYvV
>>76
日本の技術成功例でそのケースが多いのは認めるし、
米国の「ボクカンガエタ」を可にすると技術と人がある事による事も確かだけど、
どちらにもそれなりの苦労があるんですよ……。
確かに米国の「ボクカンガエタ」がその当時のSFレベルで、それに突っ込んでいって失敗する事も多いけど、
それは世界最強国家の務めとして仕方ないとも思う。

あと、その切り口で欧州ユーロファイター タイフーンA400Mについてはどう評価するのかな?
船頭多くして船が山に登った感じ?
80 : ななしのよっしん :2017/07/01(土) 16:38:57 ID: p590EhO3hO
力技が許される柔軟さとに振り回されない合理的なシステム
米国面は褒め言葉
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829