単語記事: 紅の豚

編集

紅の豚とは、1992年に劇場開された、スタジオジブリ制作日本の長編アニメーション作品である。

曖昧さ回避

概要

ポルコ(紅の豚)監督・脚本 宮崎駿音楽 久石譲

「自分で自身に魔法をかけて」の姿になった元イタリア人・マルコが偽名「ポルコ・ロッソ」を使い、世界大恐慌に揺れるイタリアアドリア海を舞台に「と女と名を賭けて」賊や凄腕の傭兵中戦を繰り広げる格好良い話。

キャッチコピーは「カッコイイとは、こういうことさ。」 by糸井重里
本当にカッコイイから困る。

飛行艇?

イタリアアドリア海、「と女と名を賭けて」、賊などのワードが出た通り、本作はそれまでのスタジオジブリ映画作品らしからぬ「大人向け」な内容である。

なぜ大人向けになったかというと、さる模型雑誌で宮崎駿が連載していた「飛行艇時代」というマンガにある。
この「飛行艇時代」、全編に汗臭さとエンジン油臭さとメカメカしさと飛行への憧れとヒゲがみなぎった、とても子供向けとは言い難い宮崎駿らしい怪作である。
これを題材にした短編映画が、航空機の機内上映用作品としての制作が試みられた。
しかし試作してみたらフィルムの尺が機内上映用にしては長すぎたため、思い切って映画化に踏み切った、という経緯がある。
機内上映と映画化というプロセスを経て、「紅の豚」は非常にスタジオジブリらしく収まった。
それでもイタリアの町並に入ってからの場面は宮崎駿の独壇場といえるような風景が映し出されており、特に飛行艇に積むフォルゴーレ・エンジンテスト風景などは「飛行艇時代」っぷりをいかんなく発揮している。

この「飛行艇時代」は書籍「宮崎駿の雑想ノート」にも収録されている。興味があったら図書館で調べてみよう。

この作品は、他のアニメ映画にはい良さがある。

主な登場人物

ポルコ・ロッソ森山周一郎
本作の主人公。本名はマルコ・パゴット。
かつてはイタリア軍のエースパイロットであったが、軍を辞めた後、自分に魔法をかけて人間の姿となり、現在ではアドリア海賊を相手取る賞稼ぎとして活動している。
クールかつニヒリスティックなながら殺し合いを嫌い、戦闘において相手の命を奪うような真似はしない。
得意な戦法は「捻り込み」で、マンマユート団長いわく「これでアイツアドリア海エースになった」との事。
機は真紅の“サボイアS.21試作戦闘飛行艇”(マッキ M.33がモデル

ドナルドカーチス大塚明夫
賊連合がポルコ打倒のために雇った飛行挺乗り。アメリカアリゾナ出身(いわく祖イタリア人のクォーター)。
将来はアメリカ大統領す野心的な人物で、性格もキザな自信だが、その腕はポルコも認めるほどの実
かなり多情な所があり、ジーナはおろか自身よりかに年下のフィオにすら結婚を申し込むほど(このロリコンめ!)
機は“カーチス R3C-2”(をモデルにした架の機体)

ダム・ジーナ加藤登紀子)
アドリア海の孤に浮かぶホテル・アドリアーナのマドンナポルコとは幼馴染でもあった。
その美貌と歌から「アドリア海の飛行艇乗りは全員ジーナにをする」とまで言われるほど飛行艇乗りにとってのアイドル的存在で、それゆえ同ホテル賊であれ賞稼ぎであれ飛行挺乗りの憩いの場兼中立地帯となっている。
以前は三度結婚していたが、どれも飛行機絡みの事故で夫を失っている未亡人で、そのため未だ飛行機を続けるポルコを心配している。

フィオ・ピッコロ岡村明美
ポルコ行きつけのミラノの飛行艇製造会社社長の孫
まだ少女ながらもエンジニアとして非な才を持ち、カーチスとの戦いに敗れ大破したポルコの機体を再設計した。
修理後了後は自身もポルコの機に乗ってアドリア海に赴き、ポルコとカーチスのリベンジマッチを見届ける。
勝ち気ながらも純かつ心優しい性格で、ポルコの過去を知って同情したり、ポルコの機体を壊そうとする賊に対して毅然とした態度で飛行艇乗りとしての挟持を説いたりした。

舞台・背景

ジブリ作品にしてはしく時代や舞台の背景が明確で、1930年前後のアドリア海となっている。当時のヨーロッパ第一次世界大戦第二次世界大戦の間(戦間期)にあたり、大戦後の穏と戦争傷跡による不穏が同居する時代だった。

ポルコの故郷であるイタリアは大戦で戦勝となったものの、期待した程の領土拡大(併合に成功した南チロルに加えて、アドリア海沿ダルマティア地方を望んでいた)は果たせず、また多額の賠償にも与れず、膨大な戦死者と戦費負担に苦しむ時代を迎えていた。「栄き勝利」への不満が高まる中、ベニート・ムッソリーニ率いるファシスト党が退役兵らの支持を受けて急速にを持ち、ファシスト党による統制的な社会が築かれていった。

同時期、ドイツでは共産党との乱闘民主主義を経て、ファシスト党の影を受けたヒトラー率いるナチスが台頭。敗戦後の苦に苦しむで、図らずも同じように反対者を容赦なく粛清する社会が出来上がっていた。そして更に東の大ロシアでは大戦中に政が倒され、「ファシズム双子」とも呼ばれる共産主義国家が形成されていたのである 。

一方、前大戦の中核となったフランスイギリスは情勢の不安定化を感じつつも、凄惨な結果となった前大戦を繰返す事を恐れるあまりに具体的な行動に移れずにいた。

アドリア海の吸い込まれるようなさとは異なり、世相はかなりキナ臭く、暗かったのである。

主題歌

さくらんぼの実る頃について

さくらんぼの実る頃」は、曲自体は失恋を歌ったシャンソンであるが、それとは異なる側面を持つ。

戦争終盤、ナポレオン三世が捕虜になったことでフランス戦争継続不可能になり、プロイセンと講和した。
こうして第二政は終焉を向かえ第三共和政が成立するのだが、その過程で新政府に不満を募らせたパリ市民の政府「パリコミューン」が作られ、新政府に対し起した。

社会主義ぽいことは言っていたが、「食べ物いのが嫌」「プロイセンに領土割譲するのがムカツク」といった程度の不満分子の集まりみたいなモンで大したはなく、新しい共和政府に鎮圧されてしまう。パリ市民は新政府への恨み節として、さくらんぼの実る頃を歌ったという。この側面を見るとフランス版の「世情」のようなものとも言えるが、曲自体の成り立ちは上記のようなものなので、哀愁はあるが悲壮感はない。

だから抗議活動家国家警察ジャンダルマリに逮捕される場面をスローモーションで流して、BGMをこの曲にしても、あまり合わないかもしれない。さくらんぼも腐ってないと思う、多分。

作中においては、ホテル・アドリアーノのバーで、オーナーであるマダム・ジーナが客相手に歌っている。そこだけ見れば単に客に聴かせているだけのように思える。だがヨーロッパを覆うような硝煙の香りが漂い始めた時代を考えれば、また上記のような別の側面を考えれば、「自由パンが欲しい」「生活に困らないも欲しい」「仕事も欲しい」「総じて言えば諸々の生活の安定だな」「卒業後の就職で困るんだよ」「東欧に労働需要がシフトして嫌だ」「アドリア海を渡ってくる難民を蹴散らせ」「アドリア海爆発しろ!」「プジョーシトロエンリストラ納得できない」「そもそもギリシャ支援が嫌だ」「欧州中央銀行らは表に出ろ」「つーギリシャって何だよヨーロッパなのか?」「ギリシャが繁栄してたのは神話の時代だろ」「その頃のギリシャって恐竜を飼ってたんだよね?」独「半島国家ヨーロッパに組み込むな」(´・ω・`)」西「セーフ?」アウト」「グローバリゼーション死ね」「ウォールの銭ゲバ死ね」「彼女できない」「リア充爆発しろ!」など、人々の渇望を観る者に伝えるエッセンスと言えるだろう。

関連動画

関連商品

お絵カキコ

塗らない豚はただの豚だ・・・。 紅の豚 ポルコ(紅の豚)

関連静画

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%B4%85%E3%81%AE%E8%B1%9A
ページ番号: 2028342 リビジョン番号: 1921561
読み:クレナイノブタ
初版作成日: 09/03/17 19:43 ◆ 最終更新日: 13/11/07 23:09
編集内容についての説明/コメント: 超大雑把に登場人物追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

紅の豚について語るスレ

153 : ななしのよっしん :2016/01/14(木) 16:40:30 ID: ucMxX+f7gr
大人向けって書いてあるけどわかりやすいしっかりとしたエンタメしてるし普通にガキでも楽しめると思う
政治的な背景知らんわからん頃でも普通に楽しめてたし
強いて言えば男の子向け?って感じだろう
154 : ななしのよっしん :2016/02/05(金) 15:43:00 ID: DY3PkW5o6+
タバコシーン規制されるとコレも放送されなくなるのかね・・・
まったく嫌だね~
155 : ななしのよっしん :2016/02/05(金) 15:53:19 ID: IJbZzpvjG9
この作品を初めて観た幼稚園の頃、難しい事は何一つ分からなかったけどポルコの格好良さは理解出来た。
成人してもう1度観たら格好良さはそのままに当時の情勢やら人情劇が分かって更に好きになった。
個人的に男の子には必要な教材というか作品だと思うから、規制されて放送出来なくなるのは防いでほしいもんだ。
156 : ななしのよっしん :2016/03/11(金) 19:37:32 ID: eqmWjZLkHD
↑↑成人男性喫煙シーンなら何も問題いと思うんすよ・・・
157 : ななしのよっしん :2016/03/11(金) 21:53:34 ID: vL0LGbzRvv
次元大介は何も言われないから、シレっと放送すれば大丈夫じゃね?。
158 : ななしのよっしん :2016/04/06(水) 03:27:45 ID: tJKFRnvLqC
今にして思えば、戦争は大嫌いだけど戦争ごっこは大好き、っていうパヤオスタンスはこの頃から既に確立されてたんだな。
ラピュタナウシカでもその片鱗はうかがえるけど、基本宮崎アニメって、管理された暴力には一貫して否定的で、冒険に伴う軽度の暴力に対しては一貫して肯定的。
あくまでも自由意志を制限される事が嫌なのであって、取り返しがつく範囲の、手段としてのコミュニケーション手段としてのの行使には至って大らかなのが、良くも悪くも戦後の復期を生きた人間って印
159 : ななしのよっしん :2016/04/28(木) 17:35:07 ID: m94kfCfzMG
>>158
ナウシカ原作見てみ。ごっこじゃない、本物の戦争だよあれは。
もののけ姫でチラ見えする合戦もなかなか。

現実での戦争やそれを賛美する思想が嫌いなだけで、映画戦争を描くのが嫌いってことじゃないんだろう。宮崎さんは必要があればどこまでも凄惨な戦場を描ける人だよ。「紅の豚」にはそれが必要なかっただけ。
160 : ななしのよっしん :2016/04/28(木) 17:46:54 ID: EU0vMvYEiq
もともと『紅の豚』自体、主人公戦争に協するのを断ってヒコーキ乗りでいたいってお話だからね。

宮﨑駿押井守が決定的に合わないところがあるならば、ミリタリー趣味というか、戦争行為そのものを娯楽として楽しめるかどうかだと思う。
161 : ななしのよっしん :2016/07/05(火) 14:24:19 ID: KcCZbExdsN
>>158
 一貫して政治の為の殺しに対してナウシカは嫌悪感を示していて、ご丁寧にそういった立場を偽善的として自己批判までさせてる(そもそもナウシカ自身の参が盟約に基づく政治的なものだし)。
人を救うためにを殺す。人を救うために時に人も殺す。
しかしその行為そのものを美化することはしない・・が、規とか兵器への憧れは隠しきれない。この後者が肥大して、作品として戦争賛美、戦争美化といったメッセージを伝えてしまうことに対しては非常に敏感だと思う。
 手段としての暴力必要悪と捉える一方で、暴力の不条理な部分とか戦争の凄惨な部分を避けたり見せないという意味での”戦争ごっこ”はむしろ宮崎駿の唾棄するところだと思う。
 つまり、本当は心の底で”戦争ごっこ”大好きなんだけど、アニメーションを通じてそういったメッセージを伝える場合は徹底して汚い部分も描く”戦争”にしなきゃ駄だよねということじゃないかな。
162 : ななしのよっしん :2016/08/11(木) 10:30:07 ID: m94kfCfzMG
前々から疑問に思ってたことがある。
ポルコの飛行機、格好いいのは格好いいんだけどさ、

前、見えなくね?
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015