単語記事: 紅美鈴

編集

紅美鈴(ホン・メイリン)とは、ZUN制作弾幕STG東方Project」に登場するキャラクターである。

東方Projectの登場キャラクター

プロフィール

概要

東方紅魔郷3面ボス東方文花帖5-1,3,5,7ターゲット
東方萃夢想にもパッチを当てれば使用可だが、台詞はあるもののストーリーし。東方緋想天には、萃夢想に出演したキャラクターの中で一出演していない。
しかし、東方非想天則にはストーリー付きで再出演を果たす。

紅魔館門番を務めている中華妖怪妖怪であるが、何の妖怪かは不明。

作中では番人してるだけの普通の人と自称する。武術を得意とし、弱点らしい弱点はないらしい。逆に言えば特に秀でたい。ある程度以上の妖怪に対してはあまり強い方ではないが、対人間となると死いために相当手強い相手だろう。人間でもかなりの達人であれば美鈴と勝負にはなるようだが、悲しいかな人間と妖怪の差からくる体差等により、美鈴に勝つ事は非常に難しい。勝つためには、どこかの巫女魔法使いのように妖怪並のを持つか、制限時間とか3ノックダウン制などのルールを定めて闘わないといけない。

門番として侵入者を撃退するために戦うが、それとは別に武術の達人である事により、武術としての挑戦者もかなりの数に上るらしい。

撃報告例によると寝をしていたり、動きの変な緩い踊り(太極拳)を踊っていたりといった妖怪の割には穏やかなエピソードが多く、話しかけても普通に世間話をしたり愚痴を聞かされたりするという事から危険な妖怪ではない事がえる。館にび込もうとしたりすると遠慮なく攻撃してくるようだが、その場合も謝って退散すれば見逃してくれる。

東方文花帖の記述によると紅魔館花畑の管理もしているようで、パチュリー花畑に作ったミステリーサークルの対応に苦慮している様子が描かれている。

神主ZUN)にも名前を忘れられるという不憫キャラで、その事が二次設定にも影を与えている。

第2回東方最萌トーナメント優勝者でもある。

東方萃夢想に追加パッチで登場した際には、武術の達人らしい独特のコンボシステムや高性な近接戦闘用スペルカードを装備していたが、とにかく攻撃不足に悩まされ、また射撃が不得意なため接近が難しいこともあって弱キャラの位置に甘んじることとなった。

東方非想天則ではストーリーを与えられて役の一人に抜され、その際に性や挙動に大きな変更が加えられた。接近戦性は良好で尚且つネックだった火力も上方修正されたものの、射撃性や固め等の点にやや難があり、全体的な自機性ははそこそこに落ち着いた。

能力

気を使う程度の能力

「気を使う」と言っても「気配り」とかそういった意味の“気”ではない。
オーラとかそういった類の、武術における“気”のことをす。

スペルカード

名前が中国妖怪であるためか、符「セラギネラ9」以外のスペルはすべて漢字である。
セラギネラとはイワヒバ科の植物で、セラギネラ9というのは「鴻鵠館1301」という漫画の第二話のタイトルから。

カード名の読み日本語で書くが、中国語で読むのが正しい読み方である可性もあるので、注意されたし。

キーボードで入力するときの注意

紅美鈴(ホン・メイリン)という名前についてだが、普通に「ほんめいりん」と入しても普通パソコンだと「本命リン」「奔命リン」などに変換されてしまい、紅美鈴に変換されない。

紅美鈴」名前を入するときは「くれないみすずべにみすずこうみすず」のように入してから変換しないといけない。

だれがみすずですか!

……という事だったのだが、Office IME 2010やGoogle日本語入力では辞書に東方キャラクターの人名が追加されたため、ホンメイリンで変換できるようになった。やったね!
ATOKニコニコ大百科の辞典データを導入すれば一発で変換できたが、現在は配布終了している。

ちなみにiPhoneなどのIOSディバイスでは「ホンメイリン」と入しても変換予測にきちんと紅美鈴が表示される。

二次設定

ZUN公式トークショー東方明け』等の効果もあり、2008年位までは名前を間違えられるというネタが猛威を振るった。読み紅美鈴(ホン・メイリン)だが、単に「中国」と呼ばれていたことがほとんど(中華衣装を着ていることや、二つ名が「華人」であることから)。
この渾名の初出は2003年4月2ちゃんねるゲームサロン板東スレッドとの事。他には“本みりん”や“くれないみすず”などと呼ばれることもあった。
しかし2009年頃からは新作の非想天則に出演できたことで、レミリアとの漫画の貸し借りなどの公式設定が生まれ、二次創作ネタが非常に豊富なキャラクターとなったため、中国という呼び名はだいぶ減った。この影中国という名称を詐称と捉える人がいるので注意。
その上で、東方神霊廟での他の中国妖怪の登場がトドメとなり中国という呼び名は現在ではど聞かなくなったが、pixivではこの頃の名残としてか「ちちゅーごく」というタグがある。
門番としてはイマイチ」なので「扱いが悪い」という相互作用でキャラづけがされることがある。

  • 門番としてはイマイチ役立ってない
    • 居眠り
      訪問者(霊夢など)が紅魔館を訪れると門前で美鈴が寝ており、その横を素通りするというネタは定番となっている。門番している最中に寝をするのは原作からだが、サボるとどこからともなくメイド長が現れて気がついたら数のナイフに囲まれていた…と言うお仕置きを良く受ける(一応、求聞史紀でもたまに居眠りしているという記述があるのだが…)。ここから発展してサボっているイメージがつき、ギャグともなると門を守る気0と言わんばかりに盛大に寝ている場合(布団やハンモック使用)すらある。このネタもどんどん生が広がっており、中には「睡拳」を使い眠りながら侵入者を撃退したり、策として寝たふりをするなど、門番として役立つ居眠りまで存在する。
    • 無能門番
      魔理沙がよく紅魔館(の図書館)への侵入を論み、そして美鈴はそれを阻止出来ずに魔理沙を通してしまい、結果本が盗まれる…と言う事でパチュリーの怒りを買っている。もっとも、図書館に侵入されてパチュリーもそのまま魔理沙を帰しているあたり、レミリアが門の前に立ったりしない限り魔理沙を止める事は難しいような気がするが、そこは門番美鈴仕事と言う事で美鈴がお仕置きを受けている。
      ちなみにお仕置きの定番として咲夜ナイフがあるが、公式において弾幕ごっこおよび茨華扇以外ではそのような描写は全くない(茨華扇の場合で泥酔した上で性格がと化した上に、更に同じ症状のレミリアの命令の結果である)。
      ただし非想天則衣玖の勝ち台詞から、美鈴全なる番人をめられてはいないことがうかがえる。
      門番として機していないのが当たり前になってしまったのか、霊夢魔理沙などが訪れると挨拶までしてフリーで通してしまっている様子が描かれることさえある。もっとも、近頃では無能ネタが飽きられてきたのか門番仕事をする美鈴しくなくなってきている。(コメントでは「美鈴がさぼってないだと!?」などと、逆にネタにされてしまうが)
    • 不眠不休
      如何に頑丈な妖怪とは言えど休息は取っているはずだが、紅魔館の住人の生活サイクルが統一されていない事や、美鈴以外の門番が登場していない事から、24時間不眠不休で門番をさせられているブラック企業社員的な立場として描かれる事があった。最近は地位の向上とサボってるイメージの加速でだいぶ減った。
  • 扱いが悪い
    • いい加減私の名前も覚えてくださいよ~
      皆に名前を覚えてもらえない。「中国」と言う渾名はやたら普及していたが、メイド長人であるレミリアですら本名を知らないというネタ。使われる頻度は年々減ってきており、古いネタとなりつつある。
      ネタの由来としては原作者であるZUN氏が美鈴の名前を忘れていた事が大元の由来だと思われるが、東方Projectナンバリングされており準公式作品である萃夢想に「いい加減私の名前も覚えてくださいよ~」と言うセリフがあるため、半公式ネタである(あくまで半。萃夢想におけるセリフ黄昏側の作である)。ただし原作ではそのような呼称で呼ばれたことは全くなくあくまで二次限定である。
    • 仲間外れ
      紅魔館要な住人のうち美鈴だけが屋外に居る事がどである事、上記の無能門番的設定も手伝って、仲間はずれにされる事がある。咲夜パチュリーも同席してのお茶会があっても美鈴帳の外であったり、妖精メイド達も全員連れてカニを食べに行くときも置いてきぼりだったりと扱いが酷い。ただし門番という業務上、館内業務に関われないことがあるので仕方ない点はある。
      その代わり、チルノなど門の外から勝手に遊びにくる人妖と接点ができ、子供好きのイメージに繋がっている。実際(悪魔の館としていいかどうかはともかくとして)親しみがもてるという意見も上がっている。
      とはいっても、紅魔館内で他メンバーと絡むことも多く、館内に自室が与えられている場合もある。咲夜が門前の美鈴に飲み物や食事を運んでくる描写もよくみられ、必ずしも扱いが悪いわけではない。
    • 苦労性である
      意外と常識的で世話焼きのため苦労するというキャラ像で、公式の描写というより上記のような二次設定での扱いの悪さを何年も重ねた結果出来上がったものと思われる。紅魔館メンバーがいずれも個性が強いため、それに対する対ということも関係している。
      ここから「気を使う程度の能力」を「気遣いが出来る」という意味にあえて誤用するネタが存在する。
      他のメンバー、特に咲夜暴走気味の場合などは制止の仕事が回ってくることも多い。また、その根性と頑丈さが周囲にダメージを与えがちな妹様なんとかできる希望であり、メイフラが成立する理由の一つである。

カップリング相手は咲夜さん、次いで妹様が多い模様。普段怒られまくってる咲夜さんと何か色々やってるらしい。詳しくは世界美咲劇場を参照。一方、妹様の場合は遊び相手や擬似家族的なほのぼの感動系が多いようだ。こちらも詳しくはメイフラは希望の虹を参照。

また、美鈴に限った事ではないが、上記のような二次設定ネタは人によって不快感を感じるものであるため、使用には注意を要する。二次ネタは用法・用量を守って正しくお使いください。

巨乳について

イラストを見ると巨乳で描かれており、紅魔館メンバーで一番という扱いが多くされる。
だが!公式ZUNのもと)で巨乳と思わしき絵で描かれているものは小野塚小町だけである。
だったら貧乳普通サイズかといわれてみるとそのような事も書かれていない。
つまり、多くのファンイメージから成り立ったものであろう。
萃夢想発売前までは貧乳とされていたが、萃夢想立ち絵によって胸はあるほうと解釈されたようだ。
…同じく胸を描かれたが永に自機として出たせいでPAD扱いされてしまった上不憫で(ピチューン
しかも、その『PAD長』の較対として大きくされ、そのネタが陳腐化した後も巨乳が定着したと思われる。

詳しいことは東方乳議論の項を参照されたい。

その他

彼女が何の妖怪であるかは公式に明言されておらず、二次設定に補される形でいくつかの説がある。

  1. 門の呼び妖怪
    根拠としては門番である事、美鈴が画面上で動作するたびにの音が聞こえる事と、名前にが含まれている事が挙げられる。
  2. キョンシー
    根拠としては中国系の容姿と名前、吸血鬼である事など(キョンシーも吸血する。ただ美鈴が吸血すると言う設定は見当たらないのでその点根拠としては弱いかも)。しかし、非想天則幽々子のことをキョンシー?と言っていたり、宮古芳香の存在があるため、可性は限りなく低いと思われる。
  3. の末裔説
    所持スペルカードや容姿から連想される幾つかの根拠が挙げられる。
    二次創作の作品によっては、「属性などのに関する魔法・妖術だけ異様に習得がい」「かつて紅魔館が建っている場所に住んでいた妖怪でありレミリア闘を繰り広げた過去がある」等と言った、としてのを眠らせている描写がある作品もある。
    pixivでは「幽☆遊☆白書」の飛影のように邪王炎殺黒龍波やみたいな技を使う絵もある。武術に通じているという点から格闘漫画ゲームなどの技を使うという話やネタは割と多い(かめはめ波やドルオーラなど)。

他にも「見た通り武術趣味のただの物好き妖怪説」「元人間で紆余曲折を経て妖怪になった説」「スカーレット家血縁関係者・分説(スカーレット)」「元八雲紫の式説(+という色つながりやとの大陸キャラつながり)」など様々な説がある。極端な物になると紅魔館の人格が具現化したもの、烏龍茶妖怪なんてものもある。

好意的に解釈すれば、その想が許される豊富さも彼女の人気を支える一つの要素であると言えよう。
女性は秘密を着飾って魅的になりうるのだ…なりうるんだよ!
決していてもいなくても差し支えない程度のその他妖怪( 悲しいことにZUN認 )じゃない!(泣)

ニコニコMUGENWikiより引用

ここ最近の東方Project人気投票では20位前後を推移しており、人気投票における門番とも言われている。東方シリーズ人気投票では集計方法等が現在と異なる最初の頃を除外するが、爆発的に東方Projectユーザ数が増加した頃の第5回から20位前後を推移しており、ここをえることが人気キャラへの仲間入りという登竜門的な扱いもされている。
その他niconico過去開催された第一回東方キャラクター人気投票でも21位、第5回東方ニコ童祭で19位とやはり20位前後を推移している。

したらばにある東方幻想板美鈴スレでは異様にカップリングが多いのが特徴で、紅魔館メンバー咲夜フランは当然としてレミリアパチュリー小悪魔、それ以外にもアリス小町幽香と挙げていくとキリがない。そしてよくありがちなギスギスした閥もあまり見られない。ただしそういった秘封倶楽部スレ並の百合全開である為、「魔窟」とも呼ばれることもある。
ちなみに同掲示板には「3ボスの集い」もあり、そちらは全体的にほのぼの雰囲気。

関連動画

関連静画

お絵カキコ

枚数が増えたため、紅美鈴のお絵カキコに分離しました。

めーりん ちゅ… 萃夢想風 太極拳! 寒いので生足止めました  シフトはない おかしい 他ジャンル記事のお絵カキコから 華人小娘 ぱんつはいてません ホイチョー スーパーでかオッパイ美鈴タイム 愛しさと切なさと心強さと dignified meirin  レインボー上海 たなびく紫煙 じゃおー 本日の萌絵300回記念

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

非関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%B4%85%E7%BE%8E%E9%88%B4
ページ番号: 116123 リビジョン番号: 2355590
読み:ホンメイリン
初版作成日: 08/05/21 01:23 ◆ 最終更新日: 16/04/29 18:13
編集内容についての説明/コメント: 関連項目追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


めーりん!

修正

サンタめーりん

めーりん

全新!系列!天破侠乱! 闘将!!快眠小娘☆我愛你 -熱闘編-

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

google翻訳で

紅美鈴について語るスレ

2376 : ななしのよっしん :2017/04/21(金) 23:50:24 ID: DlSvsHcg1z
そういえば思ったんだ。
非の主人公勢で本家STG整数ナンバリングの自機になってないのってもう美鈴だけじゃね?・・・
まあその、確かに、弾幕向けのキャラじゃないだろうけどさ
>>2375
むしろあのって本来自分に向けて発揮されるのが基本のはずだよな。
でも美鈴かに気を使う(誤用)ことはあっても、かが美鈴に気を使う場面ってほとんど見かけないよなぁ
いつだって美鈴の方が優しく受け止めてくれるだけって感じで。

確かにかが昔そんな解釈もしてたんだけど、
美鈴ポジメイフラがあってもいいよね。まず見かけないパターンだけど
姉妹の子守役(公式)である咲夜(人間)相手だと叱られる子供で、姉妹妖怪)相手だとお姉さんという矛盾
やはり見た優先でのキャラ付けか?
2377 : ななしのよっしん :2017/04/22(土) 07:44:25 ID: QvBtD56lDn
元人間説みたく正体不明の妖怪っていうけど純正的な妖怪なのかも不明なんだよな
東方における妖怪ルーツって分からんけどうたわれるものみたく片親の方しか遺伝しないのか、
混血的意味で種族違いの妖怪両親による遺伝継いでいるみたいな話のもあるだろうし

実は両親が種族魔法使いの名でした、でも魔法は使えませんからパチュリーが冷たいとかいう説はないよなぁ
2378 : ななしのよっしん :2017/04/22(土) 22:05:47 ID: DlSvsHcg1z
>>2377
東方における妖怪は、一人一種族で何らかの種族に分類できない、
グラフでいうと「その他」みたいなのが多数らしい。
妖怪の親から生まれたっていうより、それこそ木の股から生まれたような、
人間の心や想像の産物みたいなのが妖怪ルーツの基本なんだろう。
美鈴がその類かどうかはともかく、一応そういう広義の「妖怪」に分類されてる(幽香などもここに該当)
2379 : ななしのよっしん :2017/04/22(土) 22:21:03 ID: kND21F97RO
まあ魔法使いの両親とまでは行かなくとも、妖怪魔法使いの混血くらいは普通にありえそう。同じく半妖のこーりんは種族英雄に分類されてるけど、それも所詮阿求の分類だしなあ。慧音妖怪だし。
あと美鈴パッチェさんに嫌われてるのは漫画しか読まない馬鹿だと思われてるからだし、パッチェの読めない大陸魔導書とかを翻訳出来たりすれば評価は変わると思うぞ?

あとタイプ美鈴が少ない理由としては、守るべき対門番なんて危険な仕事をさせるとは考えにくいからじゃないかね。
2380 : ななしのよっしん :2017/04/22(土) 22:26:14 ID: ylKyWJbf5X
>>2376
非の主人公勢って早苗チルノ美鈴のこと? たった3人だから法則的なこと言ったりできないと思うけど…
2381 : ななしのよっしん :2017/04/23(日) 01:24:29 ID: DlSvsHcg1z
>>2379
守るのは姉貴分の役ってことね。
美鈴って漫画しか読まないんだろうか?なんか図書館には魔導書以外にもいろんな本が置いてあるらしいのに。
確かに難解な書物とかを好んで読むイメージはないけどなぁ
阿求の分類や記述って、かなり観に依ってて信憑性の怪しい部分もあるのは確かかも
>>2380
単なるぼやきみたいなもんで、法則的なことを言ったりしたかったわけじゃないです。
実際あんまり深い意味はないと思う。多分ね・・・
2382 : ななしのよっしん :2017/04/23(日) 07:14:12 ID: QvBtD56lDn
いつだったかに美鈴内側の門番もある説あったけど、
紅魔郷レミリアセリフに「(日光に弱いから)あんまり外に出して貰えないの」ってあったし、この部分の解釈次第かな

行使による阻止はないとは思うがあの館でレミリア以上の権限持ちがいるとは思えんし、仮にレミリアが話に応じるタイプだとしてもその交渉をがしているかが要点かも

まあ現在公式レミリアにそんなのあるのか分からんけど
2383 : ななしのよっしん :2017/04/24(月) 22:11:59 ID: DlSvsHcg1z
>>2382
えっと、所謂「出さないための門番」ってやつ?
紅魔郷時点ではレミリアフランも表に出して貰えないみたいな描写あったけど、
それ以降はレミリア普通に外出してるしフランも館内を自由に歩き回ってるしで、状況は変わっているかもなぁ
まあ外には吸血鬼にとって弱点だらけの危険だらけなのは本人たちが一番よくわかってるだろうし、
行使で阻止とかするまでもなく自然と中に引き篭もろうとはするだろうよ
だからその分、普段から外にいて外敵に対応してくれるような存在が必要なんだろう。
外敵の撃退自体は咲夜もやっているはずだけど、それとは別に外勤専門の門番を置いてる感じ?

ただ確かに、紅魔郷時点での門番の役って実はそれだけじゃなかったのかもしれないね
レミリアの外出にも同伴するような咲夜姉妹を外に出さない役なんてしているとは考えづらいし。
まあ全ては解釈次第だけどね
2384 : ななしのよっしん :2017/04/24(月) 22:27:10 ID: kND21F97RO
吸血鬼異変起こした時に本気で命の危機する
→必要以上には外に出ないようになる
→その後スペカルールが整備されたと聞き紅魔異変起こす
→外が安全だと判断できた&友達ができたので出歩きが自由

とかなら一応の説明はつくかな?

あと異変時に美鈴がなんであんなとこにいたのかと言う疑問はくならないなあ。何か命令されてたのか、個人の判断で迎撃に行ったのか、それとも他の理由からか
2385 : ななしのよっしん :2017/04/25(火) 06:56:23 ID: QvBtD56lDn
思ってみたが他の館員が紅魔郷以前は外出しなかったが以後は外出したりとなにかしら心に変化あった中、美鈴自身にはなんか変化あったのかな?
あの挑戦者というのが仮に紅魔郷以後での出来事だとしてもそれは他者の行動からであって美鈴自身の側ではないだろうし
たぶんグチきかせや防衛的行動など性格はまるで変わっていないんじゃないだろうか

しかしそれはそれとして、紅魔郷時あるいはそれ以前から美鈴が他の館員に何かしら心変化、あるいはそれに影させる相手の登場を期待していましたとかあったのかと言えばそれも分からないんだよね
門番キャラってある意味不変にするのが仕事であって、そういう変化的要素の登場って歓迎しないけど中には変化を期待してたキャラってのもいるもんだし
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015