単語記事: 紫式部

編集

紫式部むらさきしきぶ、970?~?)とは、安時代中期の女流作家歌人である。

概要

日本最古の長編小説源氏物語」の作者百人一首57番の作者で、中古三十六歌仙の一人。

地方の国司を歴任した中流貴族藤原為時の藤原定方・藤原は曾祖藤原公任は又従兄はとこ)にあたる。実名は不明で、「香子」という説が有だが確には至っていない。宮中では、藤原氏の出であることと、・為時が式部の官位に就いていたことから、当初は「式部(とうのしきぶ)」と呼ばれていたが、藤原公任との逸話(任の記事参照)から「紫式部」の名が定着した。

幼少期から文才に恵まれていたようで、次の逸話がよく知られている。学者でもあった為時が、紫式部(もしくは)の藤原惟規に司馬遷の「史記」を教えていた時、そばで聞いていた紫式部は暗誦して惟規よりく内容を覚えてしまった。これを見た為時は「が男に生まれていたら、立な学者になれただろうに」と残念がったと言われている。

20代の中頃に、山城守だった遠縁の藤原宣孝と結婚し、宣孝との間に一人の賢子(大弐三位)が生まれるが、宣孝は当時流行した伝染病にかかって間もなく病死した。宣孝は紫式部よりかなり年長で、他にも多くの女性を掛けていたことから、紫式部結婚生活は不安定なものだったらしい。夫と夫婦したことが、交わし合った和歌によって現在まで伝えられている。

源氏物語の執筆を開始したのは、宣孝の死後まもなくと言われている。当初、源氏物語紫式部が個人で作っていた、今で言うところのオリジナル同人誌であったが、口コミで次第に広がり、藤原道長とその妻・倫子のにとまった。一条天皇子を入内させていた長は、子のサロンの教養を高めようと、紫式部子の女房として呼び寄せた。宮中の生活で紫式部源氏物語の執筆と並行して、「紫式部日記」を書き始める。藤原道長だったという話もあるが、紫式部が有名だったことから後世の人々が考えた作り話と考えられる。

紫式部の晩年は生没年同様、よくわかっていない。子が産んだ成親王が後一条天皇として即位した頃に、史料から姿を消し、入れ替わるようにの大弐三位が宮中に出仕している。このことから、この前後に亡くなったとも、に宮仕えをバトンタッチして引退したとも言われている。この頃、兄弟の惟規や「紫式部日記」に頻繁に登場する親友の小少将の君など、親しい人間が相次いで亡くなっていることから、出して彼らを弔いながら余生を送ったという説もある。

百人一首には「めぐりひて 見しやそれとも わかぬ間に 隠れにし 半のかな」が収録されている。紫式部が幼友達と久しぶりに出会ったが、すぐにその友達と別れてしまったことを詠んだ歌である。この歌の解釈は二通りあり、一つは実際に会って積もる話が十分にできないまま帰ってしまった、もう一つは偶然すれ違って確かめようとする間もなく相手は去ってしまったというもの。前者の方が一般的だが、学研まんが版百人一首や、漫画うた恋い。」では後者の解釈に基づいている。

紫式部の性格

明るく社交的だった清少納言とは対照的に、紫式部は人前で立つことを嫌う内向的な人物だったらしい。漢文にも秀でた紫式部だったが、その才を妬んだ女房達からは「日本紀の局」と陰口をかれていた(紫式部への嫉妬という面もあっただろうが)。これは元々、一条天皇紫式部の学才をほめたたえた呼称なのだが、紫式部はこの呼び名を嫌がっていたという。当時女性はかな文字男性漢文読み書きするのが普通であり、女性漢文を読んだり、男性がかな文字を使うのは、恥ずかしいこととされていたり、自分の才をひけらかすように思われていた(紀貫之ネカマになって土佐日記を書いたのも、このような背景がある)。このため、紫式部は屏を本当は読めるにもかかわらず、わざと読めないと言ったり、奈良から届いた八重桜を受け取る役を辞退して、後輩伊勢大輔に譲るなど、努めて立ちすぎないようにしていたと言う。だが、少女時代は勝気で率直な性格で、学者のにその才を認められた誇りと優越感から、内向的な面はそれ程なかったといわれる。それが宣考の死別により、わずか二年余り結婚生活が崩れ去り、人生に暗い影をさし始める。夫の死別と未亡人の身での宮仕え生活が、内向的な性格を形成されるに至ったとも考えられる。

なお、紫式部歴史オタクだったことはほぼ間違いないが、腐女子というのは正しくない(提唱する人たちは、源氏物語源氏空蝉に手を出していることを理由にしている)。なぜなら、安時代に男色は普通に行われており、現在のように異端視されていたわけではないからである(それをわざわざ日記にカミングアウトした藤原頼長は、異例かもしれないが)。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%B4%AB%E5%BC%8F%E9%83%A8
ページ番号: 4956295 リビジョン番号: 1678902
読み:ムラサキシキブ
初版作成日: 12/09/01 20:00 ◆ 最終更新日: 12/11/15 00:49
編集内容についての説明/コメント: 性格の部分を少し加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

紫式部について語るスレ

7 : ななしのよっしん :2014/05/26(月) 09:09:10 ID: 3BJ72MY1VA
貴族の教養は趣味よりは実益よりのもんじゃね
社交の出来ないはつとまらないから好き嫌い以前の問題として全員必修

紫式部趣味人ぽいが清少納言オタク的な文化とはちょい毛色が違うと思う
8 : ななしのよっしん :2014/07/30(水) 10:09:14 ID: Tb0K3emr/7
偉大なる同人作家日本の礎。
論この当時、世界を見てもこんな女性作家はいなかった
9 : ななしのよっしん :2014/08/25(月) 00:51:41 ID: AqkQwbYFdH
個人的には高橋留美子と並ぶ二大女流ラブコメ作家だと思っている
10 : ななしのよっしん :2014/11/20(木) 15:18:26 ID: 2TtxLgGPkv
腐女子というより、百合っぽいんだよな、エピソード調べていると
遅刻の原因とか

せいぜいが女子校ノリではあるんだけどね
11 : ななしのよっしん :2015/08/22(土) 01:33:58 ID: J+Jgzzf952
パープル式部
12 : ななしのよっしん :2016/03/22(火) 00:02:33 ID: c3CePq0zE7
パープル・ヘイズッ!
13 : ななしのよっしん :2016/04/17(日) 22:10:42 ID: iS3UvQuNKI
ラジオで言われてたが、この人レズだったらしいよ
さまと呼ばせた女がいたとか何とか
あと、当時高な身分のが食うべきでないとされたイワシが好きで
で焼いてたら旦那に見つかって叱られて、恨み節に一句残した話とか
この人の逸話のほうが面
14 : ななしのよっしん :2016/05/05(木) 18:42:58 ID: rdQ8IPwjDU
当時最先端の教養だった籍への態度として、紫式部ガチオタで、清少納言ファッションオタだったと言える。
学者の藤原為時のとして、籍をオサレアイテムとしか捉えてなかった(と思っている)清少納言ニワカスイーツ(笑)にしか思えなかったのだろう。

なんだ、今のオタク事情と変わらねーじゃん。
15 : ななしのよっしん :2016/12/30(金) 12:25:55 ID: iX7omRkZJ1
ちなみに、式部の本名は分からないがの大弐三位は
をしてた皇族が後に天皇(後冷泉天皇)になったため
賢子という本名が判明していたりする
16 : ななしのよっしん :2017/04/23(日) 09:51:09 ID: Vu5ciMd/Fq
>>15
そういえば大弐三位の子供の高階為の昆孫が土御門天皇らしい
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015