単語記事: 絵師100人展

編集

絵師100人展とは、日本イラストレーターを扱ったイベント(展覧会)である。

概要

秋葉原AKIBA_SQUAREにて開催された、日本にて精的に活躍している絵師イラストレーター)を扱った展覧会。産経新聞社催、2011年から毎年4月5月にかけて開催されている。
イラストレーター達を、古来江戸時代より存在した「絵師浮世絵師)」と同様に紹介し、近年の浮世絵(即ち美少女イラストをはじめとするサブカルチャー)やイラストレーターなどに関する情報・見聞を、日本というテーマの元で出展された作品と共に内や海外へ向け発信するために開催された。
そのため、館内で購入できる画集には海外からの観覧客向けに、日本語英語の双方で挨拶文や説明文が記述してあるのも大きな特徴。

2011年5月3日に最初の絵師100人展が開催され、翌年2012年4月30日には『絵師100人展 02』という名称で再度開催された。2012年もあったのかコレ・・・ 
その後も、毎年ゴールデンウィークの時期に合わせて開催されている。2017年には4月29日から『絵師100人展 07』が開催予定。
会場はいずれも、秋葉原AKIBA_SQUAREで同一。だが、近年では福岡岡山などの地方で巡回展として、過去の内容・テーマそのままに絵師100人展が開催されている。

日本絵師体の催しだが、展示されている作品には日本絵師達に触発された海外出身の絵師が出展しているものもあった。基本的に、この展覧会は「日本文化」「美術」という観点から絵師達を扱っている事もあり、
また展覧会のほかにも、会場では出展されたイラストや参加している絵師イラストテーマオリジナルグッズ等も販売。

近年、漫画アニメゲームライトノベルの挿絵など日本発のポップカルチャーが世界から大きな注を浴びています。そうした領域で活躍する画は、江戸時代浮世絵師になぞらえ、「絵師」と呼ばれています。
本展ではポップカルチャーの第一線で活躍する絵師100名の描き下ろし作品を一堂に紹介します。人気絵師が描く独特の世界、高い技術に裏付けられたクオリティポテンシャル、そして今日日本を席巻する新たな価値観に迫ります。

絵師100人展公式サイトより引用

 

ちなみに「絵師100人展」という名称ではあるが、参加する絵師100キッカリというわけではない。念のため。

2013年度『絵師100人展 03』の詳細

 

『絵師100人展 03』に参加した絵師の一覧

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

 

 

また、今年は4月22日)~6月1日)までの期間、岡山市岡山ティミュージアムにて『絵師100人展03 巡回展』が開催予定。(詳細→こちら

2014年度『絵師100人展 04』の詳細

『絵師100人展 04』参加絵師の一覧

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

 

 

2015年度『絵師100人展 05』詳細

『絵師100人展 05』参加絵師の一覧

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

  • 和錆

また、今回の絵師100人展からは入口にて520円支払うとマスコットキャラクター新米さまのちゃん(CV:佐倉綾音が展示作品の音ガイドを務めてくれる新しいサービスも用意された。

2016年度『絵師100人展 06』詳細

『絵師100人展 06』参加絵師の一覧

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

2017年度『絵師100人展 07』詳細

第7回となる今回のテーマは「融合」です。
日本は古来より伝統を大切にし、時には海外からの技術・文化を取り入れ、アレンジ・変化させながら独自の文化を築いてきました。
そこには、相手の特長を認めて受け入れる寛容の心と、「より良いもの」「より便利なもの」「より新しいもの」を生み出そうとする姿勢、
異なるもの同士を融合させる器用さなどを見ることができます。そうした「融合」は、絵師たちの創作の中にも見られます。
現実的な事物と非現実的な事物のモチーフを組み合わせたり、様々な技法や技術を駆使して作品を描きます。
絵師たちが描く「融合」を通して、その独自の視点はもちろん、異なるものを融合させる器用さと柔軟性、調和・寛容の精などをご覧いただけるでしょう。

『絵師100人展』参加絵師の一覧

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

入場の際は当日に入場券を入口で購入するか、前売り券を購入のこと。(チケット購入 →こちら

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%B5%B5%E5%B8%AB100%E4%BA%BA%E5%B1%95
ページ番号: 5041986 リビジョン番号: 2473220
読み:エシヒャクニンテン
初版作成日: 13/02/11 20:36 ◆ 最終更新日: 17/03/27 21:39
編集内容についての説明/コメント: 今年度の「絵師100人展07」に関して、情報を追記。過去の情報を一部整理。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

絵師100人展について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2013/03/22(金) 17:58:45 ID: AusExVFaNM
記事があったことにビックリした。作成乙
初回だけ参加したがこれ3回もあったのね...。
2 : ななしのよっしん :2013/04/29(月) 00:12:51 ID: sqJ+CjZyOO
そういえばもう昨日から開催されてるんだよね。
行けるうちにいってきたほうがいいか
3 : ななしのよっしん :2015/02/06(金) 19:56:46 ID: oSc3EoRepM
薄字で「2012年もあったのかコレ・・・」って書かれてる部分ってどういう意味?
2011年から毎年開催なら2012年に第2回があるのは当然だろ。来場者が非常に少なかった年だったとか?

自分は岡山展にしか行ってないけど、オタクを多分に意識したイベントのはずなのにグッズ展開が貧弱だったのが気になったなあ。蒼樹うめいとうのいぢクラスならポストカード一枚置いとくだけでも飛ぶように売れただろうに。
あと、腕だけでなく時間ももケタ違いな地元学生の作品を一緒に飾るのは、公開処刑だからやめたげてよお!
4 : ななしのよっしん :2015/02/27(金) 08:11:04 ID: LeMqHiqZEH
きれいなイラストをでかい絵で見られるっていうのはいいもんだよな。
絵師の感性とかも感じられるし、いいイベントだと思うよ
5 : ななしのよっしん :2015/04/29(水) 13:30:06 ID: sqJ+CjZyOO
今年も始まったな。開場々に展示作品を視してグッズ売り場まで一直線に進み開場から数分で行列を形成していく客たちを見てると、「花より団子」ということわざを思い出すよ
展示作品はじっくり見たいけど、ほしいと思ったグッズが売り切れるのも嫌だな、このジレンマをどうしたもんかまったく
6 : ななしのよっしん :2015/04/29(水) 13:39:04 ID: vZL3cviHN/
団子団子でも、保存が利く団子だからな
7 : 削除しました :削除しました ID: hcGGvWUHWm
削除しました
8 : ななしのよっしん :2016/05/01(日) 12:54:13 ID: rOS2pnj6kj
普段R-18ゲームで描いてる原画家も結構呼ばれるけど、ここに出してるの見てみると全然印違う絵描くんだよな。
pixiv同人誌とか所属する会社と関係ないところで描いてる絵とも全く違う
何かこう絵描きとして表現してみようかなっていう気持ちにさせるのだろうか?
絵師には気分転換になるし見てるこっちとしては違う面も見れていいイベントだと思う。
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829