単語記事: 絶対音感

編集

絶対音感とは、他の音との比較なしに、音を聞いただけでその音名が分かる能力である。

概要

聞いた音に対し各々の音名 (周期的な振動数を持つ倍音につけられた称名) を想起できる能力を一般的に絶対音感と呼ぶが、聞く曲すべてが頭の中でドレミの音名に変換される、半音未満の音の違いもかなり正確に認識できるなど、その能力は個人差がある。

例えば、ピアノの鍵盤をどれか一つ弾いてもらい、鍵盤を見ることなく音を聞いただけで「この音はドだ。」「この音はソだ。」などと正確に言い当てられれば、その人は一応は絶対音感を持つとされる。

(ちなみに、この説明の場合の「ド」「ソ」は固定ドにおける音階の意味である。つまり幹音名「ハ」「ト」や"C" "G" と同じ意味である。)

雨音などの音高も判断できる、などとのたまう者も時たま見られるが、そもそも雨音のような噪音は整数比的な倍音のみで構成されていないので、その中の一部の倍音のみ聞き取っていると言うことは音全体に対してあまりにも盲目的である (目じゃなくて耳だけど) と言わざるを得ない。

「具体的な音名は分からないが、だいたいここらへんの音だというのが分かる」ような能力は、一般的には絶対音感とはされない。 

習得には一般的に幼少(幼稚園ごろなど)からの訓練が不可欠とされ、成人してから絶対音感を身につけるのは難しいとされる。 

絶対音感は耳コピに非常に役立つ能力であるが、絶対音感がないからといって耳コピが絶対不可能というわけではない。

絶対音感に対する誤解について

「絶対」の語から「一般人には到達しようもない超然とした音感」といった印象を受けてしまうようだが、絶対音感の「絶対」とは「他との関係によらず独立した」といった意味で、単なる「相対」の反義語である。つまり、絶対音感とは他の音との比較なしに正しい音程を取れる感覚の事であって、超越した音感という意味ではない。

あれば便利な部分はあるが、音楽に絶対に必要なのは絶対音感ではなく相対音感である。

絶対音感と相対音感というのは別物であって、相対音感の上位互換というわけではないので注意。

絶対音感も相対音感もある、絶対音感はあるが相対音感はない、絶対音感はないが相対音感はある、どっちもない(厳密にいえばどちらの音感も「完全に無い」というのはありえないのが、「ほぼ無い」という意味では一般人のほとんどに当てはまる)等いろいろな人がいて、さらに絶対音感にも相対音感にも度合いがあるので一概に「○○音感がある人はこう」と語ることは出来ない。

メリットとして、ピアノ等の鍵盤楽器では表面化しないが移調楽器において移調読みが苦手な場合も多々あるが、これも慣れの問題等でかなり個人差がある。

要注意な薬品

以下の事柄はフラベリックの記事でも扱っているのであわせて読んでいただきたい。 

カルバマゼピン(テグレトール, レキシン, テレスミン, etc)

医師さんから処方される抗てんかん剤。半音程度音感を下げることがあるので服用には要注意。人によっては一生治らないこともあるらしい。→PMDA資料google

リン酸ベンプロペリン(フラベリック)

医師から処方される咳止め。半音ほど音感を下げることがあるので服用には要注意。→PMDA資料google

PL配合顆粒(ピーエイ配合錠サラザック配合顆粒, etc)

医師から処方される風邪薬。半音ほど音感を下げることがあるらしいので服用には要注意(公の資料にはまだなく,ネットによる体験談のみ)。→PMDA資料google

絶対音感が身につく薬

バルプロ酸ナトリウムデパケン, バレリン, セレニカ, etc

ハーバード大学のタカオ・ヘンシユ(Takao Hensch)教授率いる研究班による実験で、てんかんなどの薬であるデパケンの投与と二週間のオンラインの聴力訓練で大人になってからの絶対音感の獲得に成功しています。しかしアイデンティティの崩壊のリスク等もあり安易に利用すべきでないと述べています。詳細→日本語,英語ソース
PMDA資料(公の効能にはなっていません) 

関連動画

さだまさしの「シラミ騒動」に涼宮ハルヒの憂鬱の映像を乗せた動画。メロディーの階名(ハ長調なので固定ドでも移動ドでも同一)がそのまま歌詞になっている曲である。動画中では、さだまさしがどういうきっかけでこの歌を作ったかについても語られている。 「MAICOは踊る」はヘ長調の曲。しかし、歌詞が移動ドの階名になっているので、絶対音感を持ち音名を固定ドで捉える人が聴くと、微妙にor激しく混乱する。音を固定ドで捉える人が移動ドで読むと、「赤」を「青」、「オレンジ」を「緑」と読み替えるほどの混乱が生じるのである。

 

関連商品

関連項目

  • 音楽関連用語の一覧
  • 絶対音感の無駄遣い
  • 相対音感
  • ダメ絶対音感
  • 絶望音感
  • フラベリック

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%B5%B6%E5%AF%BE%E9%9F%B3%E6%84%9F
ページ番号: 528343 リビジョン番号: 2444064
読み:ゼッタイオンカン
初版作成日: 08/09/06 14:46 ◆ 最終更新日: 17/01/01 20:43
編集内容についての説明/コメント: 関連動画の解説を修正。絶対音感持ちが必ずしも固定ド唱法とは限らない
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

違和感ある?
ピコカキコで絶対音...

絶対音感について語るスレ

191 : ななしのよっしん :2015/10/22(木) 16:50:01 ID: vK3MmbHap5
絶対音感を持っている人って、
例えば曲を構成するすべての音がきれいに半音高かったり、1/4音低かったりしても気持ち悪いの?
また、それはその曲の本来の音程を知っている場合と知らない場合で変わる?

自分は絶対音感を持っていないけど、ポップス曲を合唱用に編曲して調が変わったり、カラオケで調を変えて歌っていたりするとかなり気持ち悪い
けど、これは自分の頭のなかに「本来の音程」が存在してそれと比べてしまうからなんだよね

書いてて何言いたいのか分からなくなってきた
192 : ななしのよっしん :2015/10/25(日) 01:44:44 ID: GXbT+Xxv4k
クラシックの作曲家(例えば加羽沢美濃とか)は何より調にこだわって作曲するらしいからこういう人には絶対音感は絶対何だろうと思う。カラオケでキーを変えているのは耐えられないというし。
しかし、絶対音感より重要なのは相対音感なのだというのはよく言われているように、絶対音感がなければ作曲できないというのは誤りだ
ビートルズで言えば、ストロベリー・フィールズ・フォーエバーの場合、歌詞の1番のバンドヴァージョンと2番以降のオーケストラヴァージョンではキーもスピードも違うテイクだった
ジョン・レノンの要望でプロデューサーのジョージ・マーティンが1番のキーを上げ、2番以降のスピードを下げてキーとスピードを揃え、接合したという
この場合、人工的に作られたキーなので調性の絶対性うんぬんという議論は全くナンセンスになる。
193 : ななしのよっしん :2015/10/25(日) 02:06:25 ID: GXbT+Xxv4k
吉松隆は「ハ長調は最も輝かしい調だから交響曲はハ短調で始まりハ長調で終わる曲が多い」と語っている
いわば、ハ短調はハ長調の引き立て役なのだ、と主張しているようだ。
しかしバロック時代には調性は今の半音ほど低く、当時の「ハ長調」とは現代の「ロ長調」をさす
ケースによっては調整の絶対性を説くことのナンセンスさが露呈される可能性もあるということだ
194 : ななしのよっしん :2016/03/08(火) 03:08:24 ID: OhR+JNzqoe
>>191
自分は絶対音感(らしい)けど、半音シフト自体は違和感ない。
ただ、知ってる曲を鼻歌で歌われたときに調が違うとストップかけたくなる。
1/4音(50セント)とか中途半端にズレてるのはそれ自体違和感ある気がする(ピコカキコ)。
個人的な感想だから他の人がどうかはわからないが。

タイトル:違和感ある?
Twitterで紹介する


195 : ななしのよっしん :2016/03/08(火) 10:48:04 ID: TyqJ68/4Hn
知ってる曲のキー変わってるのが嫌なのは大抵の人がそうだと思うけど…
196 : ななしのよっしん :2016/03/09(水) 00:50:37 ID: HvrT0gHRvz
>>194
聞き始めは絶対音感が邪魔して違和感あったけど、5小節目からは普通に聞けるようになった
たぶん曲中では相対音感が優位になるとかあるんだろうけど
でもさすが50セントだね、音名聞かれたら確実に迷う
197 : ななしのよっしん :2016/06/12(日) 13:25:32 ID: l3Skb5BI9r
「耳に入ってくるすべての音がドレミで聞こえる生まれつきの能力」みたいに言ってる自称絶対音感は
言葉の定義から誤解してるうえに幽霊が見える自称霊感持ちと同じレベルのアレな人だという事を自覚したほうがいい。

生まれつきならそう聞こえるのが本人にとって当たり前の世界なわけで、おかしく感じるわけないだろ。

ドラえもんが黒かったら違和感覚えるのは、ドラえもんが青い事が指標としてあるからで、
ずっと黒いドラえもんを見てきた人に青いの見せたら何だこれってなるだろ。
198 : ななしのよっしん :2016/11/06(日) 11:45:56 ID: YgvGrFyzlY
案外持ってる人多いんじゃないの?気づいてないだけで
俺が高校んとき入ってた合唱部は9人の弱小部だったけど、そのうち音聴いて階名がわかる人は5人いた
199 : ななしのよっしん :2016/12/15(木) 23:37:03 ID: hHj/GvrRyz
移調楽器ってのがあるらしいが絶対音感持ちには逆に壁なんじゃないの
楽譜と実音が違ったり楽器によってはド以外から始まるとか知らんかったわ
アルトリコーダーの低いドが実際はソプラノのソなんてさ
200 : ななしのよっしん :2017/02/20(月) 23:37:13 ID: ZLOp+TM7ui
大人になってから絶対音感の訓練を数年間続けて解ったこと。
(毎日欠かさず、1~3時間くらいの訓練)

1音感が良くなった。
2単音ならほぼ百発百中の精度で中てられるくらいにはなった。
3作曲がスイスイとほぼノーストレスでできるようになった。
4身心が落ち着き、集中して勉学に取り組めるようになった。
5何度も繰り返し訓練するので、自然と他の事にも忍耐強くなった。

大人になってから、音楽を始めた人も、相対音感の訓練だけでなく絶対音感の
訓練もすべし。
絶対音感は「絶対に」身に付かないとしても、やればやっただけ何かしら得るものがある。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015