単語記事: 総統閣下シリーズ

編集

総統閣下シリーズ ちくしょーめ!

総統閣下シリーズとは、映画ヒトラー 〜最期の12日間〜」のヒトラー嘘字幕をつけたMADシリーズである。ヒトラー秘書であったユン女史言を基に、第二次世界大戦末期ソ連軍の圧倒的物量の前に敗北を待つだけとなったナチスや、総統アドルフ・ヒトラーの関係者(親衛隊将校や幹部)たちの真実の姿を鮮に描き出した傑作映画である。総統閣下スイス出身の俳優ブルーノ・ガンツが演じている。なお、この「総統閣下シリーズ」という名前は、一説によると、“総統閣下が相当かっかしている”さまから付けられたとか。

概要

芸術する総統閣下は、博学多才にして博覧強記(だが美大は落ちた)論のこと所謂サブカルチャーについてもまた堪で有らせられる。つまるところオタクである。また、世界の時事問題に対しても精通しており、頼もしき同盟である大日本帝國の良識的臣民諸君が憤慨した、かの毎日新聞騒動にいても強い関心をお持ちになっている。

近頃にする話では、総督官邸に詰める近臣諸君やご婦人方は、閣下の挙動――例えばスクールデイズ最終話の放送中止でしいご立の趣の様子をお見せになったとき――について、大ドイツと全アーリア人の導者として違戻するものではないかと、多少の怪しからん疑問を持っているようだ。第三の経綸をる者がこのようにあってもいいものだろうか、と。

しかし、諸君がそう妄想する必要は毫もあるべからずものであり、閣下が時折見せる感情の高ぶりもまた、誇り高きアーリア人を思う廉潔な精から生まれた、荒漠たる砂漠に降る慈悲の大であることを々は忘れてはならない!!

日本にはタイフーン・イッカーという言葉がある。の後の好す言葉だ。周囲の厳しい痛痒のを浴びた後には祝福が訪れる。苦難の航の後には、荒地がなる大地へと変貌し、疾風怒濤の荒は静謐で穏やかなへと変貌し、一羽のしきに羽ばたく人類の新地があるのだ!!!

彼らの繊弱やかで繊細な精に発するつまらない疑問は、全くの杞憂に終わるものだと私は確信している。もし仮に全なる理解に達しなかった時は、最寄の党支部へ行ってその旨を申し立ててくれれば、我が党は最大限のを以ってあなたをめさせてくれるだろう。

ところで、が大ドイツが産んだ19世紀最大の大文学者――否、人類史上最大の文学者とでも称せようか、有脚書にして我が党の思想の先駆者たるフリードリヒ・ニーチェはこうっている。

 

脱皮できないは滅びる。意見を脱皮してゆくことを妨げられた精も同じことである。

 

ああ、宜なるかな。猖獗を極めた内気の充満した薄暗い部屋に、清らかで新鮮な外気が入り込み暖かな太陽が一筋差し込んだような、心持ちが好くなる言葉だ! これぞまさしく、サブカルチャーなどという概念の偏見をしてアーリア人を侮辱せしめんとす売国奴を予言した名言であり、このような概念をユダヤ人的傍若人発想に繋がるものとして、19世紀の大偉人は看破していたと謂うことに他ならない!! 総統閣下もまた、その雄才をいかんなく発揮した著書が闘争」の中でこれとほぼ等しいことを述べている。もしニーチェ義にそんなことをないと暴言を放つ人間が居たらすぐに通報すること。精病にっているようなので党の特別療養所へ運ぶ次第である。

万物の祖ギリシア文化を受け継いだ上乗の文明をドイツしたローマ。その一日ならず千年続いたローマを生み出したイタリアには「コサ・ファッタ・カポ・ア」という言葉がある。やってしまった事はもうどうにもならないという意味だ。

もうこうなったからにはルビコンサイコロを捨ててしまうのだ! 全アーリア人は今日を以ってサブカルチャーなどという偏見的発想を捨て「ホーホクルトゥーア」、つまり英語ではハイカルチャーと呼称すべきである!!

ああ、卑賤なる偸安者よ、今すぐグロース・ドイッチュラントを去れ!! 苟も知的理性を持ち総統閣下愛し崇高なるアーリア人である諸君は、須べからずホーホクルトゥーアをもまたさなければならないのである!!! ついでに言えば日本人もアーリア人の子孫と説明されていることを忘れてはならない! 手を繋ぎ共に携え深淵に落ちるのだ!! イヒ・シュヴョーレ・アドルフ・ヒトラー・ウンエアシュッターリッヘ・トロイエ! ハイル・ヒトラー!! ジークハイル!! ハイル・ヒトラーーーーー!!11!!1!!!

             民啓ナチス宣伝大臣兼ベルリン防衛総監 パウル・ヨーゼフ・ゲッベルス

総統閣下と愉快な部下達

アドルフ・ヒトラー(1889~1945)
言わずと知れた総統閣下政治ネタから、アニメ日常細な出来事に至るまで、いつも何かしら怒っていなければ気が済まない。詳細については概要を参照。
ハンス・クレープ(1898~1945)
陸軍大将。いつも閣下から居残りを命じられる四人組の一人で、通称カルピス総統閣下シリーズの大まかな流れでは、まず彼が話題を提供し、それに閣下が質問をめると、オロオロと動揺している所を、欠かさず後述のヨードルがフォロー、居残り組以外が退出して閣下ブチキレるという筋書きになっている。動画の大まかな内容の説明役であるため、普段は丁寧口調だが、時々閣下にタメ口で話す事もある。
アルフレート・ヨードル(1890~1946)
陸軍上級大将いつもの四人組の一人で、通称ハゲ。先述の通り、クレープスの説明に補足し、閣下の期待を裏切る相を伝えて怒りに火を油で注ぐ役回り。その容貌から時々変態キャラにされ、自重しない下ネタコメをすることもしばしば。
ヴィルヘルム・カイテル (1882~1946)
陸軍元帥いつもの四人組の一人で、最年長格。階級が最も高く、立な口ひげをたくわえた外見とは裏に、大人しい性格のため全く立たず、例のアレ一、一言も喋っていない空気キャラ(実際にもお飾りのようなポジションだったらしい)。
ヴィルヘルム・ブルクドルフ(1895~1945)
陸軍大将いつもの四人組の一人で、通称アンポンタ。居残りを命じられる前からずっと、閣下のすぐそばに立っている事が原因で画面からはみ出てしまうため、時々視聴者から存在を忘れられてしまう(実際にそれをネタにした動画もある)。しかし、居残り組の中で閣下の八つ当たりにただ一人反論するなどなかなか肝の据わったやつ。クレープスとは仲が良く、を飲む時も死ぬ時も一緒。
ヨーゼフ・ゲッベルス(1897~1945)
宣伝相。「プロパガンダ天才」と呼ばれた、閣下の側近中の側近。居残り名を受けていないにも拘わらず、いつも閣下に付いている。ドヤ顔で退室組をにらみつける、鉤十字腕章を付けている方。例のアレでは喋らないため出番はいが、それ以外のシーンでは宣伝相の本発揮とばかりに、閣下に劣らぬ演説を披露。同僚と口喧したり、ユンゲに愚痴をこぼして泣き出すなど、なかなかネタが豊富。ボケにもツッコミにも使える、総統閣下シリーズの逸材である。
マルティン・ボルマン(1900~1945)
党官房長。ゲッベルスと共に、後方で待機して閣下の話を聞いている。ピザの方。末期ナチスった大物だが、総統閣下シリーズではこれといった活躍もなく、ほとんどただいるだけの存在。
ヘルマン・ゲーリング(1893~1946)
帝国元帥例のアレが始まる前の会議中、閣僚達の言い争いを聞きながら腕時計の時間を気にしている。物中のため、見るも惨な肥満体になってしまっている。
アルベルト・シュペーア(1905~1981)
軍需大臣。数少ない常識人で、ユンゲから閣下の近況を聞いて呆れかえっている。
カールコラ(1898~1951)
軍参謀長。スクイズ放送中止騒動などで、閣下抗議電話に対応してるのがこの人。閣下の怒りを華麗にスルーするスキルの持ちで、時々関西弁やオネエ言葉を操り、逆に閣下を挑発しているのでは?と思える印を受ける。
ハインリヒ・ヒムラ(1900~1945)
親衛隊長官。ユダヤ人の大虐殺(ホロコースト)を行った元であり、ある意味閣下以上の戦犯ドイツ人なのに、その容姿はむしろ東條英機に似ている。フェーゲラインに後始末を全て押しつけて逃亡、閣下の怒りを買う。
ヘルマン・フェーゲライン(1906~1945)
親衛隊中将キザで嫌みなリア充の癖に、よそで作った人と一緒に逃げようとしたため粛清される。総統閣下シリーズでは、余計な事を言って始末されるケースが多いが、未遂に終わって助かったり、始末されたはずが、いつの間にか生き返っていたりする事も。
ヴィルヘルム・モーンケ(1911~2001)
親衛隊少将。他の映画では横暴な悪役にされたりもするが、本編では良心的でな軍人として描かれている。礼儀正しく、淡々としたツッコミに定評がある。
ローフス・ミシュ(1917~2013)
親衛隊曹長。部屋の外で閣下の怒を聞いているギャラリーの一人で、アンポンタン達とを飲んで憂さらしした。総統地下壕に滞在した人物の中で最後の生存者であったが2013年に死去。映画に対しては描写が大げさと批判している。
トラドゥルユン(1920~2002)
秘書。「ヒトラー 〜最期の12日間〜」の原作者で、ミシュ達と共にナチス言者となった。才色兼備美女だが、閣下に対してはかなり辛辣な毒舌。特技はタイプライター打ち。
ゲルダ・クリスティア(1913~1997
秘書閣下暴走に呆れ果て、後輩ユンゲに慰められながらいつも泣いてばかりいる人。
エヴァブラウン(1912~1945)
閣下人。…とは名ばかりで、当の閣下二次元アニメキャラにしたがっているため、身も蓋もない立場に追いやられている。それでも閣下を見捨てぬ健気なお方。それもあってか、怒ってばかりの閣下も彼女だけには思わずにやけた顔を見せる事もある。
マグダ・ゲッベルス(1901~1945)
ゲッベルス夫人。閣下にすがりついて号泣するおばさん腐女子にされるケースが多い。
フェリックス・シュタイナー(1896~1966)
親衛隊大将閣下マジギレした本当の理由は、彼が率いる兵がほとんど残っておらず、ベルリンを援護するを失っていた(つまり孤立援になった)事を知ったため。実は映画本編に全く登場していないのだが、先述の理由から総統閣下シリーズではかなりの重要人物。とは言え、閣下からCDDVDアニメグッズの買い物を押しつけられたり、嘘字幕ではロクな扱いを受けていない。但し、稀に重大なプロジェクトを任されている事も。
ヨシフ・スターリン1878~1953)
ソビエト連邦の最高権者にして、閣下最大の宿敵。史実の彼については大百科の記事を参照。物語の舞台がベルリン内だけなので、当然直接は登場しないが、嘘字幕では欠かせない人物のキーパーソンの一人。論争など、くだらない理由で閣下率いるナチス戦争しているネタも数多くあり、本当はお前ら仲が良いんじゃないか?と思いたくなる節もあるのだが、うわなにをするやめくぁwせdrftgyふじこlp

主な空耳一覧

[]の時間は、最もよくネタにされる例のアレで聞こえる空耳の時間帯である。また閣下以外の空耳は、()内にその人物名を記した。さらに嘘字幕で使用される頻度の高い空耳は太字で表記してある。

世界での人気と削除

このようにニコニコで大変人気のある総統閣下シリーズは、日本だけの現ではない。ヒトラーがあらゆる時事ネタやささいな物事にマジギレするという意外性から世界的に流行しており、YouTubeではいろんな言嘘字幕の付いた動画を数多く見ることができる。

Youtubeへの最初の登場は2006年8月10日スペイン語嘘字幕で、10月発売のMicrosoft’s Flight Simulator Xのデモ動画に新たな要素が何もないことに総統閣下が切れるという内容だったらしい。その後は何かあるごとに「Hitler Reacts to...」だとか「Hitler finds out...」というタイトルで大量にパロディアップロードされ、2008年から2009年にかけて欧の各が流行を報じている。2010年1月15日ニューヨークタイムズマガジンブログでは、原作ヒルシュビーゲル監督自身が「ファンから大量に送られてくるパロディ動画リンクを見て大笑いしている」と楽しんでいる様子が見受けられた。しかし製作会社はそうは思わなかったらしく、に余ったのか、YouTubeでは2010年4月頃から立つ動画が次々消されていった。

 関連記事:人気の『ヒトラー』映画パロディ、YouTubeで禁止 - WIRED VISION, 2010年4月23日

削除される動画とされない動画の基準はよく分からず、総統閣下シリーズはその後もYouTubeにたくさん残っており、依然増え続けている。

その削除の波は、1年遅れの2011年4月12日頃になってようやくニコニコ動画にも押し寄せてきたようである。この第1次削除大戦では数週間に渡り、実に800近くの動画削除され、総統閣下シリーズの衰退を予感させた。2011年8月3日、第2次削除大戦が開戦したが、が過ぎると何事もなく総統閣下シリーズは増え続けている。しかしまだまだ戦争は続くと思われるので注意が必要である。

ちなみに、2012年1月16日に行われた「ニコニコ映画【特別】上映会」にて、元ネタである映画ヒトラー ~最期の12日間~公式ニコニコ動画上で上映された。ニコニコ映画上映会は基本的に有料動画だが、この回では特別企画として、「本編約155分のうち、クライマックスを含む約151分(97.4%)を無料上映」とし、カットされた序盤の約4分間を見る場合は400円(プレミアム会員なら100円)を払わなければならないというスタイルでの開となった。

要するに、このシリーズ素材となった「例のあのシーン」だけ有料で開したのである。しかも告知ページには「『総統閣下』が降臨なさるようです」と書かれており、全に確信犯(誤用)でやっているもよう。これにはさすがの総統閣下も苦笑い。

参考:http://blog.nicovideo.jp/niconews/2012/01/029049.html

関連商品

関連動画

字幕加工をしていない元のデータとなり得るもの。

関連静画

関連コミュニティ

関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%B7%8F%E7%B5%B1%E9%96%A3%E4%B8%8B%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA
ページ番号: 306077 リビジョン番号: 1965662
読み:ソウトウカッカシリーズ
初版作成日: 08/07/02 00:36 ◆ 最終更新日: 14/01/29 13:01
編集内容についての説明/コメント: ニコニコ映画【特別】上映会に関して追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

総統閣下シリーズについて語るスレ

1032 : ななしのよっしん :2014/06/30(月) 10:05:26 ID: 06Mgy1rTZ1
時事ネタサブカルネタに問わず、自分の意見や不満を総統らに言わせてるだけの動画はつまらない
やはり重要なのはユーモアだ。面動画元ネタを知らなくても楽しめる
ところで部下達の項ヴァイトリングがいないんだが・・・あとで追加しとくか
1033 : ななしのよっしん :2014/07/01(火) 20:44:07 ID: cUe37JuuGG
自重しないチョビ髭VS自重しない部下達
みたいな感じのネタのやつがあったら面そう
1034 : ななしのよっしん :2014/07/02(水) 18:19:29 ID: S+ywMOYsqR
原作ラストヴァイちゃんが倒れたのは疲労なのかな、あそこで死んだわけじゃないみたいだし

>>sm23909154

女性化計画とか頭おかしい
1035 : ななしのよっしん :2014/07/05(土) 14:58:41 ID: uMBrRHBWgE
動画の中にスターリンらしき人が動いている映画素材で使われてるけど、なんの映画
1036 : ななしのよっしん :2014/07/05(土) 15:06:08 ID: WEwYq69raZ
>>1035
これの事?
>>sm287539
1037 : ななしのよっしん :2014/07/09(水) 21:33:34 ID: gJ2Ixaf3H9
か対魔ソシャゲで作らねーかな、今最高にホットだぜ
1038 : ななしのよっしん :2014/07/17(木) 18:44:17 ID: be46FU3715
すっげー今更だけど、お約束の「畜生め!」と「ぷるんぷる~ん」のとこ、実際はなんて言っているのか未だに知らない私です
1039 : ななしのよっしん :2014/07/17(木) 18:57:00 ID: Ba8U1mlDpn
>>1038
「ぷるんぷる~ん」は忘れたけど、「畜生めぇ!」は「恥しが!」だったと思う。
1040 : ななしのよっしん :2014/07/21(月) 22:45:42 ID: xBpdFcmRQ2
>>1039
ぷるんぷるんは
Verräter.
裏切り者め。
Von allem Anfang an bin ich nur verraten und betrogen worden!
最初の最初から、私は裏切られ、欺かれてきていたのだ。の部分

ちくしょうめぇ
Die Generalität ist das Geschmeiss des deutschen Volkes!
将軍どもはドイツ民の中のカスだ!
Sie ist ohne Ehre!
栄誉などあるものかの部分だよ
1041 : ななしのよっしん :2014/07/24(木) 18:44:59 ID: ceIdAkXIC3
たまにヨードルがシュタイナーにされている動画があるよな
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015