単語記事: 織田信長

編集  

織田信長(おだ・のぶなが 1534 ~ 1582)とは、日本戦国時代の武将・大名。説明不要の戦国時代下人であり、三英雄の一人。「第六天魔王」にして「覇王」な「尾のうつけ」である。

生涯

織田信長の詳しい事績については、Wikipedia信長フリークの本、ないし当時の史料など参照にされたし。

の武将織田信秀の子。幼少の頃は行儀が悪かったりしたので「大うつけ」と呼ばれた。(演技だったが)。当時織田信秀今川義元斎藤道三と戦うも劣勢が続き、斎藤道三である斎藤氏(濃姫)を信長の正室に迎える。その後、織田信秀が病によって病没すると、織田信友、織田信清織田信勝といった尾での抗争を経て、隣の大大名今川義元桶狭間の戦いで破り、義元を討ち取った。その後も戦い続け、尾定を成し遂げた。

今川臣であった徳川家康との同盟を経て、織田信長美濃攻略へと向かう。美濃斎藤道三を敗死させた斎藤義龍やその子斎藤が治めていた。当時の美濃武田信玄などがその勢を伸ばさんとしていたが、織田信長は7年かけて大美濃を攻め取る。中の不穏分子も取り払い、この時点で120万石を領する大大名となった。

一方当時中央では、足利義輝を弑逆した三好三人衆と、三好義継松永久秀らが抗争を続けていた。信長足利義昭の依頼を受け、上浅井長政(または従妹)とされるお市の方がせ、その麾下に加えた(と本人はそう思っていたらしい)。六角義賢を破って南近江を取り、見事足利義昭を上に成功させる。

しかし、信長の躍進を快く思わない三好三人衆らは、朝倉浅井長政六角義賢石山本願寺らとらって挙兵。信長は多方面に敵を抱えるようになり、後世信長包囲網と呼ばれる反信長との戦いの始まりである。ことに浅井長政の離反は、信長自ら「虚実あるべし」と述べたとされるほど、信じがたい話であったという。

しかし織田信長は持ち前の戦術采配を発揮し、朝倉浅井長政らを打ち破っていく。しかし、戦争のうまい信長との直接対決を避け、志賀浅井朝倉比叡山に籠。長期の戦争で他方面の敵を不安視した信長と、朝倉景鏡をはじめ中統制が不安視される朝倉の間で和が成立。機を見るに敏とされ、戦況不利とあらばなりふり構わず戦争を終らせる信長の、また1つの頂であった。

そしてもう1つの頂といえば、その怒涛の如き殲滅性であった。桶狭間の戦い今川義元を強襲し、義元以下重臣を数多く討ち取った戦術的采配は、以後も価を発揮していく。1572年、浅井長政朝倉を追い詰め、翌1573年に反信長が期待していた武田信玄が病没すると、いよいよ後世魔王と言われる織田信長の躍進を止められるものはいなくなった

織田信長は同年、足利義昭を速攻で攻めて降伏、追放させると、8月には朝倉を一気果敢に攻めてこれを滅ぼす。この時信長は自らとともに先頭に立ち、暴中大軍の朝倉勢を散々に打ち破った。同時期に羽柴秀吉に命じて浅井長政を攻め、これも滅ぼす。翌年、織田信長伊勢長島を攻め、2万人を焼き殺した。これには降伏しようとした一勢が一門衆を急襲したことや、織田を自させたことに対する報復と言われている。

1575年、織田信長徳川家康と組んで長篠の戦い武田勝頼を撃破。精強武田軍を数多討取り、多数の武田重臣が戦死した。武田の資料と言われる甲陽軍鑑では「長篠で勇士100人中98人が死んだ」とまで言われるほどであった。翌年は天王寺において3000の兵で15000の本願勢を撃破。内政面では安土城を築き、その後も荒木村重松永久秀別所長治武田勝頼といった多くの勢を滅ぼした。

1582年、織田信長朝廷から太政大臣、関白征夷大将軍のいずれかに就任するように要請を受けた。既に織田信長の直轄勢日本の過半を占め、東北九州などの遠隔地でも信長と通じ、その影を受けた勢を含めれば日本のほぼ全てが彼の勢下にあった。もはや織田信長下は定まり、新しい時代が来ると皆が思った。織田信長徹底抗戦を続ける上杉景勝も「土の土産」と述べるほどであった。だが、織田信長朝廷の要請を保留[1]

そして、信長の返答が来ることはなかった。1582年6月2日の本寺にて、明智光秀の謀叛にあい自息子である織田信忠も自した。その後、織田は勢を縮小させたが、織田信雄らによって命脈を保ち、江戸時代ひいては近現代までその子孫が続いている。

織田信長がやり残した新時代への体制構築は、その後豊臣秀吉徳川家康へと受け継がれた。

ニコニコ動画では、織田信長を直接扱った動画いくつかと織田信長を題材とした作品(ゲームドラマ、…)をもとにした動画投稿されている。

キーワード

三英傑

英雄とも言われる。織田信長と、豊臣秀吉徳川家康戦国時代安土桃山時代を経て江戸時代下泰に至る、日本中世から近世にかけての重要人物としてこの3人が挙げられる。

三名の下の取り方はそれぞれに個性があり、信長は他の二人とべて苛な政策で下を取ったといわれることが多い。これは戦国時代に滅亡した大名のほとんどが信長によって滅ぼされたものであることから明らかである。

この三名を較したものとしては「織田がつき 羽がこねし 座して喰らふは 徳の」「鳴かぬなら ○○○○○○○ ほととぎす」などの唄も有名である。

天下布武

1567年に岐阜に本拠地を移してから使い始めた印文(ハンコの文字)。「下に武を布(し)く」=下を武で支配する、といった意味だと言われているが、ハンコ以外で使われた形跡が見当たらないため、本当の意味は良く分からない(そもそも「下」をす範囲は日本ではなく畿内の事だという説もある)。「信長は他の大名全員ケンカを売ったというのか」「他の大名に対しては下布武の印判状(ハンコを押した書状)は出していない」などなど、いまだ議論が続いているネタの一つ。

創作上では信長徴とされることが多い。

天下統一

信長天下統一直前で本能寺の変に没したといわれているが、味方によっては彼は『下』統一を達成している。

戦国時代中世から近世にかけての「下」とは天皇および足利将軍がいる京都と、その周辺地域しており、そしてこれは信長の直轄勢圏にすっぽり含まれている。つまり、本能寺の変が起こる前にすでに織田信長(当時の価値観での)握していたのである

官位で見る天下人

また、信長朝廷からも右大臣の官位を受けており、さらに上記されている通り太政大臣・関白征夷大将軍のいずれかへの就任も打診されている。平清盛源頼朝足利義満などをはじめ、歴代下人が叙任されたものであり、これは朝廷からも信長下人として認められていたことの拠である。このあたりの官位の重要性については三好長慶の記事の「天下人議論」の項を参考にされたし。

三職推任問題

信長に残されたミステリーのひとつ。信長「太政大臣」「関白」「征夷大将軍のどれか希望するものに任じよう(三職推任)という話が持ち上がったが、直後に本能寺の変が起こり、信長自身がどう対応したのかは永遠のとなってしまった。

詳細は三職推任問題の項を参照。

革命児

既存の常識や価値観などを片っ端からぶっ壊そうとしたと思われがちだが、実際はそういうわけでもない。壊したもの有り、変えたもの有り、そのままにしたもの有り・・・といった感じで、一口には言えないのが実情である。強いて言うなら「それぞれを天下統一のために適切に扱っていた」くらいだろうか?ちなみに朝廷からは中の祖のように思われていたようである。

第六天魔王

1573年、武田信玄が同盟を破棄して攻め込んできた際、信玄は一通の書状を信長に送りつけてきた。これに対し、信長も信玄の書状を送り返した。この書状に使われていたという署名第六天魔王 信長」。ちなみに信玄の方は「台座沙門信玄」と署名していたという。

・・・と当時来日していたキリスト教教師ルイス・フロイスが書き留めているが、この2つの書状は実在が確認できず、内容も全く不明。よって、こう名乗った信長の意図も推測するしかない。

字面のインパクトが凄いためか、創作では信長を表す単として多用される。

上総介

信長が若いときに使用していた名乗り。『介』とは令制において朝廷から派遣される分の次官級の役職の事。上総介だと上総の次官であるということになる。他の大名や武将の名乗りによくある「○○守」の『守』も分の長官のことをす。

ちなみにこの名乗り朝廷から正式に与えられたものではなく、自称である。この時代では各地の武将が役職を勝手に名乗ることはよくあった。また、ごく初期には「上総」を名乗った事もある。が、上総は特例で守が存在しないだった[2]。つまり信長は存在しない役職を名乗っていたわけで、上総守の使用は短期間ですぐやめている。

使用していたのが若い時期ということもあり、ある意味第六天魔王以上に信長黒歴史である。

ゲームの中の信長

信長の野望

信長の野望」(PCシリーズにおける織田信長一覧

言うまでもく、公式チート。野望は流石の100。ただし、値が総合1位になるのは実は創造が初めてであり[3]下三英傑にして同作役という地位にありながら、見ようによってはなかなか不遇な人物であった。特に世記では統率75と凄まじくを下げられている。流石に評価が是正され、元の地位に戻っていった。とはいえ、特技面や戦闘バランスでも恵まれており、最強の一であることは間違いないだろう

軍事 内政
戦国群雄伝(S1) 戦闘 93 政治 99 98 野望 100
武将風雲録(S1) 戦闘 87 政治 95 97 野望 100 教養 80
覇王 采配 97 戦闘 89 智謀 84 政治 96 野望 100
天翔記 戦才 190(A) 智才 192(A) 政才 198(A) 98 野望 100
将星 戦闘 94 智謀 95 政治 98
烈風 采配 94 戦闘 70 智謀 93 政治 98
世記 采配 75 智謀 85 政治 89 野望 100
統率 82 知略 88 政治 90
下創世 統率 82 知略 86 政治 90 教養 76
革新 統率 92 武勇 89 知略 96 政治 105
統率 100 武勇 89 知略 94 政治 97
創造 統率 99 武勇 87 知略 94 政治 100

戦国大戦

俺達で、新たな世を作るのだ!」
戦国大戦での信長は五枚存在するが、四枚のみ紹介する(残り一枚はスターター専用のため割愛)。一枚1560 尾風雲児副題通り若かりしころの姿。高武・高統率な織田の顔であり、計略の「下布武」は各軍の大名采配で最もスタンダードな計略と言えるだろう。織田の武と統率を上げるため、自軍部隊の制圧が大幅に上がる。

「屁のつっぱりはいらんですよ!」
もう一枚は、戦国傾奇(漫画とのコラボ)で登場したどう見てもキン肉マン信長
コスト3.5で武9統率2(のゴロ合わせとのこと)と一見寂しいスペックに見えるが、特筆すべきはその特技「」。
「気合」とはべ物にならない兵回復速度により驚異的なしぶとさを持ち、まさに要塞と言えるレベル。計略「火事場のクソ」は兵が少ない程武が上がり(ちなみに最大値は29とこちらもである)、発動中は異様な硬さとなり間的に兵を減らせる計略でもない限り撃破はほぼ不可能レベルとなる。

隊、三段に構えよ!」
そして舞台は1570年に移り、信長包囲網の時代に追加された新カードの彼は、まさに「魔王」と呼ばれるに相応しい貫を持った体になった。計略の「三段撃ち」は、長篠の戦いでの逸話の通り、計略中は味方の武が上がると共に隊のリロード速度が大幅に向上し、三発を撃ち終わってすぐに装填が了する有様である。まさに相手に反撃を与えずにの巣にすることが可な計略といえよう。

の炎に包まれるは貴様か、はたしてか……!」
ver.2.0で遂に本能寺の変の彼が参戦した。イラストはとてもこれから自するとは思えない程のすさまじい迫で、歴代信長の中でも最も魔王らしいイラストとなっている。
スペックは武11統率11に制圧魅と全武将中最高クラススペックで、コスト4に加えて兵という組み合わせ故に全武将中最強の攻攻撃を持つ。計略の「是非に及ばず」は範囲内の味方の武と統率を大幅に上げる代わりに効果時間中徐々に統率が低下するというもので、統率が一定以下になると撤退する。消費士気8という重さの割に武上昇地は一般的な采配と同レベル手さには欠けるものの、効果は撤退するまで続くため計略の効果時間は長く、扱いは難しいが強な計略である。

戦国無双シリーズ

初代からPCとして参戦。
身長190cm 声優小杉十郎太 武器は紫色の妖気をまとった西洋で、振るたびに「ブン」という音が鳴る。
アクションは特殊技タイプ。この特殊技を使うと、チャージ技が強化されたり、バリアられたりする。
値はすべての値がほぼ均以上という、信長らしい値。
少しトリッキーな動きをして攻撃するスタイルなので、初心者が使うと少し難しいが、慣れるとめちゃくちゃ強い。
見たはどの作品でもを基調とした西洋を着ており、い羽やオーラが体から出ている。…お前本当に人間かよ…

どの作品でも、上の記述にもあるように革命的な思想をもっており、既存の徳概念や思想を否定していく。
それゆえに苛な性格をしており、カリスマ性と哲学的な考え方をもった人物である。
しかしながらナンバリングによって少し性格が違う。1ではかなり冷酷で「魔王」といった性格。2では少し優しくなり、武士として「死」を受け入れている人間を嫌う性格。3では時代を進めることを第一に考えている。4では1のように苛で冷酷だが、「己の決意を大事にするは最後までがんばれ」という少し変わったタイプの性格。共通しているのは、どれも普通の人間には理解することが難しい性格をしているということである。
しかしながら臣たちには恐れられつつも、信頼はされている。
史実通り、秀吉を「さる」、元親を「なき蝙蝠」と呼んでいるシーンもある。

口癖は「価値」「是非もなし」「であるか」。

戦国BASARA

織田信長(戦国BASARA)の記事を参照

関連動画

関連商品

関連項目

織田信長を題材とした作品、及び、メインキャラクターとして登場する作品

その他多数。「信長枠」の記事も参照。

脚注

  1. *余談になるが、信長非公式に太政大臣を叙任されていたという説が根強いようである。秀吉書状、近衛前久辞任などが根拠としてあげられている
  2. *正確には皇族のみが「守」に任命される(親王任)。ほかに常陸上野も同様。
  3. *多くの作品での総合1位武田信玄。しかし一方で信玄は各トップに立つ事は少ない

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%B9%94%E7%94%B0%E4%BF%A1%E9%95%B7
ページ番号: 722017 リビジョン番号: 2541508
読み:オダノブナガ
初版作成日: 08/11/16 00:10 ◆ 最終更新日: 17/11/19 18:44
編集内容についての説明/コメント: 掲示板で提案していた「信長が天下統一を達成していた」関連の記述の撤去を実施。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

織田信長について語るスレ

518 : ななしのよっしん :2017/11/30(木) 10:00:48 ID: Q+RXIn+SYc
源氏足利以下って本気で言ってる見たことないぞw
足利尊氏は内部分裂で一度敵勢に降伏してるし、源氏に至っては
源頼朝はあくまで敵勢の追討を臣に全て任せた。
源氏義経や範頼を入れ、足利に義詮と義満を入れるなら別だが、
それを視して同じこと言うが、もしいたら生の大うつけだわw
徳川家康の評価に徳15代将軍全て入れるようなもの


ちなみに織田信長世界の名将とべる事自体は何も間違っていない。
そんなことが日本勢で他にできるのはせいぜい義経秀吉家康くらいだから。
流石にチンギス・ハーンアレキサンダーあたりと同一視しろなんてのは
過大評価にも程があるが、普通日本が誇れる名将の1人であることは間違いない。
519 : ななしのよっしん :2017/11/30(木) 10:29:31 ID: Q+RXIn+SYc
わかりやすい三行


・ 織田信長世界最強であり、世界の大覇者較すべき存在  ← 過大評価

・ 織田信長日本を代表する名将であり、豊臣秀吉徳川家康しうる存在 ← 妥当な評価

・ 織田信長はむしろ弱く、運が良かっただけ。武田信玄上杉謙信より下 ← 過小評価
520 : ななしのよっしん :2017/11/30(木) 17:51:50 ID: rqIKOtgKUA
源氏足利って書いた意図を組んでくれ。

織田はそいつら以上に日本での覇権を握れなかった。
秀吉家康を評価するなら実績結果をちゃんと評価すべき。
、尊氏をこき下ろすその姿勢こそ、知名度最優先の評価の仕方だと思われる。
521 : ななしのよっしん :2017/11/30(木) 18:36:53 ID: rqIKOtgKUA
単純な戦評価で名将評価を下すから盲目になる。
義経も義仲も頼も名将。
覇権を握るためのそれぞれの分野に置いて突出した結果を残した。

信長も戦のみで名将評価されてる訳ではない、寧ろ戦のみなら信長以上の評価も多いだろうに。
522 : ななしのよっしん :2017/11/30(木) 20:29:12 ID: Q+RXIn+SYc
別に頼や尊氏をこき下ろしてるわけじゃない。源頼朝が存命当時、鎌倉幕府はまだ全的な組織ではなかった。
鎌倉幕府が全組織になるのは、北条義時が承久の変を制して西にも権を伸ばしてから。
足利尊氏は確かに名将だが、こちらも存命中に下を取ることはなかった。
下が定されるのは孫の足利義満の代で、尊氏存命期は特に九州において
懐良親王菊池武光による組織的抵抗が行われている。尊氏が命じた九州探題が
肝心の九州に入ることなく執務を取らざるをえない状況だったわけで、さらに当時の武
にとっては敵とも言える存在。北の後天皇が直々に追討命令をを出してる。

源頼朝にしろ、足利尊氏にしろ、もちろん名将には違いないが、はっきりとした敵対勢
残して没し、それらが討伐されるのは後進の時代になってからという共通点がある。
当時の織田信長にとって露な敵対勢上杉景勝らい。毛利長宗我部も、既に和議を模索してた。
523 : ななしのよっしん :2017/11/30(木) 20:42:43 ID: Q+RXIn+SYc
>>521
下を制するのに最も重要な要素は戦争だからね。
確かに源頼朝政治に優れていたが、頼だけで鎌倉幕府が開けたかといえばそれはNO
源範頼源義経という戦上手の達がいたからこそ、頼は幕府を開けた。
ただ、これは範頼、義経という戦上手のを抱えた源頼朝が特別な部類に入るだけで
基本的に下人というのは当然戦争も強くないとなれるものではない。
源頼朝にとっての範頼義経足利義満にとっての細川頼之今川了俊
こういう弼の戦上手な臣に任せることのできた下人というのは極めて稀な事
524 : ななしのよっしん :2017/11/30(木) 20:44:49 ID: Q+RXIn+SYc
戦国時代は、知名度が高いという弊の一つに郷里の武将を「おらが英雄」にしたがるという
側面が強い。もちろん、下人以外にも戦争が強い武将がいたのは当然ではあるのだが、
昨今の武田信玄上杉謙信に代表される、一部の武将はもはや「やりすぎ」の域に入り、
教科書からも坂本龍馬とともに削除検討されているまでになっている。

講談や偶像が一人歩きするのは、それこそ織田信長で言えば、「本能寺の変日本500年衰退した」とか
織田信長下取っていれば日本世界を制するほど近代化できた」という類の
根拠の薄い「格化」と全く同じであり、信長だけがそれを責められる謂れはないだろうよ。
525 : ななしのよっしん :2017/12/02(土) 08:16:38 ID: scwo1qs/Ra
>>508だがちょっと訂正
長篠はしっかり準備して後は武田軍を逃がさないようにする→そこで酒井忠次を当てにした
大軍率いる時はしっかり準備したね信長
ただ戦の勝敗は事前の準備だけで決まるものではなく、だから信長戦場で何度もをしたし、戦う前の不利を覆して勝利することもあった
逆に有利な状況作って大軍率いて乗り込んでも逆転負けすることはあった。長島との戦いなど。斎藤家相手にも結構負けてる
526 : ななしのよっしん :2017/12/09(土) 17:29:54 ID: l6Q62ZigzO
そういや、髑髏の杯でカンパーイの元ネタって何だろう?
527 : ななしのよっしん :2017/12/09(土) 21:03:03 ID: Dr31D+PNZN
>>526
浅井朝倉を倒した際に浅井長政たちの髑髏を杯に加工した逸話の事だよ
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829