編集  

単語

マトイ

(まとい)とは、江戸時代の町火消が用いた旗印である。

概要

江戸時代建築物は多くが木造であり、季には燥した空気もあって特に建物の密集した江戸では火災が多発していた。そのような江戸において現在消防の役割を担っていた町火消が用いた旗印が「」である。

は単なる旗ではなく消防活動にも実用的に用いられた。現在では放による消火が一般的であるが、当時は消防用設備が不十分であり、の調達が容易ではなかった。そこで当時は「破壊消防」という手法が採用され、引火する原因となる物を破壊することによって消火をしていた。その消防活動において活動地点の印として用いられたのが「」である。は据え置くのではなく、「持ち」と呼ばれる担当者が担ぐことになっており、各組の徴となっていた。

漢字として

Unicode
F+7E80
JIS X 0213
3-23-99
部首
画数
21
意味
身に着ける、町火消が使用した旗印
音訓
読みは、テン、訓読みは、まとい。

曖昧さ回避

人名など

関連動画

に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

関連コミュニティ

に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

  • に関する項を紹介してください。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%BA%8F
ページ番号: 5439479 リビジョン番号: 2402118
読み:マトイ
初版作成日: 16/08/24 18:41 ◆ 最終更新日: 16/09/04 19:05
編集内容についての説明/コメント: 「纒」の項目から適切な当記事に移設
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

纏について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2018/03/13(火) 16:20:44 ID: DDu/qkmN+e
な法被姿の町火消しのお兄ちゃんが屋根に上ってを振っているということは、そのまで防火線として解体しますからねという意味。


土地も路地も狭い東京に幾筋かやたら大きい道路が整備されているのは大災害時の防火線を最初から付けてあるためであったりする。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829