単語記事: 美味しんぼ

編集  
お知らせ

この記事を書いたのは誰だ

美味しんぼ』(おいしんぼ)とは、1983年から現在まで続く食をテーマにした漫画アニメドラマである。漫画作者は雁屋哲(原作)、アキラ作画)のコンビである。

本記事は、漫画およびそのアニメ版を中心に説明する。

概要

東西新聞社に勤める山岡士郎栗田ゆう子の2人が「究極のメニュー」を追いめて奮闘し、時には「至高のメニュー」を掲げる士郎海原雄山と対決する。

主人公士郎である海原雄山は、士郎と長期に渡り確執の関係をとっていた。初期では厳格かつ時折見せるマジキチ部分もあったが徐々に関係が和らぎ、それが文字通り正しいツンデレの姿となったと言われている。雄山ニコニコ動画に限らず、本作一の人気キャラクターである。

グルメ漫画ブームの中心の一つとなった作品であり、単行本100巻をす長期連載となっている。
普通料理漫画と言えば主人公料理をする漫画だったがこの漫画主人公料理するのみならず、美味しい料理を食べる・追求するだけという新たな手法を導入し、それまでのグルメ漫画常識を破った。アニメ実写ドラマなど何度も作られ一時代を築いた。反面、マジメかと思いきやギャグのような展開も出て来る為、漫画アニメなどでパロディネタにされやすい(特に究極と至高の流れあたりが顕著)。

その一方で栄養学・衛生学・その他の学問の科学的見解から見れば誤った描写が散見される点は注意が必要である。後の項で述べるが、作中での扱いに対して関連団体などから編集部に苦情が入ったことも複数回あり、かつては作中あのマイクロソフトWindows95コケにして、マイクロソフト激怒広告を引き上げる事態になった事もある(作者マッキントッシュ)。また、作品内やブログで披露されている作者政治歴史認識については、中国韓国に肩入れする内容が多く、異論・異説が唱えられている説を作中で史実として言及することがある。ただし、反日活動、あるいはそれに類する活動なら何でも賛成かというとそういうわけでもなく、捕鯨に反対する団体を批判的に描いたこともある。

作中解釈の問題点

作者の取材、知識不足により、明らかな間違いが描写されることがあり、たびたび専門から批判摘を受けている。

以下に一例を挙げる。

食に蜂蜜を与える
児がハチミツを摂取すると児ボツリヌス症を引き起こす危険があり、厚生は「与えてはいけない」と通達している。命にも関わるためか、このエピソードは単行本には収録されなかった。
ホタルイカを生食する
作中にホタルイカを生食するという描写があるが、食中毒を起こす危険性があり、生食は控えるべきである。
性物質の量を問題とせず、ただ単に発性のある・なしで物事をっている表記が多い。実際には全ての食べ物は多量に摂取すると発性があると考えて問題ない。
野菜が農を使用した野菜よりも安全で味もいい」と作中で言われている。美味しんぼの偏見の中では知名度があるためか、漫画『コンシェルジュ』にて美味しんぼを皮ったエピソードが登場し、植物から身を守るために自身で農を生成する。野菜天然は農使用のものよりもべ物にならないほど多い。という描写がなされた。しかし数値的にはどちらも取るに足らないレベルであり、農野菜だけを攻撃するのはお門違いである。野菜にはが起こると、猛カビが発生する。この事実も作品では全く視されており、農の危険だけを謳っている。
作中では「も食べない野菜が旨いわけがない!」とられているが、と人間は全く違う生き物である。また野菜の栄養が減ったのは農のせいだと全く根拠のないナンセンスな理論を展開している。さらに作者は農除草剤を別けて呼んでいる。もちろん除草剤は農の一種である。
添加物の
とある回で添加物の亜硝を危険だと表現されているが、野菜などから摂取された硝は消化の過程で亜硝に変化する。これは科学的な事実であり、添加物の量とは較にならないほど大量に摂取することになる。動物実験ではアミンと反応し、発性物質であるニトロソアミンを生成することが分かっているが、人体実験では確が得られておらず、危険性はないとJECFAが見解を出している。
これに限らず、美味しんぼ作中では何かと食品添加物批判がなされることがある。
キュウリ
「本物のキュウリは曲がって育つものだが、見たのために理やりまっすぐに伸ばしている。これではおいしいはずがない。曲がったキュウリこそホンモノだ」というナンセンスな理論を展開しているが、そもそも品種良をしていないきゅうりの原種は不味くて食えたものではない
放射能の影鼻血
山岡達が福島原子力発電所を見学して鼻血を出す、カラダがダルくなるなるなどの症状を訴えるが、政府の見解によると原発事故により放出された放射線物質に起因する直接的な健康被害が確認された例はない
そもそも、鼻血が出るほどの危険性があるなら山岡たちは既に死んでいるはずである。
鼻血問題について解説している動画

主な登場人物

山岡士郎声優井上和彦
主人公ニコニコ大百科にある当該記事を参照。究極のツンデレ・・・というか譲りである。
栗田ゆう子声優荘真由美
一応メインヒロイン。後に士郎の妻となる(が、夫婦なのに旦那を「山岡さん」と呼ぶなど不思議な場面も・・・)。シャッキリポンに代表される名言から、ネタキャラ扱いされることが多い。初期の方がかわいい
谷村秀夫(声優俊介)
東西新聞社文化部部長→文化部長兼編集局次長→107巻より文化部長兼編集局長。口ひげトレードマークヒゲダンディーなおじさまで、温和で器が大きく滅多に感情的にならない。そして、大原小泉と違って私混同をしない一の上であり、50巻「マスコミ王」で上に東西新聞社を乗っ取られそうになったときでも士郎大原達を助けた。それ故に、上層部や部下から厚い信頼を得ており、士郎昂した時でも彼には心を開く。
富井富雄 (声優加藤治)
東西新聞社文化部副部長107巻より文化部部長代理(実質部長)。絵に描いたようなおっちょこちょいキャラで、ネタキャラにされやすい。しかし、その描写には成人としての徳観が全くい。おまけに極度の酒乱であるが故に、この様な人間が部のナンバー2という地位にいるのは大いに疑問の余地があるといえよう。事実の三人組にも稀に疎まれる描写があり、に酔って暴れたが故に幾度とく昇進が見送られた人物。しかし一応部下思いでもありノリがいいので、文化部には欠かせない人物である。
荒川江(声優リン)
ゆう子の同僚で文化部の三人組の一人。107巻より文化部副部長
三谷典子(声優佐久間レイ)
ゆう子の同僚で文化部の三人組の一人。
大原大蔵社(声優:阪修)
東西新聞社の社トップ)で、究極のメニュー発案者。京都出身。何故かいつも和姿であり、普段着のシーンは全くい。最初は人格者だったにも関わらずだんだん子供じみた人間に・・・初期の威はもはやい。
小泉一編集局長(声優加藤精三)
ゴマをする局長取締役兼編集局長を経て、107巻より正式に編集部代表取締役に。欧20年近く出されていたようで、大原とは対立していた・・・が、何故か今やあんな変わりように・・・初期の威はもはやい。
海原雄山声優大塚周夫
ニコニコ大百科にある当該記事を参照。至高のツンデレこのあらいを作ったのは誰だぁっ!
精一 (声優若本規夫
和風料理店「」の人。山岡の協者。
良三 (声優関俊彦
精一ので美食楽部の料理人。最初は幾度と雄山逆鱗に触れていたが、今では美食楽部随一の料理人に成長し、至高のメニューを任せられる程になった。

ゲーム

アドベンチャーゲームファミコン版、レシピ集のニンテンドーDS版などが発売されている。ファミコン版は唐突に呪文を唱え出したり、突然理不尽なゲームオーバーに見舞われるなど、プレイヤー然とさせるネタが多い。

アーケードゲームの『三国志大戦3』では、SEGAビッグコミックスピリッツコラボレーションにより、士郎孫策)・雄山孫堅)それぞれに扮したカードが作られた。計略名もお互いのメニューから「究極の大号令」「至高の大号令」となっている。ボイスアニメの人とは別。

関連動画

アニメOP

MAD

ユーザーによる補が繰り返されて堂々と全話アップされていたが、2008年6月1日に大量削除があったと思われる(当たり前)。MAD作品も巻き添えで消されてしまったため、美味しんぼ関係の動画は一気に減ってしまった。

ゲーム

同人ゲーム

関連商品

電子書籍こちら

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%BE%8E%E5%91%B3%E3%81%97%E3%82%93%E3%81%BC
ページ番号: 120826 リビジョン番号: 2426585
読み:オイシンボ
初版作成日: 08/05/21 19:22 ◆ 最終更新日: 16/11/10 21:42
編集内容についての説明/コメント: 関連項目に追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

美味しんぼについて語るスレ

1365 : ななしのよっしん :2018/01/17(水) 10:46:57 ID: AgzOUvcY00
記事より

>キュウリ
>「本物のキュウリは曲がって育つものだが、見たのために理やりまっすぐに伸ばしている。これではおいしいはずがない。曲がったキュウリこそホンモノだ」というナンセンスな理論を展開しているが、そもそも品種良をしていないきゅうりの原種は不味くて食えたものではない。

「ホンモノのキュウリ」というのはきゅうりの原種をしているとは限らないんだが。
批判するのは結構だが、変なバイアスかかってない?
1366 : 続き :2018/01/17(水) 11:01:45 ID: AgzOUvcY00
少なくとも、農家が育てたキュウリしているのであって
農作業を全否定してるわけではないでしょ。
1367 : ななしのよっしん :2018/01/17(水) 12:27:44 ID: KbV16kjQ2u
美味しんぼ劇中で時々出てくる「本物」って結局何を意味するのか?って考えると要は、普段自分たちが食用してる物の多くは「偽物」である。ということだろう。
もちろん、いい食品をめたいというだけだったらそれは個人の領域だけど
原因を生産者の怠慢にしたり、利益に見合わないような品質向上を要するのが問題。
1368 : ななしのよっしん :2018/01/17(水) 12:30:46 ID: H7bPt3UkGF
過去エピソードを収録したのが最近コンビニで出てるんで立ち読み
したけどその中で「日本人エンゲル係数が低すぎ、しかも食費削って
携帯代やパチンコに費やしている」みたいな台詞があったけど、栗田さんや
雄山が言うならまだ分かるけど競馬狂いの山岡がそれを言うとはねえ・・・。
1369 : ななしのよっしん :2018/01/17(水) 16:02:34 ID: CfON2FTljw
それいったのがいつの時点か知らないけど山岡って序盤で雄山に負けて競馬から足洗ってなかったっけ?
1370 : ななしのよっしん :2018/01/25(木) 18:21:36 ID: hyw8VtrTR3
>>1357
>>年食ったことで「反旺盛な若者・山岡」より「絶対的権威であるおっさん雄山」の方が感情移入しやすくなっちゃったんだろうな
美味しんぼ』に限らず、長期連載作品で作者主人公ではなく敵方に感情移入すると詰まらなくなるパターンが多いですね。具体例は挙げないことにしますが…。
漫画の登場人物は基本的に齢を取りませんが、作者は齢を食うので編集者なり第三者の批判がないと劣化するのは仕方がないのかもしれません。
1371 : ななしのよっしん :2018/02/05(月) 21:44:26 ID: PYBSGjeokX
>『美味しんぼ』に限らず、長期連載作品で作者主人公ではなく敵方に感情移入すると詰まらなくなるパターンが多いですね。

ああバキねまあよく美味しんぼ較されるから挙げやすいけど
1372 : ななしのよっしん :2018/02/07(水) 20:54:30 ID: hyw8VtrTR3
>>1371
いちおう隠してたんですがね(笑)
勇次郎も最初は傍若人なキャラクターでしたが次第に品位や余裕を見せるようになりました。それに例して主人公が初期の勇次郎のようになって…。
標であった父親と和解した後も話が続くという意味で『刃牙』も美味しんぼ化しているといえるかもしれません。
1373 : ななしのよっしん :2018/02/07(水) 21:51:59 ID: KbV16kjQ2u
>>1372
スピリッツつながりで「F」の総一郎は終始キャラクターとしてはほぼ一貫してたなぁ。
父親というポジションに収まらず役として完結していた。

そういやネタで「このの中から一頭選べ」のシーンよく出てくるけど
確かに現実的に解釈すれば「美味しさ」なんて調理法や好みによるから悪問でしかないけど
明確に『美味しい物』が存在する「美味しんぼ」の世界観なら
師匠)から子(子)に対する問答としてはアリなんじゃないかと思う。
1374 : ななしのよっしん :2018/02/10(土) 20:57:16 ID: hyw8VtrTR3
>>1373
>>師匠)から子(子)に対する問答としてはアリなんじゃないかと思う。
原作の雁屋先生は格闘漫画も手掛けていますが、『美味しんぼ』のノリも格闘漫画に近いのかもしれません。格闘漫画では「強さ」を追求しますが、『美味しんぼ』では「美味さ」を追求している。
よくネタにされるラーメン三銃士にしても「~四天王」とか「〇人衆」の延長でしょうね。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829