単語記事: 美国織莉子

編集  

美国織莉子(みくに おりこ)とは、テレビアニメ魔法少女まどか☆マギカ』の外伝作品である『魔法少女おりこ☆マギカ』及びその関連作に登場する魔法少女で、同作品の主人公である。主人公である大事なことなので2回言いました)。

CV早見沙織マギアレコード

ちなみに『魔法少女おりこ☆マギカ』から登場する3人の要人物の中で一番独立項が出来たのが遅く、漫画本編での出番も少ないが、それでも主人公である。
一応主人公特権とばかりに、まどオンゲーム中のカットインアニメの絵柄での彼女を確認可(後に、キリカゆまも登場し、同様にカットインが描かれている)。

概要は私が救世を成し遂げます

作者ムラく、ラスボスみたいな主人公

本作品の主人公であるが、一巻での出番は冒頭と後半の一部のみにとどまっており、同じ外伝作品であるかずみ☆マギカ主人公かずみ主人公らしくない。1巻の活躍はほぼ杏子に取られており、主人公(笑)扱いされてしまっている……。加えて、主人公なのに1巻の表にいない(表が最初に表されたときは、ゆま織莉子だと思われていた)、2巻の表でもセンターまどかほむらに取られキリカと共に後ろにいるなど、主人公としてどうなのだろうか? 話の中心人物としての主人公ということなので、間違ってはいないんだけどね!

もっとも本作作者が明確に主人公言しているモノの、タイトルキャラクターの名前が使われていても、そのキャラ主人公ではないケースなんていくらでもあるので、注意は必要かも。外伝第2弾である『魔法少女おりこ☆マギカsymmetry_diamond~』では正正銘の主人公であったが。

とりあえずおりこマギカ本編では、主人公ながら物語黒幕である。

魔法少女バケツの様な形状のショールの付いた帽子を被り、衣装を身にまとっており、も合わせて真っ白である。髪型の方も変身すると、普段は編んであるが解かれた状態へと変化する(2巻表より)。

ちなみに作者ムラ江の言により、イメージとしてはソウルジェムの色はパールホワイトと判明した(ただし、その発言が行われた番外編執筆前の段階では委員会に正規に届け出た公式設定ではない)。

では髪型ポニーテ-ルにしている、そして巨乳。『おりこ☆マギカ』ではかわいいと言うより美しいといった描かれ方であったが、作者であるムラ江の絵柄の変化に伴い、外伝symmetry diamond』ではかわいい系の容姿となった。

幼女姿はそのまま幼女化させたような容姿で、とてつもなく可愛い

一、ヤンデレじみている呉キリカを扱える人物でもある、キリカは病的に織莉子愛しており、織莉子の方も「方が居なければ自分はとっくに壊れていた」と発言する等二人のが見て取れる。またキリカを使い、魔法少女狩りを行っているがその意は不明。

普段は紅茶を嗜む優な生活を送っており、キリカ織莉子に懐くように、彼女もまたキリカ依存している。

政治家・美久臣で、は故人。

自分の父親を尊敬している。また裕福な庭であるような描写がある。制服姿の彼女を見た見滝原中学校の生徒が「お嬢様学校女」と言っているが、正確な学校名は不明。初期案ではを見るようなをするというなことが書いてあったらしい。その方がよかったんじゃね?

また、漫画を書いている人が人なので某限の魔女に見えなくもない。これからの顔芸に期待

内面を見るに心優しい少女ではあるようだが、おりこマギカ本編第一巻の時点では的の為には手段を選ばない性格ともとれる(実際は、人類滅亡の未来回避の為に非情に徹していただけで、自身の罪深さに苦しんでいた描写も、第二巻でエピローグ的に描かれてはいる)。そう考えると、親友の呉キリカとは似たもの同士である。

ネタバレ

織莉子父親である久臣は政治家であり、周囲の人々から尊敬される存在であった。

織莉子は名士のとして何不自由なく育てられたが、あるとき父親に経費ざんなどの不正疑惑が持ち上がり、それを苦にしてか父親自殺してしまう。

これにより織莉子もまた、周囲からで見られることとなった。自分は何も変わっていないのに、父親の評価によって、自分の評価も立場も、何もかも変わってしまう。ならば、自分という存在はなんなのだろう…という思いが、彼女をQBとの契約に導いた。

魔法少女となる時の願いは「自分の生きる意味を知りたい」である。

この願いによって身に着けた魔法少女としてのは「予知」。

そのによって、やがて世界が”最悪の魔女Kriemhild Gretchenによって滅ぼされることを知り、その現出を阻止するために行動を起こす。

いずれKriemhild Gretchenとなる鹿目まどか殺しようとキリカと共に奔走。最後の戦い魔女化したキリカの亡骸を杏子の攻撃からい致命傷を負い、更にほむらソウルジェムを砕かれ、キリカと寄り添うように死亡するも、死の間際に最後の一撃をまどかに放ち、絶命させた。

織莉子的は見事成就したのである。

ネタバレここまで

いや本当に主人公(笑)なんて言ってすいませんでした。

作者ツイートや別編と『新約魔法少女おりこ☆マギカsadness prayer~』の第一話を見る限りにおいて、基本的に『おりこ☆マギカ本編で行った行動については、実行するかどうか悩み、実行しないか彼女が契約するよりも先にキリカと組んでワルプルギスの夜を倒すことを選ぶ時間軸の方が多い模様(ただし新約は本編と同じ時間軸の物語であり、こちらでは最終的には本編でとった行動を決意すると考えられる)。

本来の織莉子はぽやぽやっとしたお嬢様(ただし有能)なのである。

私は囚われているのではないか?

織莉子魔法に『未来視』とその未来視からイメージされる水晶球にも似たエネルギー弾を多数生成してファンネルのようにコントロールする事。このエネルギー弾は自在に爆発させることができ、破壊もあるが残量に威が左右されることもあり、特別強魔法と言うわけでもない。むしろ、暁美ほむらの『時間制御』と同様に、強であるが故に弱点も多いと言える。

織莉子ラスボスたらしめているのは、魔法より織莉子自身の持つ覇気や気迫、なにより格であろうと思われる。魔法少女としてはベテランである巴マミですら、そのプレッシャーに驚いていたほどである(まあ、元々は名門女子校生徒会長として一般生徒から崇拝されていた様な人ですから)。

そんな織莉子の弱点は、そのである『未来視』という魔法その物。

未来視』のコントロールは至難であり、十分な経験を積むまでは、見れる対や時間を特定出来ない上、変身していなくても実質上の常時発動状態なのだ。それ故に、非常に燃費が悪く、コントロール全になる以前で戦闘に割ける魔が少ない内は、基本的にグリーフシードの供給を、相方呉キリカが担当していた。

魔法少女まどか☆マギカオンライン』において登場した際に『グロ-リーコメット』なる必殺技が設定されたが、同時期に「きらら☆マギカ」連載されている『魔法少女おりこ☆マギカsymmetry_diamond~』では別の必殺技オラクルレイ』が開されている。

グローリーコメット』?

魔法少女まどか☆マギカオンライン』で披露した技。輪っか状に複数生成された弾(水晶玉?)が渦巻き状に回転しながら敵に打ち込まれる技。レイドボスとして登場した際の描写かつ威なので、どの程度の威なのか、そしてプレイキャラとしての織莉子用の必殺技カードグローリーコメット』と本当に同一技なのかは不明(情報む)。

オラクルレイ

魔法少女おりこ☆マギカsymmetry_diamond~』で披露した新技。召喚した複数の水晶玉に魔で生成したビームカッター的なものを発生させ、水晶玉をビットのように操って敵を切り裂く技。優木沙々の操る魔女を一撃で殺している事から、相当の威であると推測できる(ただし、水晶玉自体が、込められる魔の大小によって、大きさ及び威が変化するという描写もある)。ちなみにオラクルとは一般的にのお告げや託を意味するが、織莉子的に予言・預言者適当か。

バケツ?何のことかしら?

しばしば織莉子さんは「バケツさん」と呼ばれている何故このようなあだ名を一部から付けられてしまったのかと言うと、結論からすると魔法少女姿時の帽子である。

具体的な流れとしては、ふたばで2巻発売時にしばしば立っていたおりこマギカスレにおいて

織莉子さんの帽子バケツにしか見えない」
「何でこの人バケツ被ってる?」

と、ふたば住人のとしあきから散々バケツ呼ばわりされてしまい、これが悲劇の始まり。しばらくしてふたばでとしあきにより本物のバケツを被った織莉子さんのイラストアップされてしまう。このイラストによりふたばでは織莉子さんは全に「バケツさん」と呼ばれるようになってしまった。ここまでは良かったのだが……。

しばらくしてこの流れが2chまどか関連スレにまで広がり、さらにはふたばでうpされた例のバケツを被った織莉子さんのイラストまでが転載されてしまう!

これによりバケツの流れが浸透してしまい、結果織莉子さんは一部からバケツさんと呼ばれることになってしまった…。このことは織莉子さんの予知でも見通せなかったことだろう…。ココロにくるね…。

貴方に運命の輪を回せるかしら。

私と貴女の世界を護るために

関連商品に砂糖は何個入れる?

貴方にとってとてもいいコミュニティがあるそうよ

貴方にとってとてもいい魔法少女の素体がいるようよ

お父様の夢が叶いますよ 見ていらっしゃいますか?

魔法少女おりこ☆マギカ
本編 美国織莉子 - 呉キリカ - 千歳ゆま
外伝 優木沙々 - 浅古小巻

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%BE%8E%E5%9B%BD%E7%B9%94%E8%8E%89%E5%AD%90
ページ番号: 4635056 リビジョン番号: 2555076
読み:ミクニオリコ
初版作成日: 11/05/19 11:31 ◆ 最終更新日: 18/01/18 17:53
編集内容についての説明/コメント: 別編の事を追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

美国織莉子について語るスレ

347 : ななしのよっしん :2017/11/26(日) 21:05:58 ID: bNG/dkuQeQ
本編も別編も根は同じだと思うけどね
荷が軽いってのもそうだけど、幸せになれたのはそれこそキリカがいたからだろうなってだけで
新約だとそのキリカが別編のように都合よく好いてくれるキャラじゃなかったのも皮を感じる
織莉子自業自得だからあれだけど一番救われてないのはキリカじゃないかね
348 : ななしのよっしん :2017/12/08(金) 06:02:24 ID: ncPFuCPvu+
ていうか散々非情!サイコパス!下衆!って行動しといて後からうだうだ悩んでるのが気に入らないわ
きゅうべえみたいに突き抜けた悪役ならそのほうが魅
こいつは終始精不安定すぎて気持ち悪い
キリカいなかったら途中で自殺して終わってたからな、絶対そのほうがよかったろうけど

>>347
織莉子に出会って巻き込まれた時点で救いはないだろうけど最後の円環がせめてもの妥協点だろうな……天国幸せになるって考えは好きじゃないし丸投げしたみたいでもやもやするが
それぞれもうちょっとまともに過ごした時間軸の二人もいるだろうに、あそこまで捻じれた運命辿ったらをわざわざ記憶持ち越して浚う必要あんのかなーとも思う

ところで織莉子魔女化してないから円環の理いけなくね?かわいそうだから特例?
まどか個人の意思とか関係なく魔女成仏させるシステムになってるんだから特例とか理な気がするんだけど
あれも織莉子の最期の夢妄想とかだったらさすがに笑えない
349 : ななしのよっしん :2017/12/08(金) 22:56:07 ID: ncPFuCPvu+
いやでもキリカも可哀想だとは思うけど(織莉子とは違って、織莉子の人格を知る前に興味を持って近づこうとしたことはさすがに自業自得とは言えない、再会後は織莉子には反抗的だったし)、やっぱああなってから救われる必要はないと思うわ
救われるとしたら死ぬ前にさっさと織莉子のこと見放すかどうにか叱りつけて心させてやるしかないだろ
とはいえ反抗できない状態にぶっ壊されて追い込まれてるからどうしようもないし可哀想なんだけどさ
結局織莉子は人を巻き込んで破滅してるから胸なんだよな
そのうえ自分は救われた気になってるから尚更
350 : ななしのよっしん :2017/12/19(火) 19:57:35 ID: tCp7hf8SwN
開き直った悪役になって薄っぺらになったキャラもごまんといるし、不安定な少女の内面がメインマギカ主人公には向いてないと思うが。自分は因果応報興味なく、偽善者より悪人の方がマシって考えもないし、こういうキャラって半端で正しくないからいいんじゃないのか?

それに開き直った悪役って「人を巻き込んで、場合によっては相応の罰も碌に受けず、最後も満足して死ぬ」も多いが。

それにまどかは「全ての魔法少女の願いを肯定して救う」のが願いだから、救う対の善悪も遇も所業も、まどかに肯定的か否定的で差別はせんだろ。全てを救うと言いながら、善悪をまどかが勝手に判断して救う救わないを決めるのは、願いの筋が通らなくなるし。
351 : ななしのよっしん :2017/12/21(木) 06:20:53 ID: ncPFuCPvu+
その辺は好みかもしんないけど、行いからして胸悪いと感じられてもおかしくないキャラだろ
内面が不安定な少女っていってもなんだかんだマギカ主人公はみんな芯は強いよ

織莉子悪役からしょうがないといえばそれまででもあるが、旧作の時点じゃそこまでの弱さは見えなかったし、意思揺らぎまくりな上に大量に犠牲生んで人の人生めちゃくちゃにしただけのは嫌われたってしょうがないだろ
少なくとも自分はそう感じたし万人が許せるキャラじゃないのは確か

あとまどかの願いは「過去未来現在の全ての時間の魔女をこの手で救う」じゃないの?
そのために個人としての存在が消えて概念になったんだから、魔女化せずに死んだ織莉子は判断どうこうじゃなくてまどか自身が救おうとしたとしても干渉ができるとは思えないって話なんだけど
上でキリカについて書いてたのはただの個人的な感想だけど、あんな末路を辿った時点で記憶持ったまま円環行かせたって救われてないよねって話
352 : ななしのよっしん :2017/12/22(金) 02:08:00 ID: tCp7hf8SwN
まどかQBに願ったのは「全ての魔女を消し去る事」。そう願った理由である、まどかの意思は希望を抱くのが間違いだなんて~っていうように「全ての魔法少女の願いや祈りの肯定」。すまんな。紛らわしかった。

劇場版魔女化してない魔法少女普通に円環にいるから、織莉子がどうなったのかは不明。まどかの救いがキリカ本人にどう映り、末路をどう受け取るかも不明。
353 : ななしのよっしん :2017/12/22(金) 02:32:17 ID: seupyLT0NR
マギカ主人公で芯が強いのはかずみぐらいだろう(たるととすずねと新約は知らない)
まどか現実に嫌気がさして自作天国に引きこもっただけだし
あれだけのことがあってもやり直しも変も考えず現世で生きたのはかずみだけだしな
354 : ななしのよっしん :2017/12/22(金) 21:42:15 ID: tCp7hf8SwN
そりゃ穿った見方だと思うが…別に作中、魔法少女の願いは等価、やり直しも変もしない現世で生きる人間が強いなんて思想は書かれてないし(なにせ世界変した悪魔ほむらが弱いではなく「成長」と明言される位だ)。

かずみはそうする必要がなかっただけだし、それこそかずみ穿った見方すりゃ「みんなの魔法魔女を借りずに、自分の足で明日に踏み出す?その為にQBとの契約による願いの成就という常のに頼った時点で、何を言おうが現実逃避」って扱いできるし。
355 : ななしのよっしん :2017/12/25(月) 13:34:31 ID: ncPFuCPvu+
ほむら大分賛否両論あるキャラではあるけどな……
それにまどかは魔が尽きて魔女になったことはあれど絶望して魔女になったことは一度もない
親友が魔女化したり狂乱した仲間(マミ)を自分の手で殺した世界ですら、まどかの本音は「自分の大好きな世界を滅ぼしたくなんてない」だったんだよ?その時点で卓越した精の持ちだと思うけどね。決して現世に嫌気が差したわけじゃなくまどかの願いは献身だよ。
だからといってさやかマミも特別弱いとは思わないが
まどポだとメンタル強いと言われてる杏子とかですら、みんな自分の希望が潰された時には魔女化してるしそれは仕方ない

上のほうにも書いたけど、織莉子はそんな穿った見方しなくてもまだ中学生だからとか以前にそもそも『ただの中学生』らしくもないんだよ。魔法少女に関わる以前からの問題で。

円環をあのキリカがどう受け取るかってーと織莉子と過ごせるなら嬉しいんじゃないの。本当のところは台詞いからわからんがぶっ壊れたまま記憶持ち越してるんだし。でも本人が嬉しくてもメリーバッドエンドみたいな
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
356 : ななしのよっしん :2018/01/18(木) 23:43:39 ID: 7cjVydt33j
まあ性格の悪さとメンタルの弱さが強調されて小物っぽさは増したよね。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829