単語記事: 美少女戦士セーラームーン

編集

  戦士 
 セン 

 とは、武内直子(夫は冨樫義博)原作の漫画。通称「セーラームーン」「セラムン」。

概要

元々は武内直子の「コードネームはセーラーV」という作品が原型である。それを東映アニメーションのスタッフとの共作による作品として、漫画連載と同時進行でにテレビアニメ化された。瞬く間に幼女達と大きなお友達のハートをつかみ、1990年代前半に大ヒットし社会現象にまでなった作品である。しかし、武内自身はこの作品の存在があまりにも大きすぎたのか、本作連載終了後はスランプに苦しみ、販売元の講談社と喧嘩までしてしまう(のち和解)。その後冨樫義博と結婚したが、エッセイなどを除いていまだに漫画家としての活動はほとんど休止状態である。

国内外・年層を問わず知名度が非常に高い。
ひとつの日本のアニメ文化の象徴とも言える存在。
この作品によって「魔法少女+スーパー戦隊シリーズ」とも言える「戦闘美少女」というジャンルが確立したとされる。

主人公を含むセーラー戦士は冥王星(当時)までの太陽系の惑星(後期にはさらに小惑星が加わる)、敵キャラはジェダイト(翡翠)など鉱物名から多く取られた(後期にはテルルなどの元素名も追加)。

アニメ以外にもミュージカル化('93~'05、'13~)、テレビドラマ化('03~'04)され、それぞれ人気を博した。

メディア展開

漫画版(1991年~1996年・講談社「なかよし」連載)

この作品の大ヒットによって小さなお友達や大きなお友達の読者がなかよしを購入し、一躍少女漫画誌売り上げトップとなった。

  • コミックス旧:全18巻
  • コミックス新:全12巻
  • コミックス完全版(A5サイズ):全10巻

テレビアニメ版(全200話。1992年~1997年・テレビ朝日系列放映)

毎週土曜日夜19:00~19:30放送。東映動画(現:東映アニメーション)制作。
この番組の大ヒットにより、裏番組だった「まんが日本昔ばなし」(MBS製作・TBS系列)が全国ネットからローカルに降格する形で撤退した。
シリーズディレクター(監督)は佐藤順一(無印~R前半)>幾原邦彦(R後半~SS)>幾原邦彦・五十嵐卓哉(セーラースターズ)と変遷している。

なお、無印時代は視聴率は良かったが肝心のグッズが売れなかったため、半年で打ち切られそうになったことがある。しかし、年末にムーンスティックを発売したことでグッズの売り上げが伸びたため、打ち切りは回避されたというエピソードがある。

  • 美少女戦士セーラームーン : 1話~46話
  • 美少女戦士セーラームーンR : 47話~89話
  • 美少女戦士セーラームーンS : 90話~127話
  • 美少女戦士セーラームーンSuperS : 128話~166話
  • 美少女戦士セーラームーン セーラースターズ : 167話~200話

ミュージカル(1993年~2005年、2013年~)

元々はテレビアニメとの連動企画としてスタートしたが、アニメ終了後も長きに渡って新春・春休み・夏休みの年3回公演が続いた。神戸みゆきなど、数多くの少女子役の登竜門としての役割も果たした。

20周年記念プロジェクトの1つとして、ミュージカルセーラームーン復活が決定し、2013年9月に『美少女戦士セーラームーン -La Reconquista-』として公演された。2014年8月には続編『美少女戦士セーラームーン-Petite Étrangère-』が公演予定。

テレビドラマ(2003年~2004年・CBC製作・TBS系列放映)  

毎週土曜日朝7:30~8:00放送。東映制作。関東など一部地域で先行して行われていたアニメ版の再放送の影響で再び玩具が売れ始めており、そのことがきっかけで製作にGoサインが出た。
アニメ版とは異なり、コミック第一部の設定を元に作ったオリジナルストーリーが展開。白倉伸一郎がプロデュースし、小林靖子が全話の脚本を担当したことからもわかるように、製作スタッフの多くが平成仮面ライダーを手がけている。色とりどりのカツラをつけた変身後の姿からどうしても色物コスプレドラマとして見られがちだが、平成ライダーのスタッフが手掛けたこともあり、ストーリーはやや重めで、リアルな中学生女子らしいドロドロした感情も描かれている。

メインキャストには当時モデルとして既に女の子に人気を集めていた美少女を集め、その一人だった北川景子はこの作品をきっかけにトップ女優までのし上がった。北川はセーラー戦士だったことを今でも全然隠しておらず、演技を学んだ原点としてしばしば触れている。北川以外の4人も、一人も消えることなく女優・モデルとして現在も現役バリバリで活躍しており、レベルの高いキャストを集めていたことが伺える。

東映・バンダイで競合新作だった「明日のナージャ」よりは玩具が売れていたのだが、重い展開に加えリアルな中学生模様や私服の描写に力を入れた結果、玩具を買ってくれる未就学女児層より上の女子小学生層に受けてしまい、徐々に売り上げが伸び悩む。さらに翌年2月から始まった『ふたりはプリキュア』に完全に女児玩具の主役を奪われてしまい、一年で放送は終了。奇しくも、『戦闘美少女』というジャンルの世代交代を象徴する結果となった。

ゲームソフト

  • スーパーファミコン
    • 美少女戦士セーラームーン (1993年8月27日) アクション
    • 美少女戦士セーラームーンR (1993年12月29日) アクション
    • 美少女戦士セーラームーンS 今度はパズルでおしおきよ! (1994年7月15日) パズル
    • 美少女戦士セーラームーンS 場外乱闘!? 主役争奪戦 (1994年12月16日) 格ゲー
    • 美少女戦士セーラームーンS くるっくりん (1995年2月24日) パズル
    • 美少女戦士セーラームーン ANOTHER STORY (1995年9月22日) RPG
    • 美少女戦士セーラームーンSuperS 全員参加!! 主役争奪戦(1996年3月29日) 格ゲー
  • ゲームボーイ
    • 美少女戦士セーラームーン (1993年8月27日) アドベンチャー
    • 美少女戦士セーラームーンR (1994年4月22日) アドベンチャー
  • PCエンジンSUPER CD-ROM²
    • 美少女戦士セーラームーン (1994年8月5日) アドベンチャー
    • 美少女戦士セーラームーン Collection (1994年11月25日) バラエティ
  • ニンテンドーDS
    • Sailor Moon: La Luna Splende ( 2011年3月21日(イタリア)) アクション

新作アニメ(2014年・Webアニメ(テレビアニメ))

2014年7月5日より、ニコニコ動画など各動画配信サイトで配信されている新作アニメ。
テレビアニメ版(旧アニメとする)よりも原作寄りにしたWebアニメであり、後にテレビアニメとしても放送されている。

詳細は「美少女戦士セーラームーンCrystal」を参照。

主なキャラクター

セーラー戦士

  • 月野うさぎ(セーラームーン)
  • 水野亜美(セーラーマーキュリー)
  • 火野レイ(セーラーマーズ)
  • 木野まこと(セーラージュピター)
  • 愛野美奈子(セーラーヴィーナス)
  • ちびうさ / スモールレディ(セーラーちびムーン)
  • 天王はるか(セーラーウラヌス)
  • 海王みちる(セーラーネプチューン)
  • 冥王せつな(セーラープルート)
  • 土萠ほたる(セーラーサターン)

セーラー戦士の関連キャラクター

  • 地場衛(タキシード仮面
  • ルナ
  • アルテミス
  • ダイアナ

その他のセーラー戦士

  • スターライツ(スリーライツ)
    • 星野光(セーラースターファイター)
    • 大気光(セーラースターメイカー)
    • 夜天光(セーラースターヒーラー)

TVアニメ版主題歌

  • ムーンライト伝説
  • HEART MOVING
  • プリンセス・ムーン
  • 乙女のポリシー
  • タキシード・ミラージュ
  • 私たちになりたくて
  • “らしく”いきましょ
  • セーラースターソング
  • 風も空もきっと…

関連動画

関連生放送

美少女戦士セーラームーンCrystalの放送開始に前後して無印の一挙放送が行われた。

また同じく美少女戦士セーラームーンCrystalに関連する形で行われた、6月30日誕生日にちなんだ「月野うさぎ&ちびうさバースデー記念WEEK」の企画の一環としてセーラームーンRの60話以降(具体的にはちびうさ登場以降)の一挙放送が行われた。

関連静画

関連立体

関連商品

関連チャンネル

関連コミュニティ

関連項目

  • 漫画作品一覧
  • アニメ作品一覧
  • 三石琴乃(アニメ版の月野うさぎ・セーラームーン役。この作品をきっかけにスターダムにのし上がる)
  • 久川綾(アニメ版の水野亜美・セーラーマーキュリー役。同じくこの作品をきっかけにスターダムにのし上がる)
  • ゲンジ通信あげだま(ヒロインの中の人が三石氏。同キャラの変身&名乗りシーンで本作をパロった)
  • 少女革命ウテナ(中~後期監督の幾原邦彦が監督。初期稿段階ではセラムンを意識した美少女戦隊モノであった
  • プリキュアシリーズ(同じ東映アニメーション制作で、セーラームーンシリーズの発展型といえる存在。)
  • 大きいお友達(このアニメのファンの一部の困った行動に対し、久川綾が皮肉ったのが語源
  • 庵野秀明(かつてセラムンの大ファンだった。綾波レイの「レイ」も火野レイが由来葛城ミサトの髪型も前髪の形は月野うさぎがモチーフであり、後にキャストが同じ三石琴乃となって苦笑したとの話もある)
  • 百合界のカリスマ(天王はるか&海王みちるコンビの俗称)

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%BE%8E%E5%B0%91%E5%A5%B3%E6%88%A6%E5%A3%AB%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%B3
ページ番号: 422683 リビジョン番号: 2230099
読み:ビショウジョセンシセーラームーン
初版作成日: 08/08/02 12:40 ◆ 最終更新日: 15/07/10 03:36
編集内容についての説明/コメント: セラクリに関して記述変更
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


セーラームーン


セーラームーン(SFC版S主役争奪戦)

セーラージュピター(SFC版S主役争奪戦)

スターファイター

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

美少女戦士セーラームーンについて語るスレ

590 : ななしのよっしん :2016/08/08(月) 21:56:12 ID: ZqfpxAVWVS
http://livedoor.blogimg.jp/yurukuyaru/imgs/3/7/37f41277.jpg
海外だとデザインがデブになるのね
591 : ななしのよっしん :2016/08/10(水) 10:14:01 ID: Nd27L/ob3T
結局20周年目のうちにやったことって主題歌ももクロ発表したことだけだったよな
22周年でアニメ放送開始、今年24周年でアニメシーズン3終了

ということは来年の25周年で実写化の流れだな
592 : ななしのよっしん :2016/08/11(木) 17:56:43 ID: Y8HYjifBye
>>590
海外の人からしたら日本のセラムンはやせすぎに見えるだろうし
でも海外の方が抱き心地は良さそうよね
>>591
実写化より4期がいいなぁ…またセーラールナ見たいけど
593 : ななしのよっしん :2016/09/05(月) 00:20:12 ID: fRXKLQ60Pt
セーラームーンが男性人気が高いのは、
美少女キャラが多いのも一つなんだよな。
旧アニメのほうは内部系戦士たちがワイワイやってるのを見てるのが面白いってのもあるし。後のけいおんとかラブライブでも女の子たちがワイワイやってるのを見るのが楽しかったし。
セーラームーンが名作になったのは旧アニメの力も大きいな。
594 : ななしのよっしん :2016/09/09(金) 11:07:21 ID: kmlfMD6RKH
おジャ魔女ドレミやARIAの監督をする佐藤順一
ウテナ作った幾原邦彦や榎戸洋司
ウラヌス・ネプチューンの変身バンクを演出した庵野秀明
109話の美奈子献血回で作画に参加したガイナックス

セラムンに関わったクリエイターが何げに豪華だな
595 : ななしのよっしん :2016/10/25(火) 23:11:58 ID: ZqfpxAVWVS
http://news.nicovideo.jp/watch/nw2460345?news_ref=w_crank  原作漫画を読んだことがない人が多いとはっきりとわかるんだね。
596 : ななしのよっしん :2016/10/30(日) 20:33:29 ID: 3f6LPf0fyr
ちびうさはヤバイものマジで見たんだよな…(ナウマン象さんをマジで見させられた 残念を通り越したイケメンに 通称イケメンしんちゃん なお声はまんま野原しんのすけ)
あれいつ頃の話だっけ?
597 : ななしのよっしん :2016/11/19(土) 22:27:30 ID: Y8HYjifBye
>>596
Sから数えると15話
シリーズの最初から数えると104話…だったはず
この動画かな
>>sm9925332
598 : ななしのよっしん :2016/11/21(月) 15:23:29 ID: Nd27L/ob3T
公式サイトの性病検査啓発ポスターが何故か消えてるな
厚生労働省の情報解禁より先に出しちゃった感じか
599 : ななしのよっしん :2017/01/25(水) 18:51:12 ID: Nd27L/ob3T
ようやく原画集復刻か
設定資料集と∞も復刻しないかなー
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015