単語記事: 美少女戦士セーラームーンCrystal

編集

美少女戦士セーラームーンCrystalとは、2014年7月から2015年7月ニコニコ動画で配信されていた『美少女戦士セーラームーン』の新作アニメである。

概要

2011年20周年を迎えたことから、20周年プロジェクトの一環として製作が発表されていたのだが、題歌がももいろクローバーZに決まったこと以外は全くをもって未定の状況であった。
その後、2013年ニコニコ動画で配信すると発表された後に、最終的に2014年7月に延期となっていた。

最終的には2014年7月5日(土)より、毎第1・第3土曜日19時から配信されることが発表された。全26話。
ニコニコ生放送で放送(タイムシフト視聴期間は次の話が放送するまで)し、同時にニコニコ動画で次の話が配信されるまで無料配信される。さらに2週間遅れでバンダイチャンネルでも配信される。

また、2015年4月より、TOKYO MXBS11などでアップグレード版が放送中。

今回のアニメアニメ版(無印~セーラースターズ)のリメイクではなく、原作を一からアニメ化し直すプロジェクトとなっている。そのため、オリジナルストーリー展開やキャラクターの設定変があったアニメ版とは異なり、ストーリーキャラクター設定は原作に近いものとなる。
キャストスタッフ月野うさぎ役の三石琴乃を除いて一新された。

キャスト

セーラー戦士および味方

セーラー戦士の周辺人物

ダーク・キングダム

なお、ダークキングダム四天王4人は原作と異なり、Act.12まで生存している。これは、原作の没設定(前世では内部太陽系戦士)を採用したためである。

ブラック・ムーン一族

デス・バスターズ

放送局・配信局

Web版

配信局 放送開始日 放送時間 備考
ニコニコ動画 2014年7月5日 第1・第3土曜日 19:00 最新話無料配信
ニコニコ生放送
バンダイチャンネル 2014年7月19日

アップグレード版

放送局 放送開始日 放送時間 備考
TVQ九州放送 2015年4月1日 水曜日 17:30
テレビ北海道 2015年4月5日 日曜日 25:05~
テレビ愛知 日曜日 25:35
TOKYO MX 2015年4月6日 月曜日 23:00~
サンテレビ 2015年4月7日 火曜日 24:00~
BS11 2015年4月12日 日曜日 17:30

スタッフ

主題歌

各話リスト

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督 美術 動画
Act.1 うさぎ
-SAILOR MOON-
小林雄次 - 宗久 小松こずえ 佐光幸恵
Act.2 亜美
-SAILOR MERCURY-
志田直俊 佐藤 たなかみほ
石井みこ
正一郎
Act.3 レイ-SAILOR MARS- - 池田洋子 井上ひろ美
小松こずえ
Act.4 Masquerade
-仮面舞踏会-
伊藤 - 佐藤 生田目康裕
上野ケン
正一郎
斉藤信二
Act.5 まこと
-SAILOR JUPITER-
- 緒方 桑原直子 -
Act.6 タキシード仮面
-TUXEDO MASK-
小林雄次 鈴木吉男
山内重保
池田洋子 たなかみほ 佐光幸恵 正一郎
斉藤信二
Act.7 地場衛
-TUXEDO MASK-
伊藤 - 黒田成美 ポールアンニョヌエ
アリスナリ
小松こずえ
Act.8 美奈子-SAILOR V- 小林雄次 しぎのあきら 佐藤 清水
Act.9 セレニティ-PRINCESS- 伊藤 志田直俊 羽原美子 牧内ももこ
Act.10 MOON-- 小林雄次 緒方 三塚雅人 高橋
Act.11 再会‐ENDYMION 伊藤 夕澄慶太 平山美穂 たなかみほ
Act.12 敵-QUEEN METARIA- 小林雄次 志田直俊 佐藤 ポールアンニョヌエ
Act.13 決戦
-REINCARNATION-
伊藤 - 澤幸男 市川吉幸
Act.14 終結 そして 始まり
-PETITE ETRANGERE-
小林雄次 - 宗久 高橋
Act.15 侵入-SAILORMARS- 伊藤 - 伊藤尚往 たなかみほ
Act.16 誘拐
-SAILORMERCURY-
小林雄次 - 池田洋子 ポールアンニョヌエ
Act.17 秘密
-SAILORJUPITER-
伊藤 之内和久 羽原美子 牧内ももこ
Act.18 侵略-SAILORVENUS- 小林雄次 三上喜子
宗久
中尾 高橋
Act.19 タイムワープ
-SAILORPLUTO-
伊藤 - 澤幸男 市川吉幸
Act.20 クリスタル・トーキョー
-KING ENDYMION-
小林雄次 之内和久 広嶋秀樹 たなかみほ
Act.21 錯綜-NEMESIS- - 佐藤 岩田
ポールアンニョヌエ
Act.22 思惑-NEMESIS- 澤幸男 宍戸 高橋
Act.23 暗躍-WISEMAN- - 中尾 ポールアンニョヌエ
Act.24 攻撃-BLACK LADY- 伊藤 之内和久 平山美穂 たなかみほ
Act.25 対決
-DEATH PHANTOM-
小林雄次 宗久 宍戸 市川吉幸
佐光幸恵
Act.26 再生
-NEVER ENDING-
- 宗久 高橋
佐光幸恵
-

関連動画

関連チャンネル

関連項目

外部リンク

脚注

  1. *白薔 sumire」は原作者である武内直子ペンネームである。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%BE%8E%E5%B0%91%E5%A5%B3%E6%88%A6%E5%A3%AB%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%B3crystal
ページ番号: 5210335 リビジョン番号: 2354071
読み:ビショウジョセンシセーラームーンクリスタル
初版作成日: 14/03/15 06:07 ◆ 最終更新日: 16/04/25 05:12
編集内容についての説明/コメント: 関連チャンネルにシーズン3追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

美少女戦士セーラームーンCrystalについて語るスレ

1227 : ななしのよっしん :2016/07/13(水) 21:47:30 ID: 9kFHnkooCA
プレミアムバンダイの商品に カレイドムーンスコープペン エリオス(ペガサス)&ちびうさセットのフイギュアーツZEROチキャラでエリオス ちびうさ(スモールレディ) アマゾントリオ 等の4期商品が受注してたけど、これってつまりデッド・ムーン編をやるって決まったようなものかな?
まあ表記は旧4期の『SuperS』だったけどね
1228 : ななしのよっしん :2016/07/14(木) 00:21:35 ID: mujrYSIIaR
>>1227
3期が大好評だったんだから、4期はやっぱりやるでしょうね
それにオトナ女子の間でのセラムンブームは当分収まりそうにないし…
これからもどんどん商品展開が進んでいくって考えるとすごい楽しみですわ
この勢いのまま25周年も盛大に祝ってくれないかしらw

それとPROPLICAでエターナルムーンアーティクルも出してくれないものか…
もし出るなら当時モノの『ピピピピピ』じゃない音がいいですお願いしますわ
1229 : ななしのよっしん :2016/07/30(土) 15:49:34 ID: vxv8zFcy4P
セーラームーン原作Crystalの話の粗さが立つように感じるのは見てる人がが肥えてきてるってのもあるな。
マンガアニメだけじゃなく小説大河ドラマ映画とか。
セーラームーンほどの名作になると、他の作品とべて読まれることになるから評価は辛口になりやすい。
Crystalスタッフが大変なのはこれからだろうな。

1230 : ななしのよっしん :2016/08/05(金) 23:11:18 ID: ZqX87XSxkf
整合性よりも面さが重要なタイプアニメじゃないかなぁ?
昔のものをわざわざらせるのだから昔のよいところを前面に出せばよいのであって
理に今の基準に合わせなくてもよいと思う
1、2期はどうも言い訳がましかったりキャラたちに理に出番を作ったりして
結局すべてを取りこぼしてしまったような出来だったけど
3期脚本はサポートが見事だったと思います
原作の熱気やテンポがすごく伝わってきました
1231 : ななしのよっしん :2016/08/06(土) 00:15:29 ID: mujrYSIIaR
確かに面さが重要なタイプアニメではあるけど、整合性も十分必要とされると思いますわ
この手の作品は過去話とかも必要とされてくる場合も多いし、その過去話に矛盾が生じていたら話にならないし
crystal1、2期は脚本自体に矛盾が多かった(というより理が生じていた)のもあって批判も多かったんだろうね
もちろんああなってしまった原因はそれだけじゃないけど、そこの点は大きいと思うわ
ただcrystalは昔の良いところだけじゃなくて悪いところもそのまんま出してしまってますからね
いつかこのスレでも言われていた、内部の足手まとい状態にしても…あっ、戦果は気にしないようにしなくちゃ

というか10話のティア消失状態でのフリスビーは何だったんだい…スターズピザブーメランでもあるまいし
1232 : ななしのよっしん :2016/08/06(土) 00:32:02 ID: mujrYSIIaR
>>1231追記
原画集で『いつか内部と四天王で前世の恋物語を描きたい』と直子っていたけど
crystalの『原作準拠』と言っておきながらのストーリーの大幅な変…さすがにどうなのと思ってしまうこの頃
個人的過ぎる意見で本当に申し訳ない
1233 : ななしのよっしん :2016/08/09(火) 19:08:19 ID: p9hEVq0VI9
>>1231
原作漫画案だとティアラを2重にしてるという設定があるんだけどね
アニメしかしらんひとからしたら違和感はあるだろうがね
1234 : ななしのよっしん :2016/08/11(木) 17:32:08 ID: mujrYSIIaR
>>1233
あれ二重になってたのかいwはじめて知った…
1235 : ななしのよっしん :2016/08/18(木) 16:46:02 ID: vxv8zFcy4P
内部系の戦果に不満を持つ人は多いだろうけど、
二次創作金星をあげさせる手もあるんだよな。
その場合は敵キャラや味方の大幅なアレンジは必要になるけど。
キャラの個性を出せないと味方もかないし。
1236 : ななしのよっしん :2016/08/20(土) 00:16:50 ID: mujrYSIIaR
その発想はなかった
いくら従関係があるとしても内部戦士たちだって立な女子中学生高校生だもんね
いつもサポートじゃいつも手柄(とどめ)役のムーンに嫉妬心を抱きかねない
原作刊誌かつ1年でシーズン切り替えだったもんだから
ムーンにとっとととどめ刺させないと話が進まない
そんな中では内部(サポート)にスポット充ててる暇がどうやらなかったみたいだね…
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015