単語記事: 美樹さやか

編集

美樹さやか(みき - )とは、テレビアニメ魔法少女まどか☆マギカ』の登場人物。

担当声優喜多村英梨

概要

まどかクラスメイト。いつも元気で活発な性格で、
まどかとは大の仲良し

――「魔法少女まどか☆マギカ公式サイトより

美樹さやか:学生服

見滝原中学校に通う2年生。元気で勝気な性格で友人関係を非常に大切にしている。学校生活においては鹿目まどか志筑仁美らと一緒に登下校しているごく普通中学生日常編においては、授業中に居眠りする姿が描かれるなど、コミカル担当のイメージあり)。

ある日、まどかが傷だらけのキュゥべえを保護したところをの当たりにしたことから、取り巻く環境が大きく変わることになる。転校生暁美ほむらに対しては、その態度や言動から来る先入観や、後述する巴マミの生命を左右したとある場面に居合わせていなかったことからの誤解もあって敵視しており、彼女に対してづいたりしている。

上条恭介という幼馴染がおり、彼に好意を寄せている。彼は将来有望なヴァイリニストだったが、交通事故に遭い後遺症で手が動かせなくなってしまった。
その彼を救うために奇跡を欲し第4話でキュゥべえ契約魔法少女となる。

魔法少女として先輩である巴マミの影を強く受けており、さやか魔法少女として活動する理由の「大切な人を守る」というのもその一つ。そのため「魔法は自分のために使うもの」という信念を持つ杏子とは相容れない立場を取る。また、元々ほむらのことを敵対視していたが、実はCharlotte戦の際ほむらマミによって拘束されていた事実を最後まで知らない。それにより、ほむらの事を私利私欲のために活動する魔法少女で、Charlotte戦ではグリーフシードを独り占めするために機を伺っていたものと誤認している。これまでほむらには3回(さやか視点では2回)窮地を救われているのだが、こうしたすれ違いから、話が進めば進むほど両者の中は険悪になってしまった。
それはなにより、さやかが直感タイプの人間であり第一印などに大きく思考が左右される事、対するほむらの方も人間関係に疎いという欠点はキャラ背景上仕方ないとしても、さやか逆の理論思考タイプという事や、周囲にすでに絶望していたのもあって、双方の性格の相性の悪さや精背景が、ボタンの掛け違い的に悪い形でかみ合ってしまったが故の悲劇とも考えられる。

魔法少女の衣装は、騎士礼装の様な姿であり、武器はサーベルカットラスのような『』を数多魔法で生成して用いる。まさにUnlimited Blade Works
[1]
戦闘スタイル経験値の低さや、導者たり得る先輩魔法少女二名と対立関係にあった事もあって洗練されておらず、スピードと勢いにものを言わせて叩き切るシンプルなもの。複数のを自身の足元に展開し飛び道具として相手に投げつける攻撃も可。また、『癒し』を望み魔法少女になったことから強な自己修復が備わっており、それを利用したバーサーカー戦法を終盤では使用していた。
しかし魔法少女になったばかりで経験不足は否めず、まどかのように稀有な才の持ちでもない為、他の4人にべると不足の描写が多い。ただし設定上の資質は杏子と互とされており、ほむらよりは高い基礎戦闘力を持っているといえる。(ただしほむらは特殊である為、経験によってさやか達よりも強魔法少女たりえていた。後述のPSPゲームで言うと、本編開始の時点で マミv10 さやかv1 に対してほむらはLv20と、尋常ではないLv差がある。)
 さやか本人も、6話でのキュウべぇとの会話から「自分は魔法少女としての才がない」との意識を持っているが、さやかの「才の違いとかあるの?」との問いに対して、キュウべぇは「確かにそれは事実だね」と答えているだけであり、杏子マミほむらべてさやかの才が劣るとは一言も言っていない(まどかが格別の才を持つことは認めている)。要はキュウべぇお得意の(明らかウソはつかない)ミスリードに引っかかっているだけのことである。
 さやかととかく絡む立ち位置にあった杏子が本来の魔を失い後付で学んだ魔法だけであそこまでの強者に成長したことを思えば、とにもかくにも経験を積む機会に恵まれなかった事は残念である。
実際、まどか☆マギカポータブルの「忘却の魔女」の魔女結界においては、本編の設定状況を視して十分に経験を積んださやかを用いることが可だが、高速近接戦闘+回復もあって、非常に強魔法少女となっている。

 ちなみに性格的な適正において長く魔法少女を続けるのには向かない傾向にあるとのこと。
まどか☆マギカポータブルでは、感情値が上がりすぎるとグリーフシードでのソウルジェム回復の効果が減少したり、MP使用の強魔法が一切使えなくなったりといったシステムでありながら、ふとしたことですぐに感情値が上昇してしまうさやかは、ゲーム一週の最大の難関と言えなくもない。

脚本の虚淵玄氏も美樹さやかを「もうひとりの主人公」と説明しており、実際に全12話の半分にあたる第4話から第9話まではさやかを中心としてストーリーが進んでいった。

第10~12話

ほむらが体験してきた他の時間軸では、さやか魔法少女になったりならなかったりしている。ほむらまどか約束を交わした時間軸で、ほむらから魔法少女魔女になる事実を伝えられても信じなかった。本編時間軸でのほむらとの接触の少なさからも、他の時間軸でもほむらさやかは良好な信頼関係にはならなかったと思われている(ちなみに公式ガイドによると3週ワルプルギスの夜戦後、まどかが隠し持っていたグリーフシードは、さやか魔女化したときのモノであると判明している)。

最終話における変後の世界でも、恭介への思慕の情に殉じる形でソウルジェム限界まで濁らせて、円環の理の元に消滅している。
但し変の時に、本来得られるはずであった未来を奪う事になるという事で、特別にそのまま世界が続いた場合の未来で行われた上条恭介オーディションでの演奏まどかの計らいで見せてもらっており、こそ実らなかったもののかつての感動を再びという念願をえ、仁美恭介を祝福する形で消えていった。

作中時間において魔法少女になってから、命を落とすまでの僅かな期間を、まさに閃光のように駆け抜けた魔法少女である。そのどこまでもひたむきで、がむしゃらなまでに一途に突き進んだ彼女の14年というあまりにも短い生涯は、あまりにも哀しくて切なく、そして々の心を胸打つまでに美しい

叛逆の物語での活躍

まどかの親友で、幼馴染の怪の治療を願い魔法少女となる。幸せを祈った分、呪いをため込み魔女へと化し、杏子と共に命を散らせた。まどかの願いにより、魔女になることもなく穏やかな最後を迎えた。

――「叛逆の物語公式サイトより

新編:叛逆の物語には普通魔法少女として登場。消滅したはずではなかったのか?
実は……

ネタバレ注意

ここで登場する美樹さやかは幻や偽物、別の時間軸のさやかなどではなく、「円環の理」に導かれ消滅したさやか本人である。インキュベーターの策にかかった暁美ほむらを救済するため、まどか百江なぎさと共にほむらのいる世界に来訪してきた存在で、元と変わらない美樹さやかを演じているが、実は状況を全て知っており、まどかによって変される以前の記憶すら保持している。

生前の事に気持ちの整理をつけたのか、TV版や[前編][後編]から心は大きく変化している。以前は、思い人の上条恭介と友人の志筑仁美人同士になってしまったことで心に傷を負うなど、精的に不安定な部分が多かったが、本作では恭介との恋愛に悩む仁美を苦笑混じりに思いやるなど、失恋をすでに乗り越えた事をえる様子を見せている。また、自身の終焉の直前の関係を持ち越す形で佐倉杏子とも良好な関係を築き、真実を知るが故に暁美ほむらにも歩み寄りの姿勢や同情を見せている。

的な落ち着きだけでなく、も大きく強化されている。劇場版で追加された「とても強く」を意味する「ffフォルテッシモ)」の飾りが、ここにきてやっと正しい意味を持つようになったとも言えるだろう
中盤、魔女についてヒントを与えるために暁美ほむらと対峙した際には、以前に手で気絶させられた時とは較にならないスピードさばきで、ほむら魔法発動を阻止した。また、「円環の理」との繋がりもあってか、魔法少女時代ののみならず、自を保ったまま魔女としてのを使うことも可で、他の「円環の理」の魔女から借り受けた数の使い魔を使役・統制する様子も見せた(「円環の理」の一部となった魔女たちは、少なくとも今回の事件においては互いに使い魔の貸し借りをするなど、魔法少女の救済のために協し合っているようである)。

仲間たちの協も得て、インキュベーターの企みを阻止し、ほむらの救済が順調に終わるかに見えた物語の最終盤、も予想しなかった事態が発生する。「悪魔」と化したほむらが「円環の理」を引き裂き、まどかの人間としての記憶を強引に引き抜くという暴挙に出たのである。「円環の理」の一部であったさやかなぎさも巻き添えという形で、現世に引き戻されてしまう。

ほむらの救済にを貸した魔女を含む全ての魔法少女たちの希望であった「円環の理」を、個人的な想い(ほむらく「」)で踏みったと、悪魔を自称するほむらさやかは厳しく糾弾する。だが、自分が「円環の理」の一部であるという記憶が失われゆく中では、ほむら悪魔であることだけは忘れない、と告げるに留まった(魔女や「円環の理」との繋がりが、どの程度まで失われたかは不明)。その一方で、再び現世で生きていくことができるようになったという一面もあり、恭介仁美に再開できたことにうれし涙を流した。 

悪魔ほむらにとっての美樹さやかは、記憶が戻ると厄介な敵であると同時に、自分の行為を全て知る理解者でもあるという、非常に複雑かつ皮な存在であると言える。美樹さやか暁美ほむらが、両者ともに「成長」したことによって生まれたこの関係をして、ファンの中には美樹さやか暁美ほむらは「宿敵」の間柄になったと解釈する者もいる。 

[新編]叛逆の物語で「強いキャラクター」に印が変わったと言える。TV本編放映時のさやかは、「もう一人の主人公」と評されながらも、経験が少ないため魔法少女5人の中では最弱であった。だが上記のように、設定上の素質は杏子と同等とされており、本作ではそれを裏付けるような活躍を見せている。

おりこ☆マギカでの活躍

第2巻から登場。まどか共々キュゥべえ巴マミとの関わりがなく、魔法少女魔女のことを知らない普通少女として登場。その為ほむらとも一緒に下校する友人関係になっている。

基本的には本編同様の清々しい友情に篤い人物像が貫かれているが、頑りや心遣いが最悪なタイミングのせいで裏に出るのは相変わらず。 (もう少しいか遅いかであったなら・・・・)


詳しくは個別科にて→『魔法少女おりこ☆マギカ

ファンからの扱い

本編杏子と深く関わることから、二次創作では杏子との関わり合いがほとんど。特に杏子の側からツンデレアプローチをされていることが多く、外伝漫画の『魔法少女おりこ☆マギカ』での出番前から、杏子絡みの幼女キャラ千歳ゆまとの絡みネタが飛び出すという事例も確認されている。
その一方で、本編での悲惨な描写がギャグとして扱われているMAD等も多数存在する(節度とマナーを守ったネタの使用がめられる)。
また10話や漫画版2巻での描写や、外向的なさやかと内向的なほむらという違いもあってか、暁美ほむらとは基本的に対立関係に描かれることが多い。(ただしパワーバランスさやかに傾いている場合は、対立と言うより、さやかほむら一方的にいじり倒すとか、見るに見かねたさやかほむらリードするといった微笑ましい展開となる)
他の要人物にべ、これといった定着した称があまり見られないが、「さやかちゃん」が(他のキャラへの「ちゃん付け」とは別格に)称扱いされている。これはまどかが繰り返し「さやかちゃん」と呼びかけていることに加えて、第5話で本人が「この魔法少女さやかちゃんが・・・」と自称していたことからと思われる(そのため二次創作で彼女の一人称が「さやかちゃん」となっているものが少なからずあるが、本編で本人が口にしたのは前記の一シーンのみである)。その他、敢えて挙げるとすれば、「さやさや」「さやかあちゃん(漫画版の誤植から)」「戦慄のブルー」などがある他、コアファンからは情を込めて「」とも呼ばれている。

魔法少女たちの中でも、特に年頃の年齢相応の少女らしい性格のため根強い人気があり、女ならではの良い部分悪い部分を描ききった繊細な心理描写に共感する人も多いのか女性ファンも多い。(ただし、女性視聴者の場合、好悪がクッキリ別れやすいキャラであり、さやかを嫌うタイプ女性には、とことん嫌われていると言うことが多く、中庸という事にはなりにくい。)薄幸な人物であるがその不幸さを癒す、または回避するような動画静画が多く作られていることから彼女への支持がえる。
実際に最終話アフレコリポートや終了後のインタビューによると、本作の女性キャストのほぼ全員さやか支持であると確認できる(残る一名も、仁美役なので仁美の弁護に回らざる得なかっただけで、基本的には好かれているようである。・・・というかその終焉が世の女性の心を抉らずにおかないという)。
また、新房監督さやかがお気に入りであり、ラストに生き返らせることはできないのかと脚本の虚淵玄に聞いたが理だったのだという。

ギャグ創作においては、この「年齢相応の少女」という立ち位置から、さよなら絶望先生日塔奈美のように、スイーツ(笑)扱いで俗物ぶりを発揮したり、その薄幸さやタイミングの悪さ故に常にヒドイに遭わされたり一人で回りするキャラ付けが多め。「○○だと思った?さやかちゃんでした。」という台詞の付いたイラスト較的有名かも知れない。

また、さやかファンの実情はまどか☆マギカファンの中でも屈であり、こうした作品でよく作られる公式絵の改造イラストも、さやかファンの手にかかれば、もはや元絵を使うことなく公式絵と区別の付かないレベル完成度に到達している。

ちなみにそんなさやかファン達は、『使い魔』と呼ばれるのがもっぱらであり、当人達も好んでそう称している。

尚、初回版BD特典ブックレットや雑誌インタビューにより「上条恭介には異性と認識されていなかっただけなので、チャンスいわけでもない」「実はM属性」という事が明らかとなり、さやかファンの熱がさらなる高まりを見せた一方で、発売前のPSP版の雑誌の紹介画像で出てくる恭介の「お前なんかさやかじゃない!」というセリフが今度は物議を呼んだが、そのシーンに代表される最悪のシーンが有る一方で、あくまおまけシナリオでではあるがバカップル成立という展開もあり、あまりのイチイチャぶりに「リア充爆発しろ」「いやすでに何度もほむらに爆破されたんだし祝福してやれよ」などとファンが回りくどい祝福をするケースも見られる。
また、さやか役の声優喜多村英梨は最後の収録を終えた時に「恭介とくっつくのが本当の幸せとは限らないですよね」と話したという。

お絵カキコ

いつか夢見た在りし日の光景 茫然 魔法少女美樹さやか:照れる 美樹さやか:笑顔 魔法少女さやか 魔法少女美樹さやか:戦闘中 外付けの魂、ソウルジェム  こういう人形が売ってたらいいなとおもったが逆に泣きそうな気がしてきた 美樹さやかのつもり さやか美樹さやか .... 美樹さやか>>1984 美樹さやか ぐぬぬ美樹さやか 美樹さやか あのさぁほう…良い度「胸」だ…

ネタバレ注意

ネタバレ注意スクロールして下さい)↓ 

もう何も痛くない 毀れていく壊れていく

ネタバレ注意?(スクロールして下さい)↓ 

謎の白い液体>>143 謎の白い液体>>155 美樹さやか>>2132

関連動画

関連動画「美樹さやか」でタグ検索
まどか☆マギカMADリンクの項も参照。

関連静画


関連静画「美樹さやか」でタグ検索

関連商品

魔法少女まどか☆マギカの関連商品一覧の項も参照。

関連チャンネル・関連コミュニティ

関連項目

魔法少女まどか☆マギカの関連項目一覧の項も参照。

魔法少女まどか☆マギカ
アニメ 第一期 テレビアニメ | 劇場版(総集編)
第二期 劇場版(新編)
スピンオフ漫画 魔法少女おりこ☆マギカ | 魔法少女かずみ☆マギカ | The different story
魔法少女すずね☆マギカ | 魔法少女たると☆マギカ
ゲーム ポータブル | オンライン
登場人物 メインキャラクター 鹿目まどか - 暁美ほむら - 巴マミ
美樹さやか - 佐倉杏子 - キュゥべえ - 百江なぎさ
サブキャラクター 志筑仁美 - 上条恭介 - 早乙女和子
鹿目詢子 - 鹿目知久 - 鹿目タツヤ
モブキャラクター 中沢 - ショウさん - エイミー
おりこ☆マギカ 美国織莉子 - 呉キリカ - 千歳ゆま - 優木沙々- 浅古小巻
かずみ☆マギカ かずみ - 御崎海香 - 牧カオル
浅海サキ - 若葉みらい - 神那ニコ - 宇佐木里美 - ジュゥべえ
ユウリ様 - 飛鳥ユウリ - 双樹あやせ - 和紗ミチル - 聖カンナ
すずね☆マギカ 天乃鈴音 - 奏遥香 - 日向茉莉 - 詩音千里 - 成見亜里沙
たると☆マギカ ジャンヌ・ダルク - リズ・ホークウッド
メリッサ・ド・ヴィニョル - エリザ・ツェリスカ 
その他 魔女 - 使い魔 - 魔獣
楽曲 TV版 コネクト | Magia
また あした | and I'm home | (サウンドトラック
劇場版(総集編) ルミナス | ひかりふる | 未来
劇場版(新編) カラフル | 君の銀の庭 | misterioso
関連人物 スタッフ 新房昭之 | 虚淵玄 | 蒼樹うめ
宮本幸裕 | 岩上敦宏 | 岸田隆宏 | 劇団イヌカレー | 鶴岡陽太
アーティスト 梶浦由記 | ClariS | Kalafina | 貝田由里子
関連団体 シャフト | ニトロプラス | アニプレックス | MBS
一覧 関連項目一覧 | 関連商品一覧 | 関連書籍一覧

脚注

  1. *アニメ本編では一貫してナックガードが付き、半曲で細い片片手剣を使うが、蒼樹うめのイラストではナックガードく両で細い、スパタのような直を両手で構えていたりもする。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%BE%8E%E6%A8%B9%E3%81%95%E3%82%84%E3%81%8B
ページ番号: 4553981 リビジョン番号: 2012004
読み:ミキサヤカ
初版作成日: 11/01/28 14:59 ◆ 最終更新日: 14/04/25 22:06
編集内容についての説明/コメント: 追加部分のソースが不明により記事の差し戻しです。差し戻す場合はソースの明示をお願いします
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


さやーん

さやさや

さやか書いてみました

楽譜

がくふ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

さやか変身背景
さやか変身背景

美樹さやかについて語るスレ

4290 : ななしのよっしん :2016/05/26(木) 16:36:05 ID: URI7PxiEs0
を差してたらすまんが、おまえら魔獣編を読もうという発想には至らないのか・・・。
4291 : ななしのよっしん :2016/06/05(日) 04:52:15 ID: JYnP2GQk1N
仮に締結と同時に「即死」するタイプ契約だったとして且つさやかもそれを聞かされていたとしても契約しただろうか?
おれは契約していたと思う。
4292 : ななしのよっしん :2016/06/05(日) 22:01:50 ID: ZB2G/K0hh4
>>4291
いと思う。かのために本気で命捨てるかっこいい自分にはあこがれても本当にそういう状況になったら足踏みするだろう。
それは悪いことではないが、悪いことだと思い込んで後悔し、壊れるのが彼女の悪い癖
4293 : ななしのよっしん :2016/06/12(日) 17:36:25 ID: URI7PxiEs0
変後の世界さやかって本編世界より強いよね。
本編世界より杏子に善戦してた感がある。

これに加えて円環の理に導かれて本編世界や他の時間軸の記憶も追加されるとするなら、それだけ経験値増えるよな。

・・・新編さやかは本当に杏子に匹敵する実者に成長していたのかもしれない。
4294 : ななしのよっしん :2016/06/12(日) 18:19:04 ID: ZB2G/K0hh4
まあ確かに強いっちゃあ強いだろうねあくまで"普通に"強いだけだけど
4295 : ななしのよっしん :2016/06/13(月) 23:15:29 ID: HV7FxXtpY+
さやかなぎさだけ円環から来てるんだから、ただの魔法少女杏子より強いのは当たり前だと思う
お互いに円環後の状態でべるなら杏子のほうが強いだろうけど
4296 : ななしのよっしん :2016/06/28(火) 19:33:05 ID: sZmG3w/Pku
円環さやか魔女になった自分を受け入れてるからこその強さだと思う
まどか魔女化しても
自分の心が産んだ化け物の姿からを背けてしまう子だっているだろうし

でもまぁジョジョスタンドと同じでによって一長一短、状況次第で
どっちが強いとか考えてもあんま意味はいと思うんだけどね
4297 : ななしのよっしん :2016/07/09(土) 09:10:54 ID: ZB2G/K0hh4
>>4295
まあさやか本編だと一週間、外伝とかでも一ヶ持てばイイ的な感じだからな
円環状態だったら年単位で固有魔法なしの縛りプレイしてた蓄積がある杏子のほうが強いだろう
4298 : ななしのよっしん :2016/08/05(金) 03:32:14 ID: HqhYFDZj4v
でも杏子のロッソファンタズマは13体の分身が可でしかも
それぞれがナルトの影分身のように実体を持っている上に
元が幻惑なだけに色々やりたい放題されてしまうから
もし元の魔法を思いだしてマミさんと別れた後の
後付けの鎖とあわせてフル活用してきたら
円環前の杏子でも負けてしまうかもしれない

……その全体が円環後の杏子かもしれないけど
4299 : ??? :2016/09/21(水) 20:27:48 ID: DZ1jkD5hhL
http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im5942999で頭のイカレタうp主
)がさやかまどか達をナンバーズスーツを着せて洗脳させちまった模様、これはトラウマを覚えた人間にとっては耐え難いだ!このうp主
)の暴虐と行為はあまりにも異常だ一人じゃ手に負えん!
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015