単語記事: 美濃国

編集  

美濃国美濃)とは、かつてあった令制の一つである。古代においては、「三野」「御野」「美野」「」といった表記もある。

概要

美濃国の位置を赤で示した地図七世紀に成立。おおよそ、現在岐阜県南部を範囲としていた。東山に属する。当初は木曾地方もその範囲に入っていたが、その内に信濃になった。但し、木曽地域は木曽川流域に含まれ、その下流との結びつきも極めて大きかったため、どちらのに所属しているかの認識は揺れ続けた。全に木曽地域が信濃に含まれることとなるのは武田信玄の時代となる。

東に信濃、北に飛騨越前、西に近江、南に三河、尾伊勢と接する。また、尾とはそのの西を木曽川としている。但し、正十四年六月二十四日(1586年8月9日)に当時の木曽川が氾濫し、その流れを変えたため、豊臣秀吉の命令で、正十七年(1589年)に現在木曽川とすることなった。正十七年以前は、現在であった。

鎌倉時代、初期に大内惟義、その後、北条氏が守護となった。
室町時代を通して土岐氏が守護を得るも、斎藤道三によって、土岐頼芸が追放され没落。その三も息子斎藤義龍によって殺された。さらに、その子、斎藤稲葉山城織田信長によって攻略された上、追放されて美濃斎藤氏も没落した。その後、岐阜織田のものと成り、およそ織田系の大名が美濃に領土を得るも、関が原の合戦で織田秀信易された。江戸時代に、幕府はこの地に大を作らないよう、大きくとも十万石の小が幾つか立てられた。

明治時代以降、幾つかの県に分かれた後、筑摩県を分割した飛騨地方を統合して岐阜県となった。

現在は、濃尾平野などの地名にその名残をとどめている。また、将棋美濃囲いは美濃国美濃国出身者が考案したことがと言われている。

以下の三は、1589年以後、尾から分けられ移された。

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%BE%8E%E6%BF%83%E5%9B%BD
ページ番号: 5192750 リビジョン番号: 2466164
読み:ミノノクニ
初版作成日: 14/01/20 23:43 ◆ 最終更新日: 17/03/07 02:41
編集内容についての説明/コメント: 領域の変遷について追記。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

美濃国について語るスレ


まだ掲示板に書き込みがありません… 以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 美濃国についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829