単語記事: 群像劇

編集

群像劇とは、映画演劇小説などで使われるストーリー手法のひとつ。グランドホテル方式アンサンブル・プレイ群集劇とも呼ばれる。

概要

群像劇には以下の二つのパターンがある。

  1. 同一の世界観や舞台において、それぞれ別の人物による全に独立した短編がいくつも同時進行しているもの。例えばひとつの学校内の複数の人物を別個に描くものがこれに当たる。
  2. 1と同じく、同一の世界観や舞台でそれぞれ別の人物による独立した複数の物語がつむがれるが、一見バラバラエピソードに見える複数の人物のストーリーが、全体を通して知ることで一つにまとまり本当の姿を現す手法のこと。

1の場合であれば、いわゆる複数の主人公が存在する作品といえる。それぞれのエピソードはそれ単一で完結し、別のエピソードとの対などをさせることはあっても、それぞれのつながりの必要性は薄い。また、映画や舞台などではエピソードは同時進行することが多い。

一方、2の場合であれば、ひとつの出来事に対して複数の人物の視点を借りることにより多的な面から検でき、取り扱う「事件」や「事」が主人公となるストーリーといえる。また、エピソードは一つ一つられ、完結してから次のエピソードに進む場合もある。その場合、本来起承転結をたどるべきである物語が、いきなりクライマックス部分を持ってくることもあり、何故このような状況になったのか、登場人物らは何故このような状況に巻き込まれたのか…そういったことが別の人物のストーリーから徐々に明かされていくパズルのような解き要素もある。

もちろん、これらを折衷させた作品も多い。複数のエピソード主人公たちが集まり最終的解決を図る作品や、複数の登場人物たちが絡み合うのを視点を移動しながら追っていくストーリーなども群像劇であるといえる。

共通していえることは、群像劇の全体像を認識することができるのは「視点」を持つ作者読者/視聴者のみであり、登場人物たちには全体像が把握できていないことである。逆に言えば、全体像を認識できているキャラクター、いわゆるトリックスター狂言回しなどはすなわち「視点」を持つということであり、裏で全てのエピソードを引き起こしている黒幕であったりするなど、物語にとって重要なキーパーソンとなることが多い。

ニコニコ動画では

ニコニコ動画で有名な群像劇作品は『バッカーノ!』や『デュラララ!!』などこの手の手法が大好きである成田良悟原作の作品が多い。映画ではガイ・リッチークエンティン・タランティーノなどが群像劇を得意としており、成田氏が影を受けた作品もある。

主な作品

漫画・小説・ライトノベル

映画・ドラマ

ゲーム

群像劇を好むクリエーター

他にも「この作品も含まれる」ってがあれば追加してください

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%BE%A4%E5%83%8F%E5%8A%87
ページ番号: 4618346 リビジョン番号: 2366367
読み:グンゾウゲキ
初版作成日: 11/04/25 20:49 ◆ 最終更新日: 16/05/27 17:49
編集内容についての説明/コメント: IZUMO零追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

群像劇について語るスレ

129 : ななしのよっしん :2016/07/07(木) 23:05:23 ID: qmFHBtHtEQ
ゲームオーディンスフィア全に2の意味での群像劇だと思う
あと小説原作アニメになったジョーカー・ゲーム
130 : 要約すると自分は戦国コレクション推し :2016/07/09(土) 00:00:10 ID: UCvXtT/PF9
主人公が冒険していく中に、逆の価値観を持ったライバルのような存在が出ると物語が動き出す感じが出る
これが少年漫画だと単純に善悪の対になっていて、
解決してしまうとライバル側のアイデンティティの大半が損なわれてしまい、
別の敵を仕立てあげなくちゃいけないし、
そのライバルは別キャラのような相槌マシーンになって、元々いたキャラポジション争いを始める

主人公の心情と1:1の対で話を作っていくと、パワー以外のところでもインフレバトルのようになってしまうから
善悪以外の意見で対立してもらって、主人公とぶつかった後の人格もしっかりと確立してもらって、
ライバル同士で話を作っていけばその広がりが群像劇のようになるんじゃないかなと思ったり

書いている内に、テニプリが思い浮かんだ

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
131 : ななしのよっしん :2016/08/08(月) 01:14:33 ID: k2ut/Z+grf
>>127
原作DMの記憶編やドーマ編、果ては映画THE DARK SIDE OF DIMENSIONSの方が群像劇として体をなしていると思う
というかジャンプ作品て長く続くと群像劇になりやすいな
スポーツ作品とかも
132 : ななしのよっしん :2016/09/25(日) 13:24:17 ID: a2GqRq7fdX
あの娘にキスと白百合を
133 : ななしのよっしん :2017/02/09(木) 16:00:28 ID: J9ycWRtXra
Occultic;Nine
原作ラノベは章ごとに役が交代しそのキャラ一人称物語られる群像劇
(章の最後に出た人物が次の章の主人公になることもある)
アニメ版だと一応ガモタ主人公っぽくしてるけど最初と最後以外は脇役の出番が多く原作通りの群像劇
作者ゲームライター出身だから428辺りに影受けてそうな気がする
134 : ななしのよっしん :2017/04/23(日) 17:33:16 ID: 8TAdtgdrj0
三谷幸喜の代表作に仲間入りした真田丸は加えていいはず。
135 : ななしのよっしん :2017/05/14(日) 20:29:06 ID: q1Ll9Ab27N
イデオンもこれに当て嵌るのでは?
136 : ななしのよっしん :2017/05/28(日) 13:39:53 ID: IOK2uruVLZ
ネットゲームも入るな。
・遊演体ネットゲーム90蓬莱学園の冒険!」で参加者五千人強、ネットゲーム91「那由他の果てに」で八千人→六千人だから人数は問題し。
ゲーム全体の的(前者は地球最後の秘宝の入手、後者は全ての世界を襲う災害の対策)はあるが、関係に別の事をしてるキャラも多い。
視点を持つプレイヤーどころか、全体の責任者であるグランドマスターでさえ全体の把握不可能
群像劇以外の何者でもないな。
PS.ネットゲームは遊演体の登録商標です(今もそうかは知らない)
137 : ななしのよっしん :2017/07/07(金) 17:54:11 ID: BATecqKUp3
雄伝なんか一番最初に思いつく作品だけど、いのな。
138 : ななしのよっしん :2017/07/23(日) 10:31:31 ID: 4//G7MNURE
日本国召喚
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829