単語記事: 翻訳

編集

HONYAKU:to change written or spoken words into another language.   

概要

か、上の文章が理解出来ないので翻訳してくれないか?

翻訳とは、ある表現(A)を別の表現(B)に翻案にすることである。
翻案された表現(B)は、(A)とは表現は異なるが、言いたい内容はほぼ同じである。

概要2

か、上の文章日本語おかしくて分かりづらいんで、翻訳してくれないか?

一般的には、言の翻案をしており、異なる言に翻案すると言う意味が強い。だが、言が分かってても分かりづらい文章の場合も「翻訳してあげて」と言いたくなることもある。読み手に配慮した文を書く努を怠ってはならない。下の項では、もうちょっと分かりやすく説明してある。

特に他言日本語翻訳する場合は、和訳と呼ぶ。

翻訳と翻案

翻訳とは、ある言の文章を他の言に変換することである。

しかしながら小説などを翻訳する場合、単純に直訳しただけでは日本語として不自然になってしまったり、読み手に書き手の意図が理解できないケースがある。そこで、外国人である読み手にも分かりやすくするためあえて表現を変えることがある。

例えば、明治時代に「フランダースの犬」が日本に輸入された際、翻訳ネロを「清」(きよし)、パトラッシュは斑(ぶち)、アロアは子(あやこ)と訳された。これは外国語の固有名詞が日本人に受容しにくいことが原因であった。

逆に、日本語の作品を外国語に訳する際に、外国人に分かりやすくる為に手を加えられたこともある。その例として、太宰治小説斜陽」の中で、足袋を履いている医者が描かれているシーンが言い換えられたことが挙げられる・翻訳したドナルドキーンは、その足袋を手袋と訳したのである。当時、医者は威厳を出すために足袋と羽織の正装をしていた。しかし、西洋では正装をするときは手袋をはめるので、「足袋」では「いかにも正装している」という雰囲気を伝えられない。そこで、キーンは、その医者まった姿を西洋の人間にも理解してもらうために「手袋」と訳したのである。

こうした予備知識や文化的な違いを考慮し、外読み手に書き手の意図を理解させ、かつ自然外国語に訳する必要が翻訳にはめられる。

翻案とは、特に小説・戯曲などを、原作の筋や内容をもとに作することをす。

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%BF%BB%E8%A8%B3
ページ番号: 3743723 リビジョン番号: 2091955
読み:ホンヤク
初版作成日: 09/06/20 17:52 ◆ 最終更新日: 14/09/26 09:22
編集内容についての説明/コメント: 関連項目追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

翻訳について語るスレ

40 : ななしのよっしん :2017/03/19(日) 22:16:14 ID: Aor+posFAo
言葉のってやっぱり厚いなぁ。日本語翻訳日本にない現スラングアナグラムとかの言葉遊び翻訳で頭を抱えてる傍ら、外国語訳が漢字や同音異義を用いた言葉遊び一人称バリエーションで頭を抱えていると思うと考えただけで頭が痛くなりそう。
41 : ななしのよっしん :2017/03/19(日) 22:31:54 ID: qt5JmulJpt
>>39
うむ、日本語版のシスプリWikipedia記事見れば載っている

ただ「輩」の場合はなぁ……一応君とかは「We」を一人称に使うことがあるそうだけど
42 : ななしのよっしん :2017/03/19(日) 22:43:25 ID: RYyexTKCHy
>>41
古文とかならそれこそ、中世英語とか、そこまでいかんでも古い言い回しとかを用いれば良いかもしれんけど、一文引き抜いて出すとなるとねえ

日本語小説とかで、話し方が古、とかのキャラクターとかが出た場合の海外翻訳とかどうなるんだろうな
宇宙海賊ミトの大冒険の「いとムカツクって感じぃ〜!」とかを、どう訳せば良いのだろうか?
43 : ななしのよっしん :2017/03/19(日) 22:46:40 ID: WFJ5JdIYLD
中国小説読むのが好きなんだが、ある時英訳タイトル検索したら
「書録」を“The Book and the Sword”と訳してるのを見つけて漢字文化圏とそれ以外の世界との深い間を見た気分になった。
44 : ななしのよっしん :2017/03/19(日) 22:59:37 ID: RYyexTKCHy
>>43
三国志演義は“Romance of the Three Kingdoms”だな。見賢一の「弱泣き諸葛孔明」とかにその辺りのことが面可笑しく書かれていたぞ

というか、博物館とかの日本美術の英文タイトルもなあ。「三美人競艶図」が“Paint of Three Women”とか「七妍図」が“Seven Beauties”とか、掛け言葉がまるっきり視されてたりだしな
45 : ななしのよっしん :2017/03/19(日) 23:07:33 ID: QgWFFcdJH3
>>38豪鬼瞬獄殺をどう訳すかって話だけど
抜山蓋世(ばつざんがいせい)
great strength and energy (of a mighty hero);
Herculean strength and vitality
啾啾(きこくしゅうしゅう
spine-chilling (hair-raising)
(like the wailing and weeping of a restless ghost)

↑の2つは適当にググって見つけたんだけど、これより良い翻訳も探せばありそう
の予想だと10年経っても100年経っても「正解の翻訳」ってのは出なそうw)
↑の2つは暫定的な正解であって、どこかのか、優れた翻訳者が別な翻訳を提案しても良い訳だし
まだ訳されてないor変な訳のまま放置されてる文章は日だけじゃなく世界中にある訳で
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
46 : ななしのよっしん :2017/03/23(木) 23:32:28 ID: ZI3klYUZcK
>>44
そらまた随分大雑把だなw
翻訳あるあるなんだろうな。字幕英語圏のドラマとか観てても、あれ?そこ訳さないの?とかよくある。
字幕とか吹き替えで文章量を調整する必要があるみたいな事情もそうだけど、時代がかった言い回しとかになると対応する言い回しがいなんてこともあるみたい。
そういうところをどうするかが翻訳の腕の見せ所でもあるんだろうが。
47 : ななしのよっしん :2017/03/23(木) 23:39:17 ID: Aums1PbKCW
>>46
あと翻訳英語ができても他の外国語ができないってのもありそう。
アメリカ移民だから英語以外にもスペイン語とか中国語とか出てくることあるけど、そういう時は大体字幕吹き替えもなしのケースあるから何言ってるか分からなくてちょっと戸惑う。アメリカでも字幕とかなしなのかな?
48 : ななしのよっしん :2017/05/05(金) 20:15:19 ID: wFfxvl2VHS
>>38
殺」がinstant kill(ing)だからinstant infernal killingとかそういう訳になりそうだけど、まあ人によっては情の有るしで言えば…になるか?
抜山蓋世や啾啾は四字熟だからデータベースにあればそのまま引っって来そうだけど故事成語絡んで来るとAIが字面だけで訳すのは厳しそうだね(人間にも理だけど)
Wrath of the Raging Demonていうのは豪鬼キャラやAkumaていう名前を多分に参考にしてつけてるから、AIにそういう背景にある要素まで含めて訳を考えさせるとなると半可な計算量では理というか外部から何かしらの「ヒント」を与えた上で動かさないとそういう訳はどれだけあっても出て来ないだろうね
49 : ななしのよっしん :2017/10/08(日) 11:50:51 ID: X9cNq/Jk+i
>>44
アナと雪の女王Frozenを訳したりとかな
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829