単語記事: 翻訳

編集

HONYAKU:to change written or spoken words into another language.   

概要

か、上の文章が理解出来ないので翻訳してくれないか?

翻訳とは、ある表現(A)を別の表現(B)に翻案にすることである。
翻案された表現(B)は、(A)とは表現は異なるが、言いたい内容はほぼ同じである。

概要2

か、上の文章日本語おかしくて分かりづらいんで、翻訳してくれないか?

一般的には、言の翻案をしており、異なる言に翻案すると言う意味が強い。だが、言が分かってても分かりづらい文章の場合も「翻訳してあげて」と言いたくなることもある。読み手に配慮した文を書く努を怠ってはならない。下の項では、もうちょっと分かりやすく説明してある。

特に他言日本語翻訳する場合は、和訳と呼ぶ。

翻訳と翻案

翻訳とは、ある言の文章を他の言に変換することである。

しかしながら小説などを翻訳する場合、単純に直訳しただけでは日本語として不自然になってしまったり、読み手に書き手の意図が理解できないケースがある。そこで、外国人である読み手にも分かりやすくするためあえて表現を変えることがある。

例えば、明治時代に「フランダースの犬」が日本に輸入された際、翻訳ネロを「清」(きよし)、パトラッシュは斑(ぶち)、アロアは子(あやこ)と訳された。これは外国語の固有名詞が日本人に受容しにくいことが原因であった。

逆に、日本語の作品を外国語に訳する際に、外国人に分かりやすくる為に手を加えられたこともある。その例として、太宰治小説斜陽」の中で、足袋を履いている医者が描かれているシーンが言い換えられたことが挙げられる・翻訳したドナルドキーンは、その足袋を手袋と訳したのである。当時、医者は威厳を出すために足袋と羽織の正装をしていた。しかし、西洋では正装をするときは手袋をはめるので、「足袋」では「いかにも正装している」という雰囲気を伝えられない。そこで、キーンは、その医者まった姿を西洋の人間にも理解してもらうために「手袋」と訳したのである。

こうした予備知識や文化的な違いを考慮し、外読み手に書き手の意図を理解させ、かつ自然外国語に訳する必要が翻訳にはめられる。

翻案とは、特に小説・戯曲などを、原作の筋や内容をもとに作することをす。

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%BF%BB%E8%A8%B3
ページ番号: 3743723 リビジョン番号: 2091955
読み:ホンヤク
初版作成日: 09/06/20 17:52 ◆ 最終更新日: 14/09/26 09:22
編集内容についての説明/コメント: 関連項目追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

翻訳について語るスレ

22 : ななしのよっしん :2015/11/29(日) 19:36:10 ID: Aums1PbKCW
英語ウィキペディアの記事が読みたくて翻訳サイトとか辞書使って訳して見たんだけど、日本語の感覚で訳してたら上手く訳せなくて、翻訳の手引きみたいな本買って翻訳の勉強した方が良いと思ったんだけど、何かいい本ない?
23 : ななしのよっしん :2015/11/30(月) 20:59:51 ID: +aOp1YiM94
>>22
  ドイツ語の初級文法を押さえているなら、これを推すところ。
>>az4140350741


けれども英和翻訳とのことなので、ちくま学芸文庫から翻訳論の二冊を紹介しとく。
安西徹雄『英文翻訳術』1995年
別宮貞徳『さらば学校英語 実践翻訳の技術』2006年

ただ、「英語ウィキペディアの記事が読みたくて」ということなら別に日本語らしく翻訳する技術が必要とも思えない。他人に紹介するわけでもないだろうし、辞書や文法書とにらめっこして構文を分解しながら読んだ方が(下手に翻訳論の本を読むよりは)結果としては近になると思う。
  辞書のお勧めは『ジーニアス英和大辞典』(CASIOの電子辞書EX-wordの各国語モデルにも収録。ただし高価。は独モデル用している)。文法書のお勧めは中野清治『学校英文法プラス 英語のより正確な理解に迫る』2012年.あとは同じ「開拓社 言・文化選書」の、特に個別品詞を扱った巻が図書館にでも置いてあると便利。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
24 : ななしのよっしん :2015/12/02(水) 22:47:14 ID: Aums1PbKCW
>>23
レスありがとう。ジーニアス英和辞典(大ではないから23のお勧めのとは少し違うかもしれないけど)なら電子辞書に入っているし、英文法の本を探してみる。

ちなみに読んでいる英語wiki海外アメコミアニメの『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』の記事。この作品、日本未発売・未放送の話が多いからせめて英語wiki情報を集めたくてね。
25 : ななしのよっしん :2016/01/22(金) 00:11:29 ID: gwFQMcasCT
最近翻訳がうざすぎ、自分の知識自慢でもしたいんかねぇ
26 : ななしのよっしん :2016/04/30(土) 04:33:23 ID: E84P2hVA5t
日本語なんか気にかけてる時点でお里が知れるというか
訳にケチつけられる程度に学力のある人は原で楽しみゃあいいのに
まさか英語すら出来ないワケじゃないよねえ
27 : ななしのよっしん :2016/05/01(日) 23:48:28 ID: +aOp1YiM94
>>「訳にケチつけられる程度に学力のある人は原で楽しみゃあいいのに」

方が翻訳に挑戦したことがないということはよくわかった。
訳にケチをつくのは誤読でもない限り日本語の問題だよ。特に、自分が読みたかった洋書の邦訳が日本語の体をなしていなかったりすると殺意が湧いてくる。この本とかね。

>>az4768469841
28 : ななしのよっしん :2016/05/03(火) 00:53:01 ID: E84P2hVA5t
その殺意のエネルギーでレッツ英語学習!
29 : ななしのよっしん :2016/07/03(日) 07:44:14 ID: ZRReSl+K1x
>>28
レスされて悔しがるぐらいなら煽るなよと…

考えてみたら日本語一人称は色々あって表現豊かって言われるけど、逆に一人称だけでキャラがある程度固まってしまう点を見ると、先入観をつけさせない「I」の方がある意味柔軟なのかもしれないな
30 : ななしのよっしん :2016/07/14(木) 18:56:14 ID: Spt4wERY2p
まあそう言ってやるなよ
何も知らない人からしたら「翻訳なんて帰国子女みたいに学力のある人が適当にやってるだけでしょ?」みたいに思われちゃうのは仕方がない
31 : ななしのよっしん :2016/08/20(土) 00:25:16 ID: +aOp1YiM94
屋の洋書置き場にあった本をググったら放送大のWEBシラバスが出てきた。A. トゥーズ『大洪水』をテキストにするってことらしいんだが、翻訳刊する予定なのかなあ。
 池田先生は『国連帝国』『ブラックアース』の翻訳密林でも高評価だから可ならこの本も翻訳されてほしい。

http://forests.ouj.ac.jp/ouj-f282/dt-24622.html
>>az0141032189


>>28
 としては独和翻訳がもう少しこなれてほしいところ。『帰ってきたヒトラー』あたりは較的クオリティ高いけどね。

>>30
 とはいえ、その考えをバラ撒かれては黙っているわけにもいかない。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015