単語記事: 翼竜

編集  

サムネ

翼竜とは、恐竜ではない

概要

綱 翼竜に分類される絶滅した爬虫類である。プテラノドン仲間といえば分かりやすいだろうか。

嘴口の2群に分類される。

特徴

大きさは小鳥サイズからを広げると10mをえるものまで様々である。

飛行するための適応の一つとして、大きさの割に体重は非常に軽く、を広げた大きさが最大で12mに達するケツァルコアトルスでも重めに見積もった計算でも成人男性約3人分、軽めに見積もった場合成人男性約1人分ほどの体重しかないと推定されている。これは洞になっていることが大きい。なお、近縁な恐竜鳥類洞になっていて、そこには気嚢(高効率な呼吸システム)が備わっているのだが、翼竜にも気嚢があったかは今のところ不明である。

コウモリに似た構造になっていているが、前肢の五本のの間に皮膜をっているコウモリと違い、翼竜と胴体~後肢の一部にかけて皮膜をっている。飛行の自由度ではコウモリに劣っていたと考えられているが、鳥類コウモリと違いには親・人差し・中が存在し手として使用することができた。なお小は退化している。

類縁関係

翼竜して飛ぶ恐竜などと呼ぶ例がまま見られるが恐竜ではない。大事なことなので二回言いました。

そもそも、飛ぶ恐竜というものが当てはまるのは鳥類の方である(分岐分類学的には鳥類恐竜に含まれるため。近年では通常の恐竜して非鳥類恐竜と呼ぶこともある)。だが翼竜恐竜は分類学上は非常に近い生物であることは確かであり、現生の動物の中で一番近い生き物鳥類である。ちなみに、次に近いのはワニ仲間

歴史

三畳紀以前に恐竜と分岐したと考えられている。ジュラ紀には小翼竜が多く存在したが、亜紀になると大のものしか姿が見えなくなる。これは同時期に生まれた鳥類との生存競争に敗れ、生存域が被らないように進化したためとも考えられている。

最期は約6500万年前の巨大隕石の衝突により、恐竜やその他の多くの大爬虫類らと運命を共にし絶滅した。

主な翼竜

プテラノドン
ザ・翼竜オブ翼竜翼竜といえばまずこの名前を思い浮かべる人も多いだろう。
頭の後ろに長く突き出たとさかが特徴。知名度の高さから恐竜がらみの創作作品にはよく登場する。
最初の化石が発見されたのは1870年。発見者は多数の恐竜の化石を発掘したことで有名な古生物学者マーシュ
開長は8~9m。亜紀に生息。
テロダクティルス
世界で最もく報告された翼竜。その発見の報告は1784年にまでさかのぼる。命名は1809年に行われた。
開長は5075cm。ジュラ紀に生息。
ランフォリンクス
嘴から牙が飛び出しているという深海魚の如き悪そうな口を持っていたとされる翼竜
身体自体はかなり小だが、取り分け異様に長い尻尾を持っていたとされ、これをバランサーにしていたと言われている。
開長は40cm170cm。ジュラ紀に生息。
ディモルフドン
陸生の恐竜にも見える爬虫類的な頭部を持っていた小翼竜
発見者はあのプレシオサウルスやイクチオサウルスなども発見したというメアリー・アニング女史で、当初は上記のプテロダクティルスの一種だと思われたが、後に新種だという事が判明した。
よりも後脚の方が発達していたという事実から飛行は苦手で、を地面に付けての四本足で陸上移動がだったのではないかと考えられている。
開長は1m。ジュラ紀に生息。
ニクトサウル
プテラノドンと同時期に生息していた中翼竜だが、本種にはプテラノドンにはいスゴイ特徴があった。
その特徴とは頭に生えたすごくデカくて長い冠である。どれだけその冠が長かったというと下手すれば自身の身体と同じくらいかそれよりもあるんじゃないかというくらい長大だったとされている。
本種の存在自体はかねてより知られており、当初は冠のない普通翼竜と思われていたが、最近の化石調でこの事実明らかとなった。化石ではの枝のような形状だったが、一説には膜がってあったとか、性差や年齢で有に違いがあったなどとも言われている。
開長は3m。亜紀に生息。
テロダウストロ
地域に生息していたという開長130cmほどの小翼竜
本種最大の特徴と言えるのが下ブラシ状のがびっしり生えたヘアピンのようにしゃくれた奇抜な口で、その事からヒゲクジラフラミンゴと同じく中の小生物を濾し取って食べるという生態だったのではと推測されている。
開長は130cm亜紀に生息。
ケツァルコアトル
上でも名前が出てきた最大級の翼竜。発見は1975年。名前はアステカのケツァルコアトルにちなむ。
地球歴史上最大の飛行する生物と考えられていたが、現在ではケツァルコアトルスを上回る可性がある翼竜が発見されている。
開長は10~11m。亜紀に生息。
ハツェゴプテリク
2002年に発見された最大級の翼竜ケツァルコアトルスと同じアズダルコ科に属す。
特徴としてががっしりとして重い翼竜にあるまじきを持った翼竜である。
開長は10~12m。亜紀に生息。

巨大翼竜は本当に飛べたのか?

翼竜のあまりの巨大さに常に付きまとう疑問である。

近年でも東京洋研究所の佐藤文准教授がこの話で一冊本を書いている。本の中では現代の海鳥との較を通して、巨大翼竜はその巨体ゆえに飛行できないとの結論を出している。

またその一方で、近年の研究にはこれまで考えられていた木の上や崖から飛び出し滑するという翼竜イメージを大きく壊すものもある。

生物学者マイケル・ハビブらは翼竜の飛行は現在とは大きく違う可性があり、現在を参考に「巨大翼竜は飛べない」との結論を出すのは間違っているとしている。彼らの研究によると巨大翼竜はこれまで考えられていたものよりもずっと筋肉質で重く、地上からその筋を使って4本の手足で自分の身体を中に打ち出し、それから羽ばたいて飛行していたという。

もちろん、上記の研究を否定し、従来通りの翼竜像を保持する研究もなされており、これからの更なる研究結果の発表が期待される。

創作の中の翼竜

恐竜が登場する冒険小説などにはよく登場する。

から主人公一行を襲い、仲間をつかんでへ連れ去るのが定番である。このイメージ古典SFから2015年映画『ジュラシック・ワールド』にまで引き継がれている。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%BF%BC%E7%AB%9C
ページ番号: 5422604 リビジョン番号: 2370301
読み:ヨクリュウ
初版作成日: 16/05/24 20:58 ◆ 最終更新日: 16/06/07 23:31
編集内容についての説明/コメント: 単位ミスと思われる箇所や翼竜の説明なのに恐竜となっていた場所などを修正。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

翼竜について語るスレ

6 : ななしのよっしん :2016/05/26(木) 00:59:19 ID: c2h3vwmssW
もうひとつ英語版wikipediaケツァルコアトルスのソース掲示
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0013982
要約部分をすごく適当に意訳すると「大翼竜開長は11メートル、体重は200から250kgがもっとも信頼できる推定値だ」

これらの話が日本に入ってきてないのは翻訳の遅れか、はたまた単純に広まるのに時間がかかるだけなのか。

それはそうと、以上の内容を踏まえて、翼竜の体重について書き直したい。
「これまでは~」と「新しい学説では~」というに書き直していいかな。
7 : ななしのよっしん :2016/05/26(木) 13:49:05 ID: Z/vWbbkKhD
余計な事するな
8 : ななしのよっしん :2016/05/26(木) 23:53:22 ID: c2h3vwmssW
一応>>6と同じ研究者の話が日本語で読めるサイト掲載
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/3273/
引用
>巨大翼竜ケツァルコアトルス・ノルトロピは体重が200キロを

あとこれ関連で英語の論文流し読みしてみたけど、ケツァルコアトルスの70kgという体重の根拠の一つとして、この体重が理論上飛行できるぎりぎりの数値というのがあるらしい。
上の論文のハビブ博士はその反論として、飛行可ギリギリというのは現在の飛び方に当てはめた理論であり、翼竜は違う飛び方をしていたから関係ない、という話をしているようだ。
9 : 削除しました :削除しました ID: 432N6TExC9
削除しました
10 : ななしのよっしん :2016/05/27(金) 21:12:03 ID: c2h3vwmssW
>>9
えと、調から判断するとケツァルコアトルスの体重200kgオーバーの記述載せるのに反対ということなの?
一応大学の研究者の正式な論文として出されてるんだから、言及くらいはした方がいいと思うけど?
11 : 削除しました :削除しました ID: 432N6TExC9
削除しました
12 : ななしのよっしん :2016/06/04(土) 12:46:43 ID: WV0YZ4wo5i
当時の地球は現代よりも質量が小さかった、つまり重力が小さかったから、現代では到底飛べないような巨体でも自で離陸できた・・・とか?

地球宇宙から降り注ぐ隕石の落着によって年々重くなっていっているらしいし
13 : ななしのよっしん :2016/06/04(土) 13:24:16 ID: 8h7P7PnKBu
たったケツァルコアトルスが生きてた8000万年から6500万年前から
質量がそこまで変わるわけないだろう
14 : ななしのよっしん :2016/06/04(土) 14:28:43 ID: k4WAqrWkXY
今更だけど福井県立恐竜博物館2012年翼竜の特別展の図録を見てみたら現在巨大翼竜の体重は200㎏あったとする説が一般的と書いてあった
一般に広がるのにタイムラグがあるだけなのかな?
200㎏と聞くと重そうだけどを広げて12mあっても成人男性3人分の体重と言われるとかなり軽いとわかる
15 : ななしのよっしん :2017/06/21(水) 23:20:51 ID: OUlBFz+ozJ
ケツルコは飛べても滑くらいだろうな
コンドルみたいなもん
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829