単語記事: 聖戦士コウムイン

編集

聖戦士コウムインとは、聖戦士ダンバインに登場するキャラクター、ケン=カイドウとリョウ=マガミの二人に付けられたファンからの愛称である。
見た目が完全に悪党でありながら、地上では特殊部隊の一員。つまりれっきとした公務員であったことから名付けられており、他にも彼等の口癖から「地獄公務員」「地獄聖戦士」などとも呼ばれている

※以下聖戦士ダンバインのネタバレあり

概要

重力炉の暴走を止めるために特攻同然の攻撃を仕掛けた際、バイストン・ウェルへと召喚された経歴を持つ。
その際搭乗していた機体に興味を持ったドレイク=ルフトに勧誘される(ケン曰く「力づくで連れて行こうとした」)も、それに反発したケンが考えなしに敵対。そのままなし崩しに反ドレイク勢力へと加わることになった。

同じ地上人であるショウ=ザマたちからの評判は上々で、劇中コウムイン達と陽動作戦を行った時に「こういうときのお前は本当に頼りになるよ」と発言するなど戦力として、仲間として深く信頼しているようである。
その一方で、たびたび2人で喧嘩を引き起こしたり、少し目を離すと勝手に暴れていたりする二人に手を焼かされており、後にシーラ=ラパーナが2人を反ドレイク軍の鬼札として使いこなした時はコウムインを制御したことに驚いている。
バイストンウェルの住人からの評価は様々で、ガロウ・ラン扱いするルーザ=ルフトやバイストン・ウェルを破壊する魔神と断じたジャコバ=アオンのようなものもいる一方で、反ドレイク軍の象徴扱いをしようとするニー=ギブンや、シーラ=ラパーナやエレ=ハンムのように「良きものたち」と評するものもいたりと両極端な評価をされている。
そしてダンバインファンからは「見た目と言動の割にはまともでいい人」「不思議と安心して見ていられる」「仕事熱心な公務員の鑑」などとなかなかの好印象である。
実際劇中では荒っぽいやり方とはいえ捕らえられた仲間を助けたり、地上へ浮上した際に自分の肩書きを利用して戦場の仲介を行うなど、一応善良な公務員であるところも見せており、ただの蛮族ではないことが伺える。本人達は暴れるのが一番好きらしいが

第1話からその圧倒的なキャラクターで視聴者の話題をかっさらい、序盤ショウが流されるままに動いていたこともあいまってダンバインの主人公はコウムインと揶揄されていた。それ以降もキャラに一切のブレがなく、結果富野作品の中に石川賢キャラが混じっているような状態になったことから、「こいつらが死ぬ姿が想像できない」「ダンバインで一番安心できるキャラ」と言われるようになっていった。

地上に出てからもその勢いは変わらず、ハイパー化現象発覚時もショウ達が恐怖する一方で更なる強敵と戦えることを楽しんでいるような有様。終盤、次々と登場人物が死亡していく中でも当然のように生き延び続け、後述の理由からシーラの浄化にも巻き込まれず、結局主要人物でただ2人の生還者となった。(チャムはフェラリオなのでカウントしていない)
その後洋上を漂っていたチャムを回収してから原隊に復帰しておりエピローグでは今日もどこかの戦場を地獄へと変えている姿が描写されている。

ダンバイン、というより富野作品全体で見ても異色のキャラクターであり、後に監督の富野由悠季は

「あの二人が最初から暴れるせいで能動的に動かないショウの存在感が完全に食われてしまった。とにかく邪魔で邪魔でしょうがないんでさっさと殺そうとしたんだけど、あいつらが何やっても死んでくれる気がしなくて。で、もういいやと思って結局殺すのは諦めた。今となってはあいつら出さなきゃよかったと思ってる」

というコメントをしていることから監督ですらこの2人を持て余していたようである。皆殺しの富野ですら殺せないコウムインマジ地獄

こうして多くの視聴者の印象に残ったコウムインだが、後にバイストン・ウェルサーガに連なる「リーンの翼」が映像化した際、スタッフがうっかりお遊びでコウムインをカメオ出演させようとしたところ、マジギレした富野監督が没にしたという逸話が存在する。この没になった状況は外部出演作で拾われることになる。

マジンカイザーSKL

ケン=カイドウとリョウ=マガミが登場するオーラバトラーではない謎のロボット
一体どうやって作られたのか、そもそも何故彼らが搭乗していたのかが作中では一切描写されないというダンバインはおろかバイストン・ウェルサーガ全体を通しても異質な機体。
彼ら曰く「曰く付きの機体で俺達以外に乗りこなせない」とのこと。実際試しにキーン=キッスが乗ってみたところ、体中に炎が燃え上がる幻覚を見せられて慌てて機体から降りている。
ロボット工学の権威にして劇中トップクラスの技術者であるショット=ウェポンですら理解できない部分が有るらしく、これほどの性能を持ちながら、結局最後まで他国がカイザーを元にしたオーラマシンを作ることはなかった。
巨大な刀、牙斬刀と近接武器にもなる二挺拳銃、ブレストリガーをメイン操縦者を入れ替えながら使いこなすという珍しい戦い方が最大の特徴。
オーラコンバーターを付けておらず、飛行も出来ない機体ながら、オーラマシン相手に遅れを取らぬ戦闘力を見せつけ、戦力的に劣りがちな反ドレイク軍の主力として活躍した。
地上に浮上してからは、地上に出たことでパワーアップしたオーラバトラー相手に苦戦するようになったが、彼等の生存を知って駆けつけた原隊であるWSOのツバサ=ユウキ大尉からSKL用の飛行ユニットであるウィングとカイザーの支援用メカ、SKL-RRを渡されたことで大幅にパワーアップ。ハイパー化したオーラバトラーとすら真正面に渡り合うというバランスブレイカーすれすれの暴れぶりを見せつけた。

スタッフによるとコンセプトは○ジンガーZ。SKLの意味は「Separated Killing Lord (分かたれた殺戮の王)」とのこと 余りにもそのまんまなデザインにファンからは「ダイナミックプロでやれ」「出る作品を間違えている」とたびたび突っ込まれている。
この件に関して富野氏はインタビューで

「ダンバインのデザインを見せた際にスポンサーから(おもちゃが)売れるのかと聞かれて、頭にきた僕は売れるデザインとはこういうものかとよそ様のロボットっぽいのを出したらそれが通ってしまった」

と述べている。
当然問題になったらしく、一説には当時スポンサーであったクローバーの倒産にはカイザーのデザインに関してダイナミックプロとトラブルになったのが原因とまことしやかに語られている。

関連商品

関連コミュニティ

聖戦士コウムインに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

  • 聖戦士ダンバイン

     *      *
  *     +  うそです
     n ∧_∧ n
 + (ヨ(* ´∀`)E)     +

本当の概要

スーパーロボット大戦BXにおいてマジンカイザーSKLの主人公達が聖戦士としてバイストン・ウェルに召喚されると言うクロスオーバーに爆笑したユーザーから付けられた愛称である。
スーパーロボット大戦において他作品のキャラが聖戦士として召喚されるというネタは実のところそこまで珍しいものではない。近年で言えば聖戦士ショウ=コハ=ザマがファンの間で有名となった。
そんなライバル多きバイストンウェル召喚ネタに地獄公務員が聖戦士というインパクト1つだけで他に負けない存在感を示しているのが凄いと言うか凄まじいというか……。

一応伏線はあった。あったのだがせいぜいプロローグのダンバイン原作再現シーンでバーンが
「ほう、5人目もマシンと一緒とはな……」や「力づくでも従わせる……と言いたいところだがこちらとて何度もそのようなことをするのは本意ではない」等の原作と違う台詞を喋る部分。それと、プロローグでSKL原作のクライマックスシーンを再現しているのに、なぜか原作と違ってカイザーが行方不明の死亡扱いとなっている部分ぐらいである。
そのため多くのプレイヤーは「どうせ生きてるだろ」程度の予想はしてもまさか地獄公務員が聖戦士になってるとは夢にも思わない状態で初登場である10話を迎えたのである。驚くなというほうが無理であろう。
なお、問題の10話のタイトルは「皇の浮上」。ダンバイン勢が一斉に地上に登場する話であり、「皇」に該当する方々が先んじて登場しまくるため非常に騙されやすいが、地獄公務員登場とともにプレイヤーは「皇」の意味を真に理解させられてしまう。

以上の経歴の為か、本作ではやたらとダンバイン関係のシナリオに公務員たちが絡んでは、そのインパクトに反して自然な混ざりっぷりにいちいちプレイヤーの爆笑を誘う。
戦友ポジションにいるショウやニー=ギブンに始まり、地獄公務員を使いこなすシーラ=ラパーナや当たり前のように戦闘前会話があるドレイク=ルフトなどキャラ間の絡みも多く、BX全体の特徴である「複数の作品が1つの作品であるかのように混ざっている」部分の一角を担っている。

当たり前だが原作の聖戦士ダンバインに地獄公務員は一切出ないので、関係ない場所でのネタ振りは控えるように。

余談だが

前作スーパーロボット大戦UXでは、海動剣がバイストン・ウェル関連作品「リーンの翼」の聖戦士であるサコミズ王と単身白兵戦をやらかしている。(白兵戦自体はSKL側の再現だが相手が違う)
この時はサコミズ王に「ガロウ・ラン気質」呼ばわりされ、「ガロウ・ラン・・・なんだそりゃ? ガンダムのパイロットか?」といった迷台詞を残していたが、まさか次作ではそんな彼らが聖戦士と称されるようなことになっているとは思うまい。
またマジンガーZとの合体攻撃「ダイナミックコンビネーション」ではツインオーラアタックよろしくビッグバンパンチに変形したマジンガーZの上に乗り、トールハンマーブレーカーを纏いながら上段に斬り付けるという「いかづちはねて、ソードがはしる」モーションとなっており、それを見たファンから「ハイパー地獄斬り」という名がつけられた

関連動画

関連商品

本当の関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E8%81%96%E6%88%A6%E5%A3%AB%E3%82%B3%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%82%A4%E3%83%B3
ページ番号: 5361970 リビジョン番号: 2259668
読み:セイセンシコウムイン
初版作成日: 15/08/26 10:34 ◆ 最終更新日: 15/09/11 04:56
編集内容についての説明/コメント: MAD追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

聖戦士コウムインについて語るスレ

169 : ななしのよっしん :2015/12/30(水) 08:46:21 ID: 8evPSdK2AK
2人してクロスゾーンシリーズに生身で殴り込んでも違和感なさそう
170 : ななしのよっしん :2016/01/12(火) 21:38:09 ID: fRZIzIeasf
バイストン・ヘルから転送されました。

くっそこんなんで...w
171 : ななしのよっしん :2016/01/29(金) 13:00:46 ID: cPiYzZ5r9M
BXでの真マジンガーイベントに絡むと、普通に面倒見の良いいい人だったな。
172 : ななしのよっしん :2016/02/11(木) 22:21:36 ID: bdL4UZqSlA
UXは原作再現部分もあって真上がナイーブな面も見せてたけど、
BXの地獄はバイストン・ウェル期間含めて、終始おっかないけど頼れる戦闘のプロだもんな
173 : ななしのよっしん :2016/02/21(日) 00:03:26 ID: 0IP19n2/xF
ジャコバ・アオンが原作以上にブチギレて地上に一斉転送した姿が浮かぶ
174 : ななしのよっしん :2016/02/22(月) 22:51:30 ID: WitMmBLGGs
>>173
でももしジャコバがそのままほっといたならその内ドレイク軍全滅にしてそうな気もするw
175 : ななしのよっしん :2016/06/13(月) 04:58:07 ID: caioobX7Qe
誰だよバイストン・ヘルタグでリダイレクトした奴は…腹痛えw
176 : ななしのよっしん :2016/11/19(土) 20:13:28 ID: gbDGXoXzig
ちなみに原作の主人公ショウはとりあえずドレイク軍に入ってマーベルから散々に罵られるという・・・
177 : ななしのよっしん :2017/01/22(日) 21:52:38 ID: m7bwwVYIpo
BXエピローグで
「シーラ様たちは地上で浄化の旅をするのかぁ。エレ様の勧誘を断るなんて地獄公務員らしいや・・・ってそういえばこいつら別作品キャラだった!」
と途中まで何の違和感もなくダンバイン勢の身の振り方を見守っていたよ
178 : ななしのよっしん :2017/01/23(月) 23:53:29 ID: S9WVN7+sib
コクピットのサイズから考えたらABってSKLの頭に直接手足生やしたようなもんだから、常時軽いハイパー化してるようなサイズ差でこれに白兵戦挑むのは生きた心地しないだろうね。
飛べばにげられたろうから、敵からすればSKLが飛べなかったのはほんと大助かりだったろうね。
まさか完調だと飛べるとは露にも思わず……
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015