単語記事: 聲の形

編集  

 

伝えたいことがある
伝えたい人がいる
だかららは
生きている

—第1話掲載時のアオリ文より

聲の形(こえのかたち)とは、大今良時による漫画である。「週刊少年マガジン」にて2013年36・37合併号から2014年51号まで連載された。聴覚障手話いじめ、などの題材を扱っている。

連載までの経緯

元々は2008年に「マガジンSPECIAL」にて作者の入選作として掲載される予定だった。のだが、「聴覚障者に対するいじめ」、という重く扱いの難しい題材から掲載は見送られてしまった。

その後、編集部が全日本ろうあ連盟などの各方面と協議を重ねた末に、「別冊少年マガジン2011年2月号に読み切りとして掲載され、3年ぶりに日のを見ることになる。掲載後、アンケート1位を取るなどの読者からの反の大きさから「週刊少年マガジン2013年12号リメイク読み切りが掲載されることになり、さらに同年36・37合併号より連載となった。

参考サイト「聲の形」8月に連載開始、マガジンで話題呼んだ異色作コミックナタリー

あらすじ

聲の形について語るスレ#3石田将也が通う小学校に西宮硝子が転校してきた。石田は聴覚障を持つ西宮を「クラスの異物」としていじめ抜き、誤解の果てに転校させてしまう。さらに、いじめの首謀者として石田クラス全体から逆にいじめられるようになり、いじめ中学校でも続いていき、高校へ入る頃には心を閉ざしてしまう。石田人生絶望し、身辺整理をした後自殺を考えていた。そして、身辺整理の最後として西宮に会い謝罪をするつもりだったが、西宮と手話で会話するうちに「友達になれるか?」と思わず言ってしまい、それを西宮も受け入れ自殺することを考え直した。

その後のストーリーは重く苦しい過去を乗り越えて明るい未来を切り開こうとする青春物語物語の類としては概ねボーイミーツガールに分類され、どのエピソードが将也か硝子を中心に進められている。4巻あたりまではニヤニヤさせられる展開も多いが、5巻以降はかなり重い展開も出てくるので注意。本作は理な引き伸ばしを行わず全7巻で完結する。将硝がどう言う結末を迎えるのか、それは実際に読んで確かめて欲しい。

 

を済まそう。
そっと、ずっと。

最終話掲載時のアオリ文より

アニメ映画

2016年4月、作品のアニメ映画化が発表された。2016年9月17日に全松竹系にて開。129分。

アニメ制作京都アニメーション監督山田尚子、脚本は吉田玲子と「映画けいおん!」や「たまこラブストーリー」を手がけた2人が担当。キャラクターデザイン総作画監督は西屋太志が担当。

開から2週となる9月24日から30日の期間は、全ての劇場で日本語字幕付きの上映が1日1回行われる。

映画『聲の形』公式サイト

キャスト

主題歌

をしたのは」

作詞作曲・歌:aiko

関連動画

関連静画

関連商品

原作コミック

ニコニコ静画電子書籍でも配信されている。→シリーズ一覧

映画 聲の形

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E8%81%B2%E3%81%AE%E5%BD%A2
ページ番号: 5147858 リビジョン番号: 2455105
読み:コエノカタチ
初版作成日: 13/09/28 05:21 ◆ 最終更新日: 17/02/02 09:52
編集内容についての説明/コメント: BD・DVD追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ガラス

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

聲の形について語るスレ

616 : ななしのよっしん :2018/02/23(金) 05:13:01 ID: 57sSHyO8ms
>>615
「自分を満足させるためだけに来てるなら帰って下さい」
も、
「あなたがどれだけあがこうと幸せだったはずの硝子小学生時代は戻ってこないから」
も、
本来は石田が西宮本人に投げかけられるべき言葉だし
西宮本人にこそ言わせるべき言葉だし
それこそが石田に効く本当の心理的攻撃、だろ?
それを作者母親に代弁させ本人には言わせないことがどれほど石田に都合がいいか

それに石田からしたら西宮にいじめられた経験を忘れられても困るんだよ
〝覚えてる上でなぜか自分を責めてこない〟
この状態によって石田は自分の罪が薄まる気がして自殺を保留することができたのだから
617 : ななしのよっしん :2018/02/23(金) 05:36:41 ID: wOc7ThfZEY
その意見こそが、>>616自身にとって都合の良い受け取り方って感じだがなぁ
まぁ人それぞれだから受け取り方は自由だけど、同意するには私的感情が入りすぎてるように見える
618 : ななしのよっしん :2018/02/23(金) 08:46:28 ID: 57sSHyO8ms
具体的にどこが?
石田はイジメの
それも被害者の西宮を自殺寸前まで追い込んだ犯だ
その犯は被害者から拒絶されるのが当然だし、その事こそが最も石田への心理的攻撃になったのも事実

石田は心理的攻撃なんて受けてない
周りに何を言われようと「自分を責めてこない西宮」って存在に逃げ込めたのだから
619 : ななしのよっしん :2018/02/23(金) 09:47:53 ID: qkCQu77W5r
>>615
いやだから不自然なぐらいに距離が縮まってただろ
というかあれだけの事をした相手をちゅきになる時点で不自然
作中で結弦も言ってたけどチョロインだよ硝子って
ハーレム漫画少女漫画ヒロイン並みにちょろい
620 : ななしのよっしん :2018/02/23(金) 16:01:27 ID: YoQPQLVzec
あれでいだとか、ハーレム作品並とかいうが、
2巻最初で出会って、それで西宮が告白するのは3巻最後だぞ?敵を倒して男と女がくっつくという過程を一冊でさらっと書いちゃう普通ハーレム作品とくらべても遅い方だろうに。
西宮に言わせなかったから心理的攻撃じゃない?石田はあれで事実非常に悩んでるし、事実西宮に一度逃げられてる。あれを「石田は心理的攻撃など受けてない」とするには非常に理がある。
621 : ななしのよっしん :2018/02/23(金) 18:04:05 ID: qkCQu77W5r
んじゃハーレムほどくはないチョロインってことで
まぁおたくがいくら駄々こねたところで
自分をいじめてた相手に惚れるって展開に理があると感じるのは普通の感覚だからそこにごねても意味ないぞ

あと結弦はじゃなくて
622 : ななしのよっしん :2018/02/23(金) 19:54:36 ID: YoQPQLVzec
それってもうチョロインじゃないよね。

普通の感覚。うん。あれをおかしいと感じるのは確かにそうだよね。普通の人からしたら当然だよね。普通の人からしたらね。
その点、西宮が普通じゃないって所を植野は看破してたよなぁ、なんて思ったり。まあ彼女彼女で勘違いしてた部分もあるが。
623 : ななしのよっしん :2018/02/23(金) 20:32:20 ID: qkCQu77W5r
なんでもいいよ、もう
相手の言う事否定することに躍起になりすぎてて
何言ってるのかわからねぇし
624 : ななしのよっしん :2018/02/24(土) 00:13:25 ID: YoQPQLVzec
別に、相手のいう事について闇に煽ったり否定する気ではここへ来たんじゃなくて、そうだな……こういうことが言いたかっただけ。もう一度言っとく。

「というわけで、石田に都合の良いように作られたというわけではないってこと。もっと言えば聲の形においてが得した、にとって都合が良かったかなんて存在しない」

という事が言いたかっただけ。以上。
625 : ななしのよっしん :2018/04/01(日) 00:47:48 ID: YoQPQLVzec
じゃ、趣向を変えて川井がダメな所をできる限りポジティブ書いてみた
・自分自身を可愛いと思える程に自己へのナショナリズムが強い。つまり自分に自信が持てている点で石田と大違い。人から見れば全く理解できない気持ち悪いものであるが、自分から見ればなんで気持ち悪いのか分からない。
・その自己性故自分自身の欠陥が見えず、もし見えてもすぐ忘れる。自己できる。だから、過去自分が西宮の陰口を言っていた事をすぐ忘れられるし、優等生にもなれる。
・そして自分に甘い分他人をくことに容赦はない。石田や植野に事実摘されても無敵である。だって本人は事実を忘れてるからね。多分ディベートでは負け知らずだろう。
・自分の仲間も自己と同じように正当化できる。落ち込んだ友達をなだめるのが得意な性分である。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829