単語記事: 背すじをピン!と〜鹿高競技ダンス部へようこそ〜

編集  

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~とは、『週刊少年ジャンプ』で2015年24号から2017年11号まで連載されていた漫画である。

概要

作者は「オナニーマスター黒沢」や「戦闘破壊学園ダンゲロス(原作:架恭介)」の横田2011年46号には読み切り版である「競技ダンス部へようこそ」が掲載された。

背が小さく、少しだけ女の子が苦手な主人公土屋」(通称つっちー)が、ちょっとした下心とアクシデントにより入部した競技ダンス部で、ヒロイン理英里」(通称わたりちゃん)を始めとする多くの個性的なメンバーと織りなす青春部活ストーリー

つっちー&わたりちゃんが競技ダンスを通じて控えめながら徐々にを深めていくほのぼのとした青春模様を描く癒し系漫画。少人数ながら非常に個性の強い先輩たちとの部活動の様子や、クラスメイト達との文化祭の様子など、「楽しい学校生活」が魅的に描かれている。
※余談だが、文化祭編時『楽しい文化祭の様子を描いてくれ』と言われたアシスタントが『先生そんなの知りません』と答えたところ、横田先生に『も知りません』と返されたとかなんとか

現在9巻まで発売中。
1,2巻は二ヵ連続発刊となっており、1巻は発売2日後に即重版が決まった。

高年齢層の読者の中には、本作を読んで「ウリナリ人社交ダンス部」を連想した人も多いのではないだろうか?それもそのはず、そもそも本作は作者横田が社交ダンス部を漫画にしたいという想いから描かれているものなのである。
横田の持つ「競技ダンス」「社交ダンス」のイメージナンチャン天野くんが踊っていた姿がそのまま反映されているため、笑いあり・涙ありで楽しく踊っている様が強調されている。
またダンス以外にも番組構成も含めて大好きで表現したかったとっており、初心者だったつっちー&わたりちゃんが成長し本番で踊る姿を全で応援するひらりん達の姿は、確かに社交ダンス部の本番の様子を彷彿とさせる。

ちなみにタイトルである「背すじをピン!と」は、担当から出された案の中で絶妙にダサかったやつから選んだとのこと。

あらすじ

鹿鳴館高校入学したつっちーは、部活紹介での競技ダンス部の演技に心を奪われる。興味と下心から友人たちと競技ダンス部に体験入部に参加したつっちーだが、土井部長のド迫に友人を含めた男子全員が逃げ出してしまう。
逃げ遅れたつっちーはその場に残っていたわたりと二人で競技ダンス部に体験入部。ダンスの楽しさを知った二人はそのまま共に入部した。個性豊かな先輩たちと共に、青春競技ダンスストーリーが幕を開ける。

 

私と、さあ青春を、踊ろう!!

登場人物

鹿高競技ダンス部

一年生

二年生

三年生

顧問

  • 巨勢 みちる(こせ みちる)
    競技ダンス部顧問であり、つっちーの所属する一年六組の副担任でもある。25歳の数学教師
    ダンス部設立時、当時新任だったみちる土井垣に何もしなくていいからと頼まれ顧問を受け持った。
    ダンスに関しては素人なため、部活動に関しては土井垣たちに任せっきりであまり練習のときに顔を出していない。しかし部の性質上、校内でデモを起こすたびにその過衣装についてグチグチ嫌味を言われるので意外と大変とのこと。
    また知識がないだけで顧問のやる気がないというわけではなく、差し入れのジュースを持ってきてくれたりもするので部員達とは普通に仲がいい。
    余談だが、彼女は同作者の短期連載作品『こがねいろ』の登場人物である。高校当時の彼女の名前は「志村みちる」。幼馴染が「巨勢たつや」で、現在みちるにはだんなさんがいるらしいので…?

鹿高以外のダンサー

咲本一派

ゴールドダンススタジオ

 その他の人物

関連動画

劇中使用曲

STEP1にて部活紹介の時に踊った曲。レリゴー。

STEP20にて、つっちー&わたりちゃんペアが踊った際の曲。この時のわたりちゃんに非常にぴったりの歌詞であり、ぶっちゃけほぼ告白してるような選曲である

スタンダードダンス

競技ダンスをよく知らない人のために、各々のダンスがどのようなものなのか紹介する。つっちー達はこんな感じで踊ってるんだとイメージしやすくなれば幸いである。

ラテンダンス

順にチャチャチャ・パソドブレ・ルンバ・ジャイブ・サンバ。ちなみに踊っているのは統一全日ダンス選手権史上初の6連覇を成し遂げた、日本が誇るトップダンサーである。

関連静画

関連商品

電子書籍版はこちらをクリック

関連リンク

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E8%83%8C%E3%81%99%E3%81%98%E3%82%92%E3%83%94%E3%83%B3%21%E3%81%A8%E3%80%9C%E9%B9%BF%E9%AB%98%E7%AB%B6%E6%8A%80%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B9%E9%83%A8%E3%81%B8%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%93%E3%81%9D%E3%80%9C
ページ番号: 5381846 リビジョン番号: 2459077
読み:セスジヲピントシカコウキョウギダンスブヘヨウコソ
初版作成日: 15/11/19 12:48 ◆ 最終更新日: 17/02/13 21:53
編集内容についての説明/コメント: 連載終了
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

背すじをピン!と〜鹿高競技ダンス部へようこそ〜について語るスレ

64 : ななしのよっしん :2017/02/20(月) 09:15:20 ID: YcXttCPNxA
結局打ち切りだったのか、それとも作者が望んだ終わり方だったのかどっちなんだ

でも最後の最後でツッチーではなくわたりちゃんの視点で実はこう思ってたんだーっていう終わり方は最高だった
65 : ななしのよっしん :2017/02/22(水) 11:19:51 ID: BtbIFFwn5b
個人的には後腐れなくすっぱり終わってよかったと思ってる

ただ番外編的な感じで数話だけでいいからおまけを…おまけをください…
66 : ななしのよっしん :2017/02/22(水) 20:15:05 ID: 7FyJBe7b9R
>>60
その二つに関しては打ち切りは順当だったと思うよ
67 : ななしのよっしん :2017/02/23(木) 05:27:32 ID: UQ9BtwONcd
バクマン暗殺教室人気はあったけど引き伸ばしせず中期で終わらせたし、これもそういう流れなんじゃない?
正直これ以上の伸びは厳しそうだったしいい判断だったと思う。
要望が多ければまたなんか展開もあるんじゃないかな
68 : ななしのよっしん :2017/02/23(木) 05:57:16 ID: YcXttCPNxA
まぁでも確かに、あのまま続いてたとして
つっちー達が最終的にチャンプに挑むような展開になっていたかと思うとそれはどうかと思うし
つっちーとわたりちゃんの強さは決して才すごいとか努すごいってわけでもなく、ただただ楽しそうってとこだから
上位者とのバトル形式になっても他の実者たちばかりがクローズアップされちゃって主人公空気になりがちだし
やっぱ変に続くよりはベストな終わり方だったのかもしれないね
69 : ななしのよっしん :2017/02/24(金) 08:37:51 ID: 0mwsZL0kxK
すじピンの載ってないジャンプが悲しくて、単行本読み返してて気付いたんだけど
7巻61話冒頭の回想で、つっちーの席でダベってる女子達って、
もしかしてデレマスメイン3人組か?w
70 : ななしのよっしん :2017/02/25(土) 01:58:51 ID: UAzxP0kwbw
暗殺教室は元々引き延ばしはしないって原作者側が言ってたから踏ん切りはつけれた。ただ純主人公が部活を楽しむってのがすごい的だったんでな・・・
71 : ななしのよっしん :2017/06/20(火) 20:26:15 ID: cPnmIKCgKX
>>60
ダブアツはまあまだ当時はニセコイは期待されてたから分かるとして
なんでものの歩…感性腐ってるな
72 : ななしのよっしん :2017/09/26(火) 22:16:21 ID: 0mwsZL0kxK
作者さんの新作「シューダン!」に、パイセンらしきスカした少年が…w
みちるちゃん先生夫婦の再登場に続き、同じ世界のお話だと、こういうシステム嬉しいねぇ。
73 : ななしのよっしん :2017/11/05(日) 02:10:25 ID: bdNeClEYX1
最近3巻まで買って今のところすげぇ面いのだが10巻で完結してると知って続き買うかどうか迷ってる
10巻以下で終わってる漫画ってどうも中途半端な終わり方してるのが多い気がするんだよなぁ・・・

ていうか作者オナニーマスター黒沢の人だったのかよ読んでて微も思わなかったわw
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829