単語記事: 背水の陣

編集  

背水の陣とは、故事成語のひとつである。

概要

昔の中国のある戦での話。
軍と軍の攻戦。
軍は20万の兵を持っていたのだが、一方の軍は3万の兵しかなかった。
の「韓信」は、軽騎兵2千人に自軍の幟を持たせ、こう示した。
「敵軍は々が逃げるのを見ると、追撃しようとから出てくるはずだ。
 お前らはその隙にに入り、敵軍の幟を抜きこの幟を立てるんだ。」
そして、韓信は1万の兵をを背にした形で取らせた。

韓信軍の反撃を見て偽って太鼓や旗を捨て、自の方へ逃げた。
軍は追撃しようとから出ての方へ進軍し、追撃した。
逃げ場がない軍は死に物狂いで戦った。
結局軍は韓信を討ち損ない、あきらめてに帰ろうとしたのだが……。
軍は幟の色が変わったことに
「すでに軍に占領されただと!?
と驚き大混乱に陥った。

軍は軍の挟み撃ちに会い、散々に打ち破られた。
後に、韓信に、兵法上では上策ではない取りを取った理由を聞いたらこう答えたそうだ。
「兵法に「死地に陥れてこそ、生き延びることができ、必ず滅ぶような場においてこそ存命できる」と書いてあるではないか。」
とこたえたそうだ。

これが元で後には退けない形で決戦に挑むという意味で使われるようになった。

中国美鈴「くそ、背水の陣だ!」
霊夢あんた一人で「」なのか?」

戦術的な意味

戦術的には、を背後にして布することにより逃げをなくし、生き残るためには敵を打ち破るほかないという覚悟を兵士たちに強要するというもの。覚悟を決めた兵士たちは生き延びようとする一心で敵を打ち倒そうとする強兵となる。

   ゙!   「覚悟した者」は「幸福」であるッ!         /
  ゙! 「覚悟」は「絶望」を吹き飛ばすからだッ! |
   |      兵士はこれで変わるッ!      |
   |      これが私のめたものッ!      |
   |       背水の陣』だッ!          |
   |            __,.,.,.,.,.,.____,._           ヽ
   j         ,..-'"´         >-、,     /
  /      /  /´゙i ゙!:⌒ヽ   `'"´ ヽ、
 /      /   / ,.-,ニ,、゙i,::::::::\  ,..イ rニi,
       /    レ'/_::::::::〉〉::::::::::::`'":::::::|
       /  //_'、ヽ,=-'゙:::::::::::::::::::::::::└--‐
  ゙ヽ,  /三  /::/__:::::\\:::::::::;:;:;;;;.-、:::::::::::::::::
   ,,..-v'三 iー-':`-, r''‐ァ-、\`'',.-‐'"´゙!l;;;;:;:;:;:;:;..
  ´::::::ヾニ ゙i;:::::::,.ノ_ヽl゙_;;;;}ヽ;ヽ_」i::::::/:::!l;;:::::::::|「
  >、::::::::`ヽ `,ン´::,.-`,.-‐`゙''`::〉゙ヾk::__ノ l;;:_;||:
  ,r'゙〉::::::::::::} レ',.-'´:::::::::::::::::'::::::::::/二二,`ー--
  {::::::::::::::::::/ /::::::::::::::::::::::::::::::::;:;/;;;ヽr';;;;ヽ,.:;:;:
  ヽ;:::/::::::/ /:::::::::::::::::::::::,,;::::::::::::::l;;;;;;;:::゙ヾ',ノL;;:
   .)/::::::/ /::::::::::::::::,..-、ヽ::::::::,;:ノ;;;;;:::::::::::::;;;;;//
  ゙}/:::/ /::::::::::''∠__,...、.ヾ__ '"、::::::::::::::::__//::
  ::゙i´   j::::::::::::::l  ヽ`+、゙--、 ゙!|::::::::::/,.-7''゙ーy'
  l:::゙i,  |:::::::::::::::゙i,,  ヽ,,,_ヽ/ .!|:::::://:::/,.-__;//
   i,:::ヽノ:::::::::::::::::::::`゙'ー、    〉':::://:::://:/  //
  l,゙i,::;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::;;;゙''ー'":::://:::/-':::ノ ///
  ;゙i,.ヽ;;;;:::ヽ、:::::::::::::::::::::;;'゙:::::/ レ'::,イ´´/ /// /
  ;;;/ \:::::::::゙''-、:::::::'"゙:::/-;:ジ) /// /// /
  / .∧  `'-、::::::::`゙゙'''";:;,..-'// ./// /// //
   /  `'''- .,_`゙゙''二,.-;;'":::/  /// /// ///
  '        `i };;;;/:::/i;ヽ, /// /// ///
           / /;;:イ:/ i゙:::::;)// /// /// /
  、        /,// l:L,ノ/::゙y、  /// /// /
   ゝ、___//;;(_,ノ::/:::/::;ハ/// /// //
  / /,.----';;;;;;;:;:;:;::l:::,.::::,..-':::::::::\/// //
『覚悟』が如何に大切か韓信(代理:プッチ神父

背水の陣を仕掛けたのは韓信であるが、それ以前にも韓信の敵である項羽が似たような戦術を取ったことがある。項羽は渡河すると船を焼き、食糧も最低限しか与えず、兵士たちを「勝たなければ死ぬ」状態に追い込むことにより死に物狂いで戦わせることに成功した。

孔明の背水の陣

時代が下って三国志時代。三国志演義内で諸葛亮曹操を相手に背水の陣を敷いたことがある。しかし、それは韓信などが敷いた「兵を死地に置く」ためのものではなく、「何か策があると思わせて敵の攻撃をけん制する」ためのものである。

ヘ:::::::::;;: -‐''''""( )1
 ゙、::::::::-‐''""" ̄"'i
  :V;;||:::: '~ニ=ッ, r='|  ショカツリョウ
  i!f !:::::      ゙、i  諸葛亮いわく
  i!ゝ!::::     ‐/リ
  i::/:、 :::、  /''ii'V  「曹操有能であるがゆえに、背水の陣を攻めることができないのです」
  ̄ハ:::::\ "''il|バ'

ロマンシング サ・ガ3の背水の陣

RPGロマンシング サ・ガ3」のミニゲームマスコンバットにも登場する。その名の通り画面右端ギリギリに追い詰められた状態で価を発揮する形。

習得するには画面右端に自軍がいる状態で敵軍に勝てば良い……のだが、別に自軍がピンチにならなくとも、指揮官ミカエルだけ突出して前に出ていても習得は可ぶっちゃけオープニングで楽に覚えられるので、習得した時の勝利メッセージが滑稽に写ってしまうのも、これも人のサガか……

まさに、死線を背にした戦いであった‥

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E8%83%8C%E6%B0%B4%E3%81%AE%E9%99%A3
ページ番号: 4281166 リビジョン番号: 1477027
読み:ハイスイノジン
初版作成日: 10/02/11 15:19 ◆ 最終更新日: 12/03/21 23:29
編集内容についての説明/コメント: ロマサガ3のことを追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

背水の陣について語るスレ

56 : ななしのよっしん :2016/07/24(日) 19:21:13 ID: 7FWb0PSwXn
現在故事成語の「決死」的なニュアンスに近いのは項羽の用いた方なのね
韓信のはかなり複合的な戦術といっていいし

57 : ななしのよっしん :2016/09/11(日) 07:28:59 ID: kFfAARL75S
>>35-36>>53
そもそも論として、昔の戦争におけるってのはイコールで「敵の攻撃が飛んでくる可性がい」という事を意味したわけで、下手に平野のドん中で戦ったりするよりむしろ安全だったりするんだよな。
天然」の異名を持つ地形がどれだけ多い事か。

不利な地形というのはあくまで逃げる先として選んだ場合の話であって、韓信の狙いは事前にそう演出する事でむしろ敵を慢心させる事にあったのではないかと。
総合的に考えると、日本人好みの「決死のっ向勝負」とは逆の逸話になりそう。
58 : :2016/12/05(月) 18:53:14 ID: 8PcN++dUrG
結局単に>>49は 「東方嫌い見たくないから消せ」とかいう自分勝手な論言ってるだけだろ
59 : ななしのよっしん :2017/01/22(日) 08:37:03 ID: PIzjvUZf8a
ちなみにこの背水の陣で敗れた中にいた武将がその後韓信に言ったのが
これまた有名な「敗軍の将は兵をらず」だとか。
(この武将自身は韓信を敷く前にくことを進言していたので敗戦の責任はあんまりなかったが)
60 : ななしのよっしん :2017/04/14(金) 05:31:26 ID: +7tzveltAK
背水の陣の重要なところは兵士を決死の覚悟にさせると同時に、きちんと別の策を用いて相手を倒しているところだな
と書こうと思ったら>>53がすでに分かりやすく書かれてた・・・

自分を追い詰めて奮い起たせるだけじゃ駄という意味も含まれた良い故事成語だと個人的に思う
61 : ななしのよっしん :2017/06/06(火) 00:09:29 ID: SfvDBJn7Kv
としての単純な優位性として背面を取られないて結構ポテンシャルでかい気がする
ですら背面とられないで前面3面以上は包囲されない
守備としては高い
確かに背面に山のほうが士気崩壊して逃げる分には優位なんだけど(追撃されにくい)
持久戦にもってくなら結構優位ななんじゃないか?
士気が高くて持ちこたえている間に伏兵味方が敵の背面取るとかだっていけそうだ
62 : ななしのよっしん :2017/07/14(金) 19:35:28 ID: aX23nTNb0J
韓信タイミングを見極めて背水の陣を取ったからいいけど、単にの強弱で判断すると登山家と同じ轍を踏むことになるような・・・。
63 : ななしのよっしん :2017/09/21(木) 20:52:41 ID: 02xb0hZZrv
>>61
銀河英雄伝説ライガール・トリプラ両域の会戦がまさにこれだな。宇宙だからじゃなくてブラックホールだけど
64 : ななしのよっしん :2018/04/24(火) 16:54:29 ID: RfFxvjykh3
「戦わざるをえない状況にして死ぬ気で戦わせる」が背水の陣だけど、ある意味背水の陣の応用が「包囲殲滅で敢えて囲みの一部を解いて命惜しさに逃げさせる」だよね(ワールシュタットの戦いで有名)。
まあ、「死兵にする、死兵にさせない」っていう意味では、本質的には同じなんだけども。
65 : ななしのよっしん :2018/06/16(土) 13:18:08 ID: xNvV4l2NuY
韓信が不利なを敷いたのは単に釣りで、釣られてる間に後ろで別動隊が勝負を決めていた訳で
自分の身を危険にさらすとはいえ総合的に見ればソツなくオーソドックスで優秀な戦略なんだが、奇策のように言われがち
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829