単語記事: 胎児(動画投稿者)

編集

胎児(動画投稿者)とは、ゲームプレイ動画アップする投稿者である。
名前の由来はマイク音が胎児が聞く音のようなことから。

概要

バイオシリーズ・マーセリナーズのトップランカーだった経歴を持ち、現在ではスプラトゥーントッププレイヤーとして知られる。

ニコニコ動画への初投稿は、2009年8月6日投稿された”【GC国内版】 バイオハザード4 ウェスカー古城 308470 part1”。
バイオハザードシリーズCoD:BOoD:MW3などのFPSプレイ動画投稿していたが、2015年6月25日テスト動画を経てSplatoon(スプラトゥーン)プレイ動画投稿し、高度でのあるプレイ内容から一躍脚を浴びた。

現在動画投稿継続しつつ散発的に生放送を配信しており、親しみやすいキャラクターで安定した人気を得ている。

Splatoon

上記のとおり、胎児氏によるスプラトゥーンの動画が初投稿されるやいなや、相手のイカ絶対殺すマンと言わんばかりの圧倒的なエイと、マップ全体を状況を見渡せる視野の広さ、チームを勝利に導く状況判断で凄まじい試合を見せつけ、く間に注を浴び鮮デビューを果たすこととなった。

動画投稿を開始したころからメインで使用しているブキはスプラシューターコラボ
当時はロラコラホッカス全盛期であり、シューターといえばプライムシューター.96ガロンなどの長距離シューター流で、シューコラはイトリ氏など一部のプレイヤーが注していたものの、その強さは周知されてるとはいえない状況であった。
そんな時代に投稿された彼の動画内で、中距離シューターならではの小回りを活かしたセンプク、裏取りや、一撃必殺のスーパーショットを駆使し毎試合異常なまでのキルレを叩き出すその姿は、多くのプレイヤーに大変な衝撃を与えた。
そのため胎児氏といえばシューコラという印は根強く、こいつのせいで弱体化した今でも使用頻度は高い方。
ただしシューコラ以外にもチャージャーローラーも含む様々なブキを練習しており、時にその成果を動画内で披露することもある。

当初はA+カンスト勢としてガチマッチ動画アップロードしていたが、現在の大アップデートで追加されたランクS+を戦場にしている。なお、当然のようにカンスト達成済である。

ワールドオブたいじ その強さ

なんといっても驚異的な視野の広さ。画面内で何が起こっているかを常に把握しているのはもちろん、サウンドプレイによる画面外からの情報収集も非常に高い。
「音を聞けばがどこにいるか大体わかる」ということは本人も度々言及している。そのためゲームパッドは「初動、リスポン時、センプクしてて暇な時」以外はほぼ見ないとか。
試合中は駄な行動が限りなく少なく、特にシューコラなど機動性に優れたブキを使用する時は所狭しと動き回ることが多い上に敵を見つけた時の反応速度異常なため、送りに見える」というバイオ時代を彷彿とさせるコメントがつくこともしばしばである。
この反射経の良さとエイム精度の高さからくる撃ち合いの強さに加えて、センプクからの奇襲、ジャンプ撃ち、スニーキングクイックターン、その他使えるテクニックはなんでも使う貪欲さから攻めの引き出しが非常に多く、読み切れない。
前述のとおり色々なブキを練習しているため、相手のブキに応じた対処も的確である。

やり たいじ

Splatoonチーム戦で相手をキルしたことをチームメンバーに報告をするときに発せられる「○○やり」という言い回しは今ではイカたちの共通言のように幅広く使われているが、もともとは胎児氏による独特の口癖のようなものであった。氏によるイカ動画での初出はチーム総イカ戦の動画であるが、大量のキルを取りながら淡々と「ローラーやり」「プライムやり」フィーグーやりなどとく様子が非常にシュールかつ衝撃的であり、「やり」という言い方が一気にイカに広まる運びとなった。

チームでの活動

2015年8月16日に開催されたあのポン催の大会『チームイカ戦』においてチーム"U Kids"を結成。チョーランキング1位から4位まで独占した事もある最強チームであり、当たり前のように全勝優勝。「またこういった大会があればU Kidsで出場したいですね」とコメントしていた。メンバーや詳しい経歴については個別記事を参照。

UKの他にも海外大会"Inkstorm"出場にあたって結成された"Samurai Kidz"をはじめ、即席も含めるとチームでの活動や大会への挑戦にも社会人ゲーマーとしてはかなり意欲的な方である。

スプラ界で一、二を争うほどの知名度とは裏に、いわゆるガチな大規模大会での優勝には縁がない時期が長く、そのことをやや自虐的にることもあった。それでもほとんどの大会で予選抜けしていたり、2度も準優勝を手にしていたりするのは、チームメンバーもあれど一般的に学生より練習時間が取りづらい社会人ゲーマーであることを考慮すると十分バケモノレベルなのだが・・・
が、3月中旬から5月1日まで跨いで行われた"EndGame Splatoon Premier League(eSPL)"にチーム「文明開化」の一員として出場、WinnersFinalGrandFinalで強NISを2度下し、晴れて大規模大会での優勝を手にすることとなった。

2016年5月、新たな固定チーム"No Kids"の結成を発表。メンバーは胎児氏、ツンデレ氏(元Decoy所属)、ダイナモン氏(元NIS所属・第1回甲子園優勝メンバー)、ぱいなぽ~氏(元Another所属)。
個々の量はもちろん、Decoyから引き継がれたチャーし編成を軸に、必要に応じて胎児氏が.96デコ、ぱいなぽ~氏がリッターに持ち替えるといった柔軟性のある編成が特徴的なチームである。
5月29日にはスプラトゥーン発売1周年を記念して行われた大規模大会「スプラ感謝2016 ガチ部門」にNo Kidsの一員として参加、見事優勝を果たし、新チーム々しいお披露となった。その後も数度の優勝を含め大会上位に居座り続けている。
ちなみに、これまでは大会の開催に応じて即席に近い形でチームを組むことも多かったが、No Kidsに関しては固定チームだと明言されており、当面はこのチームで活動していくと思われる。

主な大会出場記録

括弧内は参加チーム名。

チームイカ戦 優勝(U Kids)
iOS催 第2回チーム対抗トーナメント 準優勝(U Kids
iOS催 第3回チーム対抗トーナメント 予選ブロック敗退(U Kids
InkStormⅠ 3位(Samurai Kidz)
第1回ブキ統一杯 優勝スーパーハイパーウルトラミラクルショット
第4回ラピラビ杯 準優勝(U Kids
WLT杯 予選ブロック敗退(スーパーハイパーウルトラミラクルショット
kaleid杯 ベスト4(Samurai Kidz)
第3回SyCUP 決勝トーナメント2回戦敗退(U Kids)
第5回ラピラビ杯 予選ブロック敗退(NC - Nero lucente inferno quattro re celesti
ミックス杯 予選ブロック敗退(わっとん)
第8回ラピラビ杯 決勝トーナメント1回戦敗退(おんぷさん)
第4回SyCUP ベスト8(ブラジャーex
EndGame Splatoon Premier League 優勝(文明開化)
第9回ラピラビ杯 3位(ポテトサラダ
スプラ感謝2016 ガチ部門 優勝(No Kids)
第10回ラピラビ杯 優勝(No Kids)
第1回INKup 優勝(No Kids)
第1回STPドラフト杯 準優勝(TG(胎児軍))

第2回INKup 優勝(No Kids)
スプラチャンピオンシップ2016 3位(No Kids)
第1回N's杯 ベスト8(No Kids

第1回BigBangCup 決勝リーグA2位(No Kids)
第7回エリア杯 優勝(Baby Monster
第8回エリア杯 予選ブロック敗退(Baby Monster

第3回INKup ベスト8((解散を)ぎきってみせよう)
第2回*Aria杯 予選ブロック敗退(TMP!)
第2回STPドラフト杯 3位(ざっとカンパニー)
第3回Splated杯 優勝(No Kids)

バイオハザードシリーズ

PS2版・GCバイオ4PS3版&xbox360バイオ5プレー
負けず嫌いな性格で、他ランカーに集会場ソロの記録を塗り替えられてもたった一日で更に上回るスコアを出してしまった。バイオ6では購入から短期間で高スコア叩き出す。そして全ステ一位の記録を残してのように去っていった。

マーセ初期から中期にかけて常にハイスコアを牽引し、長くに渡ってマーセ界をリードしてきた人物の一人。
異様なほどアイテム欄操作が素く、脅威のエイム精度と判断の高さを持つ。シビアすぎる縛りプレイにも負けずに挑める精と集中は驚嘆に値する。操作に画面が追いつかない場合もあり動きが倍速に見えるという人も。
ルート開拓、操作、立ち回りの確立をするなど覚しい活躍をしていた。

システム理解が非常に高い。天才的なゲームキチ○イ(褒め言葉)
荒々しいががあるプレイスタイルで、その立ち回りに影を受けた人は数知れず。
バイオ時代から胎児氏を知っている視聴者の中には彼をタイサマと呼ぶ人もいる。
オラオラタイプだが基本的に優しい性格。受け答えも丁寧で人当たりが良く嬌もあったのでファンを量産していた。

人物

北海道出身、関西地方在住の社会人。既婚(後述)。年齢は表していない(バイオ時代からばっかりついてたら本当の年齢が分からなくなった)。

お茶な性格で、生放送中の発言には冗談の割合が多い。が、基本的には常識的な大人であり安心感がある。

ただし自らのゲームの腕前に関してだけは一切謙遜することはなく、たとえばスプラトゥーンに関しても「はただ上手い動画を上げてるだけ」「自分はトップに近い腕前だと思うし、そうでなくてはいけないと思っている」と言してはばからない(実際そうだから仕方ない)。

過去にはゾンビを倒すゲーム全一スコアを獲っていたにも関わらず、ホラゲは大の苦手。プレイ中は近所への騒音が心配されるほどの絶叫を発し、ホラゲ実況動画には必ずと言っていいほど音量注意タグが貼られる。生来の視野の広さと反射経が恐怖心を増幅させているとかなんとか

配信での話し松本潤にちょっとだけ似ている(職場の人にも『だけは潤に似てるな』と言われたとか)。
マイクセッティングのせいか鼻息の荒さに定評があるほか、なぜかハゲキャラが定着している。「昔は(毛根)強かったんやけどなぁ……今はあかん

好きなアニメキャラ田井中律けいおん!)、牧瀬紅莉栖STEINS;GATE)など。尊敬する人物は梅原大吾。熱心な受講生でもあり、生放送中にもこう先生タグマをすることになった時にはまるで子どものようにはしゃいでいた。

子ども時代は野球少年であり、現在では登山趣味とするなどアウトドアな一面もある。

定職と庭を持っていることと、もともとのシャイな性格もあってか個人を特定できるような情報開することにはとても慎重で、甲子園のようなオフ大会の加や顔出し放送は今後もないと思われる。

おによめ

もともとTwitterのフォロワーや生放送リスナーに夫人(以後胎児氏本人の呼称に倣いと表記させて頂く)の存在は知られていたが、ホラゲ実況を皮切りに動画にも登場するようになった。胎児なのに妻帯者とかこれもうわかんねぇな

ほんわかした関西弁が特徴。動画生放送で時折みられる夫婦間のやり取りは大変微笑ましく、どう見てもおしどり夫婦です。本当にありがとうございました。

「結局松井秀喜イチローも、スプラトゥーンではに勝てないんだよ」
「でも私はそんなアンタを倒せる。私の方が強い

もともとスプラトゥーン希望Wii U本体ごと購入したことが明かされている。
トッププレイヤーだけあってイカのウデマエはZAPランクSまで到達するほどで、なかなかのもの。ただ基本的には友人らと仲良く遊ぶのを楽しんでいる様子で、夫に「カンストいけるで」とけしかけられた時には「S+全然興味ないの」と断言していた。

また、とてもかわいらしい絵柄のプロフィールアイコンが描いたもの。なお胎児氏本人は画伯である。

全盛期の胎児伝説

関連動画

コミュニティ

関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E8%83%8E%E5%85%90%28%E5%8B%95%E7%94%BB%E6%8A%95%E7%A8%BF%E8%80%85%29
ページ番号: 5352525 リビジョン番号: 2432560
読み:タイジ
初版作成日: 15/07/20 12:55 ◆ 最終更新日: 16/11/28 20:13
編集内容についての説明/コメント: 大会出場記録の修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

胎児(動画投稿者)について語るスレ

454 : ななしのよっしん :2016/06/22(水) 10:19:46 ID: WKtq3YXqxQ
過去最大規模だった最後のラピラビ杯も優勝で大規模大会二連覇
対抗戦でも苦戦してるスピコラ2枚構成だけが課題かね
455 : ななしのよっしん :2016/07/01(金) 14:41:59 ID: LIYLhB3f99
sm29115444
456 : ななしのよっしん :2016/07/27(水) 22:04:14 ID: hEE7GSfYAJ
この記事更新しないんか?
すでにNKでラピラビファイナルとINKup優勝してるぞ?
457 : ななしのよっしん :2016/07/27(水) 22:07:02 ID: 5fDPiXbwTG
よし、じゃあ頼んだ
458 : ななしのよっしん :2016/08/09(火) 10:40:22 ID: X0u6B7TGp+
もこうが大嫌いでつるんでるから嫌厭してたんだけど胎児さん自身は普通の人で動画見ててハマった
459 : ななしのよっしん :2016/08/29(月) 17:30:35 ID: X+1lPqbBIt
第10回ラピラビ杯 優勝(No Kids)
第1回INKup 優勝(No Kids!)
第2回INKup 優勝(No Kids!)
STドラフト杯 準優勝(たいじ軍)
スプラチャンピオンシップ 3位(No Kids)


まだ書いてない実績まとめたので追加できる方お願いします

STドラフト杯に関しては小規模大会ですが
あのポン杯が入ってるみたいなので入れました
460 : ななしのよっしん :2016/08/30(火) 09:20:03 ID: WKtq3YXqxQ
小規模っつっても面子がどのチームも間違いなく大規模大会で優勝補に挙がる連中だしな
あのポン杯が入ってSTP杯を実績に入れないわけにはいかないよな
461 : ななしのよっしん :2016/09/10(土) 13:20:34 ID: MVElMTWLU2
ドラフト杯は、決勝2セット以外が全試合フルセット、かつ、シーソーゲームの連続っていう物凄い見応えある大会だったから、観てない人は是非色んなプレイヤーTS観てみて欲しい
462 : :2016/10/03(月) 16:21:52 ID: 4YEDOVpgnY

463 : ななしのよっしん :2016/10/31(月) 15:15:55 ID: zf6daAoKyL
大会実績追加お願いします

N´s杯(No Kids)ベスト8 決勝トーナメント4回戦でAA敗北
BigBangCup(No Kids)決勝出場チーム決定リーグA2位 妖怪爆弾SetUpに勝利、童貞ピザ敗北
第7回エリア杯(Baby Monster)優勝
第8回エリア杯(Baby Monster)予選リーグYブロックで大天使ASKに負けて敗退
第3回INKup((解散を)ぎきってみせよう)ベスト8 予選Bトーナメント決勝でOCN敗北
第2回*Aria杯(TMP!)Bブロック3回戦くーにんに敗北
第2回ドラフト杯(ざっとカンパニー)4チーム中3位
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015