単語記事: 腰

編集

とは、次のものを意味する名詞である。

  • 腰 - 人体の一部。
  • 腰 - 日本の苗字。
  • 話の腰 - 話の流れの節目。「話の腰を折る」(流れを遮る)などと使う。

もしかして?→Tatsh

腰(人体の一部)

腰は、人体の部位の一つで、脊柱の下のほうから骨盤の辺りまでのことである。

上半身の重さを受け止め、下半身の動きを制する非常に重要な部位である。腹筋や背筋がある。そのため扱い方を知っていると、スポーツや仕事の際にとても滑らかな動きができるようになる反面、何らかの拍子に傷めると、全く身動きが出来なくなってしまう事もありえる。

痛めたり、疲労が溜まったために起こる「腰痛」は、俗に「二足歩行の宿命」とも言われ、誰にでも突然起こりえるやっかいな病として知られている。

英語のwaistのカタカナ表記であるウエストも似たような意味で使われる。

腰(苗字)

  • 腰繁男 - アニメ監督、演出家。「ドラえもん」や名作系アニメなどを多数制作している。

※「十腰内」「袴腰」「腰廻」など、「腰」の字を一部に組み入れた地名は東北地方を中心として広く分布している。しかし「腰」そのものを地名としている例は、現在のところ確認されていない。

漢字として

Unicode
U+8170
JIS X 0213
1-25-88
部首
月部
画数
13画
音読み(常用)
ヨウ
訓読み(常用)
こし
𦝫
Unicode
U+2676B
部首
日部
画数
13画
意味
こし、中間から下のあたり、こしにつける、という意味がある。
字形
形声。声符は。要は、こしの象形であり腰の初文。主要な、という意味で使われるようになり、こしを表す腰の字が作られた。なお要は〔説文解字〕に「身の中なり」と腰の意味で載っている。
音訓
音読みはヨウ(漢音、呉音)、訓読みは、こし。
規格・区分
常用漢字である。JIS X 0213第一水準。1946年に当用漢字に採用され、1981年に常用漢字になった。
語彙
腰骨・腰斬・腰椎・腰痛

異体字

  • 𦝫は、〔玉篇〕が本字とする字。異構の字。

関連動画

  • よくストレッチして、普段から痛めないように注意しましょう。

  • そうすれば、こんなに激しく振っても全く平気です。

  • でも、こう言う動かし方はちょっとイヤかもしれません。

 

関連項目

  • 日本の苗字(名字)の一覧
  • 器官の一覧
  • ウエスト
  • 形容 /丸腰 - 中腰 - 腰抜け
  • 状態 /腰痛 - ぎっくり腰
  • 人物 /腰の人 - 腰の低い悪魔 - 腰痛 - 腰つきP - Tatsh(腰音ギク)
  • 言回し/吹いたら腰が痛くなった
  • イベント /【第1回MMD腰ふり選手権】 - 吹っ切れた

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E8%85%B0
ページ番号: 1188852 リビジョン番号: 1743302
読み:コシ
初版作成日: 09/01/30 20:06 ◆ 最終更新日: 13/02/10 17:20
編集内容についての説明/コメント: 漢字について追記、順番を人体→名字とした
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

腰について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2011/05/26(木) 12:59:20 ID: ouDrRbAWig
>>sm14554074

こっしー
2 : ななしのよっしん :2011/06/20(月) 22:39:31 ID: 493pd8hTMt
誰か関連項目のところにtatsh追加よろ
3 : ななしのよっしん :2011/06/24(金) 16:38:14 ID: +BEr+yYDuZ
体の要って書いて腰って読むんだよな。
古代中国の人体についての科学って結構進んでたのかな。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015