単語記事: 自己責任

編集

自己責任(じこせきにん)とは、自分の責任の事。またその意味から発展した自分した行動の責任は自分で取るという考え方。
己の意思で決めた行動から来る結果に応答・対処する義務が責任と定義されるが、わざわざそれに「自己」を付け強調する極めて日本人らしい言葉。 

概要

抑も自己責任は、自己、自分自身の行動により発生する影は、自分がとらなければならないという考え方であり、他人はその内容に関し一切関わらないというす。
また、契約書などにおける「免責事項」など、類義や類似した表現もいくつかある(次の例の下線部参照)。

(例1:危険な行為のため自己責任でお願いします)
(例2:駐車場内での盗難・事故につきましては責任を負いかねます)
(例3:当施設職員の制止に従わないで生じた怪などの損に対しては、その責を負いません)


(例4:利用者が「ニコニコ大百科」を利用する場合、運営会社は「ニコニコ大百科」に掲載される全ての情報について、その正確性、合法性、徳性、最新性、適法性などについてすることができません。  - 「『ニコニコ大百科』利用規約 第9条.免責事項」より抜)

免罪符としての「自己責任」

一個人や企業など一組織、場合によっては政府など(何)に対してもいえることだが、負える責任には限界がある(これを認めないと、たとえば「途上の人たちが苦労してるのはひろゆきけてるからだ、ひろゆきは責任を取れ」といった責任転嫁を許してしまう)。そのために、上記の「免責事項」等はどの契約書にもみられるものである。

しかし、自己責任という感だけ捉えて都合よく適当に使いまわされた為、現在では、他者に影しない行動であることをアピールし自分への影拒否する場合や、連帯責任者が決まっていない連帯責任行動を行う事を、形式上注意しておく場合等に用いられる。

昨今では、イラクへのボランティア活動について、自己責任で行うよう、から注意が行われたのが有名。
ちなみに海外渡航は法で禁止出来ないため自粛要請以上は行えない事になっている(つまり、渡航禁止令の代わり)。

なお、この時、あっさり現地の武装組織につかまった人々は連帯責任者がおらず、日本国が連帯責任者として責任を取った。

そのうち一人が朝日新聞の入館を持っていたのだが、そのとき朝日新聞は 『契約カメラマンなので、危険地帯に侵入するのは自己責任』と発言。 この事が、彼らに対して自己責任めるが高まった理由である。

何故かネット右翼が言い出したことになっているが、実際は左翼的立場の人が言い出したことでもあるので注意が必要です。

怪談としての自己責任

2chオカルトの「死ぬ程洒落にならない話をあつめてみない?(通称:洒落怖)」に投稿された怪談の一つ。

五人の中学生屋に侵入した際に恐ろしい怪奇現に遭遇した……という体験談だが、
最後に、読んだ者は幽霊に憑依され、発狂した挙句に死に至る事が明かされる。
怪談差別拡散する事で自身が憑依される確率を減らせるという救済措置もあるが、
検索、閲覧及び拡散は各人の自己責任で行っていただきたい。

なお、同様の『読んだら呪われる』類の怪談を、自己責任と呼称する事もある。

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E8%B2%AC%E4%BB%BB
ページ番号: 322588 リビジョン番号: 2441088
読み:ジコセキニン
初版作成日: 08/07/06 17:19 ◆ 最終更新日: 16/12/23 23:18
編集内容についての説明/コメント: 関連動画について編集(視聴不可となった動画の削除)
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


雇用問題について

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

自己責任について語るスレ

1728 : ななしのよっしん :2017/05/10(水) 16:13:10 ID: Driehh3UQu
うん、大抵のは人民なんだ、当然、本来の原則として自民以外にも適用される、現実は色々あるけども。
ティバー演説でもpeopleだろ、それか市民を表すcitizenとか、を意識するようには書かない。
なぜなら、より人が上だから、日本国憲法前文にも「そもそも政は、民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は民に由来し(略)」と書いてある。

ニュース市民とか言うと>>1727みたいな社会科の点数悪そうな人がそういうこと言うんだけど、民国家として非常に正しい言葉の使い方だよ。

ちなみに、GHQは人民と訳して憲法案出したらしいが、日本国政府が嫌がったとか。
(だから、巷で言う押し付け憲法が正しいなら、今の日本国憲法民ではなく人民と記載されているはず)
1729 : ななしのよっしん :2017/05/14(日) 19:00:17 ID: SOPlIPAv8o
例えばこのスレでも出てきた某で捕まってしまった方と、某格安ツアーでお亡くなりになった方の違いはそこだよね。

安かろう悪かろうで格安ツアーを選んだ責任はあるけれど、にも過酷な労働条件の善を怠った責任があるわけだ。だから責任のうち個人が負う率が著しく高いとはいえない。
しかし某の治安に日本は口を出せない。だからそもそも渡航禁止にするのが安全対策なわけだけど、それを破って渡航されたら、が安全に対して責任を負うことはない。逆に日本にきた外の方の安全にはある程度の責任がある。

集団の責任というのは、大部分にしか適用されないのだな。
そこを頼ることは集団に属する者として当然の行為なので、わざわざ故意に外れた行為をした人に自己責任と言うこととは二重規範にならない。
1730 : ななしのよっしん :2017/05/15(月) 22:51:32 ID: Driehh3UQu
と言っても、遊びに言ってるわけじゃないし、
現地の情報を伝えるのは公共の福祉にも反しないのだから、政府は努すべきだけどね。
捕まった時も交渉の邪魔したって話もあるくらいだし。
1731 : ななしのよっしん :2017/05/17(水) 16:54:04 ID: C2ndMkwaZj
自分探しは遊びだろ
1732 : ななしのよっしん :2017/05/17(水) 17:21:52 ID: 5Nd83dvHWF
逆に必要最小限の生活必需品の生産・消費以外に遊びでないことがどれだけあるのかと。戦争や労働(特に第三次産業)ですら考えようによっては遊びだと言えるわけで。
1733 : ななしのよっしん :2017/05/17(水) 17:24:00 ID: xC0Soln7/N
アレは表面が血でできた貯でしょ
口から食べ物()を入れてもらうの
さっさと粉々にされればいいのに
1734 : ななしのよっしん :2017/05/22(月) 17:40:26 ID: Driehh3UQu
>>1732の理屈で行けば、>>1731は近現代の消費社会の否定になるんだよなw
つまり、生産が体の社会になる、必要なものを作り、余剰が市場へ回る社会
(>>1732の意味であれば純に生きるためという注釈が付くだろうが)
逆に現代は、消費者に以下に消費させるか、そのために生産を行う社会

後者の考えはポルポトの思想に片足突っ込んでると思ったほうが良いよ。
1735 : ななしのよっしん :2017/05/22(月) 18:03:23 ID: uxveN9Q3RI
>>1734
>たとえ親であっても、社会と思えば微笑んで殺せ。

まあぶっちゃけこの心情はわからんでもない。
そこで自己責任もへったくれもい子供だらけにしてしまった事がポルポト最大の失策なわけで。
これが障者とか浮浪者とか犯罪者に限定した虐殺だったなら、せいぜいフィリピン程度の問題にしかならず、今も直系の政権が続いている可性も十分考えられる。
1736 : ななしのよっしん :2017/06/22(木) 03:03:44 ID: cPkRKlenZc
相対的に社会的立場が高くない属性の者へ、イメージによる認識を根拠にされる、問題の対の状況の脱出を困難にする社会認識を固定化する、責任に厳しい言論は

櫻井よしこ議員やワタミ議員等、保守系、会社系の自己責任論を好み
戦後の人権人権や会社等の所属ではなく個人に、等に体的に有るという考え=自然権としての人権)へは否定的な保守政治家や会社系の論客との親和性が高い
1737 : ななしのよっしん :2017/06/22(木) 03:19:59 ID: cPkRKlenZc

個々の人間は社会が変わるまで生きれず
偏見により維持される社会の前で子供から大人までの苦しみの点を何も変えられず尊厳なく生きているのが、この世界の苦しみの本質であり、意識を持つ個の尊厳は自然では種の中の力学で瞑れてしまう
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015