単語記事: 自殺

編集

自殺とは、自分で自分の命を断つことである。またイメージを和らげるため、「自死」という表現も使われる。

※ この記事に限らず、自殺方法の提示や自殺を推奨する内容の書き込みは削除となります。
また、現行刑法においては自殺は本人の意志に基づかねばならないとしており、度をえた自殺の推奨は自殺教唆罪に問われる可性があります。
掲示板へ書き込む際は悪意の有に関わらず、内容をよく検討した上で書き込んでください。
分かっているとは思いますが、この記事は自殺を推奨する記事ではありません。

概要

自殺(じさつ)とは、自ら命を絶つこと。自殺そのものは法には触れないが、自殺に関与することは刑法202条により、「自殺助」や「同意殺人」等の罪に問われる可性がある。

自殺者数

日本での自殺警察庁発表の『平成25年中における自殺の概要資料(PDF)』によると、1998年より中高年の自殺が急増したため3万人を越え、以後は若干の増減を続けながら1998年以降3万人える人数で推移していたものの、近年はゆるやかな減少が続き、2012年自殺者数は3万人を割った。WHOによる2010年段階の自殺統計資料では、日本は人口10万人あたりの自殺者数が24.0人であり、これは統計にある世界104の中で6番に高い順位となっている。

2013年の統計では人口10万人あたり21.4人となっている。年代はそれぞれ微妙に異なるが、世界的にはグリーンランド83人や、カナダの先住民のイヌイット族の135人と言った地域・民族で特に高く、別ではリトアニア31.5人、韓国28.1人、ロシア23.5人、中国22.23人など旧ソ連や極東のを中心に日本より高い自殺率を持つが存在している。

人口動態統計における男女では、おおよそ男性:女性が7:3と男性が多い。統計等で裏付けはされていないが、一般的に男性自殺は計画的で自殺の遂行率が高く、逆に女性自殺は衝動的であり未遂に終わる傾向があるとされている。

手段としては内閣府が2011年に作成した『自殺対策書』によると、首をる縊死が約6割と最も多く、次点が飛び降りで約1割となっている。また、近年ではインターネットを通してガスを使った自殺が広められた等の要因から、2003年からガスによる自殺若干ながら増加している。

年代別自殺者数としては2008年度人口動態統計調によると50代が6591人と最も多く、以降70代、60代、40代と続き中高年者の自殺が多い傾向にある。ちなみに低年齢層では20代3026人、10代は502人である。

なお、WHOが「変死の原因の約半分は自殺であり」としたという出典は、総務省2005年度『自殺予防に関する調結果報告書』に2004年の「自殺予防デー」におけるWHOの資料を引用し記載されていることによるものと思われるが、これは原文の「violent deaths」が日本で言う変死体の定義(犯罪死か非犯罪死か判別できない死体)にそぐわないため適切な翻訳とは言えない。また、原典ではあくまで世界的に見て「violent deaths」の半数が自殺であったとしているのであって、「violent deaths」の半数を自殺と見なすべきだとは述べていない。よって、WHOが変死体の半数が自殺者であると発表したとするのは根拠がなく誤りである。加えて、変死体と非犯罪死体はしばしば混同されるが本来は明確に区別されることも留意する必要がある(『犯罪死の見逃し防止に資する死因究明制度の在り方について』2011年では非犯罪死体は151801体、変死体18383体である)。しかしながら日本における法医学解剖件数は少なく、上記資料に記載されている日本の異状死体の解剖率1割は先進国の中では低い割合である。また、現場の検視においても「死因が明らかな場合」の明確な基準がなく、その精度は不明である。以上のことから、統計にある自殺者数が必ずしも正確であるとは言えない。

また、遺体の損傷がしい、遺体や一部分しか見つからなかった等で身元が分からない、身元が分かっても近親者等がいない等で引き取り手がい、引き取り手が受け取りを拒否する例も少なからずあり、その場合は、死体が見つかった市町村(本人の所持)を使い葬儀、火葬を執り行い、営の墓所または、内にある寺院の墓所でとして葬られる。但しこれは自殺に限った事ではなく、孤独死、災害に起因する死でも同様である。因みにこのように処理された死者を行旅死亡人と言う。

自殺の原因

自殺に至る原因は様々だが、NPO法人自殺対策支援センター自殺は単一の理由によってではなく、「庭問題」「健康問題」「経済・生活問題」などのカテゴリに分けられる危機要因が複合的連鎖的に組み合わさった結果として自殺に至るという研究結果を開している。この研究で摘されている連鎖的に自殺に至りやすい危機経路は以下のとおりである。

  • いじめ → 学業不振+学内の人間関係(教師含む) → 進路の悩み → 自殺
  • 「失業 → 再就職失敗 → やむを得ず自ら起業 → 事業不振 → 多重債務 → 生活苦 → 自殺
  • 「身体疾患 → 休業 → 失業 → 生活苦 → 多重債務 → うつ病自殺

特に「うつ病」という危機要因は他の要因と複合・連鎖する確率が高く危険度が高いとしている。本来人間は生への欲求が本的に強く、「もう死ぬしかい」「死にたい」と言ったり思ったりしているうちは自殺しないものである。しかし、うつ病にかかると「ぬことベストの選択だ」と思うようになりやすい。この観念に囚われたときに人は最も自殺しやすくなるのである。回復期に行動が一時的復活するときが一番危ないのは、これらの要因が重なるからだと考えられている。

日本の統計などでは自殺の原因について「健康上の理由」がトップとなっている事が多く、全自殺のおおよそ半数を占める。「健康上の理由」と言うと「末期悪性腫瘍など、死に至る治療困難な病などを苦にしての自殺」と取られがちなきだが、実際には「うつ病」も「健康上の理由」のかなりの割合を占めている。

また、実は「統合失調症」も自殺の原因としては決して少なくない。

自殺そのものは極めて個人的問題だが、自殺という現社会的、社会構造的な問題であり、決して軽視できない問題である。

模倣自殺

かの自殺に影されて自らも自殺すること。英語ではコピーキャットスーサイドなどとも呼ぶ。ただしコピーキャットとは物真似屋、模倣者を意味し、侮蔑・軽視のニュアンスが強い単であるため注意が必要である。

名人自殺報道に影されて、一時的に自殺が増加することが知られている。その場合は若者に多い。

ゲーテの小説「若きウェルテルの悩み」は、失恋した若者ウェルテル自殺するストーリーである。これを読んだ者たちが模倣して自殺するケースが続出した。この有名な例をふまえた、「ウェルテル効果」という社会学的用もある。ただし「ウェルテル効果」という用は「自殺報道自殺を増やす」という現したものであり、上記の有名な例のように「小説の登場人物に影されて自殺」という現したものではない。

幾つもの統計研究で確認されており、「ウェルテル効果」の実在は確実視されている。そのためWHOが下記のようなガイドラインを作成するに至った。

WHOの自殺報道に関するガイドライン

ご存知の方は少ないかもしれないが、WHO自殺報道に関してPREVENTING SUICIDE A RESOURCE FOR MEDIA PROFESSIONALS (PDF)(日本語訳は自殺予防 メディア関係者のための手引き - 内閣府)というガイドラインを作っている。

これは過熱した自殺報道がさらなる自殺を呼ぶ可性が高いとしてWHOが示したもので、「事実を示す際には、保健機関と緊密に協する」「自殺に代わる方法を強調する」「リスクを示す標と警告サイン表する」「自殺の方法について詳細に報道しない」「自殺を美化したり、センセーショナルに報じない」「非難をしない」などが挙げられる。

……あえてコメントはしないでおこう。

思想と自殺

※ この項は、自殺を教唆するものではないことをお断りしておきます。

前述の通り、自殺の原因は様々だが、精的・体的に追い詰められてではなく、何らかの思想的・政治的理由に基づいて、体的に自殺を選ぶケースが存在する。

また、自殺哲学的問題として取り上げた人物に、アルベールカミュショーペンハウアーがいる。

思想的・政治的理由から自殺した日本の自殺者

武士の中には、君の死に伴い、殉死を選んだ人間がいる。

日本近代では川上山・北村芥川龍之介太宰治川端康成など文学者が自殺するケースが多いが、文学的理由からか、精的に追い詰められてなのかは議論が分かれる。

同、海外の自殺者

現在でもチベットなどでは抗議として焼身自殺をする僧がいる。また、自殺ではないが、信条的理由が餓死に繋がってしまった人間に、伯夷・叔斉やコルベ神父がいる。

自殺を中止した人物

自殺と宗教

幾つかの宗教では、教義において自殺を禁じている。

キリスト教

キリスト教では自殺を厳しく禁じている」という話は非常によく世間に広まった有名な話である。これは一面において正しく、最大宗であるカトリックを始めとした様々なキリスト教では、現在においても自殺は禁じられている。

しかしイメージと異なり、現在では自殺者のために祈ることも、自殺者のために葬儀のミサを開くことも、多くの教会で許されている。現在のカトリック的な教理にも、自殺者がに救われる可性について触れられている。これは、過去への反省から来た革の結果である。

昔の教会は、自殺者のために祈ることを禁じたり、葬儀を許さなかったりという厳正な態度をとっていた。しかしその結果として、悲しみに暮れる自殺者の遺族に対して教会は冷淡な態度を取ってしまっていたとも言われる。時代のうつりかわりとともに、その状態が望ましくないと考える職者が増え、教義が革されていったのである。

また、このような革がなされた理由の一つとして、「聖書には自殺を明確に禁じる文章がい」ことが挙げられる。「そう解釈することもできる」という程度の文章はあるが、「自殺を禁ずる」と明文化した文章はいとのこと。それなのになぜ自殺の禁止が教義となって広まったのかは諸説ある。ともあれ、聖書原典で禁じられていないことから、キリスト教職者も寛容を見せる余地があったものと思われる。

ただし教義はともかく、自殺を罪として禁じる宗教の元ではぐくまれた文化として、自他の自殺を罪・恥と考える価値観は西欧キリスト教に根強く浸透している。これは自殺を抑止するという心理的ブレーキとして働くという意味ではプラスとも言えるが、家族自殺した遺族の悲しみを増したり、また自殺者や遺族に対する世間からの差別・蔑視の態度を養うなど、マイナスの影も生じているという。

イスラム教

キリスト教とは異なり、クルアーン原典に明確に自殺を罪として禁じる文章が含まれている。自殺者は天国に入ることができないと示す文章も含まれているとされる。

そのため、イスラム教においてはキリスト教よりもさらに強く自殺を罪として見なしている。

関連動画

関連商品

関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E8%87%AA%E6%AE%BA
ページ番号: 4132384 リビジョン番号: 2302371
読み:ジサツ
初版作成日: 09/07/28 13:14 ◆ 最終更新日: 15/12/19 19:17
編集内容についての説明/コメント: 少し加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


私なりの解決手段

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

自殺について語るスレ

4092 : ななしのよっしん :2016/05/30(月) 16:01:47 ID: jTaKAlYsvd
>>4090
>確実に死ねる方法があるなら何のためらいもなく自殺できるってことなのかな

苦しまずに確実にサクッと死にたい



>自殺志願者は要望出すだけでいいけどそれを実行する側に何か利点あんのかな


差別殺人(死刑になりたい人の)が減る。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
4093 : ななしのよっしん :2016/05/30(月) 17:09:40 ID: 11oFFkl4Wf
ホームレス生活保護は、安楽死施設を作るを回してあげる方がよほど喜ぶんじゃないかな
就職先に関しては、作る側にとってデメリット(人件費の発生)でしかない
4094 : ななしのよっしん :2016/05/30(月) 18:18:59 ID: jTaKAlYsvd
>ホームレス生活保護は、安楽死施設を作るを回してあげる方がよほど喜ぶんじゃないかな


生きたくない人でも?
4095 : ななしのよっしん :2016/05/30(月) 18:27:35 ID: 11oFFkl4Wf
生きたいからホームレス生活保護受けてんじゃないの?
生きたくないけどホームレスやる・生活保護受けるって意味がわからない
4096 : ななしのよっしん :2016/05/30(月) 18:32:08 ID: lGnf4MTXWM
安楽死の法整備や施設の配備については、したい・したくない等の個々人の意思や思惑よりも
実践的な政治の領域にあってすんなり通る事はないだろう。
更に言えばこれは先進国での自殺問題でよく議論になるけど「一個人の死生観に対して、
的な行政の立場が何処まで介在する正当性があるか」という議題に一定の結論を出さないと難しい。
4097 : ななしのよっしん :2016/05/30(月) 18:33:16 ID: ln3rIZeAyh
死ぬのが怖いのと死ぬ時の苦しみが怖いのは=じゃないから
生きていたくないけどそれ以上に未踏の苦しみを味わう事をしてるって人は居るだろう

それを単純に「生きたくないけど〇〇してる人」と表現すると弊があるのは確かだけど
4098 : ななしのよっしん :2016/05/30(月) 19:09:33 ID: 6bcy+RYUpt
>>4095
>>3995の者だが、"生きたくない=死にたい"じゃないからね。のような死ぬのが怖くて死ねない人もいれば、
生きるのが苦しくて、生きたくないと言いつつも、心の底で幸せに(ここ重要)生きたいと思ってる人もいるし。
4099 : ななしのよっしん :2016/05/30(月) 21:19:38 ID: xdVRAf2WeZ
>>4092
じゃまず施設々以前にその方法から考えなきゃいけないわけだけど
その辺の知識あんまりないんだけど具体的にどういうもん使ってどういう方法で死ぬの?
因みに90年代オランダで調したら6くらいの確立で中々死ねなかった例があるので確実じゃないみたいよ。20年経ってるから精度は上がってると思うけど

差別殺人の例についてはそういうのって何件くらいあってどの位の被出てるの?98年辺りで自殺者数3万人越えとかだったと思うけどその辺りからここ20年間の自殺者数のうちどの位の割合でそういう事が起こってるの?
自殺者=犯罪者予備軍ってレベルで関連付けられない限り大したメリットじゃないって判断されるよ
それと自殺物件の被額ってどれ位?
鉄道自殺で起きた例は一件で数千万レベルの損起きて遺族に600万の慰謝料請された例があるみたいだけど、そのせいで日本経済が崩壊する!って程になってるようには見えない
4100 : ななしのよっしん :2016/05/30(月) 21:32:04 ID: xdVRAf2WeZ
>>4092
人死なすのにわざわざハコ作ったり既存建物のスペース取って人雇って飛ばすわけだけど、それ本当に利益出るの?
が出すの?
ついでに言うとオランダベルギーも基本的に重病者に対して止むを得ずの手段でやってるように見えるんだけど、ここで施設作れって言ってる人らはそんな凄い病気抱えてんの?

まずここらについて具体的な数字出して施設作った方が得ですよ、っていうのを立しないとダメなんじゃないかな
でやろうとした場合税で賄われる事になるけど、「死にたい死ね」と思ってる人だって「その通りですね。じゃあ出せ」ってなった時どれ位の人が賛同するかわからないし
増税せず新しい事業として発足させた場合どっか削らなきゃいけないわけで、単純に考えると自殺対策の予算をそのまんま流用すればいい。けどその場合自殺者なんかほっといて別のことに使えよって反論も来るだろうからそれについてきちんと納得できるメリットを説明しなきゃいけない
で、素人考えだと別に得すること何もないじゃんって思える
4101 : ななしのよっしん :2016/05/30(月) 21:45:56 ID: 11oFFkl4Wf
>>4098
なら、死ぬことが使われるより幸せに生きるためにが使われる方が幸せじゃないの?
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015