単語記事: 舐

編集

とは、なめる、という意味の漢字である。

漢字として

Unicode
U+8210
JIS X 0213
1-71-51
部首
舌部
画数
10画
Unicode
U+8213
JIS X 0212
54-80
部首
舌部
画数
14画
𦧇
Unicode
U+269C7
部首
舌部
画数
9画
Unicode
U+54B6
部首
口部
画数
9画
Unicode
U+72E7
部首
犭部
画数
9画
Unicode
U+445B
JIS X 0213
1-90-58
部首
舌部
画数
11画
𦧓
Unicode
U+269D3
部首
舌部
画数
11画
𦧧
Unicode
U+269E7
部首
舌部
画数
15画
𦧫
Unicode
U+269D3
部首
舌部
画数
11画
𪙬
Unicode
U+2A66C
部首
画数
27画
𪙶
Unicode
U+2A676
部首
画数
29画
意味
なめる、ねぶる、という意味がある。
説文解字〕の本字はで〔説文・巻三〕に「舌を以って食を取るなり」とある。
字形
符は
音訓
読みはシ(音)、訓読みは、なめる、ねぶる。
規格・区分
常用漢字ではない。JIS X 0213第二準。

異体字

  • は、〔説文〕の本字。JIS X 0212補助漢字
  • 𦧇は、〔説文〕に「ひは也にふ」とある異体字。
  • 咶は、〔字彙〕に「と同じ」とある異体字。ほかに鼻息という意味があり、また話の異体字と同形。
  • 狧は、〔字彙〕に「と同じ」とある異体字。トウと読む別の字と同形。〔説文〕には、その別の意味の字として載っている。
  • は、〔正字通〕に「六書故、譌してに作る」とある異体字。UnicodeにはStandard Formとある。JIS X 0213第三準。
  • 𦧓は、〔直音〕に「と同じ」とある異体字。
  • 𦧧は、〔集韻〕に「ひは是にふ」とある異体字。
  • 𦧫は、〔大字典・異体字表〕にある異体字。
  • 𪙬は、〔字彙補〕に「音義、に同じ」とある異体字。
  • 𪙶は、〔字彙補〕に「に同じ」とある異体字。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E8%88%90
ページ番号: 5105433 リビジョン番号: 1839334
読み:シ
初版作成日: 13/06/23 19:09 ◆ 最終更新日: 13/06/23 19:09
編集内容についての説明/コメント: 新規
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

舐について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2016/03/31(木) 17:22:16 ID: LwHPaYYPhY
ケツめろ
2 : ななしのよっしん :2016/08/09(火) 23:07:17 ID: IZW7NmNRr9
幼女の首めたい
3 : ななしのよっしん :2016/08/10(水) 11:07:52 ID: uazDnviu0I
幼女ケツめたい
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015