編集  

航空事故単語

コウクウジコ

航空事故とは、航空機の運行中に発生する事故の総称である。

概要

航空機客・貨物を載せて飛行するため、輸送や航続距離、それに快適性や経済性の観点から機体を極軽量化し、その強度を安全率を含めた上で問題ないレベルギリギリまで抑えているのが一般的である。
そして最も一般的な航空機である飛行機(推進装置を持つ固定機)の場合、その巡航高度は地表10~12kmにも及び、また巡航速度600~1000km/h、離発着時でさえ200~300km/hにも達するのが普通である。

そのため飛行中に墜落や衝突等の重大事故が発生した場合、機体が衝撃によって原を留めることなく大破し、乗員乗客が全滅するなど、その被害が甚大なものとなるケースが多い。
1950~60年代以降、機材の大化が進んだことにより、一つの事故によって生じる被害も増加する傾向にある。
事故の発生場所によっては、機内のみならず地表にも被害が及ぶケースも有る。

航空事故によって死亡する可性はアメリカの調によると、自動車事故で死亡する可性の1/30を下回っていると言われている。
しかしながら、一度重大事故が発生すると上述のような理由で被害が大きくなりやすいため、報道で大々的に取り上げられ、人々の印にも残りやすい傾向がある。

そして航空事故は一度発生すると、その原因にもよるが航空機の運行会社や製造メーカーケースによっては航空産業そのものへ重大な悪影を与えることがある。
そのため、航空産業の明期より事故調と事故の再発防止には甚大な労と資が費やされている。

航空事故調を行う組織はごとに異なり、日本では運輸安全委員会Japan Transport Safety Board , JTSB)が現在その役を担っている。
ではアメリカ国家運輸安全委員会National Transportation Safety Board , NTSB)、英国航空事故調局(Air Accidents Investigation Branch , AAIB)、フランスフランス航空事故調局(Bureau d'Enquêtes et d'Analyses pour la Sécurité de l'Aviation Civile , BEA)などが代表的な存在である。
これら航空事故調を行う組織は、自内の事故のみならず、自製の航空機が他で起こした航空事故においても事故発生の調組織に協する形で捜に加わることがある。
そのため、ボーイングが本社を構えるアメリカNTSBエアバスATRがあるフランスBEAが捜に関与することは多い。

航空事故の中には、テロによる爆破やハイジャック等の犯罪行為、撃墜など戦闘誤射・迎撃行為に起因するものも存在する。これら事件に関しては、偶発的な事故とは別に扱うことも多い。

航空事故の種類

  • による分類
    • 墜落 …… 飛行機など重航空機の場合は揚、軽航空機の場合は浮を失うなどして地表に落下すること。
    • 空中分解 …… 飛行中に航空機分解し地表に落下するもの。
    • 地表衝突 …… 航空機が高度が不十分であったことにより地表へ追突するもの。
    • 地上衝突 …… 航空機同士が滑走路・誘導路などで衝突すること。
    • 中衝突 …… 航空機同士が飛行中に衝突すること。
    • 火災 …… 航空機が何らかの理由で発火し、炎上するもの。飛行中の場合、操縦困難となり墜落空中分解に発展することもある。
    • 離陸失敗 …… 離陸時に何らかの問題が生じ、地表に衝突するもの。
    • 過走 …… オーバーラン。離陸中止や着陸時に滑走路上で静止できず逸脱すること。
    • 不時着 …… 何らかの問題により、的地以外の場所に緊急着陸すること。
    • 胴体着陸 …… 降着装置の不具合などにより機体そのもので着地すること。
    • 爆破 …… テロ組織等の仕掛けた爆弾により航空機が破壊されるもの。
    • ハイジャック …… 航空機を武等を持って強奪するもの。
    • 撃墜 …… 地表または軍用機からの武攻撃により、航空機墜落ないし不時着させられるもの。
  • 原因による分類
    • 操縦ミス …… 機長・副操縦士等が機体の操縦、必要な手順の省略機械操作や状況判断を誤った事によるもの。
    • 管制ミス …… 航空管制が適切な示を与えなかったことによるもの。
    • 機械的故障 …… 機材の欠陥、老朽化、不具合、製造過程での不良、整備の不良等によるもの。
    • その他人為的要因 …… 意思疎通や言、人間関係等に問題があった事によるもの。また過積載、不適切な積載、燃料の不足、不良燃料の使用など。
    • 運航会社の問題 …… パイロットとして不適格な人物を雇用する、充分な教育を施さない、安全よりも経営や定時運航を優先させ、必要な経費や手順を省略する。予算不足で賃の未払い、充分な整備がなされないことなど。
    • …… 落、強ダウンバースト等)、噴火、降など自然災害に巻き込まれるもの。
    • 破壊行為 …… ハイジャックや爆破テロ、撃墜などが該当するが、機長や副操縦士が故意に墜落させた事例も存在する。
    • その他 …… 衝突(バードストライク)など。

事故原因で見た場合、操縦ミスが全体の半数以上を占めており、機械的故障や悪がそれに次いでいる。ただし、それ一つが原因で事故になるというケースは少なく、大半は複数の要因が絡み合って発生するものである。

航空事故死者数ワースト10

ここに記載していないが、2001年9月11日に発生した民間旅客機4機を巻き込み、乗員乗客246名のほか地表で2,700名以上、計3,000名余りを犠牲にしたアメリカ同時多発テロ事件9.11)を最悪の航空事件とみなすこともある。

  1. テネリフ空港ジャンボ機地上衝突事故 …… 死者583名(1977年 / スペインカナリア / KLMオランダ航空パンアメリカン航空 / 複数機による最大事故)
  2. 日本航空123便墜落事故 …… 死者520名(1985年 / 群馬県上野村 / 単独機の最大事故)
  3. ニューデリー旅客機中衝突事故 …… 死者349名(1996年 / インドニューデリー / カザフスタン航空サウジアラビア航空 / 中衝突による最大事故)
  4. トルコ航空981便墜落事故 …… 死者346名(1974年 / フランス、オワーズ県)
  5. インド航空182便爆破事件 …… 死者329名(1985年 / 北大西洋 / 爆破テロによる最大事故)
  6. サウジアラビア航空163便火災事故 …… 死者301名(1980年 / サウジアラビアリアド / 火災による最大事故)
  7. マレーシア航空17便撃墜事件 …… 死者298名(2014年 / ウクライナ、ドネツィク州 / 民間機撃墜の最大事故)
  8. イラン航空655便撃墜事件 …… 死者290名(1988年 / ペルシャ湾)
  9. イリューシン Il-76墜落事故 …… 死者275名(2003年 / イラン、ケルマーン)
  10. アメリカ航空191便墜落事故 …… 死者271名(1979年 / アメリカシカゴ

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%88%AA%E7%A9%BA%E4%BA%8B%E6%95%85
ページ番号: 5320856 リビジョン番号: 2463637
読み:コウクウジコ
初版作成日: 15/03/20 21:09 ◆ 最終更新日: 17/02/27 12:27
編集内容についての説明/コメント: 安全率について追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

航空事故について語るスレ

185 : ななしのよっしん :2018/05/26(土) 19:25:14 ID: 9efIIC9Ggz
パラシュートエアバッグ程度で防げるならとっくにやってるわ
航空機トンあると思ってんだ、キロじゃくてトンだぞ
トンものの塊が高度何千メートルから時速何キロで落下する
そんな凄まじい衝撃を防げるようなもの存在する訳ない
100%人命を守る手段は存在しない
ただ100%不可能でも生存率を極あげて事故率を下げることは出来る
まあそれでも死ぬ時は死ぬ、それはでも電車でも同じだろう
186 : ななしのよっしん :2018/06/08(金) 08:32:26 ID: b/CuswyPlT
重けりゃ落下が速い訳やないんやで?
特に最近は効率の為に小軽量化が進んでるから自クラスの小機なら操ロストさえしなきゃかなり減速できるから非常用パラシュートも計画されてる
というか普通旅客機でもパラシュート等の落下対策は研究中
187 : ななしのよっしん :2018/06/15(金) 22:47:45 ID: zjOLUduqNt
35Lのオーバーランとか見ると着陸時の減速用のパラシュートスペースシャトルが使ってたようなの)は非常用にあったほうがいいのかもとは思った。
188 : ななしのよっしん :2018/06/27(水) 17:19:44 ID: rfhNPMAPq0
今のところは落ちたときの対策に費用と重量割くより落ちないようにするほうが効率いいし安く済む
ただ研究自体はあるから将来的に技術革新があったり消費者側の意識が変わって万が一の安全にお金を払うのが当たり前になったりしたら変わるかもしれないけれど
189 : ななしのよっしん :2018/07/27(金) 07:29:43 ID: nPuD/H2zD/
機よりも大機の方が事故が起こる確率は高いのかな?
190 : ななしのよっしん :2018/08/04(土) 20:18:24 ID: iOkhjo6cW0
>>189
述べ数で言うなら小機の事故がかに多い、さらに死傷者のうち重症以上の発生率も小機が多い。
航空会社のようにシステム化された組織なんてものがない法人や個人所有が多いため
191 : ななしのよっしん :2018/08/09(木) 18:29:05 ID: 863gIy4jMc
>>187
戦闘機なら減速用パラシュートの例はかなりある
着陸滑走距離短縮を的としてね
ただし中で使ったとしてもスピンからの回復ぐらいにしか使えないし、誘導路でパラシュートを切り離す必要があるから、その回収要員を着陸時にスタンバらせないといけない
もちろん、異物吸引の事故率も上がる
「戦時でも一日にせいぜい200程度」もない戦闘機のソーティ数に対して、民間客運航は羽田空港のような大規模ハブ空港だと「毎日千以上」はあるから現実的じゃないね
あと、パラシュートは一定以上の速度えると耐えきれない
旅客機の巡航速度マッハ0.8(900km/h)程度だから、そこでなんか異常が起きてパラシュートしたとしても、パラシュートそのものか、機体が空気抵抗や減速度に耐えきれずに分解する
人間がパラシュート背負って降りるには、戦闘機パイロットやHAHO/HALO降下のような低酸素/低温に耐えられる特殊装備に加えて、航空機側が300km/h程度まで減速しないと飛び出しても助からない
射出座席も
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
192 : ななしのよっしん :2018/08/09(木) 18:40:53 ID: 863gIy4jMc
まぁ、民間旅客機スペースの制約が緩い分、ブレーキや逆噴射装置といった強な減速装置が使えるから、緊急時であってもパラシュートの効果は薄いと思う(35Lオーバーランヒューマンエラーによる減速ミスだし)
ユナテッド232便不時着事故みたいに、そういう装備が全部使えなくなるようなレアケースでもないと使えないものなら、そういうケースが起きないように対策したほうが合理的
193 : ななしのよっしん :2018/08/10(金) 09:39:29 ID: JfvTMZhRER
は絶対には使わないぞ
も使わない
陸も使わない
的地が来い!!!
194 : ななしのよっしん :2018/08/12(日) 00:34:30 ID: m9iO7JQOhE
Q400盗まれて墜落。これはメーデー案件ですわ
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829