編集  

航空戦艦単語

コウクウセンカン

航空戦艦とは、を飛ぶ戦艦のこと……ではない(そういうのは「戦艦」とか「飛行戦艦」とか「宇宙戦艦」などと呼ばれることが多い)。

 

航空戦艦とは、「航空機兵器として運用するための設備が施された戦艦」の俗称である。公式な艦種としては存在しない。一の実例(後述)も称艦種は「戦艦」のままであった。
逆に、空母に強艦砲などを備えて、直接の対艦対地打撃を持たせた場合は「戦闘空母」等と言われるが、現実にはこれに類する艦はない。(キエフ級空母などがある意味これに近いが)

ひらたく言うと、航空戦艦は「空母ぽいこともできる戦艦」であり、戦闘空母は「戦艦ぽいこともできる空母」である。

概要

一般的には、対艦攻撃の可等の兵装と、航空機を運用するための設備の両方を搭載した艦艇を航空戦艦と呼ぶ場合が多い。

しかし、公式に存在しない艦種であるうえ、実際の艦種の定義に多少なりとも曖昧な部分があるため、具体的にどのような艦艇を航空戦艦と呼ぶかに対して一定の取り決めはい。

例えば大和戦艦水上機を7機も搭載運用できるが、これはあくまでも戦艦の役を果たす為の補助的な装備であるので航空戦艦とは呼ばれない。しかし伊勢戦艦のように、戦艦としての役割だけではなく、航空打撃をも的としている戦艦が、一般に航空戦艦と呼ばれるのが常である。

現実航空戦艦と呼べるような艦艇はいくつか実在したが、実戦で航空戦艦航空機運用と艦砲戦を同時に行った事例は存在しないため、航空戦艦の運用実態については未知数な部分が多い。

戦艦空母の長所の両立が理想ではあるが、実際は戦艦空母の長所を相殺しているという見方が強い。
その理由として、

  • 航空機と兵装の搭載数がどちらも中途半端になりやすく、装同士の干渉が発生しやすい。
  • 長大な飛行甲を施せないため、一般的な艦載機では発着艦が困難。
  • 艦砲射撃の爆航空機被害が出やすい。
  • 航空機用の弾薬や燃料は艦砲戦で被弾時に引火しやすく、危険である。同様に飛行甲や格納庫に被弾すると航空機の帰還が不可能になる。
  • 航空機を安全に発艦させられる状況では艦砲射撃の可標が存在しない。

等が挙げられるが、これに対し、

艦砲射撃を行う状況下では、咄嗟戦闘でもない限り航空機は既に発艦済みであり、爆や被弾時の被害は限定的。
空母千代田龍驤など、空母でありながら撃戦を行った実例があること。また、自身は発していないが空母赤城等も撃戦に巻き込まれたことがある。これらは企図して発生したものではないが、それ故にそれを戦術方針とするならば、発艦→撃に持ち込める可性は飛躍的に増すこと。
艦隊戦だけでなく、上陸支援など沿部への攻撃にも空海同時攻撃を有効利用できる可性があること。

等の反論もある。

第二次世界大戦までは様々な国家航空戦艦について思案し、計画段階まで進んだ場合もあったが、航空戦艦に対する懸念やワシントン軍縮条約による艦艇の新造制限等があり、いずれも実現することはなかった。

戦時中に装を受けた日本伊勢戦艦が、世界初にして現在まで一の航空戦艦となる。
また、時代が下った1980年代アメリカ海軍アイオワ級航空戦艦プランを立案していたが、こちらも案となっている。

伊勢型戦艦について

史実上で一となる航空戦艦大日本帝国海軍伊勢戦艦である。

第二次世界大戦ミッドウェー海戦において、日本空母4隻を損失した。その空母の補的として、大和戦艦を除く巡洋艦以上の既存の艦艇全てに、空母への装が検討された。

戦艦では扶桑伊勢装の補となったが、伊勢二番艦「日向」が五番を喪失していたこと等が理由となり、伊勢戦艦装が決定した。
本格的な空母への装は時間や資材の不足から不可能であったため、苦の策として船体後部だけを装し、航空機用の格納庫を設けた。

搭載機は水上機である「瑞雲」と、射出機に対応するために機体を強化した「彗星二二」を予定していた。
滑走可な飛行甲は施せないため、航空機の発艦は一式二号火式射出機で行い、彗星は攻撃後、味方の空母陸上基地に帰還し、瑞雲水上に着後、クレーンで回収することが検討された。

しかし艦載機の生産配備が間に合わず、伊勢戦艦は艦載機を搭載することなく戦線に復帰した。艦載機運用は断念し、後部甲上に多数の対兵装を搭載した。この強化された対兵装は日本戦艦では大和に次いで強なものであった。
これが対攻撃に役立ち、また、格納庫は北号作戦の物資輸送で役に立った。

航空戦艦としての本来の運用は出来なかったが、結果として装そのものは実戦で役に立ったと言える。

もし航空機搭載とそれを活かせる戦場に巡り合えれば、伊勢日向の両艦だけで空母赤城の艦攻艦爆数に匹敵する有な打撃を持ち、カタパルト射出という特性で、低速空母では困難だった大新鋭機も問題なく発進でき、航空攻撃後に更に薄して戦艦としてのと強な装甲を用いて撃戦を交えるという夢の様な汎用性を発揮できたかもしれない。

巡洋艦による航空機運用

通常の戦艦巡洋艦にも偵察や対潜、着弾観測を的とした水上機が搭載されているが、水上機を多数搭載可巡洋艦世界的に多く実在し、戦果も多く上げられている。

巡洋艦や偵察的でも運用されており、速が高く、攻撃を回避しやすい。このような点が水上機と相性が良かったため、史実での戦果に繋がっている。

日本では水上機運用のために装された重巡洋艦最上がこれに該当し、他には利根重巡洋艦艦砲を船体前部に集中させ、船体後部を航空装にすることで水上機の運用を高めている。
艦隊令を専門とした軽巡洋艦大淀」も、連合艦隊旗艦として装されるまでは水上機が6機搭載可であった。

世界初の航空母艦であるイギリスの元軽巡洋艦フューリアス」は、航空機運用のための装後も船体後部に艦砲が残されていたため、これもある意味では空母巡洋艦の中間と言える。
かしこれは空母明期における試行錯誤の過程であり、何より艦や煙突により着艦にかなりの理が生じていたため、度重なる装の末に全通甲となっている。

現代の航空機搭載艦艇

現代では正規空母を運用可国家が少なく、航空機としてヘリコプターが実用化されたため、巡洋艦駆逐艦ヘリコプター搭載を備えた艦艇が多い。また、軽空母ヘリ空母に対艦攻撃用の兵装を搭載した艦艇も存在する。

日本ヘリコプター搭載護衛艦(DDH)という艦種を制定しており、いずれも駆逐艦程度の艦艇としてはヘリコプターの搭載数が多い。特に、ひゅうが型護衛艦以降は全通甲となり、艦艇そのものによる攻撃より、ヘリコプターの運用が重視された設計となっている。

日本以外ではロシアの重航空巡洋艦航空機運用と対艦攻撃を併せ持っている。キエフ級重航空巡洋艦と「アドミラル・クズネツォフ」がこれに該当する。いずれも固定機が運用可な艦艇であり実質的には軽空母に近いが、モントルー条約による政治的な配慮により、巡洋艦という扱いをされている(この事情についての詳細は「キエフ級重航空巡洋艦」の記事に詳しい)。

フィクションにおける航空戦艦

仮想戦記を始めとする、フィクション作品における航空戦艦人気は高い。特にSF作品に登場する宇宙戦艦は、戦闘機機動兵器を搭載している場合が多々見られ、宇宙空間の上という違いはあるものの、その運用形態は航空戦艦に似ている。さらにそれらの宇宙戦艦の中には航空機の発着設備と洋航行を備えたものもあり、場合によっては航空戦艦として運用できるかもしれない。飛べる時点で別物な気もするけど。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%88%A6%E8%89%A6
ページ番号: 5184233 リビジョン番号: 2261108
読み:コウクウセンカン
初版作成日: 13/12/26 18:46 ◆ 最終更新日: 15/09/14 20:26
編集内容についての説明/コメント: 定義
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

航空戦艦について語るスレ

72 : ななしのよっしん :2017/05/03(水) 21:42:38 ID: 6SbALneyPk
ゲームとかだと戦艦としても空母としても中途半端な器用貧乏か、
そうでなければ万で専門職の役割を食ってそうな印がある。
73 : ななしのよっしん :2017/05/13(土) 01:43:07 ID: hxooWQokxa
航空戦艦勇者だった?
74 : ななしのよっしん :2017/08/08(火) 17:48:20 ID: 9KPZ5uJtac
まぁドラクエ勇者だわな。ただしサマルトリアの王子だけど
75 : ななしのよっしん :2017/11/04(土) 09:26:36 ID: qytNfnqx24
>>73
戦況がひっ迫している中にこんなぶっ飛んだ案を思いついて、許可をしたが最も勇者だった件
76 : ななしのよっしん :2017/11/04(土) 21:27:00 ID: /9PJ78BiGb
スウェーデン軍のゴトランドとか利根があったから受け入れられやすかったとは思うぞ
実用性があったかどうかは微妙だが
77 : ななしのよっしん :2017/12/12(火) 10:47:28 ID: hDQYCTmzg9
>>75
帝国海軍「逼迫してるからあんな中途半端な改造になったんだよ!本当は時間をかけて全な空母へと装したかったわ!
78 : ななしのよっしん :2017/12/25(月) 13:33:22 ID: +MXWviiGjG
強襲機動巡洋艦ってこれがモデルだったのか
この発想既に戦前からあった訳ね
実現してるがさして活躍もしてない辺りが何ともロマン兵器に入りそうで入ってない感
79 : ななしのよっしん :2018/01/08(月) 12:46:50 ID: 6SbALneyPk
>>74
同じサマルでもSFC版なら割と頼りにはなるんだけどね…

>>77
そしてもっと時間と資があれば一から正規空母を作りたかったんだよな
80 : ななしのよっしん :2018/06/24(日) 10:36:38 ID: nZEveHR2ep
でも、を格納して撃するときのみ姿を現す方式を採用したイギリス航空戦艦に勝る航空戦艦はないと思うの(暴論)

割とまじで、対火器が優秀で航空は十分な防御を持つ対地に対抗できないとかそういう世界線だったら、
航空戦艦みたいな大を装備した戦艦みたいなものも誕生してたんだろうなと想像してる。
3次元起動できる航空機に対抗できるはずがないわけだが・・・
81 : ななしのよっしん :2018/06/24(日) 11:14:40 ID: rQQzy3Y/nT
>>80
SFチックな話になっちゃうけど、、
充分な威の高出レーザービームなどの兵器が対兵器として一般化した世界線だったら有り得るかも?
SWはじめSF作品では問題なく共存しているけど、実際に高度に管制された対から光速ビームが飛んで来たら射程内なら避けようもさそうだし・・・冷却システムや発電、配備数なんかに問題がなければ、現用の高射砲や機で迎撃するより被害甚大になりそう
ただその場合でも航空機自体はくならずに人的被害を抑えるためにドローンが代替するようにはなりそうだ

蒼き鋼のアルペジオではの艦艇が人類との戦争に勝利しているが、超兵器の塊とはいえ側の航空機も色々と制約が大きくそれ故に人類側の対兵器それなりに落とされたという発言があり、現に域強襲艦ズイカクは(空母にもかかわらず)艦載機の運用をオミットしてしまってたりする
まあの艦艇はいずれもVLSや兵器で固められた超兵器群ということもあるけれど
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829