単語記事: 航空機

編集

航空機(こうくうき、aircraft)とは、大気中を飛行するための乗り物である。

概要

航空機は、大きく分けて重航空機と軽航空機の2つに大別され、更に細かく分類される。

航空機の主な分類

運用者や用途による分類

推進方法やエンジンによる分類

生産形態による分類

  • 試験機 - 試作機
  • 実験

離着陸方法による分類

上記2種類を合わせてV/STOL(vertical and/or short take-off and landing)等と呼称することもある。

これらと対する必要がある際に、離着陸に通常の滑走距離を要する航空機を「通常離着陸機」(CTOL : conventional take-off and landing)と表現することもある。

主な航空機メーカーと航空機の一覧

※記事のあるもののみ追記願います。
軍用機に関しては別項にて一覧があります。 → 軍用機の一覧
特にXプレーンと呼ばれる実験機に関してはこちらを参照。 → Xプレーン

航空機メーカーの一覧

※消滅した企業および航空機製造事業から撤退した企業斜体にしています。

民間機の一覧

関連チャンネル

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F
ページ番号: 4208132 リビジョン番号: 2397300
読み:コウクウキ
初版作成日: 09/11/16 10:09 ◆ 最終更新日: 16/08/22 16:29
編集内容についての説明/コメント: 立川飛行機追加、関連項目追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


コックピット

ピッツ

⊂二二二( ゚д゚ )二⊃

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

航空機について語るスレ

51 : ななしのよっしん :2015/04/23(木) 07:48:05 ID: ZOeUy/Ae+w
今見ると日本を支えた戦後産業の根幹が航空機技術から生してる気がする
やはり航空機められる技術は凄いんだな
52 : ななしのよっしん :2015/05/04(月) 09:14:58 ID: 0S+syCZ/p3
新幹線自動車、共に航空禁止令を受けて航空技術者が転向した先で日本が獲得した技術資産だからね。
今はボーイング関係の製造に日本重工業が結構関わってるが、エアバスの方には食い込めないんかな。今でも5%くらい取ってるみたいだけどボーイング20%くらいあるから。
53 : ななしのよっしん :2015/10/27(火) 03:40:07 ID: QjwHpBOOC3
>>lv239829266
54 : ななしのよっしん :2015/11/19(木) 04:04:11 ID: PpQKgQKA6H
パラシュートは重航空機ですか軽航空機ですか てかそもそも航空機なの
55 : ななしのよっしん :2016/01/12(火) 01:04:18 ID: eMOP5eAb8w
>>54

日本法律ではパラグライダーやハンググライダー航空機には該当しないので、降下するだけのパラシュート航空機ではありませんね
56 : ななしのよっしん :2016/02/06(土) 16:21:50 ID: 4I0S5fBOMN
そもそも自飛行してないから「機」じゃないじゃん
57 : ななしのよっしん :2016/03/06(日) 02:53:58 ID: 0S+syCZ/p3
グライダーは動持たなくても航空機扱いですけどね(上のリストの滑機)。操縦機構を持つからか。
58 : ななしのよっしん :2016/05/15(日) 00:37:26 ID: jXpCq0AG8b
>>55
ここでの分類は工学的な分類なので、パラシュート微妙だが、飛行を制御できるパラグライダーやハンググライダー工学的には航空機だよ。

法律で言えば無人機だって航空法で規制するし、そもそもオーニソプターなんて法律の範疇外だろうw
59 : ななしのよっしん :2016/06/04(土) 12:18:35 ID: i01aidJjOX
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1606/03/news063.html
電気自動車の次は、電気飛行機らしいな。
まだ時間かかりそうだけど、騒音問題なくなればいいんだが。
60 : ななしのよっしん :2016/08/07(日) 02:08:37 ID: xXnkxKkVMa
>>59
飛行機の最大の問題は経済性だからね
新幹線スピードはこの40年で時速210kmから320kmまで1.5倍も向上しているのに、旅客機速度40年前とほぼ同じ。
音速旅客機を作る技術なら数十年前にコンコルドという形で実現しているのに普及しなかった。
これはひとえに燃費が悪く環境に優しくない上にコストがめちゃめちゃ高くつくからだ。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015