単語記事: 花海ことは

編集  

花海ことはとは、『魔法つかいプリキュア!』の登場人物である。CV早見沙織
当初は妖精女の子はーちゃんとして登場し、その後人間の姿へと変わった。と言うことではーちゃんとことは、双方についてこの記事で解説する。

概要

突然生まれた謎の赤ちゃん

それは第4話でのこと。室内が複雑で迷うので入ってはいけないと言われた、魔法学校図書館の知識のガメッツ戦闘せざるをえなくなったみらいリコ。その時見つけた本から出てきたのは小さな赤ん坊だった。

本自体もリンクルスマホと呼ばれる、世界が誕生したと同時に生まれ、生きとし生ける物全てを見守り続けてきたと言われる伝説の書物なのだが、なぜこの赤ん坊が本から出てきたのか、そもそもなんでこの本の中にいたのかが不明である。そんなわけで成り行き上みらいリコリンクルスマホンとリンクルストーンのを使って育てることになる。

で、ここいらで玩具リンクルスマホンの紹介ページにある解説文を絡めながら記述を進めることになる。はーちゃんにはその成長段階に応じて時期設定の名称がつけられている。

バブバブ
一番最初の形態。見ての通り小さな赤ん坊で、寝てるか泣くかしかできない。ただ第5話の最後で々に次の形態に移行した。
ヨチヨチ期
第5話の最後からしばらくこの形態で過ごすことになる。飾りが1つから2つに増え、背中には羽根が2つ付くようになる。喋っても基本「はー、はー」としか言えないためはーちゃんと名付けられることに。別に中の人はやみんだからじゃないよ。みらいリコモフルンにもかわいがられ、次第に片言でしゃべり出し、よちよちと歩き出したり、妖精らしくを飛び始めたり、果てはバリアまで貼るようになる。
トコトコ期
第11話の最後でさらに成長した姿。幼女へと姿を変え、かなりきちんとしゃべることができるようになった。飾りも増えただけでなく、両サイドシニヨンにまとめており、羽根も4つに増え大化。格好も女の子らしくスカートを履くようになる。
プリキュアと呼応する形でリンクルスマホンと連動してプリキュアを強化させるがある。
また、リンクルストーンの作用で様々な姿に変えることもできるようで、OPではそれを見せているほか、第15話では自分でリンクルスマホンを操作して生み出した食べ物を一気にらげてしまったものだから、その不思議な爆発してあれこれ姿を変えてしまった。ちなみにリンクルストーンとの対応はこんな感じ(ガーネットアメジスト玩具スマホンで判明)。

このような過程を経て、みらいリコモフルンも育てていくうちにはーちゃんするようになり、はーちゃんも2人と1匹の情を受け元気に育っていき、プリキュアの戦いを見て自分も頑ろうとするのだった。

……おや!?はーちゃんの ようすが……?

さて、スマホンにおいては最終的にはキラキラと呼ばれる姿へと変えるようで、OPでもシルエットでその姿が垣間見えた。その姿になった時、みらいリコモフルン、そして視聴者にどのような驚きを見せてくれるか、ちょっとした話題にもなっていた。

そんなこんなでリンクルストーンもアメジストを手に入れたことでエメラルドを除く11個全てがい、はーちゃんアメジストスマホンから生み出されたブドウを食べた直後のこと。はーちゃんおねむになってしまい、スマホンの中でぐっすり寝てしまう。
さらに開かずのを開けた先に校長とドクロクシーが対峙、そのやりとりの中でスマホンがはーちゃんごとドクロクシーによって奪われることになってしまった。
みらいリコプリキュアとなって戦うが、二人の強い意志が魔法界と呼応し、エメラルドが出現。ところがドクロクシーはエメラルドはーちゃんが入ったままのスマホンをそのまま飲み込み、強大なを得て巨大化することとなる。

みらいリコはドクロクシーの野望を打ち砕くべく、そしてはーちゃんを取り戻すべく戦う。最終的に人の繋がりの大切さがドクロクシー体内のはーちゃんに呼応し、ダイヤモンドエターナルによって打ち倒すことができたが、その強い念が残り、2人を襲おうとした……その時である。

おめでとうはーちゃんキラキラ期に進化した!ってそこB連打すんな。トコトコ期の方が可愛いってのは分かるけど。

そこに現れたのは、姿は妖精のまま小さいものの、外見的にはみらいリコとと変わらない年の少女。その強いによって念の闇を打ち破り、ドクロクシーの正体である今は亡きクシィの御魂をへと帰らせていった。
それとともにはーちゃんは強いに包まれて、スマホンを残したまま何処へと消えてしまったのである。ただモフルン彼女の甘い匂いをか遠くから感じたようで、またいつか会えるだろうと告げたのだが……その直後に余韻をぶちこわすCMは勘弁してくれませんかね。

キラキラ輝く少女、現る

それから1ヶもの間、みらいリコモフルンは甘い匂いというわずかな手がかりを元にはーちゃん行方を探すが、ようとして知れないままだった。はーちゃんがいないことから虚な思いをしている2人と1匹。リコ魔法を使いこなせるようになれればはーちゃんを見つけられるかも知れないと、魔法界に戻る決心をするほどだった。

そんな矢先、ったヤモーがドクロクシーのから生み出したスーパーヨクバールで襲いかかってくる。その猛攻に太刀打ち出来ない2人だったが、その時突如として現れた不思議な少女彼女に呼応する形でリンクルスマホンがり出し、彼女は手に持ったエメラルドを用いて「キュアップ・ラパパ!」と叫び変身する。

プリキュアになってスーパーヨクバールを倒したその少女。それは大きくなったはーちゃんそのものだった。彼女はこれまで育て、愛し、守ってきてくれた、みらいリコモフルンになりたいという思いをエメラルドこめることでプリキュアへと覚醒変身したのである。
感動の再会からまた物語が動き出すことになるのだが、結果としてエメラルドを発見したわけで、リコはーちゃん魔法界に戻されそうになる。そこでみんなで「私の家族だから」と校長に懇願する形で承諾を得てみらいリコモフルンと一緒に暮らすことに。
その流れで朝日奈に居するわけだが、みらい今日子から名前を聞かれると、校長から言われた「素直な言の葉は、時に魔法となって人の心を動かす」という一言から「ことは」と名乗り、さらにはーちゃんが見たという「のように広がる花畑」からリコが連想して「」の姓が加えられ、結果「花海ことは」と名乗るようになる。そして、ナシマホウ界ではリコ同様留学生として成木第一中学校に編入することとなった。

外見はキラキラ期で見せた姿をそのままみらいリコと同年代の少女にまで大きくした感じだが、羽根はなくなり、瞳に映ったの模様もくなっている。性格ははーちゃんの時のまま邪気で爛漫、さらにまだ幼かったのが急に成長したためアホの子要素というか純な面も含んでいる。飛べなくなったのに飛ぼうとして落っこちたり、大きさの感覚がつかめず狭いところを通ろうとして挟まったりするなど、はーちゃん時代の癖が抜けないこともある。
また、育ての親の影を受けてか、みらい好奇心旺盛さ、リコさや努な面、モフルンの聞き分けの良さなどを受け継いでおり、口癖もはーちゃん時代からの「はー」だけでなく「ワクワクもんだしー」などみらリコ2人の物も受け継いでいる。あとついでに言えばイチゴメロンパンを大量に食べたり、魔法界のカボチャドリ祭りお菓子を大量に食べようとしておかせるなど、今回の大食い隠れ大食い兼羊羹入れようとする和菓子屋の娘や歴代屈指の大食いだったりキュアは食に関するジンクスでもあるんですかね。とはいえ、みらいリコも結構な食べ盛りだったりするが。

元がリンクルスマホンから生まれた妖精だけあってか、魔法には長けており、スマホンのタッチペン魔法代わりにして使用、呪文を唱えるとスマホンが呼応し、物を自在に動かしたり変化させたり、等価交換の法則視して何も無い状態から物を生み出すなど、難しい魔法もいとも容易く使え、リコも愕然とするほど。とはいえ、魔法を濫用することもあるので、リコからたしなめられることもしばしば。
魔法ほうきみらいリコが使っている物を元に自らので生み出した、の柄とピンクの穂先という専用の物(こっちは案の定おもちゃでも発売)を使うことになり、既に後期OP映像などで出ていた魔法学校制服も、夏休み期間中魔法界で過ごすことになったのを受けてこれまた自分の魔法で作り出し、魔法学校の生徒たちを驚かせることに。
もっとも、本人はなんで魔法が使えるのか、なぜ大きくなれたのかは分からない模様。それどころか、そんなのを気にするよりも、大好きなみらいリコモフルンに甘えて幸せに暮らす方がいいようである。ただ、ことはの感情や意志がエメラルドスマホンと連動しているのは確かで、ことはが落ち込んだり寂しい時にはスマホンが呼応せずに魔法が使えないかと思えば、みらいリコを救いたいという強い意志が感じられればエメラルドがそれに応える形でプリキュア変身出来たり強を発揮することができる。

キュアフェリーチェ

-あまねく生命に祝福を!キュアフェリーチェ!-

はーちゃんこと花海ことは変身するプリキュアオールスターズ方式で44オールスターズ映画キュアエコーを含むと45)のプリキュアになる。ちなみにフェリーチェ(felice)はイタリア語幸せや幸福を意味する。間違ってもミルクと混ぜるだけだけのあれとかイタリアカラーな改造ガンプラとかじゃないよ。

カラーリングとしてはこれまでのはーちゃんの姿同様のピンク色を基調としたドレス姿で、キュアミントキュアマーチに続く3人プリキュアとなる。また妖精からの転身はミルキィローズ(厳密にはプリキュアではいが、オールスターズ内で、と言うことで)、キュアビート覚醒した代償で妖精の姿に戻れなくなってしまったが)に続いてこれまた3人
ただ、キュアミラクルキュアマジカルに続く作中3人かつ単独変身プリキュアというスタンスとしてはシャイニールミナスに近いかもしれない。あと成り行き的には『おジャ魔女どれみ』のハナちゃんとか。
初戦はフェリーチェ本人も自分の把握できていない描写も見られたが、スーパーヨクバールに対してはその実を見せつけ、ついにはヤモーでさえ単独の技で浄化するなどチートクラスの強さを予感させた。しかし、その後27話から現れたドンヨクバールの攻撃に対しては単身では受け止めることができず、苦戦するようになり、3人のを合わせることで応戦している。

これまで自分が生まれ住みにして来たリンクルスマホンをそのまま変身アイテムとして使用し、「キュアップ・ラパパエメラルド」と唱えてリンクルストーン・エメラルドをはめ、タッチペンでFの字を書きながら「フェリーチェ・ファンファン・フラワーレ!」と唱えることで変身する。
変身時に姿も質も大人っぽくなるのはミラクルやマジカルと同じ。特に質は、はーちゃん/ことはの時の高いから、演じる早見沙織の本来の質に近い低いとなり、口調も敬語となってかなり理知的かつ大人びた感じとなる。もっとも、根っこの部分でははーちゃんのままなところがあったりするが。
また、姿が変化する際にこれまでのはーちゃんの成長過程が段階的に投影されて大きくなるとともに、かつてのはーちゃんの頃にあった瞳の模様や羽根も復活、羽根がある事で飛行も可となる。
ただし、ミラクル・マジカルの2人と異なり、カラフルスタイルのようなフォームチェンジはい(2人に倣う感じでエメラルドスタイルという名称はある)。上位フォーム(スーパープリキュア)であるアレキサンドライトスタイルダイヤスタイルを元にした魔法つかいを思い切りあらわした2人と異なり、エメラルドスタイルを元にロングレスかつ頭部に巨大なお団子ヘアと、妖精女王と言った感じになっている。
戦闘時のアイテムスマホンのタッチペンが変化した追加戦士恒例の専用アイテムフラワーエコーワンを使い、浄化技として魔法を放つことになる。また、リンクルストーンを使えばミラクル・マジカルと同様に魔法を使うことが可。もっともピンクトルマリン専門で、形の物体を出してバリアにしたり包み込んで回復や浄化をすることができる。使用頻度高すぎてネット上では「ピンクトルマリンさん過労死するんじゃ」と囁かれたりも。
あ、世の親御さんたち、リンクルストーンの単独販売もあるほか、ワンドにもエメラルド付くそうですよ、スマホン買い増ししなくてもいいようです。

余談となるが、フェリーチェの存在自体はある意味毎度のことではあるが玩具リンクルスマホンの解析によって期に判明していた。そもそも第1話でモブ役に見を配役している時点で「絶対これはやみんこれっきりじゃねーだろ!」と総ツッコミだったのだが。もっともそのは第10話や後期OPなどで再登場しているが。
しかし、今回あまりにも異例なのは、なんと、公式側自ら登場1ヶ前となる6月1日に入っていきなり公式サイトや幼児誌、各種ニュースサイトで詳細な公式発表を行い、それにあわせる形で玩具ボーカルアルバム、後期題歌の情報も立て続けに解禁した点である。幼児誌に関してはフラゲによって解禁日数日前に明らかにされてしまったものの、これまでの追加戦士は劇中で情報小出しにして引っった末に明らかになっていたのが、今回こうしたアクション公式側で積極的に取ったため、驚きをもって受け止められている。

花魔法

プリキュアエメラルドリンカネーション
フェリーチェの魔法。フラワーエコーワンドにリンクルストーン・エメラルドをはめ、「キュアー・アップ」と唱え、そのかせることでを大量に咲かせ、そのを集約して技を放ち、限大のマークを描いて敵をに包んで浄化する。ヤモー及びラブーが召喚したヨクバールにはこの技で浄化している。基本的にはヨクバールの浄化用の技であり、ボスクラスの相手には使用していない。映画プリキュアスーパースターズではウソバーッカに対して使用したが、ハンマー効化され、通用しなかった。

その正体

ネタバレ注意 以降は、『魔法つかいプリキュア!』最終盤のネタバレが書かれています。
了解した上で読み進めて下さい。

実はことはの正体は物語上の大地マザー・ラパーパを受け継ぎし者である。

もともと魔法界とナシマホウ界は「」と呼ばれる一つの世界であり、そこにはなるがそびえ、ラパーパはそれを依り代として民を見守っていた。ところが終わりなき混沌・デウスマストが侵攻し、世界を飲み込もうとする。ラパーパは世界を守るため単身で立ち向かい、デウスマストを宇宙の彼方へと追放することができたが、その代償は重く、大地から分離されたなると共に時を彷徨うことになる。残された大地はナシマホウ界として一つの世界を形成、なるはいつしか魔法と名前を変え、それを中心とした魔法界としてもう一つの世界を形成していった。ラパーパのの残滓は魔法に、そしてリンクルストーンやリンクルスマホンとして残り、リンクルスマホンからことはが生まれることになる。だからこそリンクルスマホンと連係することで強魔法が使えたわけである。

デウスマストとの最終決戦で、太陽魔法完成させ、巨大な姿となったフェリーチェ。ミラクルとマジカルともにデウスマストをか彼方に追いやることができたが、再び混ざり合った世界は混沌の影を受けすぎて分離しようにも不安定となってしまった。その状態を解消するため、女神と化したことははその手伝いをすると、みらいリコモフルンと別れることになる。しかし消え去るときにこうとも伝える、「いつでもみんなのことを見ていられるから。私はみんなとずーっと一緒。つながってるよ」と。

そして数年の時が経ち、みらいリコが再会するときにあの頃の姿のまま現れるのはまた別のお話―。

関連静画

はーちゃん

花海ことは

キュアフェリーチェ

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E8%8A%B1%E6%B5%B7%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%AF
ページ番号: 5414825 リビジョン番号: 2606799
読み:ハナミコトハ
初版作成日: 16/04/17 14:37 ◆ 最終更新日: 18/07/12 20:21
編集内容についての説明/コメント: 技に説明を追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

花海ことはについて語るスレ

74 : ななしのよっしん :2016/11/14(月) 09:01:47 ID: Q+u+4qI6JQ
キュアフェリーチェって的な意味ではミラクル・マジカル以上だけど、技のバリエーション
二人にべて圧倒的に少なく固定されてるから対策取られると二人より不利になると言う感じか?
エメラルド以外のリンクルストーンを使うのは基本的にミラクル・マジカルだし。
75 : ななしのよっしん :2016/11/15(火) 21:01:37 ID: 1s5MFiYqW+
もどして
76 : ななしのよっしん :2016/12/09(金) 07:30:30 ID: AZGZWO2vfI
しかしはーちゃんって学校(ナシマホウ界側)のテストの点数って一体何点とってるのかが気になるな。

まあみらいと同じ位だと思うがもしリコと同じがそれ以上の点数をとってたらリコ以外の成績上位者がドクタースランプスコップ君みたいに精神崩壊起こしそうな気がするなw
77 : ななしのよっしん :2016/12/18(日) 06:30:43 ID: 20w++ymZKi
キラキラ期の彼女が弔った相手が魔法高校でのお兄様だったようです
78 : ななしのよっしん :2017/01/06(金) 11:16:45 ID: uWMTiEF1iG
青山作画はーちゃんの可らしさは。異論は認めぬ。
はーちゃん童顔だから、あの絵柄と実にマッチする。
79 : ななしのよっしん :2017/01/22(日) 16:53:37 ID: E6wGHiRPpg
手のひらサイズから地球より大きくなって・・・
妖精だし他と同じような成長はしないみたいだね
80 : ななしのよっしん :2017/01/29(日) 18:47:10 ID: ju58payWaT
魔法学校生徒に変身する時の仕が大変あざとかった。
もっとやってほしかった。
81 : ななしのよっしん :2017/02/07(火) 16:43:58 ID: nZ2UzdQo/V
最終回エンドカードはーちゃんはなんで赤ん坊の頃の姿だったんだろう。
普通に成長した姿で良かったと思うんだが。
82 : ななしのよっしん :2017/02/24(金) 19:00:09 ID: 20w++ymZKi
ドリームスターズにてパフとがっつり絡んで欲しい。仲の良い声優コンビだし。
やっはろーパフ」
83 : ななしのよっしん :2018/06/23(土) 21:42:28 ID: 0AoJo8jvjL
>>http://www.puzzcore.com/pzl/180506QSAH
はーちゃんパズルだよ!
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829