単語記事: 落合博満

編集  

落合博満(おちあいひろみつ)とは、ロッテオリオンズ中日ドラゴンズ読売ジャイアンツ日本ハムファイターズで活躍した元プロ野球選手であり、2004年から2011年まで中日ドラゴンズを率いた元監督現在中日ドラゴンズゼネラルマネージャーGM)。

三度三冠王を達成したプロ野球史上に残る大打者であり、中日ドラゴンズ金時代を築いた名将である。

2011年野球殿入り。

現役時代

高校時代はほとんど練習に参加せず、映画ばかり見ながら、試合のときだけ野球部に加わっていた。東洋大学でも体育会系の慣習に染めずすぐに退部、大学中退。その後プロウラーしたが、プロテストに向かう途中でスピード違反で捕まり受験料を罰として取られ、プロテストを受けられなくなり挫折。社会人東芝府中に加わり、ここで頭を現す。

1978年ロッテオリオンズドラフト3位で名され入団。プロ入り時、既に25歳だった。背番号は6。

当時の監督だった山内一弘の打撃導が合わず、流でバッティングを磨き上げたことが、後に「オレ流」と呼ばれるようになった由来。当時、そのバッティグフォームを金田正一に面と向かって酷評されたことで金田を嫌っており、2000本安打を達成した際にも、金田が中心である名球会への入会を拒否している。

1980年シーズン後半にレギュラーを掴むと、1981年には打率.326首位打者を獲得。1982年には打率.325、32本塁打99打点で史上最年少の三冠王く。ところが、どれも突出した数字ではかったため豊田に「三冠王レベルではない」と批判された落合は、1985年にそれを見返すかのように打率.36752本塁打146打点という驚異的な成績で再び三冠王いた。翌1986年三冠王を獲得、3度三冠王いたのは現在落合のみである。

しかし、「プロ野球選手の評価は」と言してきた落合の年俸の高騰が、当時のロッテ不人気ぶりによる経営状態とそぐわなくなり、また落合が絶大な信頼を寄せていた稲尾和久監督が解任されたこともあって、1986年シーズンオフに4対1という大トレードで中日ドラゴンズに移籍する(交換相手は牛島和彦上川二、平沼桑田茂)。この際、日本人選手として初めての年俸1億円プレイヤーとなった。中日移籍後も毎年のようにタイトル争いに絡み、2度の本塁打王・打点王にく。

1993年には導入されたばかりのFA制度を利用し、読売ジャイアンツに移籍。この落合の移籍によって、当時巨人一塁手だった駒田徳広は出番を奪われ横浜FA移籍する。既に現役晩年ながら長嶋政権での軸打者として活躍し、1995年2000本安打を達成(前述の通り名球会入りは拒否)。1996年西武からFAで移籍してきた清原和博の入団に伴い出番をめて自由契約となる。

ヤクルトスワローズ日本ハムファイターズからオファーが来たが、額を提示してきた日本ハムに入団する。1997年左手の怪の影もあり、打率.262、3本塁打、43打点に終わった。1998年代打起用が多くなり戦意を失い、自由契約という形で現役を引退した。

生涯通算打率.311日本人右打者の歴代最高打率。鈍足の右打者でありながら圧倒的な打撃成績を残し続けたことで、「プロ野球史上最高の右打者」に挙げられることも多い。

ポジション一塁手三塁手。二塁を守っていたこともある。歴代全プロ野球選手ベストナインを選出する際には、一塁は王貞治、三塁は長嶋茂雄がいるため、本職ではない二塁手として選出される場合が多い。

中日監督時代

引退後は解説者を務め、2004年中日監督に就任。それまでコーチの経験がかったため本人は断ろうとしたが、妻に押しきられて就任を受諾した。

就任1年にして「補強を凍結し、現有戦を10底上げして日本一になる」という約を掲げる(この年行った補強は、現役引退のはずがゴタゴタで巨人を退団した川相昌弘と、横浜を退団したドミンゴ・グスマンの獲得のみ)。また「一芸に秀でた選手を使う」という方針も掲げた。それまで3年間一軍登板かった川崎憲次郎を開幕投手に抜するなど、全ての選手を横一線で競争させることでチームを刺セ・リーグを制覇し、同じく1年伊東勤率いる西武ライオンズとの日本シリーズに挑むが3勝4敗で敗れた。

2005年横浜からタイロン・ウッズを獲得して連覇を狙うが、この年から始まった交流戦で失速。後半に阪神を猛追するも逃げ切られ2位に終わる。

2006年落合自身「この年が最強」と言い切るチームを作り上げ、阪神の猛追を振り切ってリーグ制覇を果たすも、日本シリーズ日本ハムの勢いの前に屈した。

2007年シーズン2位に終わるも、クライマックスシリーズを全勝で勝ち上がり日本シリーズへ。前年敗れた日本ハムリベンジを果たし、53年ぶりの日本一へ導く。第5戦での山井大介の降については物議を醸した(後述)。

2008年は波に乗りきれず3位。2009年巨人に大きく引き離され、3位とも離れた2位独走に終わる。

2010年はほとんど補強を行わず迎え、前半戦は苦戦したが、投手が5試合連続封を達成するなど巨人阪神が失速した場からスパートをかけ、貧打を投手カバーし優勝。CS前の「全選手登録消」が話題を呼んだ。CSでも巨人を破り2007年に果たせなかった全優勝を狙ったが、日本シリーズではロッテと死闘の末2勝4敗1分で敗れた。

2011年統一球の影からか、前年以上の貧打に陥り前半戦から大苦戦。8月の時点でも一時は5位に沈むなど、Aクラス入りすら危うい状況であった。しかし9月22日、首位ヤクルトとの直接対決を前に任期満了による落合退任が突然発表されると、チームは逆に奮起し猛な追い上げを見せ、ヤクルトを逆転。最大10ゲーム差をひっくり返し、球団史上初の連覇を成し遂げた。チーム打率、チーム総得点とも12球団最下位での優勝はプロ野球史上初の記録。最後の標であるリーグ優勝からの全制覇をしてソフトバンクとの日本シリーズに挑み、圧倒的不利の下評の中3勝3敗の逆王手まで持ち込んだが、最終戦に敗れ、悲願の全制覇はならなかった。

在任期間の成績は優勝→2位→優勝→2位日本一)→3位→2位→優勝→優勝(連覇)と、歴代の中日監督の中でも最長政権となり、最高の成績を残した。中日球団の70年以上の歴史の中で、優勝9回のうち4回が落合政権である。
8年間全てAクラス入り(しかも3位は一度だけ)、クライマックスシリーズファイナルステージ皆勤賞一、リーグ優勝からの日本一だけは果たせなかったものの、名将の称号を確かなものにしてグラウンドを去った。

GM時代

2013年オフ中日ドラゴンズ初のゼネラルマネージャーに就任。同時に選手兼任監督に就任した谷繁元信とともに、12年ぶりのBクラスに転落したチームの再建を任されることになった。

2年前に半ば追い出されるように中日を去った落合だが、落合の後を継いだ高木守道監督率いる中日は、2012年こそ2位を確保したものの、2013年は4位に転落。落合解任の理由に観客動員の低下を持ち上げ、首中日OBで固めファンサービスの強化を謳ったが、逆にますます観客動員は低迷した。このため落合解任を導した坂井球団社長を失い、監督時代から落合の理解者であった白井オーナーの発言が増したというのが落合GM就任の背景のようである。

2017年1月をもって退任した。

人物・戦術

選手時代は生活の全てを野球げており、その尋常でない練習量に関する逸話には事欠かない。ただ本人は努を人に見せることを嫌い、カメラの前でそういった姿を見せることはほとんどかった。また前述の通り、プロとして年俸での評価を何よりも重視した姿勢を見せ、何かと物議を醸した。

監督としては「勝利こそ最大のファンサービス」という立場をとり、勝てる試合は確実に勝ちにいく采配に徹した。また選手の情報(特に故障など)を開しないなど徹底した情報管理の体制を取った。そのため、チーム状態が悪いように見えても、シーズンが進んでいくと気が付けば上位にいるということが多かった(2010年2011年はまさにその典である)。ただその分、明らかな捨て試合を作ることもあり、プロ野球の「業」としての側面を軽視しすぎである、という批判を受けることも多かった。

2007年日本シリーズにおいて、日本一のかかった第5戦、8回まで安打四球、パーフェクトを続けていた山井大介を降させ、守護岩瀬仁紀を送り出した采配は各方面で物議を醸した。岩瀬は9回を3人で抑え史上初の継投による完全試合を達成(ただし参考記録である)。この采配は「業」よりも「勝利」を優先する落合采配の徴ともいえる。

戦術としては、就任当初はタイロン・ウッズ福留孝介などの強打者を擁し、その打撃川上憲伸山本昌岩瀬仁紀らの強投手を生かして盤石な試合運びを行う、といったものであったが、その後川上や福留らが相次いでメジャーなどに移籍すると、他チームを戦外となった選手(中村紀洋河原純一ら)の積極的な登用と投手コーチ森繁和による投手整備に努め、その投手を有効に活用し少ない失点で逃げ切るという戦法に変貌していった。さらに、他チームの意表を突く戦術も多用し(所謂オレ流な例として2004年の開幕投手川崎憲次郎を起用)、中日黄金期を現出した。一方、在任中に生え抜きの若手打者はあまり育たず(一応、落合在任中にレギュラーに定着した生え抜き野手には森野将彦大島洋平がいる)、荒木雅博井端弘和和田一浩といったベテランレギュラーり続けたため、打撃の成績は高齢化と相まって徐々に降下していった。このため、チームは勝てたが次代への野手育成には失敗したという批判もよく言われる。

ボヤキ節で有名な野村克也とは違い、監督時代は滅多に選手を責めることはなかった。ただし褒めるわけでもなく、基本的には寡黙。負け試合では試合後にコメントを残さないことも多かった。が、外野守備要員である英智フライを落球した際に「あいつが捕れないなら、も捕れないさ」と発言したエピソードや、2006年タイロン・ウッズが優勝を決める満塁弾を放ったときの号泣する姿など、ときおり見せる選手への信頼や情に溢れた言動から、ツンデレ監督と呼ばれた。

裏方やマスコットにも気を配る姿がたびたび撃されている。ドアラとも仲良しで、よくじゃれ合っている。

類のガンダム好きとしても有名。00も毎週楽しみに見ていた。息子の福嗣に影され、ガンダムに限らずアニメ全般、深夜アニメまで嗜んでいる。家族って『CLANNAD』を視聴し中村悠一ファンになったとか。

自己流を貫き閥的なものを嫌う性格や、その言動から、球界では何かと毀誉褒貶がしい。たとえば『燃えよドラゴンズ』の作詞作曲者である山本正之は反落合で、本来その年の監督名が入る「○○監督の胴上げだ」の部分の歌詞が、落合の就任以降は「オレ流監督の胴上げだ」になっている。中日監督時代も球団上層部からはほとんどの敵にされており、白井オーナーひとりが絶大な信頼を寄せっていた。2011年の解任劇も、そのあたりの事情が大きい。

野球殿堂の投票では2年続けて1票足りず落選していたが、2011年にようやく殿堂入りを果たした。

家族

妻・信子
長男・福嗣

どちらも個性的な人物で、度々ネタにされる。
この二人について金村義明は「福嗣と信子何とかしてほしい」とうっかり漏らしている。

特に一人息子の福嗣は自由奔放すぎるキャラクターから生きる伝説とまで呼ばれた。
くわしく知りたい人はこちらを参照の事。

成績

通算打撃成績

通算:20 試合 打席 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 出塁率
NPB 2236 9257 7627 1335 2371 371 15 510 1564 65 4 88 1475 63 1135 236 .211 .422

通算監督成績

通算:8年 試合 勝利 敗戦 引分 勝率
NPB 1150 629 491 30 .562 Aクラス8回、Bクラス0回

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E8%90%BD%E5%90%88%E5%8D%9A%E6%BA%80
ページ番号: 1527695 リビジョン番号: 2524525
読み:オチアイヒロミツ
初版作成日: 09/02/22 15:32 ◆ 最終更新日: 17/09/18 16:51
編集内容についての説明/コメント: 【更新】テンプレのカラー
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

落合博満選手のテー...

落合博満について語るスレ

316 : ななしのよっしん :2017/06/09(金) 03:06:04 ID: 0zywMFYdFm
実際問題、自分の仕事をまっとう、悪く言えば部分最適でやってるだけでないの、と思わなくもない
監督クラスなら勝たせることが仕事でも、GMならそうでもなかろう
実際2002年ダイエーが観客300万入れて約60億で10万人あたま2億
ドラゴンズナゴヤドームを経営してるわけではないからなおのことチケット収入はそれより小さくなる
グッズ収入や飲食を入れても、落合GMが断行した8億の経費削減より、勝って観客動員を増やすことが収入に繋がるかな、と
ただでさえ中日は勝って観客を減らした過去があるわけだし
収益から考えると落合監督時代は他チームと同等の収益でありながら総年俸は10億近く高かったわけだし

まあ20~30万人減ったら年俸減を通り越して、になりそうだが
317 : ななしのよっしん :2017/08/02(水) 23:31:28 ID: toGSNjBBRD
オチシンオチシトシン・・・?」


オチシトシン

オチシンの下垂体後葉から分泌されるホルモンの一つ(大嘘) 射○時の○丸収縮、精○分泌、選手交代などに関わるホルモンとして1906年に発見された(虚偽)

近代以降、○収縮やチン痛促進剤を始めとし、医薬品として広く使用されている(虚言) 90年代半ばからは内での働きについての研究が進み、オチシトシンは性別年齢球種守備位置に関係なく生成されることや、落・選手への情・信頼などに関係し、撫や抱擁、出塁といった行為で分泌されることが分かってきた(妄言)

これまでに「オチシトシンを投与されると落合監督への信頼が増す」「志の低い人間は、それよりさらに低い実績しか挙げられない」「チョコにはカロリーがあって、遭難した時にはいい」など多数の実験結果が出ており、「ホルモン」「信頼ホルモン」「ホルモン」「落合ホルモン」などと俗称される(そら言)

2014年8月現在米国などでオチシトシンを含むコールスプレーやグラブオイル
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
318 : ななしのよっしん :2017/09/12(火) 22:27:49 ID: NvId5eYP1f
当人のGM時代のことの言い分としては
勝ってないんだから基本上げられない、
個人的にはもっと払っていいという選手もいたがGMの権限は大きくない、
GMは球団の収支も知らされていない、
など。
319 : ななしのよっしん :2017/10/07(土) 05:11:22 ID: +8mU2Bh3aD
言い訳するかと思ったが年俸決められるんならあんなに出さないもんって言ってて逆に感心したわ(信者並感)
320 : ななしのよっしん :2017/10/07(土) 08:37:55 ID: x3cEyv+DoH
弱いんだから給料低いのはしゃーない
実際被害は井端くらい(残ってれば大島平田も?)だし。
まぁ井端退団はだいぶデカいか

即戦ドラフトが失敗しまくったことのほうがヤバいんじゃないかなぁ
即戦で働いたの又吉くらい?又吉GM就任後1ヶドラフトで実質しとすると厳しい。
下位名、高卒名は均かむしろ上手かくらいに丁度今育ちかけてるのに
見るがあるのかいのか
321 : ななしのよっしん :2017/10/08(日) 18:20:29 ID: +8mU2Bh3aD
また監督やってほしいけどあのやつれ方見るともう孫と幸せに老後を過ごして欲しいという気持ちもある
322 :      :2017/10/31(火) 13:39:14 ID: hVMZHGpQ3J
少なくとももう中日ではするべきじゃないな。
身内であるべき球団や地元新聞やらが敵に回るとか周囲の反応が異常すぎる。
323 : ななしのよっしん :2017/11/09(木) 00:28:56 ID: 912yW/dUhg
当時の球場が今くらい広ければ大したことないって言うのが嫌うの言い分だけど、
それはそれで中距離バッターとして伝説的な活躍をする可性を考慮しないのはなぜだろう?

あれほどバットコントロールがあれば一向に問題なく熟せると思うんだが
324 : ななしのよっしん :2017/11/24(金) 22:14:11 ID: LiZKPT4JbL
まあ今でこそ海坊主みたいな見ただけど若い頃・ロッテ時代は痩せててショーケンみたいなイケメンだったのよオチヤイさんも
325 : ななしのよっしん :2017/12/11(月) 08:26:45 ID: CESHWug6uH
通算打率が.211になってるね
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829