編集  

著作権の非親告罪化単語

チョサクケンノヒシンコクザイカ

著作権の非親告罪化とは、著作権者(例:イラスト作者さん)の告訴くとも著作権告、例えば裁判にする事ができるという法律の仕組みである。

加筆依頼 この項は内容が少ないです。
調べものなどの参考にはなりますが絶対的に内容が不足しています。
加筆、訂正などをして下さる協者をめています。
  • 最新の内容が反映されていない場合があります。
  • この記事はTPPに関連する内容を含みます
  • 非親告罪化に賛成する方の意見が不足している可性が大いにあります

概要

現在は親告罪であるため著作権があった場合でも、権利者(例えば作者)が訴えない限りは黙認される状況となっている。

niconicoにおいてだけでも、

など多数の二次創作コンテンツが存在するが、一部の作品では権利者が確認しているとしか思えない状況でも削除されていない物も存在している。[1]

コミックマーケットなどの二次創作同人作品を扱うイベントや、個人サイトPixivなどのイラスト投稿サイトニコニコ静画での二次創作イラストの掲載など、極めて広い範囲でこの「黙認」の影があるのが現状である。

非親告罪化が行われると上記のような黙認がくなり、警察などが著作権として二次創作を取り締まる事が可になるといわれている。日本では今までにない出来事であり、実際には警察は動かないのではないかという意見がある一方、非合法になる事で警察の動きとは関係にこういった活動が不可能になると危惧するもある。

2次創作は対象外に

2次創作は非親告罪化の対象外に 文化審議会の小委員会、方向性まとまる

環太平洋戦略的経済連携協定TPP)で著作権の一部を非親告罪とすることで合意したのを受け、文部科学相の諮問機関・文化審議会 著作権分科会の小委員会は11月4日同人誌などに代表される2次創作は非親告罪化に含めない方向で議論を進めることでまとまった。

この方向性にて今後の法律作成など進められた場合、かなりの範囲の二次創作は今まで通りとなる可性が高い。(二次創作ではない範疇は別)

TPP(リーク)情報まとめ

2013年

2013年11月ウィキリークスによってTPP関連の文書が流出した。この中には非親告罪化に関する項も含まれていた。

非親告罪化に反対している日本ベトナムの2のみ、賛成はUS/NZ/PE/SG/BN/CL/AU/MY/CA/MXとなっており、非常に劣勢である。このままTPPの協議が進むのであれば、非親告罪化の導入は避けられないと考察する専門も。 詳細は以下記事など

TPPウィキリークス流出文書~激戦区「知的財産」、主要11条項での交渉勢力図

この解説によれば「商業的規模」の二次創作が対とされているが、商業的規模とは同人誌などの販売という規模も含まれるという解説がある。広告のあるWebページイラストサイトなどの扱いは不明。

広告など一切い個人サイトイラストを掲載したり、無料同人誌を配布するのであれば対外になる可性はある模様。しかしまだ詳細な点は流動的であり、さらに同人誌無料で配布するのはあまりにも現実的でない。 

2014年

TPP協定知財章第2リーク文書(2014年5月版条文案の著作権保護期間延長、法定賠償、非親告罪化関連部分)

日本2013年、非親告罪化に反対していたが、この次点では

権利者が著作物を利用するに対する影がある場合に限定」という条件つき賛成 

と、条件付きで賛成しているというリーク情報がある。

2015年

TPP交渉 著作権侵害は「非親告罪」で調整

適用範囲について各が判断できる余地を残す案が示されたことで日本も受け入れる方針

上記NHKなどの報道により、日本は非親告罪化に関して、反対から受け入れへと立場を変えた事が報道された。

2015年7月

日経新聞報道によると

TPP著作権の非親告罪化について
「故意に商業的規模で著作物を違法に複製した場合などは非親告罪とする。ただし、市場における原著作物の収益性に大きな影を与えない場合はこの限りではない」

参議院議員 山田太郎氏の発言より

といった内容である、との報道があった。
この報道を元に、例えば二次創作の一部で「原著作物の収益性に大きな影を与えない場合」は今後とも状況が大きくは変わらないのではないか、といった解釈がされている。一方で曖昧な規定であり、萎縮は引き続きありえる、と危惧する意見もある。

萎縮効果

様々な分野への影が懸念されているが、二次創作に関連しての萎縮効果も懸念されている。

ニコニコ動画動画投稿者イラスト開している人、同人作家などに対して不快感を持っている第三者(いわゆるアンチなど)が存在するケースしくない。
そうした人が投稿しているコンテンツ二次創作に当たる物がないか探しだし、それを通報するという手段が予想される。特に何らかの原因で炎上状態になったり注を浴びる場合、または人気が特に高い作品の作者であればより懸念される。
警察通報する」というだけで実際には通報しなかったしても、「非親告罪化で違法になった」というだけで、その投稿者が確実に法律を守ろうとするなら動画削除する可性が高いという推測もあり、これらの影による萎縮効果は相当な物になるという予想もある。

それ以前に、該当しそうな二次創作動画を放置することで投稿者が大量に逮捕されたり法的な責任を追及されかねない動画サイト側が先だって削除を行うという推測もある。

TPPの詳細は開されていないため、上記のような事にはならないという情報もあるものの懸念はあり、それにより混乱や萎縮が予想されている。 

影響のある範囲

この項では、非親告罪化によって影を受けると考えられている各分野についてまとめる。

この項は特に内容が古い可性があります。

同人誌・同人音楽(CD)・コミックマーケットなど

同人誌といわれるものは多数有り種類によって状況が異なる。オリジナル同人誌のみを制作する場合は基本的に関係である。ただしその作品の二次創作を作った第3者がオリジナル作者の意思と関係に逮捕される可性は考えられている。オリジナル作者二次創作許可する旨宣言していれば警察があえて動く事はいだろうとも推測される。

二次創作同人誌の場合、オリジナル作者二次創作許可している場合はおおむね問題がいと考えられている。ただし、作者ガイドラインなどで特定の内容・種類などを制限している場合、その制限に違反すれば警察が動く理由になるのでは、という摘もある。

例として VOCALOID 初音ミク などで有名なクリプトンでは、二次創作許可しているもののキャラクター利用のガイドラインを作成し許可する内容を明らかにしている。この中の禁止事項を一部引用すると

当社、当社製品または当社キャラクターイメージを著しく損なう利用
序良俗に反する利用

キャラクター利用のガイドライン

他、複数の項が挙げられている。 (詳細はリンク先を参照下さい)

一部の悲観的な予想では、二次創作を明確に許可するガイドライン同人マーク付きの作品の二次創作が急増し、それ以外の許可されていない作品の二次創作がほとんどくなるのではないか、という予想もある。

ZUN氏(上海アリス幻樂団 東方Project作者)の見解

二次創作を以前より許可している事で知られる東方Project作者ZUN氏は自分の番組(ニコ生などで放送)にて許可しているとはいえなんらか不測の事態で、自信の作品の二次創作者が逮捕されたらどうするのか、という疑問に関して回答している。
一般の1次創作者コメントではあるか、現在この問題にコメントしている方は少ないため掲載します。(他の原作者のコメント追加希望)

TPPの著作権非親告罪化によって東方サークルが訴えられる可能性に対するZUNさんのコメントとその反応 (に放送に反応したTwitterまとめ)

ZUN:例えば東方二次創作している人が警察に訴えられて文句を言われたら、警察に文句を言える可性がある

ひろゆき警察に恨まれるwせっかく捕まえたのにーって

伴さん:メンツ潰されたってことになるw

ひろゆき東方エロ漫画を書いてて、例えば伴さん好みでエロなんだけどロリコンという最悪のパターンをいってたとしてZUNさん的にどうするの?

ZUNは嫌なものであっても基本守るよ

ひろゆき:どっちを?どっちを守るの?ロリコンの伴さんを守るのか、警察のメンツを守るのか?

ZUN警察のメンツは守らないな

ひろゆき:じゃあロリコンの伴さんが東方エログッズけしてたとしてもいいの?

ZUN許可する代わりに何かを貰う

一堂笑い

放送より

イラストサイト(ニコニコ静画、Pixiv、個人ブログやサイト)

同人誌の項と同じとなる。
リーク情報にある「商業的規模」に限定されるのならば償で掲載するだけなら関係かもしれない。イラストサイトなど有料あるいは無料だが広告掲載がある場合などの扱いは不明。

MAD

音・映像MADなどはニコニコ動画でも多数見受けられるが、元の映像や音の使用許可い場合現状のグレーからとなり、警察が動く可性は特に高いと言われている。
二次創作キャラクター世界観の特徴などは複製するものの、元の絵などを直接そのまま使用するという意味ではないが、MADでは音や映像をそのまま使用するため、より厳しい状況になるのではないかという推測がある。

歌ってみた・演奏してみた・踊ってみた

ニコニコ動画ではいくつかの音楽著作権について、ドワンゴが支払いを代行する事で利用可になっている曲がある。これらを適正に利用し、歌を追加した動画であれば引き続き問題はない。

詳細は 音楽著作物及び音楽原盤の利用に関するガイドライン を参照。

許可されていない音楽や使い方の場合は問題になる。
問題になるケースの例

※管理を委託していない曲とは一部のインディーズVOCALOID曲に多いもよう。

ゲーム実況

ゲーム画面や音を利用する事を許可している作品を除き、ゲーム実況も問題になると考えられる。
その一方でゲーム実況によりゲームの知名度や売り上げ向上につながるという現状からゲーム自体に配信機を追加する例もあり業界側の対応も見られる。 

ニコニコ動画での例として、二次創作許可されていると知られている東方Projectだが、ゲームの画面を動画として撮影し掲載する事は、ガイドラインで禁止されている。しかし作者ゲーム実況に否定的ではく、こういった場合の扱いがどうなるのかは不明。[2]
詳細は東方Project大百科記事を参照。

漫画家・アニメ

パロディを含むマンガアニメは多数あるが、非親告罪化するとあらかじめパロディ元へ許可を取るか、捕まる覚悟でパロディを入れる事になってしまう。
実際どうなるかは別としても、パロディに凄まじい手間がかかったり、その自体が一切出来なくなる可性が摘されている。
また、意図せず似たキャラクターを描いた場合なども問題になるのではないかと摘されている。

DJ

クラブDJなど、今までは慣例的に明確な許可を取らずに曲を使用していたジャンルにおいても影が懸念されている。[3]

対応策

2次創作同人誌や、その他の二次創作が好きな人を中心に対応策が検討されている。

よくある質問と関連情報

ネット上でよく見かける質問とそれに関する情報をまとめる。

二次創作などで警察が動くわけがない
  • 得点稼ぎに丁度よいのでは
  • 現状警察が信頼できるとは言えない
  • 別件逮捕の理由に使われるのでは
  • 通報されても動かない理由として二次創作だからというのは弱いのではないか

といった意見をにする。実際警察がどう動くかは現状不明であるが、全く動かなかったとしてもいつ逮捕されるか分からない非合法な活動をするとしたら、それは相当な圧・萎縮になる、という考察もある。

アメリカ(すでに非親告罪)にもパロディ同人誌はあるが、捕まったという話は聞かない

アメリカなどいくつかのには「フェアユース」がある。著作物を正に利用するなら、著作権の侵にはあたらない という法律である。日本には存在せず、過去に検討された事はあるが、いくつかのフェアユースと関係があるのかよく分からない法律はできたのだが…。 詳細は 福井弁護士のネット著作権ここがポイント などを参照

パロディー規定が導入されるのでは

著作権法に「パロディー」規定検討へ 文化審小委 こういったニュースがある。しかし内容を見ると、海外パロディに関する規定と同等の内容ではないかと考えられ、その場合オリジナルに対してユーモア風刺批判的か、といった内容に関する規定となり、日本で言うところのパロディ二次創作とは大きく異なる。

またこの規定により二次創作が守られるとしても、TPPに間に合うという保い。

このニュースに関しては最近の事で情報不足である。
参考サイト

フランス・アメリカ・ドイツ著作権法におけるパロディ規定:文化審小委「パロディー」規定検討へ

関連項目

出典・参考

脚注

  1. *アニメ「進撃の巨人」MADがニコ動で削除→復活 レアケースにファン2度びっくり
  2. *上海アリス幻樂団 ZUN氏も登壇「『東方Project』が可能にしたもの ―プラットフォームとしての<東方>」 での発言より
  3. *コミケだけでなく「クラブ」もピンチ? TPPで懸念される「非親告罪化」とは?

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%91%97%E4%BD%9C%E6%A8%A9%E3%81%AE%E9%9D%9E%E8%A6%AA%E5%91%8A%E7%BD%AA%E5%8C%96
ページ番号: 5071769 リビジョン番号: 2283988
読み:チョサクケンノヒシンコクザイカ
初版作成日: 13/04/15 15:55 ◆ 最終更新日: 15/11/04 16:38
編集内容についての説明/コメント: 二次創作が対象外となった件を取り急ぎ追加。古い内容について注意追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

著作権の非親告罪化について語るスレ

859 : ななしのよっしん :2018/02/13(火) 11:46:58 ID: n9C4703rqW
てか、そもそも論だが。
違法アップロードは全く取り締まれないだろこれ
だって違法アップロードchinaにあるもんw
TPP関係ないもんww
サーバー移行してお終いだもんwww

一番どうにかしなきゃならん物が一番取り締まれないという
創作側が収益の方法を変えるのが現実的な対策なんかね
860 : ななしのよっしん :2018/02/17(土) 20:01:45 ID: gIaMBjtNxf
>>859 あまりにも酷いので色々突っ込むよ

まずベルヌ条約より。日本中国が加盟する著作権に関する際協定。
https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%8C%E6%9D%A1%E7%B4%84
「(前略)著作者は、他の加盟においてそのの自民である著作者と同等の保護を受けることができる」

次に「中国における著作権法」について。
http://www.cric.or.jp/db/world/china.html
ビックリなことに、中国の現行法では著作権は「本人に帰属する(第11条)」し、既に「非親告罪」。

(以下は各のおおまかな関係図)
http://ipfbiz.com/wp-content/uploads/2015/03/278e085d0f5dcf2bcea1f05fefb2ae7a.png
むしろ方は積極的に向こうの法へ告発していいんです
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
861 : ななしのよっしん :2018/02/17(土) 20:34:02 ID: gIaMBjtNxf
>>860が長い、3行って人向けに。
日本産の著作物は外では、外法律に基づき保護される。
中国法律では著作権は個人に帰属し、保護される。
中国アメリカ英国などは既に非親告罪。

しかし日本産著作物について、内は非親告罪なので本人の申出のみ可なのに
中国などの海外においては本人以外でもOKって割と滑稽な状態よね
862 : ななしのよっしん :2018/03/24(土) 11:30:00 ID: 7iq8I08jV2
コミケ二次創作に関してはロイリティ権利者に支払えるようにしないとそのうち著作権の非親告罪化に進んで行くかもしれないね。
863 : ななしのよっしん :2018/06/02(土) 00:58:28 ID: 59u3xsb5Pq
まあ断で幼女向けアニメキャラひん剥いて
お金けしてる人もいるようですし・・・
864 : ななしのよっしん :2018/06/30(土) 11:19:23 ID: VRZ6etDWnb
ところでこの法案ってそもそも何が発端なんだ?
865 : ななしのよっしん :2018/07/01(日) 09:50:04 ID: pSWTM/gfet
ガレージキットとかの立体物にも適用されるの?

ヤフオクに出回ってる海賊版が根絶やしになってほしい

866 : ななしのよっしん :2018/07/09(月) 22:13:35 ID: dAKWKTlk4b
とりあえずコミケサブカル潰れるといってるらは
>>841-846
を見直せ
867 : ななしのよっしん :2018/08/03(金) 17:50:14 ID: 7/7qJT3B22
DMCAなどで非親告罪がいとも簡単に悪用されているのを見た人たちはどう思うのだろう
868 : ななしのよっしん :2018/08/24(金) 16:20:39 ID: pscluODsRE
かなり厳密にやらないと利得より弊の方がヤバ過ぎるってことになってしまうからな。
例えば漫画だと「ネタバレ系」「感想系」ですら「海賊版」扱いされてる(STOP!海賊版の4参照)

つまり、例えば「ONE PIECE」だと「ルフィドフラミンゴを倒した!」とか
ポートガス・D・エース死亡!」とか、あるいは「名探偵コナン」で「安室透は実は味方」とか
「あのお方は烏丸耶」とか、こういう書き込みするとぜーんぶ著作権に当てははまるので
非親告罪化だけだとトンデモないことになるよ。Wikipediaニコニコ大百科も潰れるよ
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829