単語記事: 蓬莱山輝夜

編集

蓬莱山輝夜

蓬莱山輝夜(ほうらいさん かぐや)とはZUN(上海アリス幻樂団)制作の弾幕STG「東方Project」のキャラクター。
テーマ曲は「竹取飛翔 ~ Lunatic Princess

東方Projectの登場キャラクター

概要

出演
『東方永夜抄』 : 6B面ボス
『東方文花帖』 : Lv9ターゲット
『東方儚月抄』
『東方三月精』 : 第18話

永夜のおわり月の人間。おとぎ話のかぐや姫その人。光翼型近接支援残酷戦闘姫。不死の体を持つ蓬莱人であり、決して死ぬことはないとされる。
禁忌とされる蓬莱の薬を飲んで不老不死になってしまい、その罰として地上への流刑となる。と言うよりも、日頃から地上の暮らしに対して興味を抱いており、蓬莱の薬を飲むと月に居られなくなり地上へ流刑される事になるのを知って居た事から、流刑される事を望んで自ら蓬莱の薬の作成を永琳に依頼する。

地上に流刑された後は、おとぎ話『かぐや姫』と大体一緒の流れをとる。しかし、月からの使者が来たところは違っており、そのまま帰ったおとぎ話の"かぐや"とは違い、東方Projectの"輝夜"は使者として一緒に来ていた永琳と共に他の使者を殺害、行方を眩ませた後幻想郷へと到達する。

『永夜抄』で隠れ住まなくてもよいということが分かってからは幻想郷の一員として生きているようである。
幻想郷きっての珍品コレクターであり、秘蔵の宝物を使って弾幕を放ったり、月から持ち込んだであろう物品の展示会(月都万象展)を開いたりしている。他にも人里に時折出向いては子供達に昔話を聞かせたり、自らのすべき事を見出す為の第一歩として優曇華の盆栽を育てたりと、結構アクティブな日常を送っている。
なお、後述の「金閣寺の一枚天井」(元の木が想像できないほど巨大な一枚板)を両手で持ち上げて見せびらかすといったこともしているらしく、実は深窓の令嬢にあるまじきパワーキャラである。

『竹取物語』において藤原妹紅の父に恥をかかせたという因縁から藤原妹紅とは殺したり殺されたりする仲、ではあるがお互いに不死なので意味がない。むしろじゃれあっているのかもしれない。 

性格について

二次界隈において色々なイメージ(「狂気の姫」や「ニート」など下の二次設定にあるもの)が広まっている。

しかし公式における輝夜は、

輝夜「って、折角決まった所で水をさす~。今まで身を隠していたから余り外に出れなかっただけよ」

と初登場からかなり暢気である。
何せ自分の屋敷に押し入ってきた自機組の内、結界チーム・詠唱チーム・幽冥チームの三組はお客として出迎えている程(紅魔チームだけは最初から敵対状態)。

また、部下思いであり、(道中のノリからしておそらく特に荒っぽかったと思われる)紅魔チームに対しては、

輝夜 「鈴仙と永琳を倒してここまで来るなんて……。怪我の一つでも負って貰わないと、割に合わないわ」

と憤りをあらわにし、また儚月抄(小説)においても配下のイナバ達の体調を気遣う発言を見せている。かつて竹取の翁と共に暮らしていた時にも翁夫婦に感謝と愛着を感じていたようで、周りの者への感謝を忘れない性格の様子。

自分を無理に連れ出そうとする相手には無理難題をふっかける困った癖はあるが、生来の好奇心は旺盛なようで、永遠亭が隠れ住むのを止めたこと自体、月の使者の脅威が減ったこと以上に『人間と妖怪が協力している様を見て、酷く羨ましく思った』のが一番の動機らしい(小説版『東方儚月抄』より)。

以上のことより、公式での彼女の性格は(世俗の感覚とズレがあるが)基本的に暢気で心根が優しい箱入り娘ということである。
…どうして二次ではああなった。(´;ω;`)

外見等について

『竹取物語』におけるかぐや姫=この輝夜は、「かたち清らなること世になく、家の内は暗き處なく光滿ちたり」「世界の男、貴なるも賤しきも、『いかでこのかぐや姫を得てしがな、見てしがな。』と、音に聞きめでて惑ふ」と表現される絶世の美女。5人の貴族から求婚されている他にも、そのあまりの美しさに帝が一目惚れし、「かぐや姫がいないこの世で不老不死になっても何の意味も無い」と言う理由で不老不死の薬を廃棄してしまった程である。

『東方三月精 ~ Strange and Bright Nature Deity.』の3巻、表紙の折り返しにおいて、姫の身長は永琳よりわずかに低く、鈴仙より高いことが判明した。身長比の正確性については比良坂真琴氏のHP「DOLPHINICITY」のDiary(2009/02/17)を参照の事。

東方Projectキャラにおいては日常茶飯事であるが、しばしば年齢についても議論される。
姫の年齢については2つの説があり、一つは千三百+α歳というもの。妹紅が生きてきた年数が千三百年程度ということから。『東方儚月抄 ~ Cage in Lunatic Runagate.』第四話由来。
もう一つは億単位とするもの。同人CDアルトノイラント 「帰るべき城」解説冊子P.5 に、「原作者ZUN氏に聞いたところ(酔っぱらった時に聞いた答えだが)、永琳や輝夜の年齢は億単位だそうだ。」という記述がある。
ただ、どちらの説でも永琳よりずっと年下なのは確かである。『東方儚月抄 ~ Cage in Lunatic Runagate.』第二話由来。
無論、α≧99998700と解釈すれば、一応両方が成立することになる。もともと月人は蓬莱の薬がなくとも寿命が非常に長いため、輝夜が月でそれだけの年月を過ごした可能性はある。

能力

永遠と須臾を操る程度の能力

「永遠」
永遠とはすなわち不変であり、未来永劫あらゆる変化を拒絶すると言う事でもある。永遠を持ったものはいつまでも変わる事が無く、外から干渉されることも無い。
幻想郷に来てから数えても百年単位で隠れ住んでいたはずが、永夜異変の時まで誰にもその存在を知られる事無く竹林の奥に存在し続け、また純和風の建物である永遠亭が一切老朽化する様子を見せていないのは、この永遠の能力によるもの(だった)と言われている。少なくとも今は、永遠亭にも普通に「他人が訪れる」と言う変化が日常的に起こっており、既に永遠ではなくなっている。今後時が経てば、永遠亭も修繕の必要が出てきたりするだろう。
ちなみに輝夜の永遠の能力を使って作られた蓬莱の薬は服用者をそういう「あらゆる変化を拒絶する体」にするものであり、単なる自己治癒能力の極限化と言った類ではない(そのため髪の毛1本から全身を再生すると言ったような事が起こる。藤原妹紅も参照)。
作中では、この能力を使ったラストスペル「永夜返し」にて霊夢達の永夜の術を打ち破り、強制的に夜明け(永夜返し ‐世明け‐)を迎えさせた。
「須臾(しゅゆ)」
須臾とはすなわち隙間であり、他の存在が認識出来ないほどの一瞬である。須臾を操る事の出来る輝夜はこの「一瞬」を必要なだけ寄せ集めて自らの時間とする事が出来る。
ただし、どこまで集めても「認識できない一瞬」である事には変わりないため、須臾の中にいる輝夜を知る術は無い。そのため須臾を操る輝夜は、「他人と同じ時間」と「他人と違う時間」を同時に過ごす事が出来る。稗田阿求はこれを「異なる歴史を複数同時に持つ」と表現している。
ちなみに分数で書くと1/1000000000000000、指数でなら10-15と表される。
『東方儚月抄 ~ Silent Sinner in Blue.』の十九話で、須臾は時間の最小単位であり、時間は須臾が無数に積み重なって出来ていることや、時間が連続に見えるのは須臾が認識できないからであると豊姫に説明された。
なお、現実世界においては時間の最小単位としてしばしば「プランク時間≒5.39121×10-44秒」が紹介される。また近年ではプランク定数以下のミクロ構造も発見されている(らしい)。おそらく須臾は、プランク時間と同程度もしくはそれ以下の時間だろう。(須臾が表す10-15の単位が秒とは限らないことに注意)

彼女の能力はいわば「完全な停止=永遠」「極限の加速=須臾」を操る能力であり、稗田阿求も「時間を操る能力」と纏めている。
同じく時間を操る程度の能力を持つ十六夜咲夜との関連はあるのだろうか。

『永夜抄』のEXストーリーでは突如神社の中から出現し、ZUNに「常人には宇宙人の行動も思考回路も不明である。」と暴言を吐かせている。
東方Projectの登場人物に常人なd(ry。

スペルカード

東方永夜抄

輝夜の主なスペルカードは昔話「竹取物語」においてかぐや姫が「これらのモノを持ってくることが出来た者と結婚する」と、5人の公達に出された難題に由来する。
ちなみにHardとLunaticはそれらを英語に訳したモノ。一枚だけ違うが。

難題「龍の頸の玉 -五色の弾丸-」(Easy&Normal)
神宝「ブリリアントドラゴンバレッタ」(Hard&Lunatic)

大納言大伴御行に出された難題。龍の首元にあるという五色に光る宝玉。
最初は家来に龍退治を命じていたが、連絡が来なかったので自分で行くことに。しかし嵐に遭遇し、断念。無事に帰れたが、大きな腫れものが出来て民衆の笑い物になった。

 

難題「仏の御石の鉢 -砕けぬ意思-」(Easy&Normal)
神宝「ブディストダイアモンド」(Hard&Lunatic)

石作皇子に出された難題。ブッダが悟りを開いたときに授けられた4つの鉢を1つに合体させた鉢。
天竺に一つしか無い物のため入手不可能と悟り、適当な黒い鉢を持っていったが、光らないので贋物だとばれてしまい、このときのかぐや姫との歌のやりとりから民衆の笑い物になった。実物は本当にダイヤモンドで出来た鉢。

 

難題「火鼠の皮衣 -焦れぬ心-」(Easy&Normal)
神宝「サラマンダーシールド」(Hard&Lunatic)

右大臣阿倍御主人に出された難題。火の中に入れても燃えない衣。
天竺伝来の立派な皮衣を手に入れたが、燃えないはずなのに火の中に入れると燃えた。
この燃えない衣とはアスベスト(石綿)のことではないかという説がある。

 

難題「燕の子安貝 -永命線-」 (Easy&Normal)
神宝「ライフスプリングインフィニティ」(Hard&Lunatic)

中納言石上麻呂足に出された難題。ツバメが卵を産むときにだけ、ツバメの体内に現れて出すという。
しかしツバメの巣に手を突っ込んで掴んだときに、落ちて腰の骨を折る。さらに掴んだのはツバメのフンだったこともあり、意気消沈した石上麻呂足は骨折と病気で寝込んでしまう。
これはさすがに気の毒だと思ったかぐや姫が手紙を送るが、手紙を読んで返信を書いた直後に石上麻呂足は死んでしまった。

ちなみに「~~したかいが無かった」と言う慣用句は、この話が語源である。

 

難題「蓬莱の弾の枝-虹色の弾幕-」(Easy&Normal)
神宝「蓬莱の玉の枝-夢色の郷-」(Hard&Lunatic)

車持皇子に出された難題。蓬莱山にある銀の根と金の茎をしていて、白い玉の実がなる木の枝。
車持皇子は財産をつぎ込み、本当に銀の根と金の茎を持ち真珠の実をつけている枝を『職人に作らせた』。蓬莱山で取ってきた訳ではないので本来ならば失格であるはずが、逆に言えば蓬莱山で取ってきていないという点を除けば本物と全く変わらない品物であり、かぐや姫自身も贋物であることを見破れなかったため、一度は結婚を承諾せざるを得ない事態に陥る。
舞い上がって早速夜の営みの準備をし始める車持皇子をよそに、結婚を断る口実のつもりであったかぐや姫は大困惑。何とかして断れないかと考えていたところに、「贋物の蓬莱の玉の枝を依頼されて作ったはいいが報酬を受け取っていない」と言う職人が押しかけてくる。これにより蓬莱の玉の枝が贋物であると分かり、結婚を断る口実が出来たかぐや姫は大喜びし、職人達に褒美を出すが、その職人達は激怒した車持皇子に殺されてしまった。

この難題を出された車持皇子こそが妹紅の父親だという説があるが、確定していない。詳細は藤原妹紅の記事にあるので、興味がある方はそちらで確認して欲しい。

ちなみに、Easy&NormalとHard&Lunaticでは英訳されていない代わりに「たま」の字が違っている。
もちろん「玉」の方が正しい。「弾」になっているEasy&Normalの方は、スペルプラクティスの神主コメントにおいて突っ込まれてもいる。

なお、輝夜は蓬莱の玉の枝の本物を所持している。
東方世界における『蓬莱の玉の枝』の正体とは月にしか生えない本当の優曇華が地上の穢れによって開花し、実をつけたもの。月の優曇華はまれに月の民により時の権力者に譲渡され、その権力と穢れの強さに応じてより美しい実をつけ権力の象徴となり、その美しさに故に争乱を巻き起こす。
おそらくは月の賢者の一人が作り出した月の穢れ探知機であり、月の民が地上に争乱を起こすための火種でもある。難題の中では珍しく実在が確定しており、唯一無二の物でもないといえる。
ちなみに輝夜が現在世話をしている盆栽がこの優曇華の盆栽である。

東方文花帖

新難題「月のイルメナイト」

イルメナイトとは鉄とチタンと酸素の化合物である金属。これを加工・分離する事で文字通り鉄とチタンと酸素を精製できる。地球上では火山付近または砂浜にて、一部の例外を除いてごく細かい砂の粒の形で広く分布している。
上記の通り火山付近で火成岩等から主に見つかる物質であり、火山活動によって生成されるものであるが故に、火山の存在しない月には存在しない物質だと思われていたが、アポロ計画により持ち帰られた月のサンプルではこれが月に存在する事を示唆する形跡が見つかったりで、月に存在するのかどうかが議論の的になっていた。
しかし2005年10月、ハッブル望遠鏡による観測で、月月面に広がる砂のおよそ10%がイルメナイトである事が判明。ちなみに『東方文花帖』の頒布は2005年12月。
現在からしてみればこの通り、大量に実在するのが分かっているものなので「月まで行ってくる手段さえあれば」取ってくる事が可能だが、昔は「物理的に存在し得ない」とさえ言われていた代物であった。
ゲームでの弾幕は鉄とチタンと酸素を表すかのような、青・ピンク・白の3色の小さな粒の弾が大量にばら撒かれる。

 

新難題「エイジャの赤石」

自機狙いの赤い大玉と四方八方に撒き散らされるレーザー、と言う弾幕の様子から見ても、『ジョジョの奇妙な冒険』第2部に登場する「エイジャの赤石」の事だと思われる。「赤石」は「せきせき」と読む。
ジョジョに登場する赤石はルビーのような赤い宝石で、内部で光を何億回も反射・増幅させた上で一点に集中して発射すると言う性質を持った石とされている。太陽の力に関係があるらしく、代々の波紋の戦士にはエイジャの赤石が無いと「柱の男」を倒せないと言い伝えられている一方で、柱の男たちは赤石を石仮面に組み込むことで太陽の光を克服する力を手に入れようと画策していた。

なお実際のルビーにもこういった光を収束させる性質があるが、わざわざ難題として求めてくるものなので特殊な力を持った石でなければならないのだろう。
余談だが、中世ヨーロッパ等で盛んに研究された錬金術の最終目標・賢者の石は伝承や書物によってさまざまな姿で描かれるが、殆どの場合「赤い石である」と言う点だけは共通している。

 

新難題「金閣寺の一枚天井」

知る人ぞ知る難題。何千枚撮影しても取れないことがあるほどの難しいスペルで、ルナシュータークラスでもほぼ運任せでなくては取れないとの話も。
詳しくは「漢は黙って金閣寺」を参照。『ダブルスポイラー』にて古明地さとりが唯一想起したトラウマでもある(→想起「うろおぼえの金閣寺」)。
さまざまな言い伝えや、明治時代に行われた金閣寺の部分解体修理の際に何度も金閣寺三階の天井は一枚天井である、と言った話が出ており広く信じられていたが、1950年の火災によって1955年に金閣寺を再建することになった際、「金閣寺の天井は普通に何枚も板を使った鏡天井だった」とはっきり否定された。
輝夜がこれを知っていて難題にしているのかどうかは不明だが、いずれにせよ実在しないものなので取ってくる事は不可能。

 

新難題「ミステリウム」

mystery+ium、またはラテン語でmysterium。
単語自体は割とありふれたものでありこれと決まった有名な元ネタが無いが、取ってくる「もの」である事を考えると、レトロPCゲー「スターアーサー伝説」に登場する鉱石「ミステリウム」だろうか?
または、元素はしばしば「~ウム」と神話や発見者名、地名などにちなんで名付けられる事が多いが、全く未知の、謎(ミステリー)の元素をもってこいと言う難題なのかも知れない。
なお現在は自然界に存在し得る原子量の元素は全て発見されており、新しい元素を発見するには原子核を融合させる技術によってより原子量の重い元素を「創り出す」しかない。

弾幕は広がる速度の違う波紋上の弾幕をいくつも展開し、さながらうねってくねくねする「永夜返し」のようである。

ラストスペル(ファイナルスペル)

東方永夜抄にのみ「ラストスペル」というスペルカードシステムが存在する(6B面ボスである輝夜のものは「ファイナルスペル」という)。輝夜はストーリーにおいて霊夢達が仕掛けた「永夜の術」を「半端な永遠である」として、それを破るために「永夜返し」というファイナルスペルを披露する。ファイナルスペル発動の際には輝夜のセリフや専用BGM「ヴォヤージュ1970」などの演出が入る。永夜抄のスペルプラクティスモードではラストワード「蓬莱の樹海」を使用してくる。

ピクシブ百科事典「永夜返し」の記事も参照。

スペルカード関係の動画

二次設定

大体は「輝夜」の読み替えで「てるよ」「ぐーや」と呼ばれている。

  • すぐ永琳に助けを求める。
    テーマ曲「竹取飛翔」のサビメロに「助けてえーりん」と言う空耳歌詞が付けられた事から。
  • ニートである。
  • 引きこもり(かつヘビーゲーマーで廃人)である。
    二次のニート設定から。昼夜逆転のジャージ生活でカップめんが主食。やることはネット(ゲーム)。
    ゲームや2ch等でずっとPCの前に居る。立てたスレの>>2には即働けと書き込まれる。
  • ロケット(H-IIAロケットかぐや)で月の都へ強制送還される(された)。
    ニートに怒った永琳等の行動。「輝夜」と「月」という共通点から。
    ロケットは宇宙空間の途中で爆発することも。
  • 妹紅と仲良し
    輝夜と妹紅が相互理解したり、殺し合いが形式的になったことを自他共に認めている二次創作から。
    たまに和解or友人として一緒にゲームやっている事も。
  • ビビンバが好物である。
    スペルカード「仏の御石の鉢」の神主コメント「石焼ビビンバ的な物でも食べようとしたのだろうか」から。
  • 「狂気の姫」
    上記までのイメージと打って変わってシリアスに突き抜けたタイプの二次設定。輝夜が敵役の場合が多い。
    他のキャラクター(主に妹紅)をいたぶる等の非道な行為をして、それらを愉しむ残虐で高慢な姿で描かれる。
    設定の背景に妹紅と殺し合いや月の使者殺害等の設定や、竹取飛翔の副題の和訳である「狂気の姫」、そして文花帖でプレイヤーが負わされたトラウマの影響があると予想される。

見て分かるとおり、大半が「だらしない」系などのマイナスイメージネタである。
東方全般に言えることだが、この手の二次設定を好まない者が居ることを忘れず、TPOを考えて使用すること。

カップリングは同じ不老不死の蓬莱人であり、付き合いも長く縁も深い永琳・妹紅がダントツ。
内容はそれぞれ家族扱いや主従の絆関連、喧嘩友達や悪友等が多い。

お絵カキコ

枚数が増えたので、蓬莱山輝夜のお絵カキコに分離しました。

なよ竹の君 5つの難題をくらえー 蓬莱さんちのニート姫 蓬莱山輝夜 ※枝毛を数えています むぐらはふ下にも年は経ぬる身のなにかは玉のうてなをも見む ぐやややや 竹姫 てるよ 燕の子安貝 永遠と須臾の罪人 ヒラコー版輝夜 わりと退屈な姫様の永遠 蓬莱の暗黒フロンティア計画 蓬莱の玉の枝 玉愛ずる姫君 永琳、ビビンバァ 似合いますとも! てるもこ? 輝夜 ポニテの日 たすけてえーりん!  

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

二次創作関連

  • てるよてるもこは永遠の輝きえーてるは心の癒し
  • ぽにてるよ
  • ぐーや
  • 蓬莱てるよ
  • テルヨトリガー
  • てるりんの人
  • えーてるは心の癒し
  • てるもこは永遠の輝き
  • 輝夜ファンの聖地リンク
  • ニート

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E8%93%AC%E8%8E%B1%E5%B1%B1%E8%BC%9D%E5%A4%9C
ページ番号: 248937 リビジョン番号: 2213430
読み:ホウライサンカグヤ
初版作成日: 08/06/16 21:11 ◆ 最終更新日: 15/06/01 23:46
編集内容についての説明/コメント: 動画が一部消えていたので別なものに差し替え
記事編集 / 編集履歴を閲覧

蓬莱山輝夜について語るスレ

2990 : ななしのよっしん :2015/07/16(木) 21:26:23 ID: hwgKcK9Y1O
プランク時間についてはつけ加えようと思ったが、長くなり過ぎる上に、そもそもそこまでしてプランク時間について書く必要があるとは思えなかった(原作で言及されていないことを無理に書く必要がない)ので、プランク時間の記述ごと削除でいいと思う。
10^-15の部分には「数字の単位」であることを書いておけば、誤解はされないだろうか。
と、ここまで書いてプレミアム会員しか編集できないことに気付く。自分から話を持ち掛けておいて、自分で編集できないとか最悪ですね。申し訳ない。
2991 : ななしのよっしん :2015/07/31(金) 21:22:54 ID: keoFxEOH8F
億歳超え、
月の都創設者の1人、オモイカネの永琳が傾倒する程の月の姫、
時間を操る能力も暦(時)を司るツクヨミと被るし
まんまツクヨミの娘って可能性高そうだなぁ
月の都を中心に江戸時代になぞらえるとするなら
輝夜が将軍家、あるいは親藩の姫なら、綿月姉妹は親藩かあるいは譜代大名家な感じかな
2992 : ななしのよっしん :2015/08/19(水) 00:25:03 ID: Ib+eSoXO8Z
展開が進む度トンデモ度が上がっていく従者に
これほどまでに敬愛される姫様は一体……
2993 : ななしのよっしん :2015/08/23(日) 00:03:45 ID: 51OBFuvzgt
APPがカンストしてるんだよ。
まあ、永琳は輝夜がいなければとんでもなく退屈しそう。ただただ生きてるだけの賢者タブルエックスとしての生き方に、彩を与え続けてくれるのが輝夜なんじゃないかな
変な言い方だが、もう永琳は輝夜なしでは生きられないんだろう
輝夜から離れてしまった永琳はもとのダブルエックス様に戻ってしまう
2994 : ななしのよっしん :2015/08/28(金) 06:22:52 ID: Yuql3/o7/U
>>2988
単に時間に対する捉え方さえ間違えなければどういうものかはイメージしやすいで
皆時間は過去・現在・未来まで決まった一本の紐で連想する人が多いんだがこれがそもそも違ってて
本当はバラバラの無数の一瞬が積み重なって出来てるのよ。咲夜の能力が前者をイメージしやすいから誤解が生じてるだけで。
最初に極限の加速と捉えるのも須臾が認識出来ない人の捉え方で、須臾を認識して操る人にとっては
一瞬である須臾を好き勝手積み重ねてるに過ぎないのよ。
例えで右側にいた輝夜が突如左側に現れた。それは移動の一瞬も全部取り除いて右にいた一瞬の中と左に移動し終えた一瞬を繋ぎ合わせたということ。
もう一度確認するけど時間は最初から連続していない。無数の一瞬(須臾)が積み重なって出来ている。須臾を操るとどうみえるかの一例。



2995 : ななしのよっしん :2015/08/28(金) 17:54:53 ID: 2eSgNXBkee
>>im5149928

妹紅の輝夜に対する心情は小説版儚月抄で語られてるけど、輝夜のもこたんに対する心情はあまり見かけない気がするなぁ。
2996 : ななしのよっしん :2015/08/28(金) 18:55:08 ID: trDCGUdCIA
>>2994
なんとなくわかった。
つまりパラパラマンガで途中のコマを抜いて本来繋がらないコマを繋げてしまうという事かな?
2997 : ななしのよっしん :2015/08/29(土) 02:41:46 ID: Yuql3/o7/U
そういうこと。某未来人が突っ込み高校生に説明していたような話と基本同じw
パラパラ漫画の中の住人(2次元)の視点とパラパラ漫画の外の住人(3次元)の視点の認識と基本同じと思えばわかりやすいね
2998 : ななしのよっしん :2015/08/29(土) 09:02:30 ID: CP5CVF3rpB
>>2963
結果は4だったな(ただし紺珠伝のみで深秘録には登場なし)
けど姫様のオープニングのセリフその物がある意味重要な意味を持ってたとはね…
何はともあれ新作に(OPだけとはいえ)出ただけで正直嬉しいw
2999 : ななしのよっしん :2015/08/31(月) 01:10:35 ID: vo2rJkSjyl
>>2998
紺珠伝の鈴仙のレガシーモードミスありEDで出てくるよ
お師匠様の薬を飲まずに作戦を遂行しちゃって怒られるかもって思っている鈴仙に
「永琳は怒ってないから大丈夫よ、それより今回の敵について
 私達の知らない情報があるみたいだから詳しく聞かせて」
みたいな感じで話しかけてくる
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015