単語記事: 藤子・F・不二雄

編集

藤子・F・不二雄ふじこ・エフ・ふじお)とは、日本男性漫画家である。本名は藤本弘(ふじもと ひろし)。

1933年12月1日生まれ、1996年9月23日没。享年62遺作は「ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記」。

概要

1951年安孫子素雄藤子不二雄Ⓐ)と共同でプロ漫画家デビュー1954年コンビ名を「藤子不二雄」へと変え「オバケのQ太郎」をはじめとした多くの作品を世に出した。

1988年、様々な理由によりコンビを解消し「藤子不二雄Ⓕ」名で単独活動を始めるも、1年程度で「藤子・F・不二雄」へ再名。 藤子不二雄名義時代からの単独作「ドラえもん」などの執筆を行う。

1996年9月20日、自宅の仕事部屋で「のび太のねじ巻き都市冒険記」を執筆中に鉛筆を握ったまま意識不明となる。が発見し病院に運ばれたが意識は回復せず、3日後の9月23日に肝不全で死去した。

(前略)
みんな、今の自分より少しはましになりたい、もっと向上したいと思う。
でも、毎日同じ反を繰り返しながら、足踏みをしている。
結局のところ、それが人間というものなんじゃないかと思うんです。

藤子・F・不二雄
(「ドラことば 心にドラえもん名言集」より一部引用

作風

デビューから筆を擱くその時まで、常に児童漫画の第一線で活躍しつづけた。同世代の漫画家が児童漫画家として出発しながらも次第に作大人向けに変える中、最後まで児童漫画にこだわった稀有な存在であった。

手塚治虫に強い影を受けたひとりである。作品の形態はほとんど一話完結か短編であり、初期を除けば単行本1冊分(大長編ドラえもんなど)をえる長さのストーリーのものはほとんどない。
自らの作品のSF性を厳密な「サイエンス・フィクション」ではなく、日常性に根ざした「すこし・ふしぎ」であると称した。初めての大ヒット作である「オバケのQ太郎」以降、日常に紛れ込んだ非日常の存在が巻き起こすドタバタギャグパターン確立し、多くのヒット作を生む。

その一方大人向けのSF短編も手がけており、こちらの知名度は児童漫画に劣るものの、(狭義の)SFファンからも高い評価を受け、アニメ化、舞台化もされた。

趣味読書であり、トキワ荘仲間である赤塚不二夫は「漫画を書けたのは子にいろいろ教わったおかげ」とっていた。とくに恐竜西部劇、落語模型製作などのモチーフは作品の中に繰り返し用いられた。

主な作品一覧

共同作品

単独作品

手塚好き

たぶん世界一手塚治虫が好きな人物。どれぐらい好きかというと、子供の頃から毎日本屋に行き手塚漫画を全て集め、手塚ハガキを送り、返事を貰って歓喜するほど。

高校生の頃に藤子Ⓐと一緒に手塚実家に会いに行き、手塚に「漫画家になれるか?」と質問。「君たちならやっていけると思う」と言われ漫画家になることを決意する。

初期のペンネームは「手塚の足元にも及ばない」という意味の「足塚不二雄」。手塚デビュー作が載っていた毎日小学生新聞に「今、手塚先生の連載漫画がのっていないので、かわりにぼくたちの漫画を連載して下さい」と封筒を送り、藤子Ⓐ漫画家デビュー。その後、手塚が住んでいたトキワ荘14号室に藤子Ⓐと住む。トキワ荘時代は手塚の机で漫画を描いていた。

プライベートでも付き合いがあり、一緒にラーメンを食べたり映画を見たりもしていたが、2人で「惑星ソラリス」を見た時は子Fは徹夜をしていたので爆睡していた。また結婚式の仲人は手塚が務めている。

雑誌『コロコロコミック』初代編集長の千葉和治が手塚への批判を漏らしたところ、火が出るほど怒り、千葉を1週間近く事務所に出入りさせなかったこともある。

手塚没後の数日間は悲しみのコメント毎日のように雑誌やテレビに発していた。特に「高校生になっても先生のまんがを読み続け…、気がついてみると自分もまんがになっていた」と発言したことは有名。

世の中に手塚が好きな人は多くいると思われるが、実際に会いに行き、手塚が住んでいたトキワ荘14号室に住んだり、自身も漫画家になったり、プライベートでも付き合いがあったのは彼ぐらいなものである。

関連動画

生きてる!動いてる!

逝去時のニュース

ファンによるMAD手描き動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E8%97%A4%E5%AD%90%E3%83%BBf%E3%83%BB%E4%B8%8D%E4%BA%8C%E9%9B%84
ページ番号: 1519418 リビジョン番号: 2388082
読み:フジコエフフジオ
初版作成日: 09/02/21 21:57 ◆ 最終更新日: 16/07/28 01:00
編集内容についての説明/コメント: 非表示動画削除。冗長な手塚関連を整理
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

藤子・F・不二雄について語るスレ

224 : ななしのよっしん :2016/04/28(木) 14:42:37 ID: KVV26m1Bli
子Fさんは、今で言えば手塚信者と言う事になるのかも。
しかし彼の作は、手塚マンガとは全く異なる。
彼の初期の作品は手塚さんの影を受けていたが、
やがて自分の作確立した。

小学生の頃、色んなマンガを読んだが、ドロドロした作が苦手だった自分には、
子Fさんのマンガが一番合ってた(今も)。
225 : ななしのよっしん :2016/05/16(月) 11:32:17 ID: XeuzYVpVUn
SFにおいても非日常ではない日常を描き続けただけに
日常に存在する幸せも描いている。
そこが現実にも参考になる部分で好きだな。

if最終回みたく覚醒したわけでもなく情けない父親に育ったのび太の頑りや
れ初めなんて細なきっかけで喧したのび太の両親が仲直りする理由は何度読んでもグッとくる。
226 : ななしのよっしん :2016/07/31(日) 20:57:56 ID: SL/z3DD4Pf
>>225
個人的に推すエピソードは「りっぱなパパになるぞ!」

途中で子供のび太大人のび太を叱ってるけど、その先の台詞
グッとくる。

「何の努もしなかった人間がある日突然天才になれるか?」(だったかな。間違えてたらスマソ)
「失敗しては反し、失敗しては反し、その繰り返しさ」
大人になって見返すと身にしみる所だけど、最後の最後は前向きに
行く部分がF先生醍醐味だね。

あと、大人のび太ってたまにF先生投影ではないかなと思う場面が
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
227 : ななしのよっしん :2016/08/04(木) 13:09:04 ID: XeuzYVpVUn
夢のあるロマン設定の方が人気は高いけど、
大人になるとこういう現実的な結末の良さがわかる。
228 : ななしのよっしん :2016/08/20(土) 15:44:48 ID: PjqqEo+GK5
ヌターウォーズを見たネトウヨ藤子・F・不二雄大先生左翼扱いするだろうなw
229 : ななしのよっしん :2016/08/29(月) 04:11:13 ID: 8J7ZLDP/V7
今見ると、数字や科学絡みの考察の浅さが垣間見えるね
そこを想像を補ってるおかげで、爆発的に面い作品を生みだせるんだろうけど
230 : ななしのよっしん :2016/09/16(金) 11:36:02 ID: XeuzYVpVUn
そんな専門的なところまで突っつく読者が増えたのは最近になってからだろう。
それにあくまでオタクであって専門じゃないんだからさ。
231 : ななしのよっしん :2016/09/21(水) 14:02:00 ID: gzHhVJoRWt
先生やけっぱちマリア的な話書くとマミマリアになるんだろうなあ・・・高畑さんが生徒で・・・鼻血出しすぎて倒れそうだけどw
232 : ななしのよっしん :2016/09/22(木) 06:43:07 ID: 8pty7zXd9K
>>229
手塚御大含めほとんどの漫画家が「知らないものをちゃんと描くことはできないんだからいろいろ経験しておくべき」みたいな事を言うんだけど
F先生は「知ってるとどうしても知ってる範囲で描いてしまう」って言うんだよね
手塚御大はBJで医学知識を生かしてリアルウソを描いて名作を生んだけど、
現代科学でこうだから100年経ったらこういうものが作れそうって発想でドラえもん描いてたらこれほどの作品にはならなかったと思う
233 : ななしのよっしん :2016/09/27(火) 23:45:43 ID: dZE7cqrL8I
先生が亡くなった後の数年間はまだ上のめよさんは存命だったらしいけど、インタビューとか残っていない?
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015