単語記事: 藤子・F・不二雄

編集

藤子・F・不二雄ふじこえふふじお)とは、日本男性漫画家である。

概要

1933年12月1日生まれ。本名は藤本弘安孫子素雄藤子不二雄Ⓐ)と共に藤子不二雄として活動。「オバケのQ太郎」、「パーマン」をはじめとした作品を多く世に出した。その後様々な理由によりコンビを解消し藤子不二雄Ⓕ(後に名)を名乗り活動。 藤子不二雄名義時代からの作品「ドラえもん」などの執筆を行う。1996年9月23日、肝不全により未来の住人となった。享年62

みんな、今の自分より少しはましになりたい、もっと向上したいと思う。
でも、毎日同じ反省を繰り返しながら、足踏みをしている。
結局のところ、それが人間というものなんじゃないかと思うんです。

藤子・F・不二雄

 作風

デビューから筆を擱くその時まで、常に児童漫画の第一線で活躍しつづけた。同世代の漫画家が児童漫画家として出発しながらも次第に作大人向けに変える中、最後まで児童漫画にこだわった稀有の存在であった。

手塚治虫に強い影を受けたひとりである。作品の形態はほとんど一話完結か短編であり、初期を除けば単行本1冊分(大長編ドラえもんなど)をえる長さのストーリーのものはほとんどない。
自らの作品のSF性を厳密な「サイエンス・フィクション」ではなく、日常性に根ざした「すこし・ふしぎ」であると称した。初めての大ヒット作である「オバケのQ太郎」以降、日常に紛れ込んだ非日常の存在が巻き起こすドタバタギャグパターン確立し、多くのヒット作を生む。
その一方大人向けのSF短編も手がけており、こちらの知名度は児童漫画に劣るものの、(狭義の)SFファンからも高い評価を受け、アニメ化、舞台化もされた。

趣味読書であり、トキワ荘仲間である赤塚不二夫は「漫画を書けたのは子にいろいろ教わったおかげ」とった。とくに恐竜西部劇、落語模型製作などのモチーフは作品の中に繰り返し用いられた。

作品一覧

世界一の手塚治虫好き

たぶん世界一手塚治虫が好きな人物でもある。どれぐらい手塚治虫が好きかというと、手塚治虫が好きすぎて子供の頃から毎日本屋に行き手塚漫画を全て集め、手塚ハガキを送り、返事を貰ったことで歓喜。
高校生の頃は藤子Ⓐ手塚実家に会いに行き、そこで「漫画家になれるか?」の質問に対して「君たちならやっていけると思う」とのことで漫画家になることを決意。
初期のペンネームは「手塚の足元にも及ばない」という意味の「足塚不二雄」。手塚デビュー作が載っていた毎日小学生新聞に「今、手塚先生の連載漫画がのっていないので、かわりにぼくたちの漫画を連載して下さい」と封筒を送り、藤子Ⓐ漫画家デビュー。その後、手塚のことが好きすぎて手塚が住んでいたトキワ荘14号室に藤子Ⓐと住む。手塚から机も貰ったので、トキワ荘時代は手塚の机で漫画を描いていた。子Fの結婚式の仲人は手塚が務めた。手塚の助言により少年サンデーで連載。手塚子Fはプライベートでも付き合いがあり、一緒にラーメン食べたり映画を見たりしていた。映画手塚子Fとたった2人で「惑星ソラリス」を見た時は、子Fは徹夜をしていたので爆睡していた。雑誌『コロコロ』初代編集長の千葉和治が手塚への批判を漏らしたところ、火が出るほど怒り、千葉を1週間近く事務所に出入りさせなかったこともある。子Fは手塚が亡くなった数日間は悲しみのコメント毎日のように雑誌やテレビに発していた。特に「高校生になっても先生のまんがを読み続け…、気がついてみると自分もまんがになっていた」と発言したことは有名。
世の中に手塚が好きな人は多くいると思われるが実際に会いに行き、手塚が住んでいたトキワ荘14号室に住んだり、自身も漫画家になったり、プライベートでも付き合いがあったのは彼ぐらいなものである。

関連動画

生きてる!動いてる!

逝去時のニュース

ファンによるMAD手描き動画

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E8%97%A4%E5%AD%90%E3%83%BBf%E3%83%BB%E4%B8%8D%E4%BA%8C%E9%9B%84
ページ番号: 1519418 リビジョン番号: 2066620
読み:フジコエフフジオ
初版作成日: 09/02/21 21:57 ◆ 最終更新日: 14/08/08 20:55
編集内容についての説明/コメント: 削除動画1件を別の動画に差し替え、藤子Aの表記を記号に統一などしました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

藤子・F・不二雄について語るスレ

216 : ななしのよっしん :2015/12/10(木) 02:15:41 ID: hT9wy7luQ1
>>215
当時にしても『ドラえもん』が大当たりしたからできたこと。

最初は単行本も出してもらえず、傑作選という形で何とか6巻出た。しかし出してみたら売れたので、事7巻以降も発売された。
単行本が当たって、ドラえもん総集編的存在の『コロコロコミック』が創刊されて、テレ朝で再度アニメ化されブームになった。そこで初めて日テレ版の再放送に文句を言えるようになった。

もし日テレ版と一緒に原作まで打ち切られていたら、再放送に文句を言うかっただろう。
217 : ななしのよっしん :2016/01/12(火) 15:09:15 ID: XeuzYVpVUn
原作者がそこまで思い切った要が出来る、ってのがロマンあるな。
同じ大当たりにしてもパッと思い浮かぶのは
ドラゴンボール爆発的人気に振り回されて鳥山明が消耗しきったようなネガティブな例ばかり。
218 : ななしのよっしん :2016/01/12(火) 15:14:21 ID: Sn7WUniJZm
>>208>>209
SF短編海外SFの翻案が多いから、おもしろいのはおもしろいのだけれど、
あれがF先生スタイルを表してるかって言われたら微妙な気もする。
個人的に『ミノタウロスの皿』と『老年期の終り』は好きなんだけどね。
219 : ななしのよっしん :2016/01/12(火) 19:49:00 ID: 8pty7zXd9K
翻案といっても流血くらいまでいくと十分以上にカラー出てるんだけどね
220 : ななしのよっしん :2016/02/26(金) 14:36:28 ID: TbhU6UUgWj
>>217
そうは言っても基本的には今も売れてるは強いよ
冨樫があんなやり方を許されてるのは過去ヒットを出してハンターも売れてるからだし、ワンピ織田みたいに編集の言うこと全部視なんて実績がないとまず
221 : ななしのよっしん :2016/03/09(水) 09:48:56 ID: XeuzYVpVUn
WJは部数減を経験してるだけに強く出られないんだろ。
他の出版社はまた別だと思う。
222 : ななしのよっしん :2016/03/09(水) 18:30:03 ID: 8pty7zXd9K
いやー、直接経験してなくたってあの減ぶりは怖いだろ。
同じような事がウチでもあったらって考えないわけにはいかないさね。
223 : ななしのよっしん :2016/03/31(木) 16:22:00 ID: QdPj3YwpLw
手塚はほんま修羅みたいな漫画家だけどこの人はめっちゃ穏やかだよなあ
のび太のこんな幸せなことがあるか元々はよく思いつくと思う
224 : ななしのよっしん :2016/04/28(木) 14:42:37 ID: KVV26m1Bli
子Fさんは、今で言えば手塚信者と言う事になるのかも。
しかし彼の作は、手塚マンガとは全く異なる。
彼の初期の作品は手塚さんの影を受けていたが、
やがて自分の作確立した。

小学生の頃、色んなマンガを読んだが、ドロドロした作が苦手だった自分には、
子Fさんのマンガが一番合ってた(今も)。
225 : ななしのよっしん :2016/05/16(月) 11:32:17 ID: XeuzYVpVUn
SFにおいても非日常ではない日常を描き続けただけに
日常に存在する幸せも描いている。
そこが現実にも参考になる部分で好きだな。

if最終回みたく覚醒したわけでもなく情けない父親に育ったのび太の頑りや
れ初めなんて細なきっかけで喧したのび太の両親が仲直りする理由は何度読んでもグッとくる。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015