単語記事: 蛸と海女

編集
未成年の閲覧注意 この記事の一部にはあんなことやこんなことが書かれています。
この記事を開いたまま席を離れたら大変なことになる可性があります。

蛸と海女とは、葛飾北斎による木版画の一つ。
いわゆる春画であり、女がタコに襲われるという描写はあまりにも有名である。

概要

実物はこちらからお絵カキコで描かれたとしても大百科削除基準にひっかかってしまうのは悲しいところである。

出典は、1820年頃に書かれた艶本「喜会之故通(きのえのこまつ)」。
女が二匹のタコに8本の足で捕まえられ、それぞれに口と性器をられる
という、絵がなくても状況説明文だけで十分ヤバイ感じが伝わってくるハイレベルな一枚である。
こんな絵が約200年も前に、葛飾北斎というビッグネームによって生み出されているため、この春画を引き合いに出して「触手プレイ日本の伝統」「触手200年前からある由緒正しき属性」などと言われることがある。

なお当時から触手という概念そのものがあったとは思いにくく、アニミズム(自然の総てには霊が宿るという考え方)的な所から人間以外の生き物女性を襲うという結論にいたり描かれたと思われる。それでも異質な作品なのは間違いない。
この作品に強い印を受けた芸術は後世に数知れず、日本に限らず海外芸術も当作品を模倣している。

ちなみの後ろの文字は北斎が自ら考えたタコ女のセリフであるが、これがまたすさまじくエロい。

セリフ

:いつぞハいつぞハとねらいすましてゐたかいがあつて、けふといふけふ、とうとうとらまへたア。てもむつくりとしたいいぼぼだ。いもよりハなをこうぶつだ。サアサア、すつてすつてすいつくして、たんのふさせてから、いつそりうぐうへつれていつてかこつておこうか。

女:アレにくいたこだのう。エエ、いつそ、アレアレ、おくのこつぼのくちをすハれるので、いきがはずんで、アエエモイツク、いぼで、エエウウ、いぼで、アウアウ、そらわれをいろいろと、アレアレ、こりやどうするのだ。ヨウヨウアレアレ、いい、いい。いままでわたしをば人が、アアフフウアアフウ、たこだたこだといったがの、もうもうどふして、どふして、エエ、この、ずずず

:ぐちやぐちやズウズウ、なんと八ほんのあしのからミあんばいハどうだどうだ。あれあれ、なかがふくれあがつて、ゆのやうないんすいぬらぬらどくどく

:アアモウくすぐつたくなつて、ぞろぞろとこしにおぼへがなくなつて、きりもさかひもなく、のそのそといきつづけだな。アア、アア

おやかたがしまふと、またおれがこのいぼでさねがしらからけもとのあなまでこすつてこすつてきをやらせたうへですいだしてやる

引用元 -Wikipedia蛸と海女」より

……
詳しい現代訳ではここでは避けるが、まぁ、古文の知識がなくてもだいたい分かるだろう。何も言うまい。
はっきり言って、現代の触手エロマンガと何ら変わらない。

春画について

北斎ほど有名な人が春画を?と思うかもしれないが、江戸時代後期の絵師は大体の人が春画を描いているため、特段北斎が春画を書く事はしくない。むしろ画力が高くなければ質の高い春画を書く事は出来ないので、有名な作家の方が春画を多く描いているのである。

また当時の浮世絵色彩や装飾などに一定の制限がかかっており、好色本(いうなればエロ本)にいたっては禁止令が出ていた。しかし需要があるため非合法下でやり取りされていた春画は、この色彩などの制限を気にする必要性がないために当時の技術の最高技術が詰め込まれているとも言われる。エロパワーすげぇ。

余談だが、北斎は春画を書くときには「棒ぬらぬら」「紫色雁高」などといった名義を使っていた。棒ぬらぬらに関しては現代にも通じそうな驚愕センスである。

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E8%9B%B8%E3%81%A8%E6%B5%B7%E5%A5%B3
ページ番号: 4457025 リビジョン番号: 1630151
読み:タコトアマ
初版作成日: 10/09/07 05:59 ◆ 最終更新日: 12/09/10 17:34
編集内容についての説明/コメント: 概要の言い回しを少し改変
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

蛸と海女について語るスレ

79 : ななしのよっしん :2015/12/02(水) 00:05:28 ID: YEVx1nRVyo
まあ「の好物は油揚げ」と似たようなもんじゃない?
80 : ななしのよっしん :2015/12/02(水) 16:06:23 ID: 91l3LRYKy5
昔「わくわく動物ランド」の実験で、日本酒と油揚げと与えたら
は油揚げの方を取り、の方を取って酔っぱらってしまった、てーのがあって、
通説(信楽焼とお稲荷)とは全く逆の話になったのを想い出した(スレチ)。
81 : ななしのよっしん :2015/12/16(水) 16:36:46 ID: ZFMokNxhok
>>78
まじか、てっきり(人的な意味で)の方だとばかり
82 : ななしのよっしん :2016/04/25(月) 18:42:07 ID: ylWfIKWy57
腹筋が耐えられない
83 : ななしのよっしん :2016/04/25(月) 18:58:45 ID: 2RH9w0cke3
>>78
そうなのかー
てっきり煮物にするのには相性がいいor定番具材だから「の煮物が美味いのはの好物がだからだ!」って昔の人がこじつけたのかとw
84 : ななしのよっしん :2016/10/20(木) 17:58:07 ID: km9UGHJK8K
江戸時代から「触手モノ陵辱しつつ快楽に堕とす」というセオリー常識だった、という事を示す歴史的価値も高い傑作
85 : ななしのよっしん :2017/04/29(土) 09:05:24 ID: S/Xh3Erh/v
しかし浮世絵色彩や装飾の制限をかけていたって、幕府もとんだ愚行をしでかしたもんだな。
その状態ですら欧の近代美術に影を与えるほどだったのに、もし余計な規制をしていなかったら一体どれだけの傑作が生まれていたことか。
おかげで当時の最高技術が込められた作品がエロ絵という情けない結果に。
正義気取りの浅はかな規制ほど有なものはないな。
86 : ななしのよっしん :2017/06/23(金) 01:05:45 ID: 57e21Pfw1v
当時の浮世絵をみると、幕府の規制に立ち向かう絵師たちの涙ぐましい努が伝わりますね。
春画言わずもがなですが、歌舞伎役者とか特定の人物絵すら規制されてしまったこともあって、それに対する絵師たちの答えは、
動物生物(具など)に置き換える
・極端にデフォルメする(みる人が見ればわかる程度の特徴は残したらしい)
てな感じだったらしいです。
つまり、行き過ぎた規制は確かに文化の発展の妨げにもなりますが、規制をバネに(時には逆手にとって
87 : ななしのよっしん :2017/06/23(金) 01:15:01 ID: 57e21Pfw1v
途中で投稿してしまいました…
ともかく、規制に立ち向かう中で生まれるものもあったりする気がして(この絵もそんな気がします)、文化のってのは強いなぁと思った今日この頃です。分遅くに長文失礼しました。
88 : ななしのよっしん :2017/07/19(水) 02:19:58 ID: BD2/JM+wsH
説文のところ初めて読んだが
思ったより女がノリノリだなw
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829