単語記事: 行動する保守

編集

行動する保守とは、

  1. 一定の特徴を有する保守系・右翼政治運動の一種(この記事で後述)
  2. 1の運動方法を用いて活動する個人・右翼団体の総称

である。

概要

従来の保守政治運動は、暴力団系の右翼団体による宣活動を別とすれば、論文や論説の表、講演会や勉強会の開催、立ち演説などの方法を用いて民の理解を得ようとする民的かつ穏健な運動手法が流だった。

これらの運動形態を手ぬるい保守」「綺麗事保守と位置づけ、批判に対する直接の集団示威行動(デモ宣・シュプレヒコール等々)を要な運動手法に据えたのが行動する保守である。

行動する保守に分類される諸勢ごとに点を置くは異なるが、一口で言うと「『反日』『売国』とみなした個人・団体を社会から放逐すること」的としている勢と位置づけられる。また嫌韓・嫌嫌中・反在日」「反左民主党社民党・官労組朝日新聞毎日新聞などの各種メディア等)・反創価という点は全ての団体に共通する中心的である。

これらはいわゆるネット右翼の思想と相通ずるところが多く、宣伝や勧誘にネットを多用していることもあって、行動する保守ネット上における存在感は近年急速に高まっている。ニコニコ政治カテゴリにおいても、行動する保守の関係者や支持者が投稿したデモ宣の動画ランキング入りすることが多い。

他方で、行動する保守の参加者の多くが、これらの批判に強な嫌悪・憎悪感情を抱いているうえに、集団行動でタガが外れやすくなっていることもある。最近では活動中の参加者が違法行為に及ぶこともしくなく、民事訴訟を起こされたり、逮捕・起訴されるようなケースが増えつつある。

なお公安調庁では、これらの行動する保守系団体を「排外的を掲げ執拗な糾弾活動を展開する右グループ」「インターネットを通じて活動への参加を募り、集会やデモ行進など大衆運動の形態をとりながら、右翼的なを展開して執拗な抗議活動を行う『右グループ』」として把握し、毎年年末に表している「内外情勢の回顧と展望」の「右翼カテゴリに掲載するようにするなど警を強めている。

従来の右翼との関係

警察の呼称に「行動保守」があるが、これはを多用する旧タイプ右翼に対するものであり、「行動する保守」とは関係である。「行動する保守」やその支持者(いわゆるネット右翼)は「行動保守」を「愛国心や保守言論のイメージダウンを図る朝鮮人によるヤラセ」とし、自分たちと区別化する傾向にあるとされる。

なお「行動保守朝鮮人」という彼らのは元公安警察菅沼氏が講演でった内容をソースにしていることが多いが、これは山口組若頭から「ヤクザの6割は被差別部落民、3割は朝鮮人や」と聞いたことをそのまま伝えたもので、実際に収監された暴力団員の統計データ朝鮮人2%程度だったこともあり、「行動保守朝鮮人」を裏付ける客観的なソースはないのが実情である。

実際には「行動する保守」系団体の首には新右翼出身者(外国人犯罪追放運動瀬戸弘幸主権回復を目指す会西村修平など)はもちろん、「行動保守」出身者(元全会議副議長でチーム関西桂田智司など)も多く含まれている。在特会HPに友好団体として「行動保守」系の千の会(全会議系)や日本青年社(暴力団住吉会系)が挙げられていたり、平成23年8月15日宣で桜井誠会長街宣右翼宣を取り上げ「最近の右翼も変わってたなと私は思ってる」として支持するなど、「行動する保守」と「行動保守」の関係は決して悪いものではない。

むしろ「行動する保守」は戦後三世代の右翼(反共義・街宣右翼民族義・新右翼嫌韓義・ネット右翼)の人材と行動形態を融合させた一種のハイブリッド右翼とでも言うべき地に達している。

なお「ネット言論」や「ネットしているだけ」というイメージレッテルを打破するために「行動」しているのだから「行動する保守」をネット右翼と呼ぶことは不適切であるとする見解も見られる。他方でネット右翼的な論調との一致点が多いことから「外に出たネット右翼」「行動するネット右翼」とみなす向きもある。これはネット右翼を「ネット上『だけで』活動する右翼ネットユーザー」と位置づけるか、「ネット上の特徴的な右翼的論調を支持する者」と位置付けるかの違いが根底にある。

行動する保守に分類される団体

在日特権を許さない市民の会(在特会)

歴史認識問題における日本の正当性を確立し、在日朝鮮人が享受しているとされる「特権」を止することを的とする団体。批判在日朝鮮人とその支持団体、および在日朝鮮人に好意的な中道・左政党とその支持体。会長桜井誠副会長八木ほか6名。

平成24年2012年4月18日時点の称会員数は11472人と行動する保守系諸団体の中でも最大勢である。メール会員と特別会員があるがそれぞれの人数は不明。全34都道府県に支部を置いており、ネットで参加者を募りながら全各地でかなりのハイペース宣・デモを実施している。マスコミに取り上げられることも多く、最近はニューヨークタイムスで取り上げられたこともあり、名実ともに「行動する保守」の顔と言える。

他団体にべて人数が多く、少なからぬ武闘を抱える一方で、政治運動歴の長いベテラン活動家政治・法曹・報道関係の専門との繋がりに乏しいという特徴がある。そのため最近は関西支部(チーム関西)を中心に、デモ宣の際に不法行為に及んでしまい、民事・刑事事件を多数抱えて対応に苦慮する状況が続いている。

詳細は在日特権を許さない市民の会を参照。

主権回復を目指す会(主権)

日本中国アメリカ朝鮮等々になお支配され権を喪失しているとみなし、彼らとその協者を排斥することで日本権を取り戻すことを標とする団体。表向きは特に反中運動軸としているが、在特会を中心とした他の団体と同様に在日朝鮮人民主党などを攻撃対とすることも多い。代表は西村修平

保守」という呼称ではなく「愛国」を使用している。

所属構成員は少ないが、西村代表をはじめベテラン活動家が中心となって、在特会などの他団体と共催で積極的なデモ宣を行っている。右系知識人・地方議員・弁護士とのパイプも在特会よりは太く、関西で民事訴訟・刑事訴訟が相次いだ際にも直ちにベテランの右弁護士派遣することができた(在特会弁護士事務所の新人弁護士しか用意できなかった)。

他方で西村代表の気性もあり他団体とトラブルを起こすことも多い。特にチャンネル桜とは断絶中である(西村代表が、ある人物を「老害」と批判水島社長激怒したためである)

また在特会とも関西での事件に対する対応を巡って非難の応酬となり、権側が逮捕された在特会副会長の私生活に立ち入った批判をするに及んだため関係がかなり悪化している。さらに古参会員がクーデターを起こして解散を要するという事件(下記動画右)も発生するなど、内外のトラブルに見舞われ続けている状態にある。

詳細は主権回復を目指す会を参照。

日本を護る市民の会(日護会)

創価学会・反マスコミを特に重視し、関東地方を中心に活動している団体。「集団ストーカー者」とも共闘している。代表は黒田大輔。かつて在特会と友好関係を結んでおり、自身を在特会に次ぐ行動する保守の第二勢と位置づけていた(ただし黒田代表は「日護会保守ではなくて護だ」としている)。

変態毎日新聞問題に際してデモ宣を開催、2ちゃんねるなどのネット上で知名度を上げた。また東村山万引き容疑のかかった議が転落死したという一連の事件を創価学会の陰謀によるものと警察発表は自殺または事故死)、万引き事件の起きた洋品店や警察関係者・報道関係者を創価学会の手先としてしく糾弾している。この件で黒田代表は複数の民事訴訟を提起され、数十万円の賠償支払い義務を負うに至っている(ただし一部は他の被告人との連帯債務)。

また平成23年2011年)に入って、会員をめぐるある事件が原因で在特会等との関係が急速に悪化、他の会との友好関係は全に崩壊した。近年は在特会と法廷闘争を繰り広げつつ、同会を「カルトの手先」とみなして退会呼びかけを行うなど全面抗争に突入している。また会を脱退したメンバーとの民事訴訟も複数係属している。

詳細は日本を護る市民の会を参照。

チーム関西

在特会権の関西支部が中心となって発足させたグループ。基本的にメンバー在特会権のいずれかに所属しているが、チーム関西のみの所属となっている者も多かった。代表は荒巻要幹部として中谷一郎、東大了、西村斉。その他カメラマンの松本修一(bureno)など。

関西人気質なのか行動する保守の中でも突出して武闘が多く、平成22年2010年)だけで組織犯罪処罰法違反・威力業務妨害罪住居侵入罪・器物損壊罪など諸々の罪状でのべ12名の逮捕者、のべ32名の書類送検者を輩出。さらに宣をかけた朝鮮学校から最大3000万円の損賠償と宣差し止めをめる民事訴訟を提起されるなど、法的リスクの管理が大きな課題となっている。

平成24年2012年2月メンバー詐欺事件を巡るゴタゴタが原因で活動休止を宣言した。その後も個々のメンバーHPカレンダーを使ったり寄付を募ったりしてばらばらに活動していたが、3月27日在特会会長桜井誠ニコ生において「あらためて話し合った結果、チーム関西は終わらせる。カレンダーも止めてもらう。寄付口座も別に作ってもらう」と宣言。また併せて中心人物である副会長の「休養」も発表され、名実共に「チーム関西」としての活動は終焉を迎えた。今後は旧チーム関西メンバーが各自の活動を行っていくものと推測される。

詳細はチーム関西を参照。

その他の団体

警察沙汰・裁判沙汰となった事件

東村山事件

京都朝鮮学校街宣事件(京都事件)

徳島県教組事務所抗議事件(徳島事件)

京都朝鮮総連不退去事件

その他の事件

備考

他の保守系団体との関係

チャンネル桜とは・行動に類似するところが多く、支持者も重複していることが多いが、行動する保守の各団体とチャンネル桜自体は実のところあまり仲が良くない。これは両勢要人物同士の関係が悪く、互いを批判しあった経緯があるためと言われる。そのため、チャンネル桜行動する保守系の活動を番組内で取り上げることはあまりない。

また維新政党・新風出身者は行動する保守の中で少なからぬ重を占めているが、新自体は行動する保守距離を置いている。在特会催のカルデロンのり子追放デモの翌日に「民族差別を許さない」とする明を出したり(これに対して行動する保守系の党員から猛反発が起き、離党者も出た)、新在特会の役職を兼任しないよう通達を出すなど、行動する保守とは異なる穏健な路線を志向する傾向にある。

選挙

構成員が地方議会議選挙に出することがあり、大半は落選しているものの、平成23年2011年4月の吹田会議選挙では「吹田維新の会」を名乗って出した在特会チーム関西明がトップ当選を果たしている。なお「吹田維新の会」は、吹田市長選で補を当選させるなど統一地方選で大躍進した橋下徹大阪府知事率いる「大阪維新の会」と全く関係の個人団体であり、「維新詐欺」ではないかと各所で話題となった。

構成員が出した地方議会議選挙の結果一覧は以下のとおり。

選挙日時 選挙 補者名 所属団体 得票数 順位 定数 当落
H15/04/27
中野区会議選挙

槇泰智

政経調
591 57/60 42
H19/04/22 516 52/56 42
H22/10/17 川西会議選挙 中曽千鶴 チーム関西 837 33/35 26
H23/04/24 新宿区会議選挙 黒田大輔 日護会 1,093 44/62 38
吹田会議選挙 在特会チーム関西 11,443 1/47 36

上述の通り、明は「吹田維新の会認」を名乗ったが、他はすべて所属での出である。

マスコミでの扱い

警察沙汰・裁判沙汰が増えたこともあり、「行動する保守」全体のマスコミへの露出も増えているが、報道の際には基本的に「『在日特権を許さない市民の会』などの右市民団体」で一括りにされ、在特会以外の団体関係者が含まれる場合でも個々の団体名が挙げられることは少ない。

これは在特会とそれ以外の「行動する保守」系団体とで知名度や組織規模に大きな差があること、活動実態が似通っていること、構成員の重複が見られることなどを考慮したものと思われる。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E8%A1%8C%E5%8B%95%E3%81%99%E3%82%8B%E4%BF%9D%E5%AE%88
ページ番号: 4489097 リビジョン番号: 1511920
読み:コウドウスルホシュ
初版作成日: 10/10/22 15:43 ◆ 最終更新日: 12/04/27 00:55
編集内容についての説明/コメント: 加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

行動する保守について語るスレ

319 : ななしのよっしん :2016/05/02(月) 00:55:29 ID: Z5evop0CY7
左翼に口実を与えるためだけの売国奴
320 : ななしのよっしん :2016/05/02(月) 15:11:17 ID: xnjaVYvI+r
なぜか左翼のやり方を模倣しているように見える
しばき隊が野蛮だからこそ、こっちの人たちには品格を持つべきなのにな
マスコミ握できてない分、不利なのは否めない
321 : ななしのよっしん :2016/05/09(月) 21:23:25 ID: LfJjssNCuE
品格以前に絶対的に無能なのが問題。
品格がかろうが、ケンカが強かったり、ずる賢かったりすれば「」としての利用価値もあるかも知れんが、
ケンカは弱、頭も弱じゃ、自称人権派養分にしかならない。
322 : ななしのよっしん :2016/05/30(月) 23:11:49 ID: aVTrAH/p5T
そもそも野蛮な見て賛同する人間なんて野蛮人しかいないんだからどんどん悪化するっていう
323 : ななしのよっしん :2016/06/04(土) 03:50:03 ID: eyWmN1/QJf
極端なは左右関係なく似たよなことするということだな
324 : ななしのよっしん :2016/06/16(木) 11:57:03 ID: tZtCMC/MVy
「余命三年時事日記」をソースにする人多いね
実際”余命三年”なのか疑問だが、仮に余命三年だとしても、外国人排外活動に費やし、彼らを傷つけ、社会を乱す活動をする理由がわからん。まあ本人には意味のあることなんだろう
325 : ななしのよっしん :2016/06/17(金) 10:05:28 ID: tZtCMC/MVy
桜井誠が都知事選に出するのは本当なのか?
政見放送はどうなるのか
326 : 削除しました :削除しました ID: BlPESGmfjI
削除しました
327 : ななしのよっしん :2016/07/08(金) 03:29:42 ID: 612NyLHdJY
最もピークだった2012年頃、数にあった行動する保守団体も暴行事件や恐事件に挙句の果てに児童買のブローカーをやってたとして警察沙汰になって、ついに賛同していた政治家までもが縁を切り、今はほとんどが解散もしくは活動休止状態。在特会HPの今後の予定欄に「予定なし」と記載され、事実上休止状態で解散も時間の問題??

さらには在日特権そのものが存在しないことが判明するわ、ヘイト法は成立するわ、で安倍ちゃんのグロバル化の流れに逆らうネトウヨつぶしにかかってるからな。

一気に勢いづけると衰退もい。これは韓流ブームや一部のアニメゲームブームとなんとなく似ていると思う。今で言うと妖怪ウォッチがまさにそれ
328 : ななしのよっしん :2016/07/15(金) 08:18:47 ID: KQWJC1h68q
>>323
活動家は活動そのものが飯の種で、
節操なく宗旨替えすることもざらにあるからな
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015