単語記事: 衛宮士郎

編集

 衛宮士郎とは、TYPE-MOON発売のPCゲームFate/stay night」の主人公

アニメなどでは杉山紀彰声優を担当している。

概要

日本の地方都市」にある穂群原学園に通う二年生。

今は亡き義"衛宮切嗣"に頼み込んで八年前から魔術を教わり、毎日鍛錬を続けているが腕前はぶっちゃけ半人前以下。魔術師とは名ばかりの、それも見習い以下の腕前である。
が死んだ後も五年間独学で、毎死ぬ危険のあるな魔術の鍛錬を繰り返していたが、成果は全く出ていない。

五年間まったく進歩がない、という現状に焦りを覚えつつも、今自分にできることとして身体を鍛え、生活費を自分で賄うためにアルバイトに励んでいる。
現在は退部しているが弓道部に入ったり、友人の洞一成や間桐慎二と交流したり、慎二の後輩間桐桜代わりの藤村大河と飯を食べたりと平和に暮らしていたが、
深夜学校全身青タイツの男ガン黒赤コートの戦いを撃したこと、撃者を消そうとするタイツの男に殺されそうになった結果、で始まろうとしていた聖杯戦争で呼び出される七騎のサーヴァントの一騎セイバーを偶然召喚したことで否応なく「聖杯戦争」へと参加することになる。

特技はガラクタいじりと料理、他事全般。生徒会長である一成の頼みで学校の備品の修理もちょくちょく行っているため、偽校務員とか文連の修繕担当とか弓道部の掃除機とか穂群原のブラウニーなる名を持つ。

料理の技術に関しては本編で度々詳細に料理の様子が描写されており、リアルかつチート臭い腕前はリアル主婦プレイヤーの皆様に衝撃を与えた。聖杯戦争が始まった後も普通毎日3食作って振舞っており、修行で半身麻痺になった時でも飯の用意は忘れなかった。
得意とするのは和食洋食中華も一応作れないことはないが、一番は和食中華洋食あかいあくまとダイナマイトバディのお二人が得意としている。

困っている人への助けを惜しまない。一見すばらしい善人のように見える性格だが、その奉仕精ともすれば異常な域に達しており、自らの損得や全、命すら勘定に入れず行動を起こしてしまう。
突き詰めると「他人を救う為に自分の命を投げ打ってしまう」性格であり、自身を省みないこうした行動は時として"んでいる"、"である"と言われる。
 

ネタバレ注意 ここから下は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
自己責任で突っ走ってください。

 
このような性格になってしまった原因は10年前に起きた"木大火災"に巻き込まれ一の生存者となり、後の養である衛宮切嗣に命を救われた事が最大の要因である。
これに関する詳細はFate/stay nightではなく、スピンアウト小説であるFate/Zeroで詳しく描かれている。
Fte/Zeroの著者は虚淵玄。詳しくは該当項を参照してほしい。

切嗣の臨終の際、彼の口から「正義の味方になりたかった」というかつての理想を聞き、その理想に憧れそのまま自分の理想にしてしまった士郎は、「正義の味方になり、すべての人を幸せにする」という限りなく不可能に近い夢をすことになってしまう。
木大火災で"一人だけ生き残ってしまった"ことに負いがあることも、自分の命を軽視する一因。

木大火災によって文字通り「士郎」という名前以外の過去を全てを燃やし尽くされ、自分というものがないその異常性から、「一生懸命人間のふりをしているロボット」「人間になろうとしているロボット」とも呼ばれる。

余談だが、「月姫」の主人公である遠野志貴とはいろんな意味で相当に相性が悪いらしい。
Carnival Phantasm」で共演した際には

「まさか、デート約束が全て重なるなんて……」
士郎あんたは節操がいんだよ!」
士郎君だって、デートが重なったって……」
士郎はみんなを幸せにしたいんだよ!」
「はぁ、また障りのいいことを……」
士郎は本気だ!」

と、冷静で自分の欲望を肯定する志と、熱血で自分の欲すら理想論で糊塗しようとする士郎が対されている。

戦闘能力

物語冒頭の士郎は、頼みの魔術もど役に立たず、木を持った一般人よりはマシ?といった程度の戦闘である。
日頃から筋トレなどを行ってはいるが、それでもやっぱり一般人よりはましといったレベルを出ない。

しかし、ルートを進めていくうちに少年漫画インフレの如く戦闘を上げていき、最終ルートでは条件付きだがセイバー相手に勝利に近い引き分けという人間とは思えない戦果を残している。
(が、色々と代償も大きいので非常にリスキーであると言わざるを得ない)

魔術

切嗣から魔術を教わったものの、それは基礎の基礎程度であり、魔術に関する知識は浅い。
また、後述する魔術回路の適正の問題も加わり基礎的な魔術すら扱えず、二人師匠にあたる”赤いあくま”からは「へっぽこ」の烙印を押されている。ただし、魔術回路自体は使われていないものまで含めると27本存在しており、血を重ねて魔術回路を増やしていく魔術師系の生まれでもない人間にしては十分に多い。

魔術は物体に魔を通し性質を強める「強化」、魔で物体を作り上げる「投影」しか使えない。ただし投影に関しては作ってもすぐ消える通常の投影とは異なり、作った物質がいつまでも消えないという特異性を発揮する。このに関しては、圧倒的に魔術の腕前で勝るはずの遠坂凛をして殺意を抱かせた程。

彼の投影は”創造の理念を鑑定し、基本となる子を想定し、構成された材質を複製し、製作に及ぶ技術を模倣し、成長に至る経験に共感し、蓄積された年を再現する”という工程を経て完成するものであり、1から10まで全て魔で再現する通常の投影とは厳密に言えば異なるもの。投影したものが消えない理由はこの辺にあるのかもしれない。
これに関しては『Fate/EXTRA CCC』でもアーチャーの発言『投影六拍』(創造理念(どのようないとで)・基本子(なにをめざし)・構成材質(なにをつかい)・製作技術(なにをみがき)・成長経験(なにをおもい)・蓄積年(なにをかさねたか)を追想(トレース)する事でより高度な複製を可とする)という形で説明がなされている。

その特異性の理由として、彼の魔術回路が「固有結界」という自身の心風景によって世界を侵食し、世界の法則を変える魔法に最も近い魔術を発現させるために特化したものであるためである。
前述の強化も投影も、この魔術の副産物である。

固有結界

彼の固有結界限の製」と呼ばれる。
その心風景は、数のが突き立つ一面の荒野。内部にはあらゆるの因子が充満しており、一度でも視認したはこの結界内にストック(解析・貯蔵)され、即時複製できるというものである。展開と維持には大な魔を必要とし、投影された武具もオリジナルべれば性は落ちるが、ノータイムで複数の武具を複製することができ、さらに本来の使い手には及ばないがある程度は使いこなすこともできるという、さまざまな利点を持つ。
通常の衛宮士郎の魔量では維持はおろか展開すら不可能だが、あるルートでは他者と魔ラインを繋ぎ魔を借りることで使用した。

ちなみにのような物であれば結界内にストックされ、防具類も一応ストックはされるが通常より魔消費量が増える上に、間的にしか効果が発揮されない。さらに機械のような近代文明の産物は投影しても中身がないガラクタにしかならないが、「hollow ataraxia」のとあるシーンを見る限りでは修行次第では投影できるようになるのかもしれない。

なお、であればあらゆるものが視しただけでストックされるが、その例外となるものも存在している。具体的には『エクスカリバー』や『乖離剣エア』などの造兵装であり、おそらく上記の"投影六拍"の情報視では読み取れないためストックができず、したがって全な再現もできない。
ただし、原作ルートによっては士郎エクスカリバー投影したり、とある人物が「(エクスカリバーを)確実に複製してみせよう」「全な再現は理だが、に迫ることは出来る」と発言していたりもするため、条件次第だが投影すること自体は不可能ではない模様。

魔術以外

セイバーの直感のような特別な才はなく身体なため、剣術では一流になれないと太鼓判を押されている。そのため基本的に相手の攻撃を受け流しつつ隙を見つけて反撃するという防御体のスタイルである。
ただ術に関しては弓道部時代に故意の1射を除き全て的に中ててみせたり、高速で動き回るバーサーカーの眼球に狙いをつけて(効かなかったとはいえ)見事命中させるなど、この分野に関しては天才もしくは奇才と言えるのかもしれない。のび太と対決したら一体どちらが勝つのやら

セイバーとの契約後、人外じみた再生をたびたび発揮しているが、それは切嗣に命を救われた際、体内にエクスカリバーである「全て遠き理想郷(アヴァロン)」を埋め込まれたためであり、長年同化していたせいかこのに関してはほぼノータイム投影が可である。ただし、この再生セイバー契約している間だけの効果であり、セイバーと離れると徐々に弱まり、契約を解除すれば当然のことながら効果はなくなる。また、アヴァロン投影もできなくなる模様である。

アーチャーとの関係

遠坂凛サーヴァントであるアーチャーとは、基本的に他人を嫌悪しない彼にとってはしく初対面から互いに敵意をむき出しにして接している。

なぜそんなことになっているかというと、アーチャーの正体が世界契約し英霊になった衛宮士郎その人であり、究極的な同属嫌悪であると同時に士郎にとって理想をなくしたアーチャーは許せるものではなく、アーチャーにとって夢物語を追っていずれ破滅する過去の自分は到底許容できるものではないからである。

同一人物であるためかアーチャーの戦闘を見たり直接を交えたりすることで、その技術を吸収したり、過去を垣間見たりしている。

HFルートでは失った左腕の代わりにアーチャーの腕を移植した事で、アーチャーの知る知識や技術等を理やり体得したが、本来英霊の腕を人間に移植するなど自転車飛行機ロケットエンジンを付けるような謀なものであり、骸布で抑えているとはいえきちんと自を保ったままでいられるのはひとえに魂の大本が同じためである。「劇持ちのはぐれメタル」のようなもの。

しかしその思想が相容れないとはいえ、完成され尽くした戦闘技術や魔術は士郎にとって標となるものであり、その背中は越えるべきとして士郎の中に存在している。

魔術属性・起源

TYPE-MOON世界においては自らの行動原理の大本になる起と、どの魔術に向いているかという魔術属性がそれぞれの人間に設定されている。
士郎の場合は属性と、非常にに特化したものとなっている。

これは衛宮切嗣に助けられたときに埋められたアヴァロンの影である。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

関連語句

関連人物


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E8%A1%9B%E5%AE%AE%E5%A3%AB%E9%83%8E
ページ番号: 332072 リビジョン番号: 1978632
読み:エミヤシロウ
初版作成日: 08/07/09 09:04 ◆ 最終更新日: 14/02/21 12:41
編集内容についての説明/コメント: 『魔術を』が二重になってたのを削除
記事編集 / 編集履歴を閲覧

衛宮士郎について語るスレ

1383 : ななしのよっしん :2014/04/02(水) 00:14:24 ID: bvrcnP9QQB
相手はあんたの苦手な騎士王だぞ
1384 : ななしのよっしん :2014/04/02(水) 19:02:16 ID: czDZLWFem9
そこは切嗣から英語の手ほどきを受けた才色兼備の女教師がだな
1385 : ななしのよっしん :2014/04/02(水) 19:46:33 ID: N9xzW41KN4
>>1381
主人公格にしては少ないってことじゃね
黒子の火ローゼン真紅一護なんかも人気投票で上位取ってるけど不人気扱いされてるのと同じような
あと女性から嫌われてるってのは実際の人気がどうこうじゃなくて声優さんの発言による印が強いからそう感じるんじゃね
1386 : ななしのよっしん :2014/04/03(木) 07:00:12 ID: czDZLWFem9
ぶっちゃけ士郎には
「あんまり有ることいこと言われるんで
 判官贔屓で(あるいは作品そのものの名誉のために)擁護し始め
 擁護にあたって読み込んだらドツボにはまった」
ファン層が少なからずいるからな。

実情を視してアンチに人気がい言われまくるのは、
実利的にはそう悪いばかりでもないんだが。
1387 : ななしのよっしん :2014/04/03(木) 20:51:16 ID: zmF/ptxJza
>>1382
カレン「わかりました、お義様」(ニコリ)
綺礼「私と家族になれるな」(ニコリ) 
1388 : ななしのよっしん :2014/04/05(土) 21:16:58 ID: RoHSYgo76h
士郎は過な女狂信者がついてるイメージ
1389 : ななしのよっしん :2014/04/05(土) 21:38:59 ID: bvrcnP9QQB
の事か
でも実はの方が好きという
1390 : ななしのよっしん :2014/04/06(日) 12:20:50 ID: VJeH01j7Aa
というか、こじらせちゃってるファンが多いイメージはあるな
おそらく>>1386の理由も大きいとは思う
1391 : ななしのよっしん :2014/04/06(日) 23:53:54 ID: czDZLWFem9
まぁこの手の分析は
士郎ファンなんて男だけ
男性ファンがつく野郎キャラなんてくらい
士郎には過な女狂信者がついている
バリエーション抱負に矛盾してるなー。

傾向の話をするなら、士郎きは十年一昔同じことばっかり言ってるし、
「そういう話じゃなかったろ」って反を組む側は延々読み込みを進化させてきたから今があるって印
そういう「作品を読み込む」って行為がカルトに見えるタイプには狂信者に見えるんだろうな。
男女は知らん。
1392 : ななしのよっしん :2014/04/13(日) 22:32:15 ID: N+WR8gqLp8
士郎ファンは狂信的というより清濁併せて飲んだ上で好きなんだと思う
悪い部分や未熟な部分があるのを分かっていて、そこを突かれるたびに読み込んできたから達観の域にある
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015