単語記事: 西尾維新

編集  

西尾維新(にしおいしん 1981年-)とは、日本小説家である。

概要

クビキリサイクル』で第23メフィスト賞を受賞してデビューした。デビュー以前から「京都の二十歳」として『メフィスト』座談会(=メフィスト賞の選考会)では有名だった。
クビキリサイクル』を始めとする『戯言シリーズ』は高く評価され、『このライトノベルがすごい!2006』では1位に選ばれた。
デビュー以前から物凄い速筆として有名であり、当初は戯言シリーズを3ヶ連続刊行する予定すらあったり(出版社の事情で出来なかった)、デビュー以前には一週間に一本ペースで持ち込みをする[1]と言うチートじみた筆の速さを持つ。その後、刀語シリーズはちゃんと12ヶ連続刊行された。おかしい。

西尾維新というペンネームローマ字(訓令式)で書くと、NISIOISINになり回文になることから来ている。

講談社BOX作品『化物語』のアニメ化テレビアニメBlu-ray Discとしては史上初の4万枚突破・5万枚突破作品となった。副音には西尾自身が脚本を書いたオーディオキャラクターコメンタリー(登場人物2人が映像について喋る)がついておりこれが大好評。その後のアニメ販売に大きな影を与えた

さらに週刊少年ジャンプ2009年24号から新連載を開始しアニメ化もした『めだかボックス』(完結済み)の原作を担当していたりと、多方へ活躍の場を伸ばしている。

同期としてデビューした舞城王太郎佐藤友哉が新潮、群像などの純文学系文芸誌に寄稿し他出版社からも刊行されるようになったのと対照的に、デビュー以降ほとんどの作品が雑誌『ファウスト』『パンドラ』や「講談社ノベルス」「講談社BOX」など、講談社から刊行され(漫画原作、ノベライズを除く)、エンターテインメント作家として活動している。

作風

独特の言い回しや作中に多用される漫才のようなコミカルな掛け合いキャラクター造詣・ネーミングセンス定評がある言葉遊びを好む。

いわゆるセカイ系から新伝綺も書く。ミステリーも得意とする。というかミステリーが本業である。

怪奇や妖怪など和風雰囲気の作品が多め。

SFテイストな作品にも執筆。長崎県魔法になったり、四国が滅んじゃってたりする。

多くの作品内では、西尾が世代的に直撃している90年代前後の流行が度々ネタとして登場している。『ドラえもん』、『ビックリマン』、『ドラゴンボール』、『新世紀エヴァンゲリオン』、バーコードバトラーミニ四駆をはじめとした人気少年漫画アニメなど、アラサー男には聞き覚えのあるワードが多く引用されたり登場したりしている。

さらに作品がアニメ化した際、その作品の登場人物がアニメについて言及したり、作品の執筆についてキャラクターが触れるなどメタフィクションネタも好む。

クロスオーバーは好まない。

一日の執筆スケジュール6時に起きて7時から9時まで5000字執筆し、仮眠。前に2時間5000字執筆し食を食べ散歩・仮眠などをし17時半から5000字書いて夕食後9時から5000字。20000字書くのが均的な1日。

旅行時は4時に起きて4時半から6時まで5000字執筆し、夕食後7時から9時まで5000字書くというスケジュールを取っている。

人物

顔出しはしていない。立命館大学中退。元々は漫画家していたが絵が上達しなかった。

夢は読子ビルを建てる事らしい。

趣味旅行日本しており、四国八十八箇所巡礼も行った。最近は海外旅行メインとしており1ヶのうち3分の1ほど海外に出かけ3日ほど内をしている。

アトラクションが好きで東京ディズニーランドはもちろんアナハイムクルーズ、フロリダ、パリハワイ香港上海と楽しむ。

影響を受けた作家など

清涼院流水御大と崇めており、彼と笠井潔、森博嗣京極夏彦上遠野浩平を含め「五大神」と奉っているほか、上遠野に関しては小説家になろうと決めた最後のきっかけとして挙げている。

佐藤友哉乙一奈須きのこなどと交流があるほか、西尾に影を受けた若い世代の作家には入間人間河野裕、さがら総がいる。

ジョジョの奇妙な冒険』が大好き。

西尾が作品内で好んで書く回文を初めとした言葉遊びがあるが、これに深い影を与えた作家には泡坂妻夫がおり、氏の著作『しあわせの書』は西尾にとって小説として到達点とすべき一作と答えている。

ちなみに、西尾維新デビュー時に清涼院流水がつけたキャッチコピーは「西尾氏、イチ押し」。

主なシリーズ・作品

西尾維新大辞展

2017年7月から8月デビュー15周年を記念して「西尾維新大辞展」が東京大阪で開催された。今までの15年の歩みや作品紹介、「辞典メモ帳」などの特典グッズも販売。

さらに文章が動き出し文字アニメーションとなって戦闘を繰り広げる演出、キャラクターセリフプロジェクションマッピング、言葉に触れるとその場面が面に展開するインタラティブ展示、そして西尾維新の執筆環境を再現した「西尾維新ゴーストタイピング」があり西尾速度と同じ速度人のキーボードが動き出す演出がされた。

また、西尾維新私物のレザースーツケースが展示されていた。

関連動画

MAD

関連商品

小説

ノベライズ

ドラマCD

漫画原作

その他

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *レゴトディクショナルより

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E8%A5%BF%E5%B0%BE%E7%B6%AD%E6%96%B0
ページ番号: 489289 リビジョン番号: 2527638
読み:ニシオイシン
初版作成日: 08/08/24 04:31 ◆ 最終更新日: 17/09/28 03:31
編集内容についての説明/コメント: 主な作品『十二大戦』の解説を追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


くろね子さん

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

西尾維新について語るスレ

942 : ななしのよっしん :2017/10/08(日) 17:15:22 ID: kw9ZC2L5ml
小説だけならうまいんだよね、彼のスタイル漫画には合わなさ過ぎた
943 : ななしのよっしん :2017/10/12(木) 12:46:56 ID: b5qOY9GO3w
小説でさえ話も文章もかなり合う合わないがしいからね

自分も「話はいいけどこの文章とかいらないよなあ、でも好きな人は好きな感じだしなあ」って感じで読んでたし
944 : ななしのよっしん :2017/10/14(土) 09:38:04 ID: y4kAc86NYw
昔から冗長な文章だったけどここ数年で更に冗長さが増した気がする
伝説シリーズなんて毎回500くらいあるのに話が全然進まないし
945 : ななしのよっしん :2017/11/03(金) 06:51:32 ID: jHCg0ZNKvQ
キャラクターをひたすら記号化したのちに影を作って影があるならの体もあるというかのように魅せるのが本当に上手
この人の作るキャラ初見で薄いキャラなんだけどあとから逆説的に濃ゆくなる(ように見える)。
946 : ななしのよっしん :2017/12/02(土) 19:20:15 ID: lK0gk+vILh
西尾作品のアニメ本編よりもコメンタリーが面いから、十二大戦コメンタリーなくてちょっと残念だった。
947 : ななしのよっしん :2017/12/02(土) 19:23:13 ID: Fo0/rlN4yd
読んでる途中で「もういいからプロットだけ書いてメールで送ってくれ」って言いたくなる
定価の価値のある作品はほとんどない
948 : ななしのよっしん :2017/12/02(土) 19:54:09 ID: dfmjEmWQeW
>>946
本編で嫌いなキャラコメンタリーで好きになったしなんでもないようなバカ話が後々重要な伏線になったりして凄いな
この人の手のひらで踊らされてる感じが逆に心地いいなって思う
ただ本編で弾けてるキャラコメンタリーではあんま面くないこともあるからやっぱりバランスを考えてのことなのかな
949 : ななしのよっしん :2017/12/03(日) 12:47:47 ID: HBT0oDS9mF
デビューしてから独特の言い回しが若い読者にウケてたけど 
読者も年取ってきて冗長さについていけなくなって 
脱落してきたイメージ
950 : ななしのよっしん :2017/12/05(火) 02:43:17 ID: lK0gk+vILh
>>948
コメンタリーについて、いーちゃん役の梶さんが言ってたけど、西尾さん、収録で尺に対して足りなかったり、足が出たらその場ですぐ修正できるってね。キャラコメでよくそんな小ネタ出せるなとびっくりしたわ。
951 : ななしのよっしん :2017/12/07(木) 19:35:45 ID: h1rjbMf+ya
ニンギョウがニンギョウとか難民探偵とか少女不十分とか読んでから冗長な文章にハマるとか言ってほしいけどな…
昔から文体変わってないかむしろ物語シリーズなんかすげえライトなのにその表面だけ啜ってお一杯ですってのもファンとしては悲しい
メディア化で勝手に群がって勝手に飽きてるだけなのに作者の所為なのか
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829