単語記事: 西岡利晃

編集

西岡利晃(にしおか・としあき)は、日本人プロボクサーである。現WBC世界スーパーバンタムチャンピオン。通称は「スピードキング」「モンスターレフト」。

概要

兵庫県古川出身。デビュー当初はバンタム級。日本人の中では段違いのスピードを持ち「スピードキング」の異名を持っていた。当時から世界王者になることが嘱望され、西岡自身も「の才世界王者になれないはずがない」と思ってたと述懐している。

だが、当時の名世界王者ウィラポン・ナコンルアンプロモーションとは、4度も対戦して2敗2分と勝つことができず、また、二度の挑戦後にアキレス腱を断裂して持ち味のスピードが出なくなった。

その後はスーパーバンタム級に転級するも、かつてのような精を欠き、「西岡は終わった」とファンのみならず営からも思われていた。会長からは引退を勧告されるほどだったという。

しかし西岡は挫けなかった。2008年9月15日、当時の世界王者イスラエルバスケスの負傷による暫定王者決定戦が組まれ、その試合(対ナパーポン・キャッティサクチョーチャイ)に3-0の判定で勝利。5度の挑戦にて世界王者となった。(同年末にイスラエルバスケスが王座返上(名誉王者となる)したため、正規王者に昇格)

2009年1月3日に初防衛戦を行い、ヘナロ・ガルシアを相手に12RTKO勝利。長谷川ポイント的に苦しんだガルシアは、頭から突っ込むラフさが厄介でタフな選手である。西岡はラフファイトに対してなんなく対処してポイントを重ねた。途中で右拳を負傷した西岡は、片手だけで戦う事を余儀なくされたが、最終ラウンドインターバルでセコンドにはっぱをかけられると、左手だけでアッパーを突き上げガルシアKOしてしまった。

そして、5月23日に二度の防衛戦(名試合)。相手は強豪ジョニーゴンザレス(のちに長谷川璧にKOしてWBC世界フェザー級王者を戴冠する選手)。しかも敵地メキシコということで前評判は不利であったが、3Rに左ストレートをズバリと決めKO勝利。海外防衛は渡辺二郎に続いて2人、敵地での名試合防衛は史上初の快挙であった。この試合は2009WBCノックアウトオブザイヤー、2009日本ボクシング年間最高試合を受賞している。

2011年10月1日には、日本人として初めて、ラスベガスでのメインイベンターとして7度の防衛戦を行った。相手のラファエル・マルケスは2階級制覇の経験があり世界的な評価も高い強豪だったが、序盤をしのぐと中盤以降は得意の左ストレートが決まりはじめ、後半はほぼ一方的な展開に。3-0の文句のない勝利を飾り、自身2度海外防衛成功となった。この試合は2011日本ボクシング年間最高試合を受賞している。

ラファエル・マルケスとの試合後、本田会長が8度の防衛戦後の引退の可性について発言した。ただ、トップランクとのドネア戦の交渉の方便とも見られており、西岡自身も進退について明言を避けている。

8度の防衛戦の相手は、全階級でも世界の強豪、ノニト・ドネアに決定。WBCダイアモンドベルト、WBO、IBFの3つのベルトにリング認定ベルトもかけられる、軽量級では近年稀に見るビッグマッチとなる。

現在までに7度の防衛戦を行い、いずれも磐石の内容で勝利している。現在では、もっとも内外で評価が高い日本人ボクサーといえる。専門誌(ボクシングマガジンボクシングビート)では平成最強王者との見解で一致しており、また歴代日本人ボクサー最強の呼びも高い。リングマガジンではオールタイムジュニアフェザーランキング第9位にランクしている。

戦績

戦績:46戦39勝(24KO)4敗(1KO)3分

タイトル日本バンタム級王者(2度防衛)、WBC世界スーパーバンタム級王者(7度防衛中)

関連動画

 関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E8%A5%BF%E5%B2%A1%E5%88%A9%E6%99%83
ページ番号: 4235288 リビジョン番号: 1628694
読み:ニシオカトシアキ
初版作成日: 09/12/18 06:55 ◆ 最終更新日: 12/09/08 23:24
編集内容についての説明/コメント: 最新の情報に更新しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

西岡利晃について語るスレ

20 : ななしのよっしん :2012/04/30(月) 21:32:13 ID: 04rx06oFmj
とりあえず擁護の長谷川叩きは飽きたよw。
ていうか、マナカネ戦見りゃあの男が世界レベルというのはもう理がある。
長谷川一流でなかったかもしれないが、間違いなく一流だった。
1は3流ですらない。そこのこと間違えないように。
工作員情報で、長谷川も雑だったと本気で考える子が多くなって困る。

んで西岡さん。ドネア戦しかもうやるつもりないみたいだけど、間隔き過ぎじゃないか?
まあドネアに正面切って戦って勝てるのは西岡さんとリゴンドーしかいないだろうけどね。
SBは層が恐ろしく厚くなっているが、それでもこの3人は突き抜けている。
21 : ななしのよっしん :2012/08/12(日) 15:27:27 ID: KLg2Sh/gcI
男だったらこういうにあこがれるよね。
ドネアに勝ったら間違いなく日本ボクシング史上に残る奇跡ボクサーだ。
22 : ななしのよっしん :2012/08/13(月) 10:52:46 ID: O4z4fF3QOK
ドネアには勝てないと思うけど、でも試合をやること自体でもすごい
23 : ななしのよっしん :2012/08/29(水) 04:59:25 ID: O4z4fF3QOK
まじで試合決まったな。10月13日だ。

長谷川KOしたモンティエルも、わずか2ラウンドでドネアの左フック一発に失させられた。イスラエルバスケスとの地の死闘で知られるラファエル・マルケスに打ち勝った西岡にとっては、全く不足のい、最高の相手だと思う。

よくぞここまで来た。個人的に西岡が勝てるとは思えないけど、それでも世界ボクシング史に残るビッグマッチであることは間違いない。

期待あるのみだな!!
24 : ななしのよっしん :2012/10/14(日) 14:31:55 ID: +klpSP37+p
知ってた
25 : 削除しました :削除しました ID: hjX3g2qf+/
削除しました
26 : ななしのよっしん :2013/01/07(月) 20:43:37 ID: hJKn0O2k5l
ホント今までお疲れ様でした。
勝てなかったのは残念だけど、あそこまでやってくれればもう何も言うことはないよ。
27 : ななしのよっしん :2013/03/12(火) 17:29:51 ID: fQtiZ4OyiE
ゴンドー戦も決定したノニト・ドネアが、「今まで戦った中で最強の相手は誰だったか?」と聞かれて「西岡」と答えていたね。ハタから見ていると分かりにくいけど、実は結構精的にきつい試合だったらしい。

負けたとはいえ、あの最強の男を苦労させたというのは事実だったみたいだね。
28 : ななしのよっしん :2013/09/11(水) 23:19:38 ID: J6P7YrnWzc
ぶっちゃけリップ・サービスだろ、あの試合はどう見てもドネアの圧勝。そしてそのドネアはリゴンドーにど何もできなかった。
29 : ななしのよっしん :2013/10/15(火) 03:45:33 ID: 3DZyGpF4Vf
まぁ親日だしインタビューも時と場合でコロコロ言うこと変わってるし
リップサービスだろう、西岡営としてもを飾る的な意味合いあったわけだし
ドネアのキャリアの全試合通して見たわけじゃないが
西岡との試合は終始ドネアが支配してたし
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015