単語記事: 西部警察

編集

西部警察とは、石原プロモーションが制作し、テレビ朝日系列で1979年~1984年に放送されていたテレビドラマシリーズである。1980年代を代表する刑事ドラマの1つである。

概要

警視庁西部警察署捜査課の大門部長刑事(渡哲也)と鳩村刑事(舘ひろし)をはじめとするその部下たち(大門軍団と呼ばれている)と上司の木暮課長(石原裕次郎)が凶悪犯と戦う姿を描く。

シリーズ後半からは石原良純も登場。 

日本のテレビドラマの常識をはるかに超えたド派手な爆破シーンやカースタント、特殊マシン、男達の熱い人間ドラマが評判を呼び、シリーズ化された。
シリーズ後半の「Part2」以降になると地方ロケも敢行するようになり、札幌では豊平川河岸でカーチェイス、静岡では静岡駅前にヘリを着陸&浜名湖で船を爆破、名古屋では廃工場の巨大煙突を横倒し、広島では路面電車(広島電鉄で廃車予定の本物)を爆破させ、福島の山中に総工費3000万円を掛けて建設した要塞を一瞬で灰にするなど、そのド派手な演出はさらに過激になっていった。

この「西部警察」のルーツとなったのが、1970年代後半に日本テレビ系で放送されていた刑事ドラマ「大都会」シリーズ。すでにこの頃にド派手な演出や熱血刑事達の熱い人間ドラマという構造は出来上がっていた。
人気ドラマだったが、テレビ朝日が石原プロに破格の条件を提示したのが決め手となりに一度シリーズを終了。実質的にそのまま移籍させる形で、1979年にテレビ朝日で始めたのが「西部警察」である。
この際に提示された破格の条件というのは、広告代理店を介さずに直接放送枠を石原プロが買い付けて放送するという現在の日本の放送界では珍しい形式を容認するというもの。この番組の成功によってそれまで多額の借を抱えていた石原プロは借を完済した上に莫大な利益を獲得したという。

1984年に最終回3時間スペシャルで大門が殉職し幕を閉じた。
2004年に一話限りで復活、2時間スペシャルで放映された。その中では大門は生きていて捜査課長になっており、Part2以降とは別の時間軸上にある物語として設定された。

この作品の影響は海を越えてドイツにまで広がり、1996年からRTLテレビにて「アラーム・フォー・コブラ11」の名で放送を開始。特殊車両がない事以外は基本的に日本と同様の爆破・カースタントシーンが繰り広げられ、本家を超える長寿番組にまで成長している。

大門軍団

西部署捜査課の刑事の面々は「大門軍団」と言われており、犯罪者から恐れられている。その実績は検挙率が警視庁の警察署の中で1番である事に示されている。

通常、大門軍団と言う場合は課長や係長を含む事は無く、現場に出る面々を指す事が殆どである(詳細は「大門軍団」を参照)

「太陽にほえろ!」程で無いにしろ、殉職も発生したがリューのように栄転した者やオキの様に退職した者もいる。

日本全国縦断ロケ

西部警察の魅力の一つに挙げられるのがこの日本全国縦断ロケである。西部警察PART2とPART3で行われたこのロケはテレビ番組としては異例中の異例なほどの大規模な物で、映画のロケよりも規模が大きいと言われたほどであった。PART1の時代より地方ロケはあったものの、あくまで通常のテレビ番組の範疇であり、そこまで大規模な物ではなかった。

この未曾有な規模のロケを実行するに至った背景には石原裕次郎がその当時の生還率3%と言われた解離性大動脈瘤より復帰、その間に応援してくれたファンへのお礼と自分の元気な姿を多くの人に見てもらいたいという気持ちがあった。また、西部警察のハードなアクションは都内でやりづらくなった為というのもあった。

北は北海道から南は鹿児島までまさに縦横無尽に駆け巡った。1回のロケで2話分の収録がされたが、3話分収録された地域もあった。放送の頻度は概ね2カ月に1度で、1話完結もあれば2話連続と言うものがあった。

有名な石原プロの炊き出しはこの地方ロケから始まったとされ、そこでは石原裕次郎や渡哲也らはスターや社長と言った肩書関係なくスタッフらに混ざって、炊き出しに参加して親睦を深めていったとされる。

ロケ地域

西部警察の日本全国縦断ロケを実施した自治体は以下のとおりである。順番は放映順である事に注意。

  • PART2
    静岡県、広島県、北海道、愛知県
  • PART3
    福島県、鹿児島県、福岡県、山形県、宮城県、岡山県、香川県、兵庫県、大阪府、京都府、滋賀県

特徴

映画以上とも言える撮影を実施となると、人員も資も必然的に非常に大規模な物になる。こうした資や機材の調達の為に通常放映の西部警察とは明らかに異なる描写等々が番組の中で見受けられる。

  1. スポンサーや協賛企業のPRを劇中に挟み込む
    聞き込み先や登場人物の勤務先に協賛企業を挟み込んだり、登場人物が特定の商品をそれとなしにPRをする。例えば聞き込み先で従業員の差し入れで一兵が「カバヤのジューC!」と言ったり、犯人が逃走用に使ったトラックの特徴を「丸八真綿のトラック」と具体的に説明すると言うものである。これは専門用語として「プロダクトプレイスメント」と言うものである。時にはその会社の社長が台詞棒読みで登場する事も。
  2. 地場の日産販売店の登場
    日産自動車が西部警察の車両スポンサーである事は言うまでもないが、地方ロケの場合は地域の日産販売店が登場、聞き込みや捜査協力に積極的に参加している事が殆どである。時として積載車を使った道路封鎖など、一自動車販売会社のやる事ではない規模の協力を行ったり、営業マンや所長らが台詞棒読みで登場する。
  3. 破壊・爆破対象の規模が大きい
    通常の西部警察であればせいぜいセドリック、たまにバス程度の爆破・破壊(それでも同時代の番組と比べれば、十分に派手である)であるが、地方ロケでは遊覧船から始まり、路面電車、廃屋、巨大煙突などとおおよそ日本のテレビ番組のみならず、映画でもやれないレベルの破壊をしていった。爆破も同じであり、まさにバンバン爆破していき、ついに爆破する物が無くなったのでロケの為に敵のアジトを製作したほどであった。
  4. 地元への配慮
    これはあまり本編では出てこないが、その当時人気であった西部警察のロケともなれば、その期間中は大規模な交通整理や地元外からの観光客も来るため、どうしても色々と地元に不都合となることもあった。その為、地元でまずは挨拶イベントを行うなどの配慮を忘れなかった。そしてその時の映像を劇中に流用したケースもある。挨拶イベントでは10万人規模の物凄い数の人々が来たとされ、その当時の石原軍団・西部警察人気の高さを示すエピソードとなっている。

注目すべき爆破・破壊など

広島電鉄750形766号

広島ロケで登場した電車であり、営業列車を使った爆破はおそらく日本のテレビや映画でもこれっきりと思われる。路面電車をジャックして市内を文字通り暴走した後に、大門の作戦で宮島口に誘導、犯人の持ってた時限爆弾(本当は無線爆弾)によって、爆破された。

当該の列車は元々は大阪市電1801形で、老朽化の為に同形式の車両は広電では1両が残るのみである。この他劇中では広電の持つ「動く電車の博物館」の愛称の如く、その当時活躍していた譲渡車両が多く登場している。

ステーキのあさくま藤が丘店

名古屋ロケで登場した店舗で、名古屋を基盤とするステーキ店チェーン・ステーキのあさくまの実在の店舗で爆破ロケを行った非常に異例のケース。
この店舗は現在も営業しており、火柱の上った店舗の外観も撮影後に修繕され、ほぼ当時のまま残されている。

後述のお化け煙突と同じ回で、最後のライブはあさくま主催のステージイベントという設定が作中でなされている。

お化け煙突

名古屋ロケで登場した建物であり、偽札工場として登場。煙突倒しは解体の方法として欧米では比較的見られる光景であるが、住宅が密集している日本ではあまり見られない方法である。綿密に計算する事で倒れる方向をコントロール出来るので一発勝負の撮影でも非常にきれいに倒れた。なお、煙突倒しに使われた建物は廃工場を流用したものである。

名古屋は鳩村役の舘ひろしの出身地であり、言わば凱旋とも言えるものであった。劇中でも鳩村の出身が名古屋である事を漂わせている。最後のライブ映像は地元へのあいさつの際に撮影した物を流用。

雪山のアジト

福島ロケにて登場した建物で、敵側のアジトとして登場。破壊の限りを尽くした結果、ついに自分たちで作り上げてしまった。総工費3000万円であり、激しい爆破と銃撃戦の末にラストに惜しげもなく破壊した。

この回の大門の使用した銃はどういうわけかいつものレミントンM31ではなく、スターム・ルガーミニ14をわざわざポンプアクションとしたものになっている。この後、数話程度しか使用されていない迷銃である。

貨車など

山形ロケで使用された貨車で、鉄道を使ったロケパート2である。今回は国鉄の新潟鉄道管理局(現・JR貨物新潟支店)の協力の下、酒田駅や操車場を使った大規模なロケとなった。ミサイル輸送に貨車を使用したのだが、鳩村が仕掛けたプラスチック爆弾によって、ジャスト12時吹っ飛ばしてやると息巻いたものの、逆に自分たちが吹っ飛ばされると言う激しい最期を見せつけてくれた。この爆破は操車場内で実際に行われたものでよくぞここまで出来たものと言えるべきものである。

実際に爆破されたのはトラ70000とワラ1とされ、この時代としては普遍的に見られる形式の貨車であった。

仙台ロケにおける330

仙台ロケにおいて市内を爆走した後、日産の営業所を縦横無尽に駆け巡った末に社屋の屋上から中古車の頭上に落ちたセドリックである。この時期の西部警察としては珍しく車をかっ飛ばしていたのもそうだが、ラストの社屋からの落下は2階からとはいえ、車が多く止まっている所に落ちるので、下手すれば屋根がつぶれて最悪スタントマンが死亡してしまいかねないのでロールバー設置など、かなり頑丈な改造がされている。このロケに登場したセドリックを模したミニカーが出ている辺り、結構インパクトのあったものと思われる。

下津井電鉄・瀬戸大橋

岡山・高松ロケのスポンサーとして登場し、鉄道・バスを含めて一丸となって登場した。2話のうち、前半はバスとタクシーが登場、後半は今は無き鉄道線が登場している。また、この当時は瀬戸大橋が建設中であり、橋脚の一部などが登場している。

鉄道線は劇中ではナローゲージの説明がなされており、今となっては貴重な下津井電鉄の電車の動いている姿を見る事が出来る。

劇中では下津井電鉄に再就職した山県の元上司以下、登場人物は口々に瀬戸大橋の開業を期待する台詞を発するが、その瀬戸大橋の開業により自社のバス路線に大ダメージが出たり、鉄道線の存続が出来なくなり廃止となった事は皮肉である。

登場する主な車両

日産自動車が協力・提供していたため、登場する車両はほとんど日産車であった。バイクはスズキがスポンサーとなった。

  • ガゼールオープン (S110改・シルビアの兄弟車)
  • マシンX(C210スカイライン後期型・通称「ジャパン」)
  • スーパーZ (S130フェアレディZ)
  • マシンRS軍団(1~3号)(DR30スカイライン前期型・通称「ニューマン・スカイライン」)
  • 特殊機動サファリ
  • セドリック(覆面パトカー・230からY30まで使用)  など
  • GS650G(初期の鳩村用のバイク、及び劇中に登場する白バイ)
  • GSX1100Sカタナ(鳩村用のバイク)

尚、2004年放送の2時間スペシャルではイタリア・アルファロメオ(166と156)や英国TVRといった欧州車に混じって、トヨタMR-S(全日本GT選手権参戦マシンを再現したオートバックスのカスタムカー)が登場している。

西部警察の協力企業

西部警察の特徴の一つに豊富なスポンサーがある。有名どころでは日産自動車であるが、番組の人気と共にスポンサー企業が増えていき、さらに日本全国縦断ロケともなるとその地方の有力企業がスポンサーとなる事も多くなった。ここでは主だったスポンサーを紹介する。

  • 日産自動車
    車両提供。番組に登場する車はほぼ8割方日産車、もしくはグループの日産ディーゼルである。なお他のメーカーが出る場合、程度の大小はあれどほぼメーカー名や車名の部分はガムテープで貼られる。
  • エンケイ
    ホイール提供。西部警察PART1の59話よりスポンサーに加わる。大型トラックを除くほぼすべての車両に装着。これにより、激しいカーアクションでも操縦性を確保する事が出来た。
  • 共豊コーポレーション
    ホイール提供。エンケイの影に隠れているが、初期のスーパーZのホイールなどに採用。
  • 宝酒造
    酒提供。番組などで登場する酒は宝酒造の物が多い。宝酒造の社長と石原裕次郎が友人である事が縁となっており、自社が取り組んでいた運動を取り入れた話もある。
  • スズキ自動車
    バイク提供。特別機動車両隊や鳩村のバイク、犯人が使用するモトクロスバイクを提供。鳩村のカタナは当時、輸出用車であり、しかもまだ合法で無かったセパハンである。
  • オートバックス
    PART3以降に多く登場する事が多くなり、パート3のOPで鳩村のパートでデカデカとPRしている。
  • 出光興産
    劇中車や爆破に使うガソリンの提供。西部警察でもやや後半になっての登場である。
  • 中田商店
    軍服や革ジャンなどで有名なショップ。PART1の後半のみに登場。特別機動車両隊の黒バイ隊の衣装提供。
  • 東急電鉄
    日本全国縦断ロケで使用する飛行機の手配や東急の施設を使用した撮影で登場。度々東急関連の施設が登場するが、当時の東急のトップである故・五島昇氏が石原裕次郎と友人であった縁で影に日向に撮影協力。西部警察の特色の一つに広告代理店を介さないというのがあるが、それでもまったく広告代理店を介さないと言うのは不可能に近いのでグループの東急エージェンシーに委託をしている。なお、劇中では当時の東急線の駅や車内での撮影がされているが、東急線は駅を含めて混雑している時間帯が多い事などからドラマの撮影協力があまり多くないので貴重なシーンでもある。

関連動画

 

ドイツ版

関連商品

DVD

35周年記念ブルーレイBOX

DVDBOX

車両系

西部警察のニコニコミュニティ

関連項目

  • テレビ番組の一覧
  • 刑事ドラマ
  • 石原軍団
  • 渡哲也
  • 舘ひろし
  • 石原良純
  • 羽田健太郎
  • 鈴木清司
  • ヘンリー野口(PARTⅢの第23話に登場した犯人)
  • 大都会(テレビドラマシリーズ)

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E8%A5%BF%E9%83%A8%E8%AD%A6%E5%AF%9F
ページ番号: 373194 リビジョン番号: 2404390
読み:セイブケイサツ
初版作成日: 08/07/19 23:24 ◆ 最終更新日: 16/09/10 21:13
編集内容についての説明/コメント: ステーキのあさくまの実在店舗爆破について追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


三越の女帝脇

これは戦車ダロ~(笑)

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

西部警察について語るスレ

90 : ななしのよっしん :2015/09/22(火) 21:02:37 ID: IOIUtuKZQw
何とかならんのかね大門く~んの
二宮係長を演じていた庄司永健さんが…
91 : ななしのよっしん :2015/09/22(火) 21:05:37 ID: IOIUtuKZQw
ゴメンなさい
誤字がありました
庄司永建さんです
92 : ななしのよっしん :2015/10/12(月) 13:17:55 ID: X92+ycWEir
まさに昭和のテレビ界が到達した字塔の一つ
93 : 削除しました :削除しました ID: n8H6dRPkOE
削除しました
94 : ななしのよっしん :2015/11/03(火) 00:30:07 ID: 5VqMk+jsGu
最近JCOMで全国縦断ロケの傑作選が放送してたから見たけど、
やっぱ何から何まで桁外れの刑事ドラマだったわ
95 : ななしのよっしん :2015/12/19(土) 15:09:52 ID: vsaf+0XCh1
全国銃弾編は入門用にぴったりやな。爆発成分多めだし。
96 : ななしのよっしん :2015/12/27(日) 14:24:14 ID: +Qs/YEMJTq
「大都会」「西部警察」デジタル配信スタート 予告編
http://www.nicovideo.jp/watch/1451012947
97 : ななしのよっしん :2016/01/02(土) 22:48:58 ID: kYmHqmqEB8
本編の配信、HuluとかひかりTVとかだけでなく、事前告知に含まれていなかったNetflixにも来てた。第一シーズン全話が一気に。
98 : RERA_X :2016/05/09(月) 19:04:25 ID: RzKgKB93gV
札幌市民としては、宝酒造とスポンサードした西部警察を忘れてはいけない。
99 : ななしのよっしん :2016/05/14(土) 18:16:52 ID: YyK5T8rQUY
NETFLIXの契約決めた理由がこの番組の配信が始まったことだったな
今はHuluも契約してるけど、Huluの方だともうシーズン2も徐々に配信始まってるんだよね、
NETFLIXはまだだからこの先どうなるんだろ。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015