単語記事: 西部邁

編集  

西部邁1939年3月15日-2018年1月21日)とは、日本評論家である。元東京大学教授

概要

朝まで生テレビ」への出演で知られ、以降「西部邁ゼミナール」など多くのテレビ番組に出演。テレビ以外にも雑誌や著作など様々なメディアで活動中。北海道出身。元東京大学教養学部教授保守主義の立場を取る。日本にはアメリカに好意的な保守主義者が多い中、徹底的なアメリカ批判を行っている。

「大衆」批判

西部は、戦後作り上げられた“進歩義”を批判する。それは左翼批判する保守知識人へも向いている。保守知識人もまた現体制を標準的なものとして受け入れていることを西部は見て取っている。

彼ら(保守知識人)の均像を端的に描いてみると、そこにはふたつの致命的な裂が走っていると私には思われる。ひとつに彼らはおおよそ現体制を保持しようとするのであるが、その現体制がすでに進歩義を強固なメカニズムと化するまでに組み込んでしまっているのである。または、そのメカニズムがうまく機しないことがあるにしても、進歩義以外のどんな価値をも提供しえないでいるのが現体制である。たとえば、新産業革命という時代の標をとってみた場合、それが進歩義の価値にのっとるものであることは自明であるのに、保守知識人の少なからぬ部分がその革命とやらに迎合しようとしているのである。彼らは、いったいどういう理由で、進歩的文化人の進歩性を批判しうるのであろうか。進歩義を内包した体制を“進歩”の名において批判する進歩的文化人も奇妙であるが、その体制を“反進歩”の名において保守しようとする保守知識人もそれに劣らず奇妙である。

— 西部邁『幻像の保守へ』文藝春秋昭和60年

西部は懐疑義を持てとする。それは西欧近代義が併せ持つ合理義と反合理義の二面性である。西部批判する“大衆”は無知者ではない。一般大衆を当然含むが、民主主義と産業義を疑うことを知らない“進歩的”知識人と“保守”知識人の両方を含むカテゴリーである。

ここ数年、私は日本のことを“高度大衆社会”とよぶことにしている。“大衆”という言葉の含意はあくまでもネガティブなものであって、懐疑的な姿勢を失った人々ということである。ここで、懐疑というのは優柔不断虚無をさすのではない。スケプティシズムとは、そのギリシャ的の義にしたがえば、考え深いということであり、探的な精を保つことである。現代の大衆は、自分らの社会をなりたたせている産業社会民主主義という二様の価値について懐疑することをしない。産業の産物である物質的幸福と民主制の成果である社会等とを、いささかも懐疑することなく、ひたすらに享受し、やみくもに追及する、それが大衆の姿である。

西部邁『大衆への反逆』文藝春秋昭和58年

略歴

北海道札幌高等学校卒業後、浪人生活を経て、1958年東京大学教養学部文科入学

日本共産党に入党するも、急進義的だった西部は除名される。

共産主義者同盟(第一次ブント)に参加し、新左翼運動を展開。

全学連中央執行委員などを務め、60安保闘争国会突入においてはアジテーターとして前線に立ったものの安保闘争未完に終わる。この際、吉本隆明に個人的恩義を感じる。

その後は過激派左翼運動とは距離を置き、1964年には東京大学経済学部卒業。ブント活動家であった友人の勧めで大学院に進学する。

1969年の全共闘運動には積極的に参加することなく、柄谷行人らと見物していた。

1971年東京大学大学院経済学研究科理論経済学専攻修士課程を修了。経済学修士

その後は横浜国立大学経済学部助教授東京大学教養学部助教授を経て、カリフォルニア大学バークリー校やケンブリッジ大学に留学。80年代以降は反米保守の立場に転向し、論壇における活動をはじめる。

1986年には東京大学教養学部教授に就任。

1988年、当時東京外国語大学アジアアフリカ文化研究所の助手であった人類学者・宗教学者の中沢新一(現:明治大学特任教授/野生の科学研究所所長、ほか多摩美術大学美術学部芸術学科教授芸術人類学研究所所長など)を東京大学教養学部助教授推薦するも、一時は可決された人事を一部の教官による妨でもって否決されたことに抗議し、教授職を辞す。後にいう、「東大駒場騒動」である。

以降は評論家として活動している。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E8%A5%BF%E9%83%A8%E9%82%81
ページ番号: 4987012 リビジョン番号: 2559109
読み:ニシベススム
初版作成日: 12/10/26 19:26 ◆ 最終更新日: 18/02/03 11:35
編集内容についての説明/コメント: 友人の転記(リンク追加)
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

西部邁について語るスレ

63 : ななしのよっしん :2018/01/26(金) 09:52:06 ID: BPVnvJZLSm
JAP.com」が保守なのかな
りして発言してるだけかもしれんけど
64 : ななしのよっしん :2018/01/26(金) 22:38:09 ID: SKpva3u92+
ID: BPVnvJZLSm 天皇明治~戦時中の日本マンセーマンセー!していれば、保守とでも言いたいのかい?
65 : ななしのよっしん :2018/01/26(金) 22:48:30 ID: e8zlaXIHNr
JAP.comってのは戦前じゃなくて戦後アメリカ民主主義マンセーしてる人達への皮じゃないの
嫌儲なんか西部が一番嫌いなタイプ日本人じゃないかね
66 : ななしのよっしん :2018/01/26(金) 23:25:44 ID: /7yqNRHQN0
戦後日本民主主義を否定するならそれは保守というより急進左でしょ
日本がこの政体となってから、もはや10年やそこらではないわけで
基本的に保守と言うのは通常の社会通念(すなわち大多数の自然な考え方)を重視する思想であって、
大衆を痛批判して社会民族意識の変革を促すというのは保守とはいい難い

まあ重要なのは「が言ったか(ラベリング)」ではなく「何を言ったか」
なので、保守にカテゴライズされるかどうかなど基本的にはどうでもいいことだが
67 : ななしのよっしん :2018/01/26(金) 23:32:50 ID: /7yqNRHQN0
日本戦後民主主義を否定するなら、それは保守と言うより急進左(急進右)かと。
なぜなら日本がこの政体になってから10年やそこらではないわけだからな。
保守とは大衆が培ってきた社会通念(つまり大多数がだいたいにおいて正しいと思っている考え)
を重視する考え方であって、大衆を批判して社会の変革を促すというのは保守とは言い難い。

もっとも、本質として重要なことは「が言ったか」ではなく「何を言ったか」なので
保守かどうかなど本来はどうでもいいことなのだが、言論を
自身の帰属やポジションの正統性を担保する具としか考えない人たちにとっては
重要なことかもしれん
68 : ななしのよっしん :2018/01/27(土) 01:19:40 ID: MqQQaG4Hp2
氏は徹底した懐疑義だからな
「大衆が培ってきた社会通念」は何も処数十年の間培ってきた戦後民主主義だけじゃないし
そこを批判したからといって保守でなくなるということもない
氏の陶を受けて上で敢えて定義するなら「懐疑・漸進・全体・伝統」を守られてれば親米だろうが反米だろうが保守保守なんだとは思う

そも、よく批判してるのはあくまで盲目的な親米や従であって決して社会の変革を促そうとしてるわけでもないんだよ
革は漸進義であるべきって色んな所でタコくらい言ってるしね
氏の著書を読んだ人は「だからどうしたらいいんだ」ってなり易いんだけど
氏の著書では命題に対して明確な答えを提示するのではなく、示されてる解説を元に何が正しいか自分で考えさせたい読み取れるんよね
故に考えずに自分にとっての答えを導き出したい人に氏は合わないし結論ありきで言論を論じる人にも合わない
69 : ななしのよっしん :2018/02/04(日) 13:17:34 ID: /4t7gSxuY3
>>66
西部さんなりの、戦後大衆の「急進性」を警しての「戦後民主主義批判だから、そこは正確に見ないと見誤るかな。
最近でも小泉政権や民主党政権を選んだのは、破壊衝動と新奇性だと見抜いていたし。

自分は民主党政権の多様性自体には賛成してたが、全てをひっくり返そうとする点においての危うさは、分かっていなかったから、西部さんに軍配かな。

政治学の世界だとやっと「正気」が戻ってきたのか、小選挙区制の危険性、多様な意見をどうまとめるかということへの視点の欠落が言われ始めたから、そういう意味じゃ息の長い考えで、短期間じゃ分からない事のが多いかもしれない。
70 : ななしのよっしん :2018/02/06(火) 01:08:30 ID: PSYiYCa4HF
68
同感だなあ。西部さんの本はすごく思考の訓練になる。
基本はシンプルだからね。
「長い歴史をくぐってないものなど胡散臭い
近代になって生まれた「人権」だとか「自由」とかの概念はいうなれば「新興宗教」であってそんなものより、太古から人が大事にしてきたものの方が上位なのだと。
リスト仏教イスラムとかの文化レベルに達した宗教と、カルト宗教の違いのようなもの。
71 : ななしのよっしん :2018/02/18(日) 01:49:51 ID: PxOmvY/XAv
>>70
そのキリスト教ユダヤ内のイエスカルトであり、仏教バラモン教のゴータマカルトであり、イスラムムハンマドカルトだった訳だが
懐疑を徹底するなら、「長い歴史をくぐったからといって、信じるに足るものでもない」になるんじゃないか?
上の世界宗教も、当時の時代状況とマッチしたが故に広まった(どれも、当時の保守からは異端そのもの)訳だし、人権自由というのもまさに時代の要請によって広まったと言えるんだが
72 : ななしのよっしん :2018/02/21(水) 22:39:44 ID: /4t7gSxuY3
>>71
西部先生の立場としてはそうだね。最後まで、を信じる事を積極的には出来ないが、信じる事を望まんとしたって立場。
西部先生流の言い方なら、伝統と慣習の違いってところか。慣習の中からに先人たちが守りたかったものを嗅ぎ取る保守主義
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829