編集  

評論家単語

ヒョウロンカ

評論家とは、評論行為を職業とする者、あるいは評論を行う人その者のことである。批評家とも言われる。

概要

特定の物事・分野についての評論を行う人として、一定の知識や立場を持っている人が自然とそう呼ばれたり、または自称したりする。それぞれの扱う分野によって「○○評論家」などとして扱われることが多く、該当分野に対する分析や解説などの役割を担うことが多い。名乗るのに厳密な条件があるわけではないため、評論家と呼ばれる人々の出自や経歴、さらには質すらも様々である。

メディアにおける評論家

評論家な活動場所は雑誌や新聞、TVラジオなどのメディアである。評論家側にとっては自分の言葉を広く影を持って伝えることが出来るメディアを、メディアの側にとっては専門分野に対して一定の知識を持ち、それらの解説などを投げることの出来る評論家を重宝している関係にあるのである。また、メディアに登場する際には「有識者」「論客」「文化人」「オピニオンリーダー」「エコノミスト経済関連の場合)」など、別の様々な表現で紹介されることもある。

その後インターネットの普及に伴ってあらゆる人々が自ら情報発信をすることが容易な環境になると、従来のマスメディアに頼らず自らネットで評論を発信したり、またネットメディア活用する評論家も増えるようになっていった。

評論家の問題

専門分野に対する知識と世間への影を高め、それぞれを行使して活動するのが評論家であるが、例によってそれらが悪用される事態にも事欠かない。

多少個人的な感性が込められることは当然あることとしても、評論家には基本的には客観的かつ冷静な評論がめられるのだが、個人的な好き嫌いを優先した評価を意図的に下したり、不評な流れの作品叩きに後乗りすることによる売名などの影当ての行為が問題視されている。特に地位の高い評論家がそのような行動を取った場合の影は計り知れない物となり、一部では訴訟や賠償問題にまで波及することもある。

そこまでの規模でなくとも、これらの身勝手な行動を続けていけば不評を買って信頼を損ねる事になっていくのだが、同じ嗜好を持つ者達からは支持を集めてしまうため、とにかく常に批判的姿勢を採り続けるという手法は評論家の定番としてそのまま絶えることなくむしろ日に日に増加し続けているのが現状である。

常に不安や批判を挙げ続けていれば、それが的中した時にはこれ幸いと稼ぎ時となる上に、逆に外れた場合でも杞憂に終わった分摘されにくいということもあり、そうしたあくまで責任を負わない立場の物言える外野に居続けようとする姿勢をする人物などはよく批判の的になったりもする。また、批判ばかりの路線の評論家はそれが常運転として扱われるので、正しい話でも聞き流されやすくなってしまう場合もある。

そもそも評論家もあくまで一個人であり、評論で食っていかないといけない立場でしかないのは聞く側にもより広く認識されるべき事実であるとも言える。

蔑称としての「評論家」

そもそも活動内容からして外野から突っ込みや批判を繰り返すことが多くなるため非常に嫌われやすい上に、上記のような問題も相まって「評論家」という言葉自体にマイナスイメージが大昔から蓄積され続けていることもあってか、現代では皮や揶揄を的とした蔑称としても幅広く使われるようになっている。

責任を負わずに物事を大上段から物を言うような姿勢や、まともな評論のように個人的感想をる様、攻撃的で自己顕示ありきの態度などをして評論家(「自称」と付いたり「様」が付いたりも)と呼ばれたりするが、それらの性質もまた上記にある評論家自身の性質・問題と類似しているのは正に皮である。

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%A9%95%E8%AB%96%E5%AE%B6
ページ番号: 5237742 リビジョン番号: 2044556
読み:ヒョウロンカ
初版作成日: 14/06/04 20:49 ◆ 最終更新日: 14/06/26 13:32
編集内容についての説明/コメント: 追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

評論家について語るスレ

126 : ななしのよっしん :2018/04/22(日) 13:18:22 ID: 7P4rC779qx
物事の価値や是非を論じて評定する職業

何かしらの専門であればその分野の価値や是非を判断する見識は持っている。
それを分かりやすく広い層に説明したり、一定の知見を備えたマニアプロに向けて論じたりする。

コメンテーター批評家ニュアンスが違うだけでほぼ同じ。

職業として成り立っているからといって信頼できる訳ではないが、
最低職業として成り立つレベルでないと評論家とは呼べないということだね。
127 : ななしのよっしん :2018/04/22(日) 17:29:28 ID: jmUu54WpyZ
>>125
評論家というのは(口の悪い言い方をすれば)対をダシにして自分の思想をるのが仕事
たとえ正論でも、そこに批評者の思想がければ評論家気取りに過ぎない
逆にどんなに的外れの批評でも、から批評者の思想が伝わればそれはそれで価値がある
128 : ななしのよっしん :2018/04/22(日) 18:10:56 ID: 7P4rC779qx
的外れと思ったら他の評論を出せばいい。
色んな評論が出ることでしか評論界は正さへ近づけないし、あくまでその点で評論に「価値がある」。

当然だが、明確な言葉遣い、明確な論理、明確な出典や調法といった評論の体をなしてないと駄だ。
いくら知識があってもこうした基本を知らないと「価値がある」文章にならないしエセっぽくなる。
そんな人もネームバリューと過な物言いに頼ると仕事になっちゃうけど、よくてエッセイスト止まりだね。
129 : ななしのよっしん :2018/04/26(木) 20:38:05 ID: gVEkCG5S21
自分の思想をるのが仕事ってのはあるかもなあ…ある有名評論家の講演動画見てると
自分の分からない、興味ない話題振られた時の話題の逸らし方が凄い上手かった
軽口の化し軽いdisりから入ってそれはそうとって自分の話題に話持っていく
自分ははあ?話逸らすなよその話題については聞きてえんだよ!って思ったけど
会場では拍手采笑いが起こって馬鹿受けなのよね
130 : ななしのよっしん :2018/04/26(木) 20:53:19 ID: 7P4rC779qx
そういう部分は「価値がない」し、それが評論家という仕事本質ではないよね。
思想を論の形でるのが仕事だから。

>>127も言ってるし>>128の1段落で補足した通り、論として出せば極端な意見だって構わないのよ。
それは傍には明らかに自分勝手な思想に見えるかもしれないが、論の体をなしていれば、
それに反論することだって出来るし、違いを明示して代案を出すことも出来るからね。

論の形をなしたものもそうでないものも引っくるめて、
「それっぽい言葉を並べ立てるのが評論家」とみなすのは危険だよ。
131 : ななしのよっしん :2018/05/03(木) 07:59:47 ID: bn9GjXGq9O
危険なのはお前だ。評論界()とか頭おかしいのか
人に言われてコロコロ意見変える程度の事しか言えない、後付けクソ理論の開オナニストの分際で気取るなよ
そんな馬鹿相手にまともに反論する気になるがどれだけ少ないことか
結果、残るのは馬鹿の意見とそれに便乗する馬鹿だけ
まとめサイトとかでよく見る
132 : ななしのよっしん :2018/05/19(土) 20:32:44 ID: BV0jY59ySX
作家の思想が見たくて映画館行くわけじゃないんやぞ
133 : ななしのよっしん :2018/05/19(土) 20:40:49 ID: 8U35lRotCY
>>131
そんな馬鹿っぽい文章で言っても説得ないぞ
134 : ななしのよっしん :2018/06/24(日) 22:33:11 ID: gVEkCG5S21
>>132
最近は作家評論家自身がネットで思想を垂れ流すから作品に思想を込める意味が
あんまりないのよね、面く出来るんだったら愚痴の垂れ流しになるようなのは要らない
135 : ななしのよっしん :2018/06/25(月) 11:10:49 ID: j/RilTpCXg
日本で最初に評論家の評論をしたのは小林秀雄って話を聞いたことがあるけどこれ本当ですか?
調べても特に出てこなかったし、そもそも評論家の評論ってのがそんなに数あるかもわからないんだけど
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829