単語記事: 諸葛亮

編集  


 

 

 

しょかつりょう
諸葛亮   いわく、

ほかに することは ないのですか?

 

わたしは ちゅうごく さんごくじだいにて しょくかんに つかえた せいじかです。 あざなは こうめい。

くわしくは グーグルか ウィキで おしらべなさい。


まて あわてるな これは こうめいの わなだ?

だ ま ら っ し ゃ い !

なんでも わたしのせいに すればいいという ものでは ありません。

概要

中国時代にてに仕えた政治家。字は孔明

劉備三顧の礼で迎えられ配下となる。劉備の死後は劉禅に仕えた。
その後、丞相として内政に励みながらも自ら軍を率いてを攻める北伐を行った。5度の北伐の最中、五丈原の戦いの中にて病没。北伐の際に奏上した出師の表、後出師の表は名文として有名。
(なお、後出師の表は演義のみの登場であるため、後世の創作である可性もある)
一族にも有名な武将が多くいる。例えば諸葛瑾にて政治軍事の両方で活躍していた。

演義の活躍のため、妖術使いだとか謀の策士とされることが多いが、(実際、コーエー三國志でもそういう扱いを受けている)正史では内政に特に優れていたようである。
戦争揮や戦術眼に関しては孔明と並び称されたこと龐統や、劉璋を裏切り劉備らを迎えた法正らの方がすぐれていたと評されることが多い。(共にの建以前に死亡し、北伐には参加できなかった)
正史での彼は戦争に関して慎重で、むしろ奇策を好まなかった。ほぼ確実に勝てると踏んだ時にしか攻めなかったため、よく魏延と対立した。有名な話としては、北伐の際に魏延が敵の後ろからの奇襲を提案したものの、成功するかどうかは半々だったために孔明が退けたというものがある。このことについて、に劣るが致命的な大敗を免れてきた孔明の戦略眼と見るか、奇襲での勝利以外に逆転のがないにも関わらず奇策を用いれなかった孔明失策と見るかでその手腕の評価は異なる。

陳寿は評において「臨機応変の軍略は得意でなかったのではないか」と疑問を投げかける。ただし、諸葛亮が数で勝る軍を相手に、さしたる損もなく「勝てずとも負けない戦い」を数年に渡って展開し(北伐最大の損馬謖の出した三千前後の損であり、大将級が討ち取られたこともない)、退却時にも王双や対戦線のナンバーツーの名将・張郃を討っている。電石火の急襲を得意とする司馬懿ですら、打ち破られて堅固に守り続けるしかない状態に追い込まれたことは紛れもない事実である。(敵の司馬懿からも「下の奇才」と最大限に評価されている)

外見は多くの場合、着物に先端がくるくるっとした帽子を被り、羽扇を持っており、たまに車椅子に座っている(彼の発明品「四輪」の想像図にちなむ)。

諸葛亮に関する成句

諸葛亮をもとにしたキャラクター

策士・諸葛孔明ジャイアントロボ THE ANIMATION~地球が静止する日~
「だまらっしゃい!」
書籍『世界征服は可か?』において「寒さで部下が次々と凍え死んでいるのに何が『策士孔明プランどおり』か」とダメ出しを喰らっている。
諸葛亮恋姫†無双
「はわわ、ご人様、敵が来ちゃいました!」
時々テンパって舌をかむが、軍師としての判断折り紙つき。「」では同僚に「あわわ」ことホウ統が加わる。
諸葛亮孔明一騎当千
諸葛亮孔明(鋼三国志
孔明リ・ガズィBB戦士

関連動画

以下は孔明の個人研究動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E8%AB%B8%E8%91%9B%E4%BA%AE
ページ番号: 507899 リビジョン番号: 2142414
読み:ショカツリョウ
初版作成日: 08/08/30 09:54 ◆ 最終更新日: 15/01/09 11:09
編集内容についての説明/コメント: 「鳳雛」の誤字訂正、「他はすることはないのですか」は三國志2ではなく初代
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


きよほうへん

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

諸葛亮について語るスレ

495 : ななしのよっしん :2018/02/18(日) 14:24:20 ID: 0qubQrZcQm
結果は失敗に終わったが、馬謖を用いた事はしい事でもおかしな事でもないと思う。
経験を積ませる意味でも役割からしても寧ろ馬謖ポジションセオリーとすら思う。
想像だけど、他の武将の馬謖に対する眼差しが普段から低いとしたら
この先も一緒にやっていくだろう馬謖を尚更用いてくると思う(見せ場を与える意味で)
停で与えられた役割は決して難しい事ではなかった、だからこそあの失敗は痛い。
孔明の采配に落ち度はないが、人の行動は全に計れるものではないし
李厳の時もそうだけど運が悪かったとしか言いようがない。
496 : ななしのよっしん :2018/02/19(月) 17:10:44 ID: RlNi28Vbu3
全く経験がない者にいきなり現場を任せるのは論外だと思うぞ普通
将来を嘱望された未経験者に経験や実績を積ませる必要があるのは当然だが、だからといっての命運がかかる重要な作戦に使うってのはどう考えても

使える人材が他にいない状況とか、身分が高すぎていきなり指揮官にならざるを得ない人物とかならわかるけど、経験でも位でも上回る指揮官がまだまだいたのに強行したんだから、文句なく諸葛亮の大失態

また馬謖の具体的な失態(示が煩瑣・決断がない・り強さがない・部下を軽んじる)を見るに、彼は経験以前にそもそも現場指揮官に向かないタイプ
諸葛亮の助言者としては優秀な逸材だったのに、適材適所を誤って失ったという点でも、やはり致命的なミスだったと言わざるを得ない
497 : ななしのよっしん :2018/02/21(水) 01:07:25 ID: 0qubQrZcQm
与えられた任務は当然馬謖でもこなせる任務だっただろう。
(突飛な行動のせいでおじゃんになるが)
もしもの為に補佐役に王平をつけてるし謀でって事はないだろう。
結果はミスだろうが人選的に馬謖でも不思議じゃない。
498 : ななしのよっしん :2018/02/21(水) 01:27:55 ID: 0qubQrZcQm
与えられた任務は当然馬謖でもこなせる任務だっただろう。
(彼の突飛な行動のせいでおじゃんになるが)
もしもの為に補佐役に王平をつけてるし謀でって事はないだろう。
結果はミスだろうが人選的に馬謖でも不思議じゃない。
499 : ななしのよっしん :2018/02/22(木) 00:14:26 ID: RlNi28Vbu3
今更いうのもなんだけど、三国志演義と史実を混同してないかい?
馬謖に与えられた任務は「本隊と離れて一隊を率い、敵部隊と直接向かい合う実戦」であり、その内容がどうであれ、この時点ですでに相応の実が要される任務

「開戦前から敵がどう動き、どう対応するのかわかっているので、現場でその通りに動けば必ず任務を達成できる」なんてのはフィクションの中だけで、現実にもそうだったら現場指揮官なんてものは必要ない
そうではないから実と経験のある指揮官が重用されるわけだし、また「未経験の馬謖じゃ理ですよ、ベテランを使うべきです」って周囲からの進言も出てきたわけだよ

諸葛亮馬謖ほどではないがこの時点ではまだ実戦経験に乏しかったので、実戦における「摩擦」や、現場指揮官められるを上手く把握してなかったんだろうね
500 : ななしのよっしん :2018/02/22(木) 00:38:49 ID: AqAxEjhc0j
法正が生きていれば諸葛亮暴走を止められただろうに
501 : ななしのよっしん :2018/02/22(木) 02:52:32 ID: 0qubQrZcQm
だから馬謖登山等せず与えられた任務に着手してれば良かったのだよ。
実戦未経験の初なんてザラにあると思うけどね。
経験を積ませるとはそういう事。
それに本隊が来るまで馬謖が耐えられないという事もない。
その為のバックアップ王平がついてるからね。
502 : ななしのよっしん :2018/02/22(木) 17:54:24 ID: RlNi28Vbu3
ほんとに演義と混同してるな
まず「麓を占めるよう命令されていたのに山に登った」というのはフィクションにおける描写。史書には「馬謖諸葛亮の命に背いた」ことが記されているだけで、具体的にどんな命令に背いたのは不明
そして王平が「諸葛亮につけられた副将」であるというのも脚色で、実際には多数いた配下の将軍の一人にすぎず、特別な存在であったとする根拠はない
さらに亭の戦いの具体的な経過は断片的にしかわからず、諸葛亮の戦略意図に際してはさらにわからないので、「余計なことをしなければでもこなせる任務だった」「本隊が来るまでの足止めが任務だった」という前提自体もフィクション由来

まあこの辺wikipediaですら普通に混同してるんだけど……

確かな事実としては、諸葛亮が「周囲の諫めも聞かず、初馬謖をいきなり重要な局面に起用して失敗した」ということ
「実戦未経験の初なんてザラにある」のは当然だが、その初作戦全体の成否に関わる重要な一戦にする必然性は全くないよね
例えて言えば社運をかけたプロジェク
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
503 : ななしのよっしん :2018/02/23(金) 05:35:02 ID: 0qubQrZcQm
王平馬謖に何度も諌めてる事から
少なくとも山に登る事じゃないのは確かだね。
千鋒として戦かわせに行ってる。
本隊は後から来る、これらは史実で判明している事。
フィクションがどうというより
最初から本隊毎行かないのは何故かが分かれば
分かる事じゃないのという事。
恐らく一生同じ事の言い合いになりそうなので
これで終わるが、局面ではなく難易度で見てるという事。
経験を積ませたい未経験者の為に
補佐役もついてる事お忘れなく。
未経験者と補佐役はワンセットで考えてね。ノシ
504 : ななしのよっしん :2018/02/23(金) 18:09:25 ID: RlNi28Vbu3
うーんだめだこりゃ
とりあえず正史読んでみたほうがいいと思うな君は……
まあ亭って演義の方が有名過ぎてるから、理もないといえば理もないのだが……
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829