単語記事: 豊臣秀吉

編集

「豊臣秀吉」(とよとみ・ひでよし 1537年 - 1598年)とは、日本の戦国武将・大名・関白・太閤である。信長、家康と共に三英傑と呼ばれる。


元々の姓は木下、通名は藤吉郎。出世をするにつれ、羽柴と姓を改めた(豊臣については後述)。あだ名は「猿」や「禿げ鼠」又は、官位から「筑前」とも呼ばれる。
農民から天下人と、下克上の多かった戦国時代の中でも抜きん出た出世を果たし、現在も出世の象徴とされている。 

概要

尾張中村(現在の名古屋市中村区)の農家の生まれ。幼名は日吉丸(俗説とも言われる)。成人して木下藤吉郎秀吉と名乗った後、今川家の家臣、松下之綱に仕官して辞めた後、織田信長に小者として仕えることとなった。尾張統一戦や桶狭間の戦いでは目立った戦績はなかったが、岐阜攻略戦では墨俣に一晩で砦を築き(墨俣一夜城)、稲葉山城陥落に大きく貢献した。更に浅井長政の裏切りによって信長が窮地に陥った際は、殿を勤め大きな武功をあげる(ヶ崎の退き口)。

浅井長政・朝倉義景が織田信長に滅ぼされると、北近江を任せられ、長浜城主となった。この際、柴田勝家と丹羽長秀の姓から一字ずつもらい、羽柴の姓を名乗った。これより先、本願寺との石山合戦、長篠の戦い、雑賀衆討伐等に従軍し、着々と出世を重ねる。手取川で上杉謙信とにらみ合った際、柴田勝家との対立が原因で無断退陣をしてしまい、信長から強い叱責を受けたりもしていた。同時期、信長の四男である織田秀勝を養子とする。

織田家が近畿地方を制すると、中国地方への遠征を命じられ、信長の嫡男であった織田信忠らとともに、播磨、但馬、備前、美作を制した。のちに中国方面全体の統括を任され、備中で毛利家と対立する。秀吉は三木城と(三木城干殺し)鳥取城を(鳥取城飢殺し)兵糧攻めにしてこれを落とす。 更に備中高松城ではかの有名な水攻めを行い、これを陥落寸前にまで追いつめた。

本能寺の変で信長が明智光秀に攻められ自害すると、毛利家と和睦を結んで急いで京都へ向かい(中国大返し)、信長の三男である織田信孝、丹羽長秀らとともに山崎の戦いで光秀を討った。
その後、織田家の後継者を決める清洲会議で信忠の長子、三法師が織田家当主に就任すると、織田家の新体制で実力有数となり、遺領分割でも最大の領地を手にした。その後は信長の次男である織田信雄・信長の三男である織田信孝の対立などもあり、柴田勝家らとの賤ヶ岳の戦いで勝利すると、いよいよ織田家内で並ぶ者のない強大な勢力となった。この時、大坂城を築いた。

その後、実権なき当主三法師のもとで、織田信雄・徳川家康と対立(小牧長久手の戦い)、半年ほど戦争を続けたが結局雌雄を決することは出来ず、両軍和睦となる。この頃から毛利家、宇喜多家とともに本格的な天下統一の戦を進めていくようになった。

一方で朝廷より官位を得ると、公家の関白を争う中を利用して最高位である関白を得た。その後朝廷の権威と惣無事令を大義名分とし、四国の長宗我部家、九州の島津家、越後の上杉家、奥州の伊達家、南部家、羽州の最上家などを臣従させた。またついに東海の徳川家康、かつての主君であった三法師こと織田秀信なども臣従させ、いよいよ天下統一が大きく前進。最後に関東の北条氏を滅亡(小田原征伐)させ、ここに天下統一を成し遂げた。

日本統一を果たした秀吉は明国の征服を計画。まずは朝鮮半島への出兵を行う。しかしながら明・朝鮮の激しい抵抗にあって戦争は長引き、明に攻め入る見込みのつかないまま、第二次出兵で日本勢優勢のさなかの1598年9月18日に没した。晩年の秀吉は、豊臣秀頼の誕生を契機に後継者に任命していた甥、関白秀次や豊臣政権の文化的中心である千利休に切腹を命じるなど迷走が見られた。

家族においては本妻のねね(北政所、高台院)とは子供ができず、側室の茶々(淀殿)の間に鶴松(夭折)と秀頼をもうけた。なお、北政所は日本でも屈指の賢夫人として知られ、若い頃から秀吉留守の統治を任され、実際に北政所の差配した書状なども数多く残っているなど、主に内政面で秀吉に貢献した。明国攻めの際、豊臣秀次と北政所が国内政務を鑑み、2人の花押があれば秀吉が了承したとみなされたことからも、その信頼ぶりが伺える。

死去の前に、後継者を秀頼として、成人するまでの政治を徳川家康と前田利家に託すことを遺言とした。「かえすがえすも、秀頼のことを頼み候」と、死の間際まで息子である豊臣秀頼の身を案じていたと言われている。

太閤

太閤とは摂政・関白の位を自らの子弟に譲った前任者のことを言う。
秀吉は、自分の甥である豊臣秀次に関白の位を譲ったのち、太閤と呼ばれるようになった。
現在では太閤と言えば秀吉のことを指すと言ってもよいほど浸透している。

KOEIから発売されている『太閤立志伝』は、まさに秀吉の立身出世のさまを扱ったゲームである。

豊臣姓について

秀吉は1573年に木下から羽柴に苗字を改めた。そして、1586年に天皇から豊臣姓を賜った。
このことから、羽柴秀吉から豊臣秀吉に名前を変えたという認識が一般的になっているが、実際には誤りである。

江戸時代まで、家柄を表すものとして武士や公家には「本姓」という血縁を表すものと、「苗字」という家族集団を表すものの2つがあった。
このうちの本姓は源平藤橘に代表されるようなものであり、本姓を使う場合は源頼朝(みなもと の よりとも)のように名前との間に「の」を入れて読むようになっている。
一方で苗字は「織田」、「松平」、「武田」といったもので、同じ本姓の人でも家系によって名乗りを変えることで区別できるようにするためのものである。
例えば家康であれば、苗字は「徳川」、本姓は「源」となっている。

秀吉についてみてみると、「羽柴」は苗字であり、「豊臣」は本姓である。秀吉は当初は「平」姓を称していたのだが、公家の近衛前久の猶子となって「藤原」姓となり、その後「豊臣」姓を賜ったのである。したがって、秀吉は1598年に没するまでずっと「羽柴秀吉」であった。また、「豊臣」は本姓であるので、「豊臣秀吉」は本来であれば「とよとみのひでよし」と読むべきものなのである。

一般的な人物像

小説やドラマなど、秀吉は様々な作品に登場している。
大河ドラマでは「太閤記」「秀吉」で主人公として採り上げられるほか、安土桃山時代を舞台にした作品に多く登場する。

多くの場合いわゆる「太閤さん」という、ひょうきんで人懐こく愛嬌のあるキャラクターとして描かれ、「のぶながさまぁ~」と叫びながら飛び跳ねるように追いかけていくのが常である。
個人的な武勇が描かれることは少なく、知恵に優れ智謀で活躍する役回りとなる。最近では従来講談で主要だった明るい秀吉と、近年クローズアップされやすい暗い秀吉の間で人物描写が揺れ動いでいる。後者の場合晩年になるともう碌して愚行や悪事を重ねる、ということが定番化しつつある。

また愛知県では、地元(尾張国、三河国)出身の織田信長、徳川家康と並んで三英傑と呼ばれ、名古屋市では秋に行われる名古屋まつりで一般人が扮する三英傑の行列が行われる。

一方で韓国や北朝鮮では、上記の出兵のこともあり、反日の象徴として忌み嫌われ、最大の悪役にされることも多い。日本のTVドラマでは、NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」により、朝鮮出兵が取り上げられた。

秀吉の家臣と豊臣政権

よく秀吉の講談や物語などで活躍することが多い豊臣秀長、蜂須賀正勝、黒田孝高、竹中重治といったメンバーは織田信長の家臣であり、秀吉の家臣ではなく与力(同僚)である。(秀長は弟でもある。)

そのため、秀吉個人の家臣となるとどうしても限定的にならざるを得ず、織田家家臣時代の秀吉は、家臣を確保するために親類縁者が総動員された側面もある。加藤清正、福島正則、羽柴秀次、小早川秀秋、大谷吉継、杉原家次などは、早くからこの手法で秀吉に見出され、立身出世して大きな勢力を手にしたが、一方で不遇な生涯を遂げる人物も多かった。

また、秀吉に見込まれて、あるいは秀吉に見込んで自ら秀吉家臣となった人間もいた。石田三成、中村一氏、毛利勝信、小西行長などが該当する。織田信長存命期の秀吉は、これら直参の家臣達に、信長からつけられた与力(同僚)などと協力して、その勢力を築いていた。

本能寺の変で織田信長らが落命し、秀吉の勢力が大きくなって後に豊臣家を興すと、他家から秀吉に仕官してくる武将もいた。また秀吉自身も積極的に人材を募り、この時期から織田信長の旧臣達も、ほぼ秀吉に従うことになる。全国の大名や、かつての主家である織田秀信ら織田一門も従い、豊臣政権という巨大な勢力の礎となっている。

しかし、豊臣秀吉の急速な勢力拡大は、その勢力構造を非常に歪なものとした。またそうならざるを得なかった。秀吉の見出した、気心の知れた家臣は極一部であり、豊臣政権傘下の勢力のほとんどは、秀吉がその武力によって下した、あるいは朝廷の官位、豊臣の威光によって下した人物も多かった。豊臣家の勢力基盤も、あくまで秀吉個人の資質や力によるところが大きく、家全体を純粋に鑑みれば盤石な支配構造とは程遠い体制であった。

そのため、秀吉は自身の側室に織田信長の姪にあたる茶々を迎え入れ、一方でその茶々の妹である江を自らの養女として徳川秀忠に嫁がせるなど、織田・徳川といった政権下の巨大勢力と結びつきを強めた。前田利家の娘を自らの養女として、宇喜多秀家に嫁がせたり、豊臣という氏を家臣たちに与え、擬似的な親子関係を築くなど影響力を強めたりもした。

だが、結果的に晩年、豊臣秀吉に一子である豊臣秀頼が生まれると、構造の歪さがさらに増し、1598年、幼い秀頼を遺して肝心要の秀吉が没すると、その歪によって豊臣家は徐々に崩壊の道を歩んでいくことになる。

戦国大戦

流石に戦国の顔の一人として枚数は多い。


「おいらにお任せを!」
一枚目のSRの秀吉は1.5コスト武力4統率7、特技は魅力・攻城・伏兵の3つと天下人になっただけありハイスペックとなっている。1560年当時は木下藤吉郎だったはずで羽柴姓はもっと後とか言ってはいけない。計略は有名な「一夜城」。効果中は一切壊れない柵一夜城(ハリボテ)が自軍筒前方に出現する。
Ver1.10で伏兵が削除されてしまった。しかし依然として1.5コスト最高統率の攻城持ちという座からは陥落しておらず、統率負けすることはほとんどないため虎口攻めは脅威であることに変わりはない。
Ver2.0では伏兵が復活した代わりに統率は2下がって7になった。そしてそれまでは大筒の発射まで永続だった一夜城に制限時間が設けられた。
伏兵が削除された後は簗田政綱が台頭し、ランキングからも姿を見せなくなっている。 
Ver2.1現在では織田家の1.5槍と言えば津田信澄(武力そこそこで柵を持っていて速度低下の呪縛の術持ち)が鉄板となっており、彼を見かけるのは極めてレアである。 

「一度の人生、楽しくいきましょうよ!」
木下藤吉郎なカードもある。ただしこちらは戦国傾奇(漫画とのコラボ枠)で釣りバカ日誌の浜ちゃんになっている。計略も「一本釣り」とここまで来るとむしろ清々しい。

また戦国大戦のムックにもEXカードとして登場する。計略は「立身への采配」と独自計略であるが実質「前線への采配」と効果は変わらない(Ver1.04B現在)。SRは槍足軽でこちらは弓足軽、攻城と統率2を失って防柵を得たスペックと言ったところ。「前線への采配」は同じ織田家で簗田政綱が所持しているので同コストでもある彼との枠争いとなりそうであったが、入手性も相俟って姿を見かけない。

「き、今日のところは勘弁しておいてやるでござる!」

Ver1.2では「信長の忍び」の姿で参戦した。そこそこの武力で気合持ちと中々しぶとい。
計略「不死身のパシリ」は気合効果が上がり、先に登場したキン肉マンことSS織田信長の「肉」とほぼ同じ(ダメージのほとんどが赤ゲージとして残り更に乱戦中でもお構いなしで兵力がモリモリ回復)になる。効果時間も割と長い。 
なお後ろに写っているのは妻のねね。 

「お前好みに、世を華やかに変えてやろうぞ」

上の「信長の忍び」と同時期に、「へうげもの」の姿でも参戦している。
計略の「天下への采配」は、武力を10上げる采配である。勢力限定もないので使おうと思えば最大士気上昇の計略と組み合わせて2勢力以上で使うこともできる。ただし必要士気は現状で最高消費の10である。

 

「日輪の輝きで、天下を覆い尽くせ!」

Ver2.0では豊臣家が独立したためその顔として登場。流石のオーバースペックである。
計略の「日輪の天下人」は豊臣家特有の日輪計略(使うと専用ゲージが溜まる。ゲージを消費することでその日輪系計略は効果が上がる)の大名采配であり、大半の武将が日輪消費は最大でも3のところこのカードは5消費まで行える。 

5消費した時の効果は「武力が大幅に上がり更に統率力が上がり兵力が回復し、敵の計略の対象にならない」という超絶絢爛という名に恥じない超計略となる。Ver2.0の最初期こそ七本槍が自重していなかったためあまり槍玉にあがっていなかったが、計略の後出しで対処不能な部分が多かったため、たびたび下方修正され、Ver2.1現在は全盛期のような爆発力はなくなっている。それでも相手が対処を誤れば、たちまち一撃必殺で城を全部持っていかれるだけの力はある。

「華やかな天下、わしが作ってみせよう!」

電影武将(データ専用)としても1枚登場した。計略は「天下人の栄華」。
こちらも上の秀吉と同じく日輪大名采配であり、5消費まで可能である。
5消費した場合は「武力と移動速度が上がり、 弓の射程と槍の長さと突撃ダメージが上がる」となんと5つの効果があるこちらも超絶絢爛なものである。ただし槍の自分と違い敵の計略による干渉は受ける上、兵力回復もないので同じ感覚で使うと痛い目を見る。ただ移動速度が上がるというのがポイントで、相手の家宝による速度低下をある程度ごまかせるのは利点である。

「これぞ天下人の威光なり!」

Ver2.1では関白になった後の秀吉が登場する。大分一般で言う太閤に近いイラストになっている。
計略は「刀狩の陣」で、これ単体ではただの武力が少し上がるだけの陣形である。これは豊臣家に存在する逆計計略持ち(豊臣秀長・増田長盛・前田玄以等)と組み合わせることで真価を発揮する。逆計が成功する度に範囲内の豊臣家の味方の武力が上がり、兵力が若干回復する。更に日輪ゲージも増える。ちなみに逆計自体は陣形内で成功する必要はなく、その武将が豊臣家でなくてもこの効果は陣形展開中の秀吉がいれば発揮される。

単体では効果は薄いが、他武将との連携でその怖さが発揮される計略である。増えたゲージを堀秀政の「名人の采配」や石田三成の「三杯の茶」と言った回復計略につぎ込むことで戦線維持、勿論逆計自体も相手に不利な効果をもたらすので、じわりじわりと効いてくる毒のようなものがある。
ただし逆計の性質上操作量はかなりのものが要求されるため、使いこなすには相応の技量が必要だ。 

「嵐なんて吹っ飛ばせ!俺たちは、日輪の男だ!!」

Ver3.2で追加された中国大返し中の秀吉。豊臣家では貴重な軽騎馬ではない騎馬隊で
コスト2.5に武力7統率10、攻城魅力軍備と過去の秀吉の中でも最高レベルのスペック。日輪5時の計略ボイスがやたら格好良いと評判。

計略は「暁天走破」。日輪の天下人に近い計略で、日輪4以下だと武力と統率を上げ、効果時間終了時に日輪ゲージが3増える。
そのままだと士気8に見合わない地味な効果だが、日輪5だと武力上昇値が大幅に上がり、その上速度が上がり兵力も回復する。
日輪5消費時の爆発力は言うまでもないが、最大の特徴は日輪溜めと日輪ゲージ開放をこの1枚だけで完結させられる事。
日輪を増やすのに士気8は重すぎると思いきや3も増えるので意外と士気効率は良く
他の日輪計略持ちを無理に入れる必要が無いのでデッキ構築の幅が非常に広い。
日輪を5消費しても終了時に3戻ってくると言うのも大きく、別の日輪計略に繋げてフルコン、と言うのもし易い。

補足

「信長の野望」(PC)シリーズにおける豊臣秀吉の能力一覧。政治、知略系のステータスが全体として非常に高い傾向があり、やや戦闘系の能力が抑えめという傾向が歴代通してあった。が、嵐世記頃から一気に冷遇武将の一人として扱われ、「天下人なのに、その辺の地方群雄より弱い」とまで揶揄される作品もあった。信長の野望の能力値議論などでは、必ずと言っていいほど名前が挙がる状況であったが、近年は再び持ち直し、三英傑の1人として天下人にふさわしい能力となっている。最新作の創造ではシステム面も優遇され、最強勢力の一角に数えられている。

軍事能力 内政能力
戦国群雄伝(S1) 戦闘 88 政治 95 魅力 87 野望 85
武将風雲録(S1) 戦闘 71 政治 98 魅力 95 野望 78 教養 62
覇王伝 采配 91 戦闘 78 智謀 96 政治 100 野望 93
天翔記 戦才 158(A) 智才 190(A) 政才 200(A) 魅力 98 野望 95
将星録 戦闘 80 智謀 94 政治 100
烈風伝 采配 91 戦闘 59 智謀 93 政治 100
嵐世記 采配 71 智謀 85 政治 89 野望 100
蒼天録 統率 78 知略 85 政治 90
天下創世 統率 78 知略 85 政治 90 教養 56
革新 統率 87 武勇 65 知略 94 政治 104
天道 統率 87 武勇 73 知略 93 政治 104
創造 統率 94 武勇 78 知略 97 政治 99

戦国無双

1の時点ではNPCで登場。猛将伝からはプレイアブルキャラクターとなった。武器は三節棍。声は北宗寛だったが、2からは石川英郎に変更された。登場時期によって「羽柴秀吉」と「豊臣秀吉」で表記が変化する。「木下」や「藤吉郎」などは省略されている。1のみ「羽柴秀吉」がデフォルトであり、2以降は「豊臣秀吉」がデフォルト。

「サル」のアダ名通りに猿っぽい顔とモミアゲの持ち主。衣装は豊臣軍のイメージカラーである色基調の黄色・茶色であり、2以降は有名な兜の形も再現されている。

方言がきつく、一人称は「わし」。他の尾張や三河出身のキャラクターと違って語尾に「~んさ」、「~んよ」、「~がね」、「~にゃあ」、「~みゃあ」などがつく。NPCの時は表面的な描写の出番のみの猿っぽい男でしかないが、猛将伝ではその才気・大器や性格の裏表が描かれている。2以降は方言も性格もマイルドになり、「皆が笑って暮らせる世」を目指す。明るい出番が多く、暗い場面は減ってしまった。シナリオコレクションによると世の中の仕組みや流れを見通せる程で信長と同じレベルで物事を見れるとのこと。

モーションは獲物の三節棍を軽快に振り回すスタイル。攻撃範囲が広い上に動きも素早いので攻撃力以外では上位クラスの性能をほこる。特に敵に強化された状態の秀吉が出てくると結構危険である。プレイヤーが使う場合も威力も高い上に範囲の広いチャージ9が追加されてからは硬い敵武将相手にも有利に戦えるようになった。

1猛将伝のシナリオでは稲葉山城の戦いから出世していき、小牧長久手の戦いで家康を破る史実よりのルートと本能寺の信長の危機を察知して彼を救出した後に力をつけて安土に攻め入るIFルートがある。このIFルートでは史実とは違った形で信長の後継者となる秀吉が描かれている。そのエンディングの描写は3の毛利元就のエンディングに受け継がれた。また、オープニングでの信長に刀を突きつけられる秀吉という構図は2の小田原城攻略戦のムービーで政宗に刀を突きつける秀吉という構図で繰り返されている。

2では織田家に属している秀吉の出番は他のキャラクターのシナリオだけに留まり、秀吉のシナリオでは山崎の戦いからスタートして小田原城攻略戦までを扱う。雑賀孫市や前田利家のストーリーでもキーとなる人物が秀吉である他、2のテーマは関ヶ原で追加されたのは安土桃山時代の多かれ少なかれ秀吉と関わる人物と戦場なので脇役としての出番も非常に多い。主役級とされる三成や家康と互角以上である。

3では稲葉山城の戦いから小牧長久手の戦いまでが描かれ、信長や家康といった天下人同士の絆を扱うシナリオとなった。豊臣軍(羽柴軍)の新キャラクターも多く、相変わらず出番が多い。

主に秀吉をサルと言うのは織田信長とお市と柴田勝家。信長のことはよく理解している。利家とは史実同様に親友同士であり夫婦ぐるみの付き合い。孫市は旧友として仲が良いが時には敵同士になってしまう。石田三成ら子飼いの将らには慕われているが、愛する妻のねねには彼等共々頭が上がらない。しかし、浮気症で何度もねねを怒らせたり泣かせたりしており、お市に想いを寄せても居る。そのお市からは余り好かれておらず、特に1のお市からは舐められて馬鹿にされている。勝家とは当初は後ろから砲撃に巻き込んでやろうかと言うくらい仲が悪かったがナンバリングが進む毎にお互いを認め合うといった扱いになっている。

関連動画

関連商品

関連項目

  • 秀吉(大河ドラマ)
  • 太閤立志伝
  • 信長の野望
  • 三国無双
  • 戦国無双
  • 戦国BASARA
  • 豊臣秀長
  • 豊臣秀次
  • 豊臣秀保
  • 豊臣秀頼
  • 羽柴秀勝
  • 寧々(高台院)
  • 浅井三姉妹
  • 織田信長
  • 明智光秀
  • 徳川家康
  • 前田利家
  • 竹中半兵衛(竹中重治)
  • 黒田官兵衛(黒田孝高、黒田如水)
  • 蜂須賀正勝
  • 石田三成
  • 大谷吉継
  • 加藤清正
  • 福島正則
  • 豊臣
  • 関白
  • 関白相論
  • 天下統一
  • 公家成大名
  • 五大老
  • 大坂七手組
  • 日本
  • 安土桃山時代
  • 鳥取の飢え殺し
  • 山崎の戦い
  • 賤ヶ岳の戦い
    • 賤ヶ岳七本槍
  • 秀吉包囲網
  • 四国征伐
  • 戦国時代の人物の一覧
  • 豊臣秀吉(戦国BASARA)
  • ダイナミック太閤検地
  • 名古屋おもてなし武将隊

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E8%B1%8A%E8%87%A3%E7%A7%80%E5%90%89
ページ番号: 1056010 リビジョン番号: 2457954
読み:トヨトミヒデヨシ
初版作成日: 09/01/21 18:43 ◆ 最終更新日: 17/02/10 23:01
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「鳥取の飢え殺し」を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


北斗の太閤

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

豊臣秀吉について語るスレ

658 : ななしのよっしん :2017/01/16(月) 12:47:26 ID: 2vJT3vhk64
野戦を避けたのは事実だと思う、する必要が無いから
既に戦略的に勝っているなら不確定要素の多い野戦よりも
数的有利がそのまま勝利に繋がる攻囲戦のほうが確実だ
時間もカネも掛かるがね
659 : ななしのよっしん :2017/01/17(火) 02:06:03 ID: 7qF5ogalWL
浅井軍相手に野戦で勝ったりもしてるので不得手ではない
あと攻城戦だが北畠攻めでは矢傷受けても怯まず戦い続けた記録あるから、秀吉はかなりの猛者だったようだ
660 : ななしのよっしん :2017/01/19(木) 05:53:29 ID: 8H+QPybRtT
ひるまず戦ったのは北畠戦時はまだそういう立場だったからと、勝てるから、だろ
それを"猛者"っていうのは史書の見間違い
コーエー的に言えば武力で無く統率、鼓舞としてのパラメータ

勝てる戦でひるまない(部下をひるませない)のと、五分五分の戦で恐れないのは話が違う。
家康は後者ができた人間なのが強かったし、それが原因で負けもした
661 : ななしのよっしん :2017/01/19(木) 06:00:40 ID: 8H+QPybRtT
こと織田時代の秀吉はとにかく戦略的に優位な事だけ取り続ける才能があった印象。
自分が卑下身分の時~部隊長クラスの時はギャンブル的な献身ができ(それがダメなら死ぬがやらなくても冷や飯で終わるだけ)、自分が指揮官クラスになってからはとにかく勝てる時に相手を丸め込んで勝つという方針になった(大勝より堅勝であり、部下は死んでも自分は絶対死なない方法論)。

秀吉は正直勝家を打倒してからは人間的に一つも魅力がなくなってしまうけど、そこまでの鋭利さは凄いよね
どこからこんな天才が生まれてきたんだって怖さがある
662 : ななしのよっしん :2017/01/20(金) 03:05:48 ID: xUPsA9Wabb
新参だろうがなんだろうが活躍すれば大身に取り立てるような織田信長
ウマがよほどあったのだろう
663 : ななしのよっしん :2017/01/20(金) 19:15:59 ID: ALiEnArwhD
信長公記由来の浅井との野戦では秀吉方が敵の10分の1という圧倒的劣勢だけど
主君の信長もそうだけど本当に軍事能力過小評価されてるよな
「勝つべくして勝っただけ」って言われやすいけど、おまえそれ晩年しか見てないだろっていう
664 : ななしのよっしん :2017/01/30(月) 09:47:51 ID: bnCqnibdyb
編集コメントは「関連項目を追加」じゃなくて
「関連項目に四国征伐、関白相論を追加」って具体的に書いてほしいな
変更された場所確認するの二度手間になるし
665 : ななしのよっしん :2017/01/31(火) 23:52:09 ID: cb/Nh4Z/zE
晩年しか見てないだろと言うよりゲームの能力値しか見てない
666 : ななっしー :2017/02/08(水) 03:07:29 ID: yNV6IcsHz+
勝家倒してから一気に天下統一するまでが秀吉の真骨頂だと思うんだけど。
まぁ感じ方はそれぞれだけど、いくらなんでも魅力なしってのは
黒秀吉の創作物の見すぎちゃう?
667 : ななしのよっしん :2017/02/08(水) 11:43:49 ID: B8Ft5jvO+/
秀吉の人間性を最低と吐き捨てたフロイスでさえ
軍人、謀略家としては悔しいが認めざるを得ないほど
ずば抜けた天才だったのは確かだったのだろう

光秀、勝家を破ってもなお自身の身分は織田家臣に過ぎず
かつての上司、同僚も混在する軍を率いて一枚岩な徳川との戦い
月とスッポンとの差が有る朝廷との叙任交渉

この辺、秀吉の苦労はスルーされがちだけど
ギリギリの綱渡りで天下統一まで持っていった手腕は凄いのよ


  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015